FC2ブログ
RSS
Admin
Archives

幸せなら手をたたこう

急いで生きなくちゃ 死に追いつかれないように

プロフィール

FlyingHigh1986

Author:FlyingHigh1986
"Again, you can't connect the dots looking forward; you can only connect them looking backwards. So you have to trust that the dots will somehow connect in your future. You have to trust in something"

最近の記事
カテゴリー
カレンダー
07 | 2009/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
月別アーカイブ
最近のコメント
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
2009.08
31
Category : at office
研修がまた一段落ついた。
奇しくも今日は8月31日。

何かが終わるには、ちょうどいい日なのかもしれない。

今回終わりを迎えた研修は、それはもう楽しくて。
実際今日までの1ヵ月間夏休みしてた気もする。

まぁある人のおかげで1ヶ月楽しかったんだけど、
その話はもし機会があればまた別の時に。
スポンサーサイト



2009.08
30
Category : 未分類
読みました。
浦沢直樹の「MONSTER」。

妹が大人買いしたのでここぞとばかりに便乗しました。




最終話読んで、寒気がしました。

この人の漫画って事の発端がすげえ怖い。


「20世紀少年」と同じく、物語中の事件のスケールも基本でっかくて、

その割に着地点が控えめというか、乙な感じがいいっす。

センスあるです。


テーマも「20世紀少年」とすごく近い。

「20世紀少年」のテーマが「人の持つ善と悪」なら、
「MONSTER」のテーマは「人の持つ悪(怪物性)」。


こっちも全然映画化いけるねー。
基本映画化は嫌いだけど、
巧くやってくれるならこれは俄然観れそう。

内容も映画向きだし、
テーマも重たい。

当然キャストは天馬以外全員外人で。
もちろんスタッフも。



もう1回ぐらいしっかり読んで、全体の流れをちゃんと把握したいな。

この人の漫画って(2作品しか読んでないけど)、伏線多めだし、一話一話の始まりでいきなり全然別の話が始まったりして(それが多い!)話の整理がすげぇ大変。

しかも今回は土日のうちに読みたかったから18巻ぶっ続けで急いで読んで、なんか消化不良気味ではある。
2009.08
29
Category : 未分類
皆さん暑いですね、夏ですね、薄着ですね。

昨日の帰り、満員電車に乗っていたら、
目の前で両腕を上げてつり革を握っている大学生ぐらいの女の子の脇がね…、



っね。


故意に伸ばしてます、って感じではなく、
「怠ってます」感満載なんですよ。


別に俺も女子に幻想抱いてるわけじゃなくてさ、
女子だってアレもすればコレもするだろうし、
汚い部分だってあるだろうさ。


ただ羞恥心は持てよ、と。

よく女の子が着てる、スリーブのやけに短いトップスがあるじゃない?
あんなの着て両手万歳したらのぞけてしまうのわかるだろ?
怠ってることも重々承知だろ?


じゃあ恥らおうよ。
隠そうよ少なくとも。

見えないようにしようよ。


というお話。
2009.08
28
Category : football
                   UEFA CHAMPIONS LEAGUE 09/10
                        グループリーグ抽選会

【グループA】
バイエルン・ミュンヘン(ドイツ)
ユベントス(イタリア)
ボルドー(フランス)
マッカビ・ハイファ(イスラエル)

【グループB】
マンチェスター・ユナイテッド(イングランド)
CSKAモスクワ(ロシア)
ベシクタシュ(トルコ)
ヴォルフスブルク(ドイツ)

【グループC】
ACミラン(イタリア)
レアル・マドリー(スペイン)
マルセイユ(フランス)
チューリッヒ(スイス)

【グループD】
チェルシー(イングランド)
ポルト(ポルトガル)
アトレティコ・マドリー(スペイン)
アポエル(キプロス)

【グループE】
リヴァプール(イングランド)
リヨン(フランス)
フィオレンティーナ(イタリア)
デブレツェン(ハンガリー)

【グループF】
バルセロナ(スペイン)
インテル・ミラノ(イタリア)
ディナモ・キエフ(ウクライナ)
ルビン・カザン(ロシア)

