FC2ブログ
RSS
Admin
Archives

幸せなら手をたたこう

急いで生きなくちゃ 死に追いつかれないように

プロフィール

FlyingHigh1986

Author:FlyingHigh1986
"Again, you can't connect the dots looking forward; you can only connect them looking backwards. So you have to trust that the dots will somehow connect in your future. You have to trust in something"

最近の記事
カテゴリー
カレンダー
12 | 2009/01 | 02
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
月別アーカイブ
最近のコメント
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
2009.01
31
Category : film
reisei to jounetu no aida

中3で観たときは何がいいのかよくわからなくて退屈な映画だなぁ、と思ったけど、
これはもっと評価されていいんじゃない?ってくらい見直したら好きになった。

今回はフィレンツェの街並みを見たくて観ました。



あの最後の音楽家の運命的なオチ、好きだわー。
うわ運命的! でも実はやらせ イコールあおいはまだ順正を想ってる しかも実は実は奇跡!
ってのが巧い!



あおいも順正もお互いに、
別れを引きずって生きていて、出来ることならやり直したいと思ってるのに、
そこに向かうことが出来ずにいる感じがいい。

順正が未練タラタラに手紙したためて、
「これが最後の長い手紙になることを謝らなければなりません、
(でもホントは最後じゃないといいなー)」←って感じも好きだし、

どうせ来ないだろう(でももしかしたら…)と、あおいとの約束を果たすためドゥオーモに登るのも好き。


ユースケ・サンタマリアをキャスティングするのも実にうまい。


こうゆうの観ると邦画もいいなぁって感じる。



フィレンツェではenyaの「WILD CHILD」を聴くことにします。
晴れるといいなー。
スポンサーサイト



2009.01
30
Category : 未分類
「トヨタ営業赤字4000億円」。
「NEC、東芝と統合と検討」。



その隣で燦然と輝く一つ星、「任天堂、営業益過去最高に」。

世界金融危機に世界中がヒィヒィ言ってる中で、
まるで別の世界のお話のよう。


斬新なアイディアと、卓越した技術力で生み出したWiiとニンテンドーDSの大ヒットでサブプライムもなんのその。

わが社も見習いたいものですなぁ。




再検査してきました。


コレステロール値を下げる薬を処方されました。
悪玉コレステロールの理想値が100未満のところ、大きく超えて186もあるみたい。。


あと白血球の数はやっぱりちょっと多いみたい。

今すぐどうこうってわけにはいかないらしいけど、
また後日血液検査して、それでも異常なら、もっと詳しい検査します、ってさ。



はぁ…。
2009.01
29
Category : 未分類
今日もゴルフ。

IMG_56500.jpg

腰を使った体重移動が重要なことに気付いて、
それからというもの、飛ぶわ飛ぶわ。

ホント今までの自分とは別世界。


気持ち良すぎて、気付いたら打ちに打った350球。
今日1日でだいぶ上達。

IMG_56440.jpg

ゴルフの前に大学に用事があったので、
もうおそらく食べることもないであろう、学食を。

左下の揚げだし豆腐が好きでした。
4年間、それなりにお世話になりました。


ゴルフの後はいつも通り、旅行の打ち合わせに花が咲く。

IMG_56600.jpg

予定立ててるうちが花、なんてことないくらい、めいいっぱい楽しいはずです。
2009.01
28
Category : 未分類
先日の健康診断の結果が返ってきました。



「そんなの余裕で問題なしだろ」って思って封筒開けたら、

要再検査』の文字が。


うそーん。



検査結果を見たところ、血液検査で引っかかったらしい。
白血球数異常 → 要生活注意
脂質 → 要医療(!)

何?死ぬの?俺死ぬの?


