FC2ブログ
RSS
Admin
Archives

幸せなら手をたたこう

急いで生きなくちゃ 死に追いつかれないように

プロフィール

FlyingHigh1986

Author:FlyingHigh1986
"Again, you can't connect the dots looking forward; you can only connect them looking backwards. So you have to trust that the dots will somehow connect in your future. You have to trust in something"

最近の記事
カテゴリー
カレンダー
05 | 2009/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
月別アーカイブ
最近のコメント
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
2009.06
30
Category : at office
5時30分起き、7時30分出社を目指す毎日。

結局6時15分起き、7時45分出社になる毎日。



起床時間の遅れに対して、出社時刻はそんなに遅くならないんだね、って思った君は鋭い。


理由はそもそも起きる時間を余裕持って設定しているから。

ありがちな話だ。


そして結局ギリギリをちょっと過ぎて起きる。

ありがちな話だ。


でも今日は6時30分起きと、ちょっとタイムオーバーし過ぎた。

ありがちな話だ。


いつも渋谷から山手線で東京に向かってるんだけど、今日はさすがに寝坊し過ぎたから路線変更。

新宿から中央線で東京に向かう。


しかし、こんな日に限って遅延。

ありがちな話だ。

しかもここ、東京まであと一歩の神田。

良くできた話だ。

「停止信号のためしばらく停車致します。東京駅へお急ぎのお客様は山手線へ乗り換え下さい。」

良くできた街だ。

神田まで中央線乗ってきた人の目的地なんて十中八九東京。
みんな中央線を降りて山手線を目指す。

いざ山手線のホームに着いたら電車はまさに出発したところ。

ありがちな話だ。


山手線が過ぎ去りひらけた視界の先。

さっきまで乗ってた中央線が乗車率1%で走り出す。



ありがちな話だ。
スポンサーサイト



2009.06
29
Category : film
img8442f049zikczj.jpg

初めて離れ離れになる仲良し4人組の女の子たち。

彼女たちは離れ離れになる日の前日に、体型がバラバラの4人全員にピッタリとフィットする不思議なジーンズを見つけ、
「これはきっと幸運のジーンズに違いない」、と離れ離れになる1ヶ月の間、1週間ずつ交代でジーンズを穿き回すことにする。

離れ離れになってもこのジーンズが私たちを繋いでくれる。幸せを運んできてくれる。




映画は取り立てて突っ込むこともないようなお気楽な映画。

深夜になんとなく付けたテレビでやってたら結構幸せになれそう。
2009.06
28
Category : 未分類
生温い空気がベッドに 沈黙を連れてくる
もううんざりしてるのは 僕だって気付いてる
君が最後の答えを 口にしてしまう前に
渇いたキスで塞いでしまう それでなんとか今をしのげればいいのに

いつからか君は取り繕い 不覚にも僕は嘘を見破り
よくあるフォーマットの上 片一方の踵で乗り上げてしまうんだ
誰かが禁断の実摘み取り 再び次の果実が実る
揺るぎのない決心に凍りつく顔 力のない瞳が映すのは
僕という過去なんだ


くたびれたスニーカーがベランダで 雨に打たれてる
線香花火 はしゃいでた記憶と一緒に
日に焼けたショーツの痕を やたら気にしてたろう
あんなポーズがこの胸を 今もかき乱しているとは知らずに

ある日君が眠りに就く時 僕の言葉を思い出せばいい
そして自分を責めて 途方に暮れて切ない夢を見ればいい
とりあえず僕はいつも通り 駆け足で地下鉄に乗り込む
何も無かった顔で何処吹く風 こんなにも自分を俯瞰で見れる
性格を少し呪うんだ


全ての想いを断ち切ろうとする度 まとわりつくような胸の痛み

ある日君が眠りに就く時 誰かの腕に抱かれてる時
生乾きだった胸の 瘡蓋がはがれ
桃色のケロイドに変わればいい 時々疼きながら
平気な顔をしながら
2009.06
27
Category : fashion
今日は「約3ヶ月ぶりの」土曜日だ。



朝10時に起きて、久しぶりに服屋へ。

行ったんだけど…

人多すぎ、暑すぎ。


皆考えることは同じで土日に街へ出かけるんだよな。そりゃそうだ。
学生時代はショップなんていつも平日に行ってたもんなぁ。

しかも今セールシーズンなのかな?人多すぎて結局早々と退散。
今度振り替え休日の時にまた出かけよう。


Tシャツと靴が欲しいなー。



と言う事でなかなかやりたくても出来なかったことを色々とやって帰宅。
夏物のスーツ買って(これが実は本当の今日の用事。今日までホント暑かった!)、
壊れた時計と同じもの買って、パンツの裾直しして、DVD買った。