【グループG】
セビージャ(スペイン)
レンジャーズ(スコットランド)
シュツットガルト(ドイツ)
ウニレア(ルーマニア)

【グループH】
アーセナル(イングランド)
AZ(オランダ)
オリンピアコス(ギリシャ)
スタンダール(ベルギー)



んー、ポット3のアトレティコとしてはどこに入っても大抵厳しいもののチェルシーかあ…

去年もぶつかったポルトと再び1つの枠を争う戦いになりそう。



正直なとこB、Hは恵まれすぎてる。

Gとかどうでもよすぎ。
2009.08
27
Category : film
trueman.jpg

ちょっと斬新な映画。
トゥルーマンの人生はそれ自体がロードショー。



トゥルーマンは生まれた時からハリウッドに造られた大型のセットの中でその人生を撮影されてきた。

そのドラマは全世界で放映され、超高視聴率。
誰もが知ってるトゥルーマン・ショーを知らないのはトゥルーマン本人だけ…。


ある日トゥルーマンはいつものように、「いつもと同じように」会社に出かける。

いつもと同じ挨拶、いつもと同じ店、いつもと同じ会話。

しかし、いつもと違うことが1つ。

今しがた、何者かに連れ去られ、バスに引き込まれていったホームレスは、
確かに死んだはずの父だったのだ…。



ジム・キャリーの感動系。
個人的にライアー・ライアーには及ばなかったけど、
やっぱいいわジム・キャリー。本当芸達者。
2009.08
26
Category : football
09/10 UEFA CHAMPIONS LEAGUE PLAY-OFF 2st leg
    アトレティコ・マドリー vs パナシナイコス

          2     -      0


得点者
 4分 オウンゴール
83分 セルヒオ・アグエロ(シモン・サブローサ)

r3025775125.jpg

本戦出場決定。
ちょっと退屈な試合で途中眠かった。

パナは前半4分のアンラッキーな失点からもはや戦意喪失気味で、
去年インテル破ってるとは言え、こうなるともはや相手じゃなかった。

対するアトレティコも意図的にか、得点後はわりと緩く戦ってた気がして、
まだまだ「強い」と言うにはにはほど遠い感じ。

アグエロの突破はやっぱり凄かったけど…。


ま、とりあえず勝ったんで、このまま勢いつけて、
29日の開幕戦にうまく勝ってほしー。

asenho.jpg

アセンホ君ホームデビューおめでとさん。
ラッキーもあったけど、クリーンシートもおめでとさん。

それにしてもパナのGKは酷かったねー。。



capt_4c0fc752552b4edca537ca1a63fc60e3_spain_soccer_spanish_supercup_mf104.jpg

あ、あと全然関係ないんだけど、
よくよく考えたら(よくよく考えなくても)なんでバルサはエトーを売ったんだろうか?

シーズン30ゴールもとるストライカー放出してまで、
フィットするか不明のズラタン獲る意味ってあったのかね?

もちろんフィットする可能性の高い能力はあるし、
個人的には獲得しても悪くないとは思うけど、

チームの経営者としては無意味にリスク取りに行ってる気が…。
2009.08
25
Category : film
ドラゴン

チャーーーーーーーチャチャー、アチョー!
ピュワーン、ピュワーン、ピュワーーン…ピュワンピュワーン。



世界的にもファンの多いブルース・リー。

代表作をとりあえず観ようじゃないか。
と観たものの、かなり微妙。
戦闘退屈、物語に入り込めない、格闘技大会ってなんだよ?てかお前らそもそも誰だよ?