脂質ってコレステロール値のことで、
220までが理想値で、俺240あるらしい(汗)
まだ俺22なのになぁ。。

しかも、自分で言うのもなんだけど、
体型はわりと細身なんで、
内臓脂肪がやばいっぽいんだよね。

てか、これはつまり「隠れ肥満」、「メタボ」ってことになるのか?
プラス高脂血症とかなのかなー。

うわへこむわー。
嫌な事続くなー。


美味しい物食べるの我慢するなんてマジ苦痛。。
今日も結局昼食には、オムそばめし、エビチリ丼、若鶏の黒胡椒揚げ、チーズディップポテトと、
ガッツリ食べちゃったしw

でも長生きはしたいしなー。
ってことで早速、脂肪の吸収を抑える「黒烏龍茶」飲んだけどねw



あーあ、イタリアでピッツァ食べまくるつもりなんだけどなー。。
2009.01
27
Category : 未分類
気を取り直してゴルフ&旅行の作戦会議。

IMG_56430.jpg

話してたら気も紛れましたし、もう結構立ち直りました。
再試験もあるわけだしね。

いやーそれにしても今日はしゃべり疲れた。


前回終わり際に調子が良かったものの、今日も出だしは極めて低調。
コツ掴んだと思ったのになぁ。

でも私スロースターターみたいで、
今日も終わりに近づくにつれてまた当たるようになりましたのでひと安心。

今日もひとつ、
「ゴルフは力じゃない」と実感し、学びましたので、
これを次回は最初から反映したいと願ってやみません。



で、本題の作戦会議。
今日の議題は旅行日程と観光する場所の決定。

まあ色々行きますわ。
でも会議の結果、ポルトガル、スペイン、フランス、イタリア、ギリシャのうち、
ポルトガルは取りやめ、ギリシャもなくなるかもしれません。

3週間では欲張りすぎると後悔するかもしれないという観点から。
時間に追われる旅、ってのもどうもね。


ポルトガルは個人的にすごく行きたかったんだけど、
すごく行きたいからこそ、3、4日の短い旅程ではなく、
将来もっとしっかりと時間を取って行きたいと思いました。

やりたいことや夢を叶えるのが早い人は早死にするなんてことも聞きますし、
まあいいんじゃないでしょうか。

ギリシャもまあそんな感じの理由です。


ポルトガル入り、ギリシャ帰りというだいぶ乙な当初の計画に比べると、
スペイン、フランス、イタリアの3カ国周遊というだいぶベタな旅になりそうです。
2009.01
26
Category : 未分類
やばい。
試験やっちまったかも…。


まず1限の家族法は間違いなく死亡。
相続だけ勉強してたら、出たのは「親子関係不存在確認の訴え」。

しかも試験対策の論証にもなってなさそうなマイナーなやつでマジでわからんかった。
てか俺以外にも凍り付いてる奴結構居たし。


家族法終わってから必死で会社法勉強したんだけど、
会社法は時間配分ミスって、最後の小論文でしっかり考える時間無くなって、
答案すべきケースと違うこと書いちゃった。。

多分前期はかなり出来たし、今回も得点で言えば6割くらいは取れてると思うんだけど、
先生が今年は単位認定厳しくするっぽいことニヤニヤほのめかしてたから、
もしそれが本当だったら、それなりにヤバイ。。


卒業発表2月28日かよー、長いよー、単位関係存在確認の訴え提起したいよー。
1ヶ月間ずっと、不安でいろというのか。


あー冬眠したいよおお。

まじ不安だよおお。


最悪の場合、再試験だから、もしかしたら普通に単位くるかもしれないんだけど、
念のため今から猛勉強しておこうかと思っています。

それこそ、ヨーロッパにも持っていこうかと。。

それくらい、不安。



あー、再試験いやだよおおl;kdjヴィph@dfぴhpjsdぴ:9hせwlkfぼうhvhjv。
2009.01
25
Category : 未分類
明日は学生生活最後の試験です。
最後であろう、最後にしたい試験です。



「最後の」って冠が付いたところで、
俺の場合は感慨深くも寂しくもありません。

無くなればいいと思っています。。


もし、単位落としたら、
卒業できなくて、内定取り消しで、再就活上手くいかずフリーターになって、自暴自棄になって、ニートになって、社会に責任転嫁して、大事件起こして、ニュースになって、「誰でもよかった」とか言っちゃって、自分の代わりに親が記者会見で涙ながらに謝罪して、親しかった友人Aさんには「そんな人じゃなかったのに」って見損なわれて、あわわわわ(焦)


だから、再試験制度があるとは言え、
必死に勉強しております。

こんな風にくだらないこと書いてる場合ではありません。



それにしても、

①家族法  9:40~10:40
②会社法 19:30~20:30



いじめだよね。
2009.01
24
Category : film
we-ruzu.jpg

雑味なし、すっきり感動。



実話なのかな?