あ、あと写真の現像しないと。

久しぶりに映画観たいな、
今日観ようかな。
2009.06
26
Category : at office
でね、昨日書いたその面談記録を走り書きから公文書へと書き変えるのが次の仕事だったんだ。



難しかったんだなこれが。

1時間40分に及ぶ面談内容のどこが必要でどこが必要じゃないかを選び抜き、
これをどのような流れの報告文書へと書き換えるか…。

これが難しくて、ほとんど1日中やってたのに、結局タイムアウト。

皆最初は書けないとは言われたけどさー。


うちの指導担当の先輩、
厳しいわけではないんだけど、飴か鞭かで言うと多少鞭寄りで、
俺に足りてないトコをビシバシ言ってくる人でね。

やっぱ、この人に「よくやった」って言われるような仕事をしたいって思うんだけど、
残念ながら今回も失敗。

「それ今日のうちに提出しなきゃダメだから。あとは俺がやるからメールで送って」って言って、
俺の責任は引き継がれていってしまった。


すげぇ悔しかったよー。
どっちかって言うと、文章校正とか得意な方かと思ってたんだけど、全然だ。

先輩 「あ、あとね…」

(お!「初めてにしてはよく出来てるよ」とか言ってくれるのか!)と思いきや。


「送ってくれたメールだけどね、メールはタイトル付けた方がいいよ」

このねぎらいの言葉も無い感じが、
実は結構気持ち良かったりする。
2009.06
25
Category : at office
昨日初めて先輩のお供で外回りの営業に出た!



今日のお話は「海外進出について」という大変スケールの大きなお話。

幸か不幸か、かなりの成功事例とあいまみえたようで、
先方からどんどんこっちに寄ってくる面談だった。


初めてお客さんからもらった名刺がなんか愛しくてね。
しかも、この会社がちょっとした縁のある会社だったからさ。


俺は面談記録役だったんだけど、1時間40分にわたる面談中、
ず~~っとノートにお話の内容書き込んでてしんどかった(ノート20ページくらい)。

しかも先方に頂いたその名刺を置くべき机が俺にはあてがわれていなくて、
「(どうしよう、しまっちゃうか…。嫌々失礼だろ)」。

と、仕方なく、名刺入れの上に置いて、それを膝の上へ。
「(落としたりしたら失礼だ)」とそれに気を使いながらノートを取ることに。


あえて誤解を生むことを避けずに言えば、
「すごくこの名刺邪魔だった」。

おまけに机無いからプレゼン資料とかも自分の手で持ったままページめくらなきゃならんし、
そんな中で時には何のこと言ってるのかわかんないようなお話を、
猛スピードでノートに書き込んでいく。


それはなかなか大変でした。


あと営業は本当楽しかったよ。
こんなお話を色んな会社を相手に出来るんだって思うとわくわくする。

そのまま自分の会社辞めて、先方の会社に残って、
「この製品はどこどこで通用しますかね?」って一緒に考えたくなっちゃうくらいに、
取引相手に入り込んでいきたくなっちゃうんだ。
2009.06
24
Category : 未分類
                     「親切とは『親』を『切る』と書きますなぁ」
                            (BY 金八先生)




今日、会社からの帰りの山手線で。


俺座席に座ってたんだけど、目の前に白い杖持った女性が乗って来たんよ。
となりにはもう1人女の人が居て、彼女の腕を組んで、支えてた。

俺は反射的に席を譲ったんだけど、
付き添っている女性の方に「お座りになりますか?」って聞いて席を譲った後でふと思った。

体が不自由な人ってこうゆう親切が嬉しいのか、嬉しくないのか。


例えば、俺が「座りますか?」と聞いてしまうことで、
目の見えない女性は、周りの注目を浴びているかもしれないことを想像して、
とても居心地が悪くなってしまうかもしれない。

場合によっちゃ、同情めいたこの言葉に腹が立ったり、
障害者扱いされることに嫌気がさしていたり…。


考えすぎ?

でも親切って難しいなと思う。

「ありがた迷惑」なんて言葉も実際ありますもん。


時には切ることも賢明?




PS まあこの場合は譲るのが普通だと思うよ、両隣に座ってたおっさん。
2009.06
23
Category : at office
Hi everyone.

Today I am very sad because my english comunication class’s teacher Joe resigns our class.

Today, I write the article by english to express my appreciate to Joe.

Maybe this document’s sentense, grammer and spell is wrong,
but do not laugh at low level of my english ability.


When I was heard the Joe’s conffesion that he resigns the job,
I felt deep deep sorrow.

But I was not able to express this sorrow enough,
becouse my english abirity is too low.

Sorry Joe.

Thank you for your instruct.

Although you resign,
I wll continue to study english comunication.