やることなすことものすごく胡散臭くて、
何がそんなに高評価なのかすげえ疑問。


ブルース・リーはマジもん、ジャッキー・チェンはパチもんなんてよく言うけど、
ラッシュアワーの方がよほど楽しめると思う。
2009.08
24
Category : football
今シーズンはリーガ・エスパニョーラが激熱なわけで。

今年からWOWOWにでも加入して、
本格的にアトレティコ応援生活を満喫しようかと楽しみにしてたのに、

アホムラ俊輔がエスパニョールに来てしまったから困った困った。


WOWOWはエスパニョールを毎試合放映するらしく、
毎節4試合しか放送されないリーガのうちの1枠をエスパニョールが独占。

レアルバルサも当然2枠を埋めるわけで、
残り1枠をセビージャ、アトレティコ、ヴァレンシアで取り合う格好。


シュカムラナンスケマンセーなノータリンジャパニーズに、
バレンシアよりアトレティコの方がチームとして注目度が高いことを見抜く賢明さはあるんだろうか?

アグエロ<中村とかまじ終わってるジャパニーズはむにだ。


よし、ここはWOWOWの第1節放送カードを見て、
最初からアトレティコが取り扱われたら期待して加入することにしよう!


ということで早速WOWOWのHPへ。

皆も気になる放送カードは…

①レアル・マドリー VS デポルティボ・ラコルーニャ
②FCバルセロナ VS スポルティング・ヒホン
③エスパニョール VS アスレティック・ビルバオ
ヴァレンシア VS セビージャ



参考にならねぇぇぇぇぇぇぇ!!!!
2009.08
23
Category : film
knockinonheabensdoor.jpg

「知ってるか?天国じゃみんなが海の話をするんだぜ」



死期の迫る2人の男。

病室で意気投合し、
2人は海を目指す。

「後悔だけはしたくないんだ」。



個人的に全体の感じがブルース・ブラザーズによく似てると思う。

逃亡をテーマにしたロードムービー。グラサンの2人組、ちょっとシュールなコメディ。



病気の死の扉を今にも叩こうとしている2人の人間が、
車盗んで、銀行強盗して、愉快に死に向けてひた走る悲壮感が、
爽快なんだけれども、どこか切なくて、なんともいえない。



もうひとつパンチやツボにはまる何かがあればなぁ。。
とは思うけど、主題歌もカッコイイし高得点。
2009.08
22
Category : at office
部署の取引先が都市対抗リーグという野球の大会に出るので、

「お前ら、当然応援来るよな?」


という大人な事情で、人生初の東京ドームへ。
東京に住んで14年目、よくここまで行かなかったもんだ。

IMG_0342.jpg

で、早速本題だけど、野球つまんない!

心理戦の最中か何か知らないけど、
試合が停滞している時間が退屈すぎる。

かと思えばちょっとこっちの集中途切れてる間に試合が動き出していたり、
そもそも何が起きているかわからなかったりする。

ピッチャー何投げてるかなんて当然わからないしね。


野球観るならテレビ観戦の方がいいな。

雰囲気でテンション上がったのもホント束の間。

「サッカーの方が面白い!」なんて空気読めないこと言ってしまったし、
上司居るのに「あーあ、野球って退屈なスポーツね」感を態度で全面に押し出しちゃったし。。


もっと大人にならなきゃいけないと思った八回の裏。
2009.08
21
Category : gourmet
同期と旨いもの食いに行こう企画第2弾。

前回のステーキからだいぶ経ちますが、やっと第2弾が開かれました。

やっぱ社会人て忙しい。

img10302478410a.jpg

今回のテーマは、
「カウンターで寿司食おう」。


@銀座

そりゃもう、美味いですよあなた。
全部がトロですよ。
2009.08
20
Category : football
09/10 UEFA CHAMPIONS LEAGUE PLAY-OFF 1st leg
    パナシナイコス vs アトレティコ・マドリー