舞台はウェールズのとある村。
村のシンボルであり、イギリスの侵攻からウェールズを守った山、フェノン・ガルウだけが村人たちの誇りである。

そのフェノン・ガルウの標高が測量士の測量により、規定の305メートルに5メートルと少し足りないことが判明。
フェノン・ガルウは山と認められず、丘に認定されてしまう。

この測量結果に村人たちはカンカン。
自分達の唯一の誇りであるフェノン・ガルウが山ではなく丘である、なんてことはあってはならないことなのである。

村人たちはどうにかして、フェノン・ガルウを山と認めさせようと画策を始める…。



という、なんとも平和な物語。

夜明けのキスシーンは、心洗われる美しさ。


こうやって、祭事とか行事って生まれていくんだな。
よりモダンなファッションに身を包んだ村人たちが、同じようにして山の頂上に登ってくるラストシーンにはやられたなぁ。

あれで5点持っていかれたよ。
こんなストーリーがあれば、お祭りや行事も積極的に参加しよう、って気になるな。



あ、ちなみにジャケットの男性は皆大好きヒュー様ですよ。
2009.01
23
Category : gourmet
焼きうどん on the 講義要項。

IMG_56410.jpg

一度作ってみたかったので、
作り方も知らずに作りはじめました。

よく焼きうどん作るって言ってた友達が、
めんつゆ使うって言ってたような…。
日本酒使うって言ってたような…。


白菜を炒め、日本酒を入れ、
豚肉を先に入れるべきだったと気付いたので、白菜はシナシナのままいったん皿の上で待機。

豚肉を炒めだしたんだけど、
しゃぶしゃぶ肉を使ったので、炒めても中まで上手く火が通らなかったので、一度蒸しました(笑)


その後、白菜を加えて、すぐにうどんを2玉投下。
しかし、水気が無くてうどんがほぐれないのでお湯を足す。

めんつゆで味付けしたけど、どうにも薄そうなので醤油をプラス。


作りながら電話してた相手が、ホンダシを入れろと言うので、それに従って、
賞味期限がちょうど1年前のホンダシを振る。


万ネギをかけて、完成。



んー、大味。。

美味いんだけど、なんかだいぶ足りない。
うどんにモチモチ感無いし、若干汁気も…。

美味しい焼きうどんはどうやって作るんでしょうか。
2009.01
22
Category : 未分類
今日コンビニで立ち読みしてたら、小さな子供が店内をぐるぐると走り回っていた。



1周すると、俺と、その隣で立ち読みしている女の隣に入り込んで来て、女の顔をのぞき込んでいる。

(どうやらこの女が子供の母親らしい。)

母親は自分の子供に目もくれず、頁をめくり続けている。
子供は母親に相手されていないと気付くとまた店内を走りに行き、1周してまた戻ってくる。

それを繰り返すこと10数回(イライラ)。



同じくこの前電機屋で物色していたら、
店内で小学生の2人組が、風船でバレーボールしていた。

商品を見ている俺のすぐ隣でバヨン、バヨンとスパイクを打ち合っている(イラ)。

親は何処へ(イラ)。

すると風船が俺の足元まで飛んできた。

ここぞとばかりに子供たちをガン見。

無関心でもなく、怒りを露にすることもない、絶妙の表情で一瞥。


やめるかな~、と思ったら平気で再開(イライライラ)。




よくある言い草で、
「最近の若者は~」
と言いますが。

確かに、近年の親ってちゃんと子供を躾けないというか、叱らないよね。

自分の子供が人に迷惑をかけても、気付かなかったり、気付いても、

「ダメでしょ、マー君」
なんつって。



こうゆう若い親のダメ教育で育てられたダメチルドレンは、
親と同様にダメペアレンツになり、

そのダメペアレンツの子どもはやっぱりダメチルドレンで。

この繰り返しでどんどんダメジャパンになっていくんだろうな。


この現状に誰か気付けよ。
2009.01
21
Category : gourmet
とうとう食べたよシュウマイ弁当。

shuumai.jpg

まず荻窪の春木屋で中華そば食べた後、
(店内に写真の無断使用お断りって書いてあったので一応写真掲載は自粛)

