FC2ブログ
RSS
Admin
Archives

幸せなら手をたたこう

急いで生きなくちゃ 死に追いつかれないように

プロフィール

FlyingHigh1986

Author:FlyingHigh1986
"Again, you can't connect the dots looking forward; you can only connect them looking backwards. So you have to trust that the dots will somehow connect in your future. You have to trust in something"

最近の記事
カテゴリー
カレンダー
07 | 2007/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
月別アーカイブ
最近のコメント
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
2007.08
31
中国旅行9日目。

IMG_07241.jpg

タラ、タッタッタターララーラ、ラーーーラーラーラ(BGMはセルフサービスで)



ウルムチは列車乗り継ぎのためだけの1時間ちょっとの滞在です。
まだ列車は走り続けます。

IMG_07251.jpg

コンパートメントでの話が弾みます。

カシュガルへ向かいます。
スポンサーサイト



2007.08
30
中国旅行8日目。

IMG_06221.jpg

敦煌の町を探索。

敦煌、というか中国は空気が乾いてて乾燥してる。
湿気の多い日本と比べてだいぶすごしやすい。

IMG_06231.jpg

基本的にどの料理店に行っても同じようなメニューで飽き飽きするんですがスイカは甘いし水分補給に効果的でたくさん食べれます。

IMG_06171.jpg

海外旅行の醍醐味は観光と銘打って人を堂々と撮れること。

日本で勝手に子供の写真なんて撮ろうもんなら、
「おかあさん、変なお兄ちゃんに写真撮られた」→揉め事ですよ。


見てよ、この笑顔。
つくらないから眩しいでしょ?



これから列車に乗ってウルムチへ向かいます。
2007.08
29
中国旅行7日目。

IMG_03691.jpg

今日は北京から移動して敦煌へ。


ここでの観光の目玉は砂漠。

莫高窟見学の後、鳴砂山へ。
シルクロードのオアシスです。

IMG_04171.jpg

これは月牙泉。
つくづくネーミングセンスあるよね。

IMG_04561.jpg

期待値高かったけどそんなハードル簡単に飛び越えました。

2007.08
28
中国旅行6日目。

IMG_02661.jpg

今日は北京大学へ潜入。

中で中国人の学生に話しかけて、反日・反中問題について質問しました。

その人が言うには
「中国の今の若者はそれ程日本との戦争について深い恨みを持っている人は多くない。日本が何をしたのかということをしっかりと認識してこれからの国際政治に活かしてほしい、と思っているぐらいの人が多い。」
ですと。


僕は反日・反中問題に興味があってこの旅行に参加しました。

以前読んだ反日・反中問題に関する本の内容に「世論調査では反日感情も反中感情も高い数値が出ている」という記述があり、違和感を覚えた。

「自分の周りに中国人を嫌いなんて言ってる人がいないのになんで世論調査になるとこうなるんだろう」

僕はおそらくその理由は、中国人は日本との過去の歴史を理由に日本人を嫌い、日本人はそんな中国人、「日本人を嫌う中国人」や少し遅れてるイメージを理由に中国人を嫌っているという点にあると仮説を立てました。
とすれば、中国人は日本人の過去を理由に今の日本人も嫌い、日本人はイメージで中国人を嫌っている。

これってすごくおかしい。

中国人13億人をひとくくりにし、日本人1億2000万人がひとくくりにされて、お互い会ったこともないのに嫌いあってる。
もしも、「Aさんという中国人がいます。この人が好きですか、嫌いですか」と問われて反中の人は嫌いだと答えるのか。

こんな風に自分が感じるのは戦争を知らないから、ってのもあるだろう。

だとしたら、中国の戦争経験者が日本人をひどく憎んでるとしても、戦争を体験してない中国の若者はどうなんだろう。
「反日」という言葉のせいで中国人のほとんどが日本人のこと嫌ってるかのように感じてしまうけど、若者はそうでもないのではないか?



そう思って僕は中国に来た。
この人をはじめとして幾人かの若者に、日本との戦争について、日本人のイメージ、靖国問題などについて意見を求めた。
13億もいる中国人だから僕のアンケートは全然実効性の無いもんなんだけど、多くの若者がこの北京大学の学生と似た意見を答えてくれた。

もちろんすべての中国の若者が日本人に対してこう思ってくれているわけではない。


それでも、中国人とふれあったことでこう思った。

時が経つにつれて、どんどん日本と中国との戦争を知らない人が増えていく。
そのときにお互いが歴史をしっかりと認識し、同じ未来を見据えればきっと分かり合える時が来る。
と。