Good bye Joe,
I do miss you.
2009.06
22
Category : film
mulholland drive

記憶を失った女と、ハリウッドで女優を目指す女が、
一緒に失った記憶を探すサスペンス。

それ以外に登場する人物の物語がどこでこの2人と交わるのか、と期待してたんだけど、
どうゆう展開なのかよくわからないシーンが多いし、辻褄合わせの無い展開もあるし、
エンディングの映像同様煙に巻かれる終わり方でなんか不満。

結局本当はどうゆう物語なのかも全然わからないし、
脚本で楽しませようとするサスペンスって、わかりやすさが大事なんだと痛感した。
2009.06
21
Category : 未分類
I wanna be your gentleman.
変われる場所を探しに行こうか 誰かみたいに

I wanna be your gentleman.
隠れる森目指してみようか 痛くないように

汚れた川を汚れた僕と泳ぐ
君はとっても綺麗だった
浮き沈みしながら向こう岸へ辿り着いた後を
考えてる 今でもずっと

君といるのが好きで
あとはほとんど嫌いで
周りの色に馴染めない
出来損ないのカメレオン
優しい歌を歌いたい
拍手は一人分でいいのさ

それは君のことだよ


I wanna be your gentleman.
上手くちぎれてくれない 尻尾はトゲトゲで

I wanna be your gentleman.
ひっかき傷は癒えないのさ 治らないんだ

多分もうすぐさきっとなんて息を止めたまま
どうでもいい行列に並んでもみた
終わらないプレリュード奏でて生きていくみたいだねって
僕ら笑う 死んでるように


たとえ世界はデタラメで
種も仕掛けもあって
生まれたままの色じゃ
もうダメだって気付いても
逆立ちしても変わらない
滅びる覚悟はできてるのさ

僕はストレンジカメレオン


勘違いしないでね 別に悲しくはないのさ
抱き合わせなんだろう 孤独と自由はいつでも


もしも全てが嘘で
ただ辻褄合わせで
いつか懐いていた猫は
お腹空かしていただけで
すぐにパチンと音がして
弾けて消える幻でも
手のひらがまだ暖かい

恐いもの知らずで
時代ははしゃぎまわり
僕と君の過ごした
ページは破り去られ
歴史には価値のない
化石の一つになるのさ
君と出逢えて良かったな

バイバイ 僕はストレンジカメレオン
2009.06
20
Category : film
517HEERK0ML__SS500_.jpg

「男」性と「女」性を浮き彫りにさせようって感じの映画。


ニコール・キッドマン扮する美人人妻が軍人とのアヴァンチュールを夢みたことを聞かされたことで、妻への信用に疑念を抱いてしまってからのトム・クルーズの浅はかな行動がすごいリアルで頷ける。

それでみんながみんな浮気するって話ではないけどさ。
2009.06
19
Category : at office
今日から営業部で研修。



年次の高い人たちに囲まれて働くのって、

ものすごく疲れるよ。


皆さん放置プレーで、こっちから話しかけに行かないと基本無視。
なのに一挙手一投足を横目で値踏みされてる気がして必要以上にああなったりこうなったり。

初日っから勉強不足露呈して早くもおバカ確定だし。



歓迎会も連れて行ってもらったんだけど、
日本流のしきたりってのが実に堅苦しい。

上司のコップが空いたらビール注ぐっていうアレがなんとも面倒くさくて、
「もうすぐコップの中身少なくなるけどもう注ぎにいくか、それとももう一度口をつけたらいこうか…」、
なんて考えてるうちに、結構年配の方が注いじゃって、「ああ!すみません!」みたいな。

取り皿無くなったりビール無くなったら店員に頼んだりとか、
とても緊張してる中でそこまで気がまわらん。


そして案の定野球の話題になって、

俺  「野球詳しくありません」

上司 「…」



経済の勉強して、社員として働くための勉強もして、
毎日新聞読んで、英語の勉強して、
課題図書読んで(現在4冊が部屋で平積み状態)、
資格の勉強して、通信教育受けさせられて、
営業研修の宿題もこれに乗っかって、

おまけに野球も観ろってか?