        2     -      3


得点者
36分 マキシ・ロドリゲス(ディエゴ・フォルラン)
63分 ディエゴ・フォルラン(たしかパウロ・アスンソン)
70分 セルヒオ・アグエロ(マキシ・ロドリゲス)

r2877313009.jpg
とりあえず一応、新シーズンが幕開けました。

チェルシーからの具体的なオファーが最近になって届いていたアグエロですが、
今日のこの試合に出場したことにより、もう他のクラブでは今季のCL出場不可となった。

いきなり本戦に臨めるチェルシーとは異なり、このプレイオフで敗れれば即敗退のアトレティコ。

チェルシーに行けばより楽にタイトルを狙えるにも関わらず、
事実上アトレティコ残留を決めたアグエロに拍手。


そしてそんなアグエロは今日も神がかってた。

正直1試合通して見ればパナシナイコスの堅い守備に苦しみいまいちだったものの、
後半25分の得点の取り方だけに限って言えばマジで上手すぎた。

DFとGKがザルだったとは言え、
2枚つかれながらシュートチャンスを作り出すまでの動きといい、
あのタイミング、あの角度から打つセンスといい言うことない。


チーム全体としては相変わらず守備が浮ついてて、前線でなんとか取り返しましたって感じの出来。
ネクストカシージャスとの呼び声高い若干二十歳のGKアセンホがなかなか悪くなくて、
レオとクペ両方売ったときはどうするつもりなのか不安だったけど少し安心。


一応アウェイで2―3ならまあ及第点だと思います。
2009.08
19
Category : film
Incredible.jpg

なんとも暗~いディズニー×ピクサー映画。


「スーパーヒーローも実は大変なんです」という、
妙にリアルな話で、一風変わったヒーロー像が子供にどう受け取られるのかちょっと気になる。

てか、そもそもダサいしねこのヒーローたち。


スーパースターが世間から干され、
保険会社の社員として憂いに満ちた生活を送っている、
という、なんだかおよそディズニーにふさわしくないような暗いテーマで、

作品自体も、ディズニー特有の楽しませるような音楽や陽気なシーンがあんまり無くて、
なんかディズニー映画じゃないみたい。

お話も「訴訟」だのなんだの小さい子供に理解が難しいそうな言葉が結構あって、
面白いんだけどディズニーらしくないなー、もっと単純なお話にすればいいのになーと思います。
2009.08
18
Category : film
ごっど

「この映画を見ずして映画好きと言うなかれ」

というTSUTAYAのポップに触発されて「なにー、じゃあ観るしかねーだろー」と挑戦した不朽の名作「ゴッド・ファーザー」。



…悪いけど全っ然わからないわ。
多分この手の映画、単純に俺の好みじゃない。

イタリアンマフィア、ファミリーの栄枯盛衰を描いた物語なんだけど、
どこに面白さがあるのか全然わからなかった。

誰かに分かりやすく教えてもらいたい。
2009.08
17
Category : film
crows-ZERO_1.jpg

Ⅱを観ようと言われて、前の日に予習しました。


感想はⅡと同じ感じ。

校内争いのⅠよりは、高校対抗のⅡの方が好きかも。
2009.08
16
下界の皆さん、ごきげんよう。

IMG_02590.jpg

いま私は、
日本で一番高い所、3776メートルの彼方から、
諸君を含め日本中を見下している。

IMG_02610.jpg

それは実にいい気分さ。

IMG_02640.jpg

遥か東の彼方から溢れた太陽は、
ずんずん地上に顔を出していき、瞬く間に日本を朱色に染めていく。

IMG_02750.jpg

本っっっ当、来て良かった!

「きれいきれい」とは言うけれど、
絶っっっ対、自分の目で見るべき。

この感動は写真には映らない。
今までで一番早く時が流れた1時間だった。

IMG_03110.jpg

ここ、てっぺん。
日本最高峰 富士山剣ヶ峰。
標高3775.6メートル。

わりと皆お疲れです。

これで人生でやりたいことがまた一つ達成できた。

IMG_03250.jpg

下山は登りよりずっと辛かった。

下り道はやわらかい砂の中に石ころだらけの道が永遠に続いていてズルズルと足を取られ、
さらに砂埃が舞って目と鼻に入る。日差しも強い。荷物も重い。

高山病の症状で頭痛と若干吐き気も。

おまけにトイレが全然無くて、
「次のトイレまでおよそ50分」
の看板を見たときはもう駄目かと思った。

IMG_03200.jpg

沖縄行ったり、富士山登ったり、美味いもん食ったり。

決してアウトドアな人間ではないけど、
ここ最近「生きてるなぁ~」って感じる。

こうゆうこと、久しぶりに会う高校の同級生と出来たこともすごい良かった。

こうやって楽しいことたくさんやって楽しく生きていきたい。
今度は何しよう?