シュウマイ弁当1つ(¥780)買って帰宅。

「夜10時までに食べてね」
って言われたのにすっかり忘れちゃって日付が変わってから食べました。


温めよう、
と思ったら木箱の弁当なんですね。
わざわざ皿にシュウマイ移すのもめんどくさい。

買ったときから別にホカホカだったわけじゃないし、
多分こうゆうもんなんだろう、
とそのまま食べた。


値段相応においしい。

付け合せのオカズとローテーションしながら楽しみました。
特に左上の甘く煮てあるタケノコが美味。

杏は塩辛いのより甘いほうが良かったな。
2009.01
20
Category : film
432.jpg

パルムドール受賞作品。



「最高傑作」みたいな褒め方するような映画ではないと思うんだけど、
まあ、確かに面白い。

なんだか意味不明で退屈な始まりの10分ちょっとから、急激に引き込まれる本題への突入。

長尺の1カットで撮り続けるシーンがすごく多くて、
かなりの演技力あってそれだけでも見ごたえ十分。

主人公が恋人の母親の誕生日に出席して、親戚達のどうでもいい、くだらない話に付き合わされるシーンがあるんだけど、
主人公のイライラにものの見事にシンクロさせられる。

テーマの重さも手伝って、画面に釘付けになること間違いなし。



ちなみに、そのテーマとは法を犯す「堕胎」。
2009.01
19
Category : film
clockworkorange.jpg

うわぁ、すげぇ。



おもしろい!って思うけど、
多分そのおもしろさを全然理解できてないわw


そもそも、俺には社会風刺作品は難しい。

しかも、それを比喩的にやられると、
「社会風刺作品です」って注意書きしてくれないと、
社会風刺作品と気付かぬまま観終わる自信がある。

この作品も、自由奔放と全体主義を皮肉った作品らしいけど、言われないと絶対俺にはわからないわ。

てか、言われてても、その皮肉を全部気付けてなさそう。


このクオリティで1972年の映画かぁ。。
もう1回は観てから返そうと思います。
2009.01
18
Category : 未分類
今日は卒業旅行の打ち合わせ。



がてらのゴルフ。

一緒に行った二人はもう結構上手くて、俺は少し出遅れています。
今日も、出だしから調子は最悪。

しかし、途中でティーを低いものから、一番高いものに変えたら、途端に飛ぶように。


よーし、すぐに追いついてやるぞー(燃)
(でも実際のコースでのティーショットは芝にスレスレって聞いたんだけど本当だろうか)