なあ、いつ寝ればいい?
2009.06
18
                「なんでもないようなことが 幸せだったと思う
                 なんでもない夜のこと 二度とは戻れない夜」




忙しい毎日が続きますが、
自由気ままに生きていたあの頃(ほんの3ヶ月前…)が懐かしす。


特に旅行は楽しかったなー。

テレビでパリの街並みなんか映ると、
故郷を見るかのようにやたら懐かしくなる。

んで、具体的に「エッフェル塔を観た」とかってことよりも、
なんでもない瞬間がやたらと眩かったりする。

「あー、そんなことあったねー」って誰も覚えてないようなことが。



旅行は「行こう」と思い立って計画を思い巡らすとこから既に始まってる、なんて言うけど、
この後引く感じも旅行の一部かも。

24731805_16387520560.jpg

≫rui
mixiから頂きました。
::more
2009.06
17
Category : gourmet
前々から行きたいと思ってた「俺のハンバーグ山本」に行きました。



会社帰りに同期と行ったからデジカメ無くて、
残念ながら写真は無し。

「gourmet」なんてカテゴリー作ってるくせに、
味の表現って、ひどく苦手だわ。

特に「美味しさ」の言語化が。
美食家ってすごいよ。

俺なら「ここのハンバーグマジ美味いから、食いに行こう!」で終わっちゃうよ。



「俺のハンガーグ」っていかにも看板メニューっぽいのを食べたんだけど、
柔らかいハンバーグの中にクリームソースとかベーコンが入ってて、
まろやかな美味しさだった(なんて稚拙w)。

周りに添えてある野菜も適度な味付けで、
野菜の味を楽しめた(ありきたりw)。


以上。

また行こう。
今度はコンパクトデジカメを持って。
2009.06
16
Category : at office
うちの会社の研修は座学が多いんだけど、
講義内容次第(主に話し方が下手な時)ではかなり大多数の人が眠りに誘われてしまう。


だから大多数の人がカバンや筆箱の中にフリスク、もしくはミンティアを入れている。



俺もブラックコーヒーに続いてつい最近ミントデビューしたんだけど、
一気に2個くらい食べた後に冷たい水を飲んだ時のあのスースー感と言ったら!

この爽快感がたまらなくて消費スピードがむっちゃ早い。
2日に1個買ってるし。

100円だから安いし。



でも眠気が覚めた気は一向にしないんだよな。

本気で眠い時はいくつ食べたって眠いままだし、

ミントを食べたことで「眠くなくなったかも」とか思ってるときって、
そもそもそこまで眠くない時だったりする。


なんだか、ひっそりと筆箱にアイテムを忍ばせて、
眠くならない対策と銘打ってスースーやる行為に、
なんとも言えない悦を感じているだけな気がしてきた。

ついでに、スースー感を楽しんでるだけ、みたいな。



てかこんなもの2日で1ケース(50粒)もお腹の中に入れたら体に悪そうだし。

そんなこんなで早々に俺のミントブームは終わった。
2009.06
15
Category : film
manderley.jpg

ラース・フォン・トリアー監督のアメリカ3部作の2作目。
観たい観たいと思ってたのにTSUTAYAに無いんだよね。

たまたまケーブルテレビで放送してて録画。


前作「ドッグヴィル」で村を焼き払い、父親のギャング一味に加わって旅に出たグレース。

その道中、マンダレイという黒人の奴隷制度が未だ残る村を発見。

人間の尊厳を謳う正義感の塊のようなグレースは、
「黒人奴隷を作ったのは私たち白人の責任」なんて気取って偉ぶり、
前作の反省も御座なりにこの村に首を突っ込んでいく。

ギャングの圧力を後ろ盾にして、この村の管理をはじめ、
管理されることに慣れきった黒人たちに自主性や民主主義による多数決を重んじることを教えていく。


この自主性や民主主義の教えがやがてグレースを追い詰める結果になったりと、
前作同様皮肉たっぷり。

正義感を持って介入していくグレースのお節介は、
黒人達にとって本当の意味でのプラスにはならない。

かつてのこの村の人種差別による生活のルールも、
見方を変えれば、白人、黒人のどちらもがよりよく円滑に生きていくためのルールなのであった。

やって来たグレースのお節介はこれをわざわざゴチャゴチャとかき回して、
逆に黒人たちを苦しめることになっただけなのかも知れない。

そして結局は自分の立てたルールを乱して逃げ出すグレース。


前作に比べると衝撃度はやや劣るもののやっぱり凄い作品。
2009.06
14
Category : 未分類
僕らは離ればなれ
たまに会っても話題がない
一緒に居たいけれど
とにかく時間が足りない

人が居ないとこに行こう
休みが取れたら

いつの間にか僕らも
若いつもりが年をとった
暗い話にばかり
やたら詳しくなったもんだ
それぞれ二人忙しく汗かいて

すばらしい日々だ
力溢れ
すべてを捨てて僕は生きてる

君は僕を忘れるから
その頃にはすぐに君に会いに行ける


懐かしい歌も笑い顔も
すべてを捨てて僕は生きてる
それでも君を思い出せば
そんな時は何もせずに眠る眠る

朝も夜も歌いながら
時々はぼんやり考える

君は僕を忘れるから
そうすればもうすぐに君に会いに行ける
2009.06
13
Category : football
             「マケレレは5メートル先にしかボールを運べないじゃないか」
                      (BY フロンティアーノ・ペレス)




カカに加えてクリスティアーノ・ロナウドまで手中に収めてしまったレアル。

ペレスってほんと何者なの?