IMG_01620.jpg
::more
2009.08
15
日本一の山、登らずに死ねるだろうか。
否、死ねない。

日本に生まれたからには、日本一高い場所で、日本中を見くだしてやりたいじゃないか。

IMG_01530.jpg

ということで、
高校の友達2人と土日を使って富士山を登ってきました。

次の日会社だぜ、イエイ。

てか五合目って2300メートルもあるのかよ。
着いてから気づいたわw

IMG_01580.jpg

午後5時5分に五合目を出発。

土曜の夕方に登りはじめて、
次の日、日曜日のご来光を見て、
そのままオールで下山するという強行日程で富士に挑戦。

暗闇の中を登るので、
懐中電灯で足下を照らしながら登るんだけど、
ヘッドライトを買うべきところをケチって安いペンライトを買ったので、

片手塞がるわ照射範囲狭いわで大変でした。

IMG_02620.jpg

それでも登ること自体は予想外に楽で、
休憩時間を多めにとったおかげで息切れすらせずに余裕で登ることが出来ました。

周りの登山客が自分のことに集中して黙々と登るなか、
俺たちは余裕綽々すぎて、
高校時代の思い出話に耽ったり、山手線ゲームで盛り上がったりして、
かなりにぎやかに登りました。

IMG_01690.jpg

到着時間も朝4時を目標にしたのに、
2時には着いてしまい、
御来光を見るための絶好スポットに陣取ったものの、
じっとしていると汗で濡れたシャツのせいもあって山頂の寒さが身にしみて、
御来光までの2時間がほんと地獄でした。

IMG_01560.jpg

そういえば、富士山には外国人が多い。

外国の人が、「日本の富士山に登ろう」と思い、
飛行機で成田に来て、
そこから何時間もかけて山梨に来て、
富士山を登ってるってのが、なんかすごく不思議。

なんとなく嬉しい。

IMG_01540.jpg
IMG_01850.jpg
IMG_01910.jpg

噂には聞いていた、
登るほどに高くなっていく飲料水の値段。

本当に必要な場所では、本当に必要なものは高いんだね。

カップヌードルは山頂では700円。
日本一美味しいカップヌードルだそうです。
2009.08
14
Category : 未分類
掲題の通り、
このブログの右のほうにトラックバックってのがいくつか勝手に表示されてて、謎。

なに?トラックバックって。


あと最新コメントのトミーって誰だよ?笑
ブログのコメントでも宣伝ってあるのね。

やっぱブログって教えた人以外も見てるんだな。
2009.08
13
Category : 未分類
少年は帰り道、目の前で大きな光が消える瞬間を目にしました。

豆電球が消える瞬間に強く光を放つのと同じように、
その光も激しく燃え上がり、それを少年は何もせずにただ、ただ見つめたのです。

辺りには一瞬にして闇が広がり、何か恐ろしいものが近寄ってくる気配がして、
少年は闇から遠ざかりました。
明るいところから見る闇は、さっきよりさらに暗く見え、まるで闇が死に飲み込まれたようでした。

光が消えた瞬間を見た少年には、やるべきことがあるはずなのに、
小さな少年に出来たことは、闇の在処に赤く印を灯し、誰かに助け求めることだけでした。

それなのに誰もが印を見つけては、闇に気付かぬふりをするので、
少年は勇気をふりしぼり、まだ温かい光の入れ物を少年の影の中に隠してあげたのです。

闇は影の中に溶け込み、もう誰にも見てみぬふりは出来ませんでした。

少年は真っ青な大人を呼び、
またこの入れ物に光が灯るように、それまでは大事に、
どこかもっと遠い、誰にも気付かれない暗い場所に持って行って下さいと頼んで、
再び帰り道を歩き出しました。