旅行はポルトガル(一人旅)→スペイン→フランス→イタリア→ギリシャになりそうです。
2009.01
17
Category : gourmet
今日は六本木へ。

IMG_56280.jpg

まず、なんとなくミッドタウンにある、富士フィルムの写真展へ。
日本の伝統家屋の写真と、「日本の四季」というテーマの写真展でした。

その後、適当にミッドタウンとか、六本木ヒルズとかブラブラ散策した後、
夏木マリがプロデュースしているモダンなうどん屋、「つるとんたん」へ。

080522A4C4A4EBA4C8A4F3A4BFA4F32-s.jpg

2人でこの、「明太あんかけ玉子とじのおうどん」を3玉と、
「カツ丼」を食べました。

うどんは1玉から3玉まで自由に量を選ぶことが出来て、値段も変わりません。
1玉でも、ものすごく大きな丼に盛られてきて、粋な感じでセンスがいい。

カツ丼もスウィートで美味しかったです。


やっぱり都心はおいしいお店が多くていいですな。
六本木で働ける富士フィルム本社の社員がうらやますぃ。

IMG_56270.jpg

食後のデザートにチョコレート&バナナワッフル食べて帰宅。
2009.01
16
Category : film
thelma_louise2.jpg

いや~、爽快!不思議なくらい爽快。



鬱屈した日々の生活から抜け出す旅に出たテルマとルイーズ。

ちょっとした羽目外しのつもりがある出来事をきっかけに、後戻りのできない逃避行へ変わる。

危機的状況に置かれて開き直っていく2人の青春の旅。

アメリカの台地と空が、痛いくらい広くて、青い。



捉え方によってはすごい残念な物語なのに、不思議と沈んだ気持ちにはならず、
それどころか爽快感すら感じる。

その理由はきっと、テルマが「生きた」、という喜びや楽しさが、画面から滲み出してて、後悔を感じないから。

開き直った2人の、悲壮感を突き破るほどに狂った笑顔が、物悲しくも美しい。


そして、爽快な逃避行を音楽が見事に後押し。



サントラ欲しい!って思えるくらいに全部いい曲。


ブレイクする前のブラッド・ピットも出てます。
2009.01
15
Category : 未分類
以下の選択肢を軽い順番に並べなさい。

・自由の女神
・ジャンボジェット機(燃料は含めない)
・スペースシャトル(燃料を含める)
・東京タワー
・モアイ像(最大のもの)
・東大寺の鐘
・クフ王のピラミッド
・奈良の大仏
・アフリカゾウ(大人の平均体重)
::more
2009.01
14
Category : 未分類
★「最年少8歳が勝利、愛ちゃんの記録更新」