この不況にあって、ろくにタイトルも獲ってないレアルのどこに220億円もあるの?


おまけにビジャ獲得まで合意に近づいてるとか、イブラヒモビッチ急襲だとか…。

なんかモラルを欠きまくってる気がする。
マスターリーグかよっ!

オフ空けたらスタメンごっそり入れ替わるってどんだけ。

これだけやって来シーズンにタイトル取れなかったら抱腹絶倒だね。



ロナウドのスペイン挑戦には賛成なんだけど、
この流れは前例と比べれば比べるほどレアルの悪い傾向なだけにね、

ゲームみたく投資効果が表れるか不安。


カカ、ロナウドを配した布陣でどれだけ守備を疎かにしないチームを作れるか、
そしてそもそもカカ、ロナウドが共存できるのかが、
今後レアルがこの超大補強を成功にするための焦点。

特に、ディアラひとりでどれだけアンカーを賄えるかも不安要素。
この構成員に今更29歳のシャビ・アロンソを加えようとしてるあたりなんか怖い。


加えてグティ好きな俺としてはグティ(ついでにラウル)の居場所が無くなるのは勘弁だし、
イグアイン、ガゴ、フンテラールあたりの放出も避けたい。

あとディフェンスリーダーは獲らなくちゃね。

guti-homenaje-di-stefano0.jpg

◆アンチロナウドのニステルローイをはじめ、ロッベン、ラファ等のオランダ勢は何人か移籍するでし
 ょうな。
 「スナイデルあたりも売って、ロナウドを背番号10に」なんていかにも考えてそう。
 
◆カンナバーロはお里帰りしたけど今となっては後悔してるかもね。
 そもそもよく帰れるな、って思う。

◆ナニはロナウドの放出を問題無しとしている。
 まあそりゃそうですよね、あなた試合出れますものw
 「ロナウドの代わりになれる選手がうちには居る」
 自分のことですかw

 まあ冗談はさて置き、ナニのこれからには期待。

◆今の欧州サッカーは完全なプレミア主流の流れだけど、
 イギリス税制改革の影響も出てくると、本格的にスペインが盛り上がりそう。
 レアルが銀河系って云われてた頃のリーガ・エスパニョーラが戻ってきそうだ。
::more
2009.06
12
Category : 未分類
HAPPY FRIDAY!



飲んで歌ってオールして。


時々「自分が世界で1人ぼっちなんじゃないか」って思うことがあるけど、

こうやって確かに誰かのことが好きで、
自分も「いい奴だ」って色んな人に認められてるのを少なからず感じると、

すごい幸せだなって思う。


皆お互いに両手には色んなモノを持っていて、
もうしょっちゅう会うことは出来ないからいつでもこうゆうわけにはいかないんだけど、

確かに自分がそこにいることを感じることが出来れば、

どれだけ仕事大変でも、ちょっとくらい「嫌なこと」があっても
強く楽しく生きていけそう。
2009.06
11
Category : 未分類
木曜日ともなると、
積み重なった疲労感がドッシリ。


明日のために、
おやすみなさい。
2009.06
10
Category : at office
6月の衣替えに合わせてクールビズが始まった。



でも勤め先の空調が古くて、
部屋を極端に暑くか、極端に寒くしか出来ないダメ仕様。


「暑い人と寒い人の双方の事情を考慮して」と考え出された施策は、

部屋を暑くするのと寒くするのを交互に繰り返す、というもの。



わー、とっても名案(パチパチパチ)



部屋を寒くしてるときはとてもYシャツでは凌げない寒さなので、
防寒対策に(笑)結局ジャケットを羽織って家を出る。

ノーネクタイはなんか不格好な気がするので、結局ネクタイもしめる。

するとこの梅雨のジメジメした時期、
電車の中で蒸れて蒸れて。


これもある種の温暖化。


そういえば、麻生さんが温暖化対策のCO2削減目標立てた、って記事があって、
各紙、「国民の負担が心配される」なんて書いてたけど、

そもそも日本の家庭から排出される二酸化炭素って、
日本全体の排出量のうちの6%とかしかないんじゃなかったっけぇ?