少年は黒く汚れた影を携え、自分の体が汚れないことばかりを考えていました。
2009.08
12
Category : 未分類
朝起きれねえ。


耳元で携帯電話のアラーム機能、音量マックスでかけてるのに、気付きもしねえ。
当然スヌーズ設定なのに、消した覚えもねえ。

まさに馬耳東風だ。
やっぱ携帯電話のアラームじゃ駄目か。


馬耳東風といえば、仕事の事務手続きも色々ある上に全部複雑でなかなか頭に入らない。
やっぱ体で覚えなきゃ駄目だな。
2009.08
11
Category : 未分類
最近気づいたんだけど、
社会人1年目のみんながわりと、
「1年目で○○○万円貯める」、

という目標を立てていることに気づいた。
だいたい100万円という目標設定が多いように思う。


なんか良いことだな~、と思うので早速俺も目標を立てることにする。

と言うのも、
先月は沖縄に行ったおかげで、支出が18万飛び飛び8000円も計上されて赤字でして、
このまま無計画にお金を使うと、ろくに貯金出来ずに1年目を終えてしまいそうなんでね。



目標額はヒミツ。
2009.08
10
Category : football
親善試合、リバプール vs アトレティコ・マドリー。

うわアウェイユニ超カッコイイ。欲しいなー。

capt_c1ab41bc8f6141e4aeb1b701ab533e98_britain_soccer_friendly_nsh105.jpg

トーレスにとっては移籍後初の古巣対決。
昨年のCLでは欠場だったのでね。

「もしゴールを決めても、喜ぶことはできないだろうね。アトレティコに嫌われたくないんだ」
なんて情が有り余るせいか精度を欠きまくり、1対1を外しまくったトーレスはこの日良いとこなし。


前半、アントニオ・ロペスからのクロスにアグエロがダイビングヘッドで合わせて先制すると、
続けて、中に切り込むと見せかけたシモンのヒールパスを受けてフォルランが丁寧に放り込み追加点。

後半ルーカスに決められるも、守りきって1-2で勝利。


CL初戦パナシナイコス戦に向けてまずまずではないでしょうか。

capt_5828cb16368f45a0beda51c2a09924d7_britain_soccer_friendly_nsh106.jpg

レアルはベンゼマ、ロナウド、カカ。
バルサはズラタン。
インテルはエトー。
チェルシーはドログバ残留表明。
シティはアディとテベス。


だんだん2トップの残留が濃厚になってきてます。
でも引き続き8月31日まで気が気でないプレシーズン。
2009.08
09
Category : gourmet
IMG_01440.jpg

グダグダ日曜日。


昼過ぎに目覚め、家には誰も居ない。

昼飯を食べたいんだけど、食べるものが何も見つからず、
ピザでも取ってみることにする。独りで。


Mサイズ1枚にコーラ1本付けて税込み2540円。

買い物に行く手間、買い物に行くために朝シャンする手間、調理する手間、後片付けする手間。
色んな手間を差し引いても2540円はちょっと高いけど、たまにはまあいいかー。

休日昼に独り宅配ピザだなんて、ずいぶん偉くなったもんだ。


1枚まるまる独りで食べて、また肥えてしまうなぁと若干後悔。
社内の定期健康診断結果は良好だったし、たまにはまあいいかー。
2009.08
08
Category : 未分類
女子バレー日本代表。
セッターの竹下姉さんが好き。

yoshie-takeshita1.jpg

セッターって、サッカーで言えば司令塔かボランチ、バスケならポイントガード、アメフトならクウォーターバックでしょ?