20090114-00000042-jijp-spo-view-000.jpg

愛ちゃんより好きだな~。
試合服とか、間の抜けた空きっ歯とか、将来が楽しみ。
色んな意味で。

なんだか愛ちゃんの丸顔としゃべり方があまり好きじゃありません。

817-ai4.jpg

しかも、その福原愛に似てる(思うの俺だけ?)キルスティン・ダンストも苦手。

kirsten.jpg

スパイダーマン観てても福原愛思い出しちゃって。。
結構このキャスティングは批判されてたので、違う意味で俺も納得w

「エリザベス・タウン」とかダンストのせいで感情移入出来なかった感さえある。

20070131_285843.jpg

ただこれはハマってたw





★「浅尾美和、パリコレ・デビューへ」

20090113-00000047-maiall-spo-view-000.jpg

なんちゅーか…。

パリコレ目指して頑張っても夢叶わない本職のモデルたちがいる中でのこの大抜擢。
ほんとスター性抜群。

輝く人ってとことん輝く。


美しいって得ね。
2009.01
13
Category : 未分類
寒いの嫌いだけど、冬の朝の身の引き締まる冷たさは好き。

音で言うと「ヒャン」って感じの冷たさ。

IMG_56210.jpg

今日は大学に行き、卒業論文を提出しました。

その後、ゴルフの予定だったんだけど、
一人のドタキャンからなし崩しで中止に。

でも帰りに一風堂でおいしいラーメン、お腹いっぱい食べたから満足。


さらに、TSUTAYAで借りた5本のDVDが全部ヒットだったのでご機嫌です。

ちなみにその5本とは、
「テルマとルイーズ」、「時計じかけのオレンジ」、「4ヶ月、3週と2日」、「ウェールズの山」、「ガーゴイル」。

そのうちUPするので気になったら是非。
2009.01
12
Category : 未分類
今日授業あると思って大学に行ってしまいました。


今日成人式だもんね。

普通に考えて授業あるわけないよね。。

あぼーん。
キャンパスで独り唖然。



「泥酔した19才の少女、車掌を蹴る」



……。

毎年なにかと物憂げなこの季節。

成人式だもんね。



試験が近いです。
2009.01
11
Category : film
tsubaki02.jpg

とりあえず本家を観てみたいな。



大目付、菊名六郎兵衛(?)の汚職を告発して成敗しようと企む9人の若侍たち。

その企てが若侍の1人である伊織(?)の失態で菊名本人に悟られてしまい、
逆に菊名に追われる身になってしまう。

若侍たちは、神社の社での謀りの最中、菊名の部下に囲まれてしまうが、
そこを寝床にしていた、名も知れぬ浪人が彼ら9人の手助けを買って出る。



いい日本映画だよね。
多分本家はもっとおもしろいと思う。

というのも、
キャスティングとか衣装とか色々微妙だった。

これもおもしろいし、本家より現代風で観やすいかもしれないけど、
観てなくても三船敏郎の方が良さそうだなー、って感じる。


豊川悦治もいまいち、はまってなかったような。

鈴木杏はバッチリだけど、
やっぱり丸くて変な顔w
2009.01
10
Category : 未分類
今日は小学校の同窓会。



気がつけば10年ぶりの再会でした。

女性陣の変貌に色々感じたり、
意外な人が歩んでいる意外な人生に驚かされたり。

恐るべし10年の歳月。



3次会がカラオケだったんだけど、
10人強でカラオケボックスに入るも、
皆なんとなく歌うのが恥かしかったり、酔いつぶれてる奴いたりで、場はなかなか盛り上がらず、

懐メロとか最新のJ popを入れて、
1フレーズごとにマイクを回していくことに。

最後のフレーズを歌った人は罰ゲーム、みたいな。


てか懐メロはギリ付いていけるけど、
最新のJ popはもうお手上げ。

なんとなくサビ知ってるくらいでも、
Aメロとかわかんないw

てか知らない曲も山ほどあったしw
グリーンとかEXILEとか湘南の風とか…。


よく合コンとかのカラオケでは入れる曲のセンスを問われるって言うけど、
なんか実感。

遠くない将来、
社会人となって新人歓迎会やらなんやらで、歌う機会は結構増えそうなんで、
最新のJ popくらい押さえなきゃダメなんだな。

しかも、もう就職して営業とかしてる奴に聞いたら、
上司に分かるような古い曲も覚える必要があるとのこと。


あ~、やっぱり人付き合いって嫌い…。



でも最新J popはともかくとして、
もっと、積極的にならなきゃダメだな~、とも痛感する集いになりました。

一部を除いてみんな久しぶりのせいか、
同窓生にも関らず、結構一体感のない感じで、
いじられる奴、突っ込む奴がいなくなると、10人して、
「あれ、誰がしゃべるの?」
みたいな雰囲気になったりして。

久しぶりだから思い出話に興じるのかと思いきや、
公立中学組とか、社交性ある組は繋がりが切れずにしょっちゅう会っていたからか、
そんな雰囲気にもならず。

また、その妙な雰囲気の中で俺も数人と一緒に傍観者になってしまうことがすごく多くて、
ほんと、「あいつノリ悪いよな」って感じ。。

ホントそうゆうとこダメだよなぁ、と猛省。



社交性の乏しいとこも含めて、
意思を持ってもっと自分を変えていきたいと思う年明けです。
2009.01
09
Category : 未分類
今日は内定先の入社前健康診断でした。



内定者、皆デッケー!
平均身長高いよー。
結構たくさん人居たけど俺より背の低い人5、6人くらいしか見かけなかったよー。
へこむよー。

確かに身長体重計ったら、縮んでたしね。。
身長 170.3cm…。
体重 59.9kg。

ちなみに、
血圧 120/82
腹囲 72.2cm
視力 右1.5 左1.5(眼鏡使用)
聴力 正常
心電図 謎
心音 正常
胸部レントゲン 謎



採血もしたんだけど、
たくさん血を(と言っても12cc)抜かれたせいなのか、
もともと血を見るのが苦手なせいなのか、
どんどん気分が悪くなっていった。

映画でも血しぶきとかグロいの嫌いだからな…。


あと、前日からの食事制限があったから、
てっきりバリウム飲んだりとか、胃カメラ飲んだりとかするんだろうな~、
と思ってて若干気が重たかったんだけど、そんなことはなく。



前日の夜から何も食べてないからホント腹減ったよ。
健康診断終わったの15時半だからね。

たまたま前に会ったことがある人がいたからその人と、
新橋のラーメン屋「麺屋 錦」でツルっと。

魚粉の効いた甘いつけダレと太麺が旨い。
たしかに空腹は最高の調味料ね。
2009.01
08
Category : film
bf.jpg

                    「小さなチョウのはばたきが
                  地球の裏で台風を起こすこともある」

                         (カオス理論)