まあ努力しなくていいわけじゃないんだけどさ。
2009.06
09
Category : at office
さあ始まるよ鬱日記(笑)



本当大変だよ毎日毎日。
この大変さが誰にも伝わらないのがとても残念。

想像してみてよこの辛さを。


その2倍大変よ。


もちろんもっと仕事は大変になるし、「こんなの別にたいした事じゃない」って人もたくさん居るし、
事実俺だって別に本気でキツいとか思ってるわけじゃないんだけど、

なんか言いたいのよ「あー大変」って。



日々、ポジティブになったりネガティブになったりを繰り返しては、
結局自分が今、上向きでいるのか下向きなのかがわからない。


賢い人が多いのか、単純に自分がバカなのか、
学習内容についていけずに焦燥感は募り、
円滑な人間関係の構築にくたびれ、
やがて疲れは甘えに変わる。

なのに寄る辺も見失って、いっぱいいっぱいなのだ。


いっそ泣いてしまえるくらいに自分が弱かったらいいのに。
日付変更線上の暗い空に思う。
2009.06
08
Category : 未分類
朝っぱらから駅前で演説してる議員(区長?になりたい人?)は何がしたいの?



このクソ慌ただしい通勤アワーに足を止めてあなたの話に耳を傾ける人がいるとでも思ってるの?

それとも朝早くから頑張ってることアピールしたいの?

俺なら「朝からうるせーよ」って、
効率性も考えられない大人を無能に感じちゃうけどな。
2009.06
07
Category : 未分類
昨日のサッカーで筋肉痛。



足はもちろんのこと、腕とか腰まで痛い。
くしゃみするだけで腰に響くよ。

でも一応次の日にちゃんときてくれてなんか嬉しかったり。


今日は1日中家に居たんだけど、
勉強しなきゃダメなのに、昼過ぎまで眠り、
起きたらダラダラしたり、他のことに没頭してしまい、
勉強はこれから(PM11)。


やっぱ、家じゃ勉強できないなぁ~。。
2009.06
06
Category : 未分類
フットサルの大会に出た。



体の動かないこと動かないこと(笑)
自分でサッカーやってみるとあらためて「メッシって凄いんですね」と再確認。

俺の全盛期(高校時代。しかもそれ自体平々凡々)のイメージに体がついて行けず、
幼稚園とか小学校の体育祭のお父さんリレーで張り切って転んじゃうお父さんたちみたく、
体の衰えに落ち込んだ。。

なんか今さらサッカー巧くなりたい(笑)


成績は散々(1勝2敗2引き分け)だったけど、勝利を目指した時の皆の必死さは、
日頃失っている熱い想いを思い出させてくれたよ(笑)

途中から熱くなりすぎて完全に皆フェアプレー無視してたし(笑)

俺イエローカードなんてもしかしたら初めてもらったかもなw


熱くなって削り合って、ムカつきあって、
それでも試合終わったら笑顔で「ありがとうございました」とお互いの健闘を称えあう。

スポーツって最高だな!

俺なんでサラリーマンになったんだろう。。

やっぱレアル・マドリードに入るべきだったな、うん。
2009.06
05
Category : 未分類
カリブの青い海に白い砂浜。
砂浜ではデッキチェアを磨く作業着姿の男。

ここに1人の男がやってきてデッキチェアを磨く男にこう言った。

「すみません。今日、私はこの砂浜で恋人にプロポーズをしようと思っています。
もしよろしければ今日の夜、5分間でいいのでそのデッキチェアを私に貸していただけませんか?」

作業着姿の男はこの申し出を快く受け入れた。


そしてその日の夜、
男が素敵な恋人を連れて砂浜にやってくると、

二つのデッキチェアの側にはテーブルがあり、
テーブルの上にはロウソクの火に豪華なディナーとシャンパン。
さらにその側にはナプキンを持ったウエイターが立っていた。



作業着姿の男はザ・リッツ・カールトンの従業員で、
これはそのホテルマンがした粋な計らいのお話。

このディナーやらシャンパンは総額20万円ぐらいだったらしいんだけど、
驚くのが、それは全部お客様のためのサービスで、
しかも何が凄いって、ザ・リッツ・カールトンがこの手の決裁権を1人1人の従業員に自由に認めてるところ。



ウォルトディズニー然り、ホンモノの顧客志向ってのはやることが違うな。
2009.06
04
Category : football
              「子供の頃から相手を抜けないと思った事は一度もない。
                     抜けなかったことも一度もない。」






結局フィーゴは31日のアトランタ戦で引退した。

figo_internet.jpg

中学生ぐらいの時、「サッカー」と言えば「Jリーグ」だった僕は、
初めて観た「レアル・マドリー」のポゼッションサッカーに見とれ、
フィーゴのプレイにため息を漏らした。

シザースを駆使して相手の体勢を崩し、必ず相手DFの重心の逆を突いて抜き去るドリブルテクニックと左右の足で送るクロスに感動し、
このフィーゴとの出会いが僕の海外サッカーを観るきっかけになった。