それが素晴らしい解決の道しるべかどうかはわからないけどね。

IMG_03431.jpg

晩飯はカルボナーラ。
確か700円くらい。

中華料理とはまた違うこのコッテリ感。
腹にくるねぇ~。



夜中泊まってるホテルを抜け出して散歩しました。

結構キレイなホテルが周りにたくさんあって、中にはボーリング場のあるホテルなんかもありました。



ヒッチハイクしてる(フリで)写真を撮ろうと言って親指立てたポーズでヒッチハイクしてるっぽく写真を撮ろうとしたらホントに車停まっちゃったw
2007.08
27
中国旅行5日目。

Thu_gate.jpg


イッツハードデイ。



日本でも有名な総合商社に企業訪問。

お昼に日本の弁当振舞われたんだけど、中国来てまだ5日なのにやたら日本の味が懐かしかった。



続いて中国のビール会社に企業訪問。

出来たてホヤホヤを飲みました。

ビール嫌いだけど出来たてのビールはやっぱり嫌いでした。



そして中国の東京大学、清華大学に大学訪問。

中国ナンバーワンの学力でそれ故に日本一の東大に准えられてますが、世界的な学力レヴェルは東大なんかよりずっと上です。

食堂で香港から来てる留学生に話しかけて交流しました。

やっぱ香港人は英語ペラペラですね。
2007.08
26
中国旅行4日目。

IMG_02251.jpg

王府井、そして中国の原宿、西単へ。
中国随一の繁華街のこの2ヶ所ですが、まあそれなり。



昨日徹夜して大貧民してたから眠いや。


夜は豚足食べたんだけどすっごいゼラチン質でブルンブルン。
友達がそれおかずに白米食ってて唖然。
2007.08
25
中国旅行3日目。

IMG_01061.jpg

今日はユネスコ世界遺産、万里の長城へ行きました。


北からの外敵の侵入を防ぐため、
明代に造られた中国大陸を左右に伸びる城壁で、
その長さは8,551.8kmにまで及ぶ。


この研修旅行の旅程の中では、
個人的にはトップ3に入るくらい楽しみにしてる観光スポットで、

写真を撮るのを楽しみにしてたんだけど。。


どこを見渡しても人、人、人の山。

しかも観光客相手にせこい商売してる現地人の鬱陶しさで、

せっかくの景観が損なわれてしまっていた。



万里の長城は階段状になっていて、
その一段一段の高低差は想像以上に激しくて、

昔この長城で見張りをしていた衛兵の苦労が感じられた。


豊かな山の稜線に沿って浮き沈みしながら伸びる長城は、
まるで銀色の龍の背中のようで、

その上をどこまでもどこまでも進んでいけば、
やがて西の砂漠にその尾を沈めるのだと思うと、
ロマンを感じるねぇ。

IMG_01521.jpg

夕食は路地裏で塩ラーメン。

3元の安さだけど塩気がきつ過ぎでした。

IMG_01541.jpg

帰途。
2007.08
24
中国旅行2日目。
IMG_00171.jpg

天安門です。

二日目にしてだいぶ色々ありました。


まずは食について。

ホテルの朝飯が不味かった。
トウフヨウとか言うやつがとんでも不味い。
旅行出発前から食が怖いとは思っていたけど2日目から腹痛に悩まされてます。

昼は餃子を食べました。
おいしいんだけどー、黒酢で食べるんだよね。
醤油で食べたい。

晩飯は日本にもあるかなり有名でアメリカの大統領なんかも来るお店で北京ダックよ。



続いて中国人のモラルについて。

中国人って本当にモラルが無い。
車さえ信号を守らない国、それが中国。
人は至る所で、時には建物やバスの中でもぺっぺと痰を吐く。
順番は守らないし、いっつも大声で怒ったように話す。
暑いからって上着は胸のところまで捲り上げてるし、接客はでかい態度。

IMG_02391.jpg

こちら来年の北京オリンピックで使われるスタジアム「鳥の巣」の工事中の写真です。

こんなモラルの無い国で無事にオリンピックが執り行えるのか実に不安です。



中国人は…

0lhlhi.jpg

四本足ならテーブルとイス以外何でも食べるぞ。
2007.08
23
中国旅行1日目。

                    「出会いの数だけ別れは増える
                     それでも希望に胸は震える
                      引き返しちゃいけないよね
                     進もう 君のいない道の上へ」

                         (「くるみ」より)

IMG_02211.jpg

成田から北京へ。

胡桃アレルギーなのに空港で友達にもらった胡桃入りのお菓子誤って食べちゃったよ。
小学生の時に胡桃食べて唇がパンパンに膨れたことを思い出す。
気分も悪くなり、病院に連れて行かれ、医者に、

「今度食べたら死んじゃうよ(多分ウソ)」と言われたのも思い出す。

焦りに焦って自販機でお茶を買い、とりあえずペットボトル一気飲み。




おまけに引率者が空港で骨折して来れなくなった。

前途多難とはまさにこのことだな。