映画史上、一番切ないハッピーエンド。



だそうです。


幼少期、度々記憶喪失に陥っていたエヴァンは、
記憶力を高めるために毎日の日記を書くよう医者に言われる。

十数年後、エヴァンはこれまで付けてきた日記の内容を読み返すことでその内容の瞬間の自分の脳内にタイムワープ出来る能力を自分が持っていることに気付く。

しかも、その能力で過去の自分にワープしている間に変えた過去は、
現代にも影響を与えていた。


エヴァンはその能力を使い、
自分が後悔してきたことを、過去に戻って修正することにする。
エヴァンは過去に戻り、幼馴染のケイリーの幼少期のトラウマを消し去りに行く。


しかし、何かを救えば他の何かが傷つき、
理想の現実を作り出せない。

誰かを救えば、誰かが傷つく。


どんどんエヴァンの世界は最悪の方向へ…。

全ての人を救うために選んだエヴァンの選択とは…。


初めて観たときかなり感動した気がしたんだけど、
最近見直したら、まあまあ。。

なんかかなり暗い映画だよな。

ツボも結末と、OASISの「Stop crying your heart out」だけだなー。

まあ、そもそも結末ありきな映画だからエンディングまでは布石なんだけど。。
2009.01
07
Category : 未分類
地下鉄乗ってたら隣に座ってたスーツ姿の男がブリーフケースから取り出したクリアファイル。
確認しますは会社説明会会場へのアクセスマップ。

あぁ、思えばそんな時期か。

こんな光景を目にするたびに、
懐かしむような、思い出したくないような、不思議な感覚に陥る。




今日はホント寒かった。

大学からの帰り道、
もう日付も変わろうかという時間に、
犬を連れて歩くおばさん。

この寒さの中、
素肌を野晒しにして歩かされてるチワワがなんだかかわいそう。




映画の採点方式を10点おきじゃなくて、5点おきにしようと思います。
微妙な差をつけるのが難しくなってきたので。


どうでもいいですか。

そうですか。
2009.01
06
Category : fashion
今日はモカ君とジョイマンと青山に服を買いに行きました。



初青山ですw


ガイドのモカ君がしょっぱなからいつも通りの天然っぷりを炸裂。
表参道駅集合のはずが、勘違いで青山一丁目へw

いつもながらやってくれます。



ラブレスとかアトウとかNハリとかシェラックとかスペースとか、
名前だけ知ってるショップにたくさん連れて行ってもらいました。

青山っていい街ですね。
人が少なくて落ち着いてて。

青山で一通りショップ周った後で原宿にも行ったんですが、
その煩雑ぶりったら…。

今度から服買うときは青山とか代官山にしよー。


IMG_56240.jpg

正月セール真っ只中ですが、
セール対象外のデニムを買いました。

それでもかなり安めだったので。

だいぶ細身です。
ご覧の通りだいぶ浅いです、股上。



あ、H&Mも物見遊山で覗いてきましたが、
たいしたことないっすねw
2009.01
05
Category : film
hitono.jpg

永作博美 > 長澤まさみ



永作博美にタバコスパスパ吸わせる冒頭が大正解だねー。
THIS IS NOT 純愛!みたいな。

純愛物が流行ってる中で、
旦那のいる永作博美に平然と浮気させて、「だってミルメ君に触りたかったんだもん(はぁと)」
って最高w

純愛なんてクソくらえだよ。



てか「かもめ食堂」然り、
無駄になが~~い間で見せる映画が増えたと思う。

この映画もあからさまな固定カメラで人物がフェイドアウトするまでず~っと映し続ける。

こうゆう映画を面白くするには、
いい構図と、役者の存在感を要すると思うの。

そうゆう意味では松山ケンイチも、永作博美も、蒼井優もうまい。
多分監督さんも、大まかな段取りとセリフだけ設定して、
あとの所作とか言い方、アドリブは完全に役者に委ねたんじゃないかな。