FigoLuis080403WithBallGbg.jpg

ポルトガルでは年間最優秀選手賞を5年連続で受賞し、キャップ数は歴代最多出場記録となる127試合と、黄金世代の中心選手として長らく代表を支えてきたルイス・フィーゴ。

世界で最も愛される選手の一人である。


ポルトガルの強豪スポルティング・リスボンでキャリアをスタートした彼は、
91年にポルトガルU―20代表としてFIFAワールドユース選手権優勝に貢献。

ルイ・コスタ、パウロ・ソウザ、フェルナンド・コウト、ジョアン・ピント等と共にポルトガルの将来を担う「ゴールデン・ジェネレーション(黄金の世代)」と呼ばれた。


フィーゴはボールコントロールに優れ、高度なステップワークで相手を抜き去る世界を代表するウィングプレイヤーであり、そのドリブル技術の高さから90年代最高のウイングと評される。

切り返しが深く、横に大きく揺さぶるその動きは、ボールを跨ぐというよりも左右に大きくステップを踏んでいるようであり、
ドリブルのスピードは必ずしもトップレベルとは言い難いものの、一瞬の加速による緩急自在のドリブルを持っている。

ドリブルからのクロスの精度も非常に高いため、
間合いを詰めればフェイントでかわされ、抜かれないように距離を置けば高精度のクロスを自由に上げさせてしまう、というようにDFからすると非常にやりにくいウィンガーなのである。

luis_figo.jpg

95年にスペインのバルセロナへ移籍し、その突破力とチャンスメイクで右サイドを支配。
クライファート、リバウドと共に国内外の数々のタイトルを獲得する原動力となり、バルセロナのシンボルとして絶大な支持を得た。

00年には欧州年間最優秀選手賞(バロンドール)を受賞し、名実ともに世界最高のプレイヤーとなった。

figo_evra040326.jpg

そして、00/01シーズンにバルセロナからライバルのレアル・マドリーへ電撃移籍。

これに反発したバルセロナ・サポーターが、フィーゴ自身が経営するバルセロナ市内の日本料理店を破壊するという大変な騒動にまで発展した他、

バルセロナのホームスタジアム、カンプ・ノウに初めて乗り込んだ試合では、
フィーゴがボールに触れれば即ブーイングが起き、フィーゴがコーナーキックを蹴ろうとすればスタンドからビンやゴミやペットボトル、さらには豚の顔の皮まで投げ入れられるなどして、約10分間試合が中断されるなど荒れに荒れた。

そんな中、選手達が試合中断の間、一時ピッチから離れている間、
一人悠々とセンターサークルでリフティングをしていたのは他ならぬフィーゴだった。

伝統的なライバル間の移籍という大きなプレッシャーの中、レアル・マドリーでも中心選手となり、
フェルナンド・イエロ、ラウル、ジダン、ロベルト・カルロス、ロナウドらと共に、
いわゆる「エル・ギャラクティコ(銀河系軍団)」と謳われた黄金時代を築き、

自身も01年にはFIFA最優秀選手賞を受賞した。

Luis20Figo.jpg

04/05シーズンは、レアル・マドリーで銀河系政策が進みポジション争いが激化したことや、ルシェンブルゴ監督との確執により出場機会が減少し、
とうとう05/06シーズンにはインテルへ移籍した。

レアル・マドリー時代には限界説が囁かれたがその能力は未だ健在で、
セリエA初挑戦ながら、素晴らしいリーダーとしての英知と技術を後輩達に伝えながら右サイドで活躍し、晴れてイタリアでも大きなタイトルを獲得することに成功した。

Luis_Figoko.jpg

代表では91年10月16日に親善試合で代表デビューを飾り、当時18歳でプロデビューして間もない若手選手であったが、「ゴールデン・ジェネレーション」と呼ばれた仲間達と共に代表に定着し、
2度のワールドカップ、3度の欧州選手権に出場。

なかでも00年のEURO2000での活躍では特筆すべきもので、
初戦のイングランド戦では0―2のビハインドから見事なミドルシュートを決め逆転勝利の口火を切るなどの活躍でチームをベスト4へと導いた。

また続く自国開催のEURO2004でも、
惜しくも決勝でギリシャに敗れたが、ポルトガル代表を準優勝まで導いている。

P_Luis_Figo_1.jpg

その後、06FIFAワールドカップでは予選段階で既に一時引退していたものの、
スコラーリ監督に望まれて再び代表に復帰。

ポルトガル代表は快進撃を続け、無敗で予選を通過し、40年ぶりの本戦出場を果たした。

本大会ではグループリーグ初戦のアンゴラ戦で、試合開始早々に全盛期を彷彿とさせる素早いドリブル突破から絶妙なアシストを見せて大躍進の狼煙をあげ、
トーナメント初戦のオランダ戦では相手DFファン・ボメルに怒りの頭突きを炸裂させるなど(笑)衰えを感じさせない溌剌としたプレイで大活躍。