で、「失敗したかな、と思っても演技を止めずに一応やり抜いて」、
みたいなこと言って撮ったと思う。

だから、すごい演技がリアルで、
柔らかい映像、ゆったりとした間にうまくフィットしてる。

キスひとつとっても、例えばはじめのチュチュチュチュチュってのがすごいリアル。
カップルあるあるのはずなのに、映画、ドラマでは滅多にないよね。


テレビドラマ観てて感じてた、
「なんでそんなに部屋綺麗なの?なんでそんなモロにセリフしゃべりなの?なんでそんなに姿勢いいの?なんで?なんで?なんで?」
みたいな不満をやっと解消してくれた気がする。


場面の移り変わりも肝心な流れは切り取って、
暗に「察しろよ」ってスタンスが素晴らしい。


こうゆう映画の方が日本の役者に向いてる。

アクションとか、ハリウッド真似た映画は基本観てらんない。
きっとそんな中で辿り着いた映画の撮り方だな。



ただ、この映画に関して言えば、
永作博美が居なくなってからの話は個人的にちょっと蛇足で飽食気味になった。
蒼井優の恋はもっと短くまとめて良かった。

リアルな演技にマッチしたリアルなシナリオや恋愛はすごいいいだけにちょっと残念。
2009.01
04
Category : film
two weeks notice

女の子が好きな感じの映画の中では結構好きかも。



法律相談所で慈善活動に勤しむルーシーは完璧主義で、妥協を許さない。
営利目的で活動する企業から権利の弱い市民を守ろうと、デモを起こして抗議したりと、
正義感が強い。

そんなルーシーが施設の保護と引き換えに、大手建設会社(?)の社長であるジョージのもとで働くことになる。
普段の自分の敵である企業で働くことなど、本来ルーシーにとっては耐え難いことなのだが、
施設保護のためにその条件を飲んでしまう。

1年間共に働き、奔放で自分勝手に生きるジョージのわがままに付き合ってきたものの、
友達の結婚式中に「どのスーツを着るべきか」という用事で呼び出されて我慢の限界に達し、
ルーシーは規定である2週間前の辞職宣言(two weeks notice)をする。

2人の契約は残り2週間となり、
同時に2人が会うことの出来る期間も残り2週間となったがそこにきて、
2人は全く正反対の性格ながらも、
自分には無い相手のどこかに魅かれはじめ、
相手に恋愛感情を抱いていることに気付き始める。


ってのがあざとくないのが良い。
どこまでが恋愛じゃなくてどこからが恋愛なのかがよくわかんない恋愛映画って好きだな。

てかやっぱ好きだわヒュー・グラント。
恋愛コメディと言えばとりあえずヒュー。

今回もやっぱり意固地な女に歩み寄るヒュー。

てかこの手の映画に出すぎw
2009.01
03
Category : 未分類
日本語訳:「だらだらしてると灰になる」



今年の4月から私は社会人。

学生生活も残すところあと3ヶ月。

へこむなぁ~。



残りの3ヶ月を悔いの残らないものに!
2009.01
02
Category : film
amelie.jpg

                   「人生とは 果てしなく書き直す小説だ」


映画始めに幸せな映画、アメリ。
オドレイ・トトゥのはまり役。



両親の教育などの影響で幼少期に人とふれあってこなかったアメリは、
次第に自分の心の殻に閉じこもり、空想の世界の住人になっていく。


アメリが自分の殻を破って、素敵な人生へと歩みだせるか、
というのが大きなテーマ。

その大筋に沿いながら、恋のキューピッドになってみたり、
意地悪な八百屋にちょっとした悪戯をしたり、
父親の虚無感を取り除いたりと、
色々な人におせっかいを焼きながら、心の扉を開けるチャンスをけん制し続けるアメリ。

この本筋と、周りの人たちの人生とのコラージュがすごい巧い。
結末までうま~く紡がれていく。

さらに写真がしゃべりだしたり、家具が動き出したりと、
アメリの現実逃避に重ねた、ユーモアのある撮り方も楽しい。

で、やっぱりオドレイ・トトゥは可愛くて、オシャレと。