惜しくも準決勝で、これまた後に頭突きを炸裂させるジダン率いるフランスに敗れたが見事べスト4を達成。

3位決定戦のドイツ戦では惜しくも1-3で敗れたが、途中出場したフィーゴは右サイドから鮮やか過ぎるクロスを上げてヌーノ・ゴメスのゴールを演出し、そのまま代表を引退していった。

3316.jpg

そして先月、セリエA最終節のアトランタ戦ではサネッティの粋な計らいで無理矢理キャプテンマークを巻かれてスタメン出場したフィーゴ。

前半の早い時間帯に縦への強引な突破からクロスを挙げて先制点を演出するなど、
いつものように柔らかいタッチと左右の揺さぶり、クロスを披露して、
総ての人たちに祝福されたまま前半44分にピッチを後にした。

「フル出場しないのかよ!せっかくDVD買って録画までしてたのに」と、
個人的にはちょっと不満だったけど、

事前に決まってたことらしく、
フィーゴは納得して満足気だった。

試合はそのまま凍りつき、フィーゴとのお別れを誰もが惜しみ、拍手を送って讃えた。


そうやって偉大なるカンピオナートがまた1人、
サッカー界から居なくなった。
::more
2009.06
03
Category : film
D112590771.jpg

キャメロン・ディアス可愛すぎ。



今も綺麗だけど、これみたらホリディはもうおばはんだな。


「誰もがメリーに首ったけ」って内容のラブコメ。

主人公テッドとメリーの絡みがかなり短くて、なんか惜しい映画。

テッドは高校時代に想いを寄せていたメリーを13年間も忘れることができず、
探偵を雇ってマイアミのどこかにいるはずのメリーを探すことにするんだけど、

結局、テッドとメアリーが再会するまでに80分も使うもんだから、どうしても中身が薄い。

途中とか探偵とメリーのラブコメだったし。


コメディの部分は結構笑えて楽しめる。

ブラックジョークとか下ネタに走るとこの手の映画は激しくB級感を呈するんだけど、
なんだかキャメロンがいればオールオッケーな気がしてくる。


終わり方とかストリートミュージシャンのカットインとか色々おもしろいだけに、やっぱり脚本がもったいない。

もっと早く対面で三角関係作り上げて、やりあってほしかった。



あと、マット・ディロン、テヴェスにそっくりw
2009.06
02
Category : football
ジエゴがほぼユヴェントスに移籍決定らしく。

やっとか。

でもこの移籍はかなり良い気がする。

てかユヴェントス以外はなかったな。


ネドベドの後釜なわけですが、個人的に背番号は22がいいと思う。

なんとなくね。



さらにカカもレアル・マドリーほぼ決定だそうで。

なんでマドリーなのか?

やっぱ腐っても20世紀最高のクラブなのか。


まあミラン残留と比べたらいいかもしんないけど、カカがレアルにフィットする気がしない。

てか面白いサッカーが観れなくなりそう。


それで、これが正式決定したらロナウドが行き場を無くすな。

ロナウドもレアルきても成功するか微妙なとこだけど、マンユよりはレアルがいいよなぁ。
てかカカよりはロナウドだよなぁ。。



そしてフォルランにもレアルやバルセロナをはじめとして多くのクラブからお誘いが。

結局居なくなっちゃうのかフォルラン。。

もし移籍するならグジョンセン+カセレス+金銭でバルセロナ、が(個人的にグジョンセン欲しいから)魅力的だけど、
やっぱり居なくならないで欲しいし、バルサのフォルランなんか観たくない。
2009.06
01
Category : football
アトレティコ・マドリー、アルメリアを撃破。

2499185911.jpg

5位ビジャレアルも勝利したものの、見事逃げ切りでCL出場権確保。

そして、さっきまで総合サッカーサイトに食いついて、
ヌマンシア対セビージャの試合経過ページを更新しまくって見てたんだけど、
このままスコアレスドローか、と思いきや87分、90分と立て続けにセビージャが決めてしまい、
惜しくも3位にはなれなかった。


まあそれでもとりあえずおめでたい。

アグエロはとりあえず残留に前向きだし、
賞金使って良い補強をして…。

来シーズンも楽しみだ。



さらに最終節でもフォルランがゴールを決め、32ゴールでピチチ、
そしてなんと2度目のゴールデンシュー受賞が決定。

マンユがビジャレアルに(たしか)300万ユーロで売り飛ばしたのはマジで大損だったな。



WOWOW加入しようかと思うんだけど、
アトレティコと下位クラブの試合なんて放映してくれんのかな。