なら特に技巧的な人がやってて然るべきなんだろうけど、
やっぱ観てて「うまいな~」ってのを一番竹下に感じる。


身長159センチ。

「身長159センチのセッターじゃ世界に通用しない」なんて批判の矛先を向けられもしたらしい。

180センチ、190センチが当たり前の世界にあって、たとえセッターであってもこのハンディキャップはきっと大きいだろう。
けど、それだけに159センチの竹下が見せる技は、「小さいけど」を前置いて、「凄い」と思ってしまうから、尚更凄く感じてしまう。

トスを上げるポイントやタイミングの選択の良さ、
そしてトスを上げると見せかけて、そのままフックをかける様に相手コートに放り込むプレーがイイ。


あとここだけの話、結構美人だと思うんだ。

よくこの女子バレー開催時になると、
「女子バレーかわいいよな」、「誰が好き」という会話が男子の間ではよく横行し、
そのたびに俺は、「え?どこがかわいいのかわからない」と反旗を翻す。

テレビ局も「プリンセス~」だの「~姫」だの、
まるで絶世の美女を崇めるかのごとく、ピックアップして煽ってて、

俺は「お前らどこに目がついてんだ?」とモノ申したくなる。

バレーに限らず、オグシオ、荒川静香、浅田真央、安藤美姫、福原愛、宮里藍、横峰さくら…etc。

決して俺は選手達が不細工とか言ってるわけじゃないよ。綺麗な人も確かにいる。
別に「美人だ美人だ」と必ずしもそっち路線に持ち込んで話題を振りまく必要は無いと思うんだ。

そもそもそんなに誰彼構わず美人扱いしてしまったら、
それこそ美人扱いされてない選手がかわいそうだろ!


まあちょっと脱線しちゃったけど、
竹下選手は綺麗だと思う。いつも綺麗か知らないけど、少なくともプレイ中は。

年は30才とかだから、バレーに励む傍らで、
子供が1人いて、159センチの小柄な体で片手に買い物袋、もう片方の手には子供の手を繋いでるいいお母さん…、
なんて絵を想像すると、すごく応援したくなる。

あれだけ文句言ってたくせに、
竹下ごときつかまえて「綺麗だと思う」って、お前もじゃねえか!しかもなんだその妙な妄想は。
と思われるかもしれないけど、まあいいじゃないか、個人の自由だw
2009.08
07
Category : at office
ここ1週間あたり喉の調子が悪い。



別に風邪ひいてるわけじゃないんだけど、
部署で「ゴホンゴホン」と咳をしてしまうと、

「あいつインフルなんじゃねーの?帰れし」

的な勘違いをされそうで嫌だから治るまでマスクでもしようか?風邪ひいてるわけでもないけど…


なんて考えてたら、
今日は朝から喉が結構痛くて、なんとなくだるいと言えばだるい。

これは風邪のひきはじめかもしらん!
これを機にマスクをしよう!
リスクを独りで抱え込むのは社会人としてのマナーですから。


と言うことで、別に熱とかないんだけど、
今朝はコンビニに寄ってマスクを購入し、しっかりと装備して出社。

すると、その「いかにも私風邪でございます」の主張が過分な恐怖と気遣いを呼び、

「大丈夫?」「インフルじゃないの?!」「無理しなくていーんだよ!」
と気を使われまくり、

挙げ句、医療センターなるものへすぐにでも行ってこいと奨められ…


「いやー、熱はないから平気だと思うんですよー、マスクは一応してるんですよー」

と受け答えしてはいたものの同僚の恐怖は消えず、
そんなわけだから俺も、

「(まあ、確かに熱計ったわけじゃないしなー。もし実はこれはインフルの初期症状で周りに染してバイオハザード始まったらそれはそれで迷惑だよなー)」
なんて考えてしまい、

「じゃ一応、行ってきますわ」

と医療センターへ出かけることにしてしまった。


でも案の定、大した症状であるはずもなく、

「インフルエンザではないと思いますから平気ですよ」

と検査すらされず、
適当に気管支炎のお薬をあてがわれて追い返されて会社へ戻る俺。


部署に戻って、
「大丈夫だった?!熱何度くらいあったの?」

と聞かれ、

「36.5℃でした」
と答えたときのあの白けようと言ったら。

「(貴様そんな健康体で大袈裟にもマスクして同情を買い、医療センターに行くために1時間も潰したのか)」

との非難が聞こえた気がする。
いやあれはもはや目で言っていたと言って差し支えない。

「いや~、僕平熱低いんで微熱ですかね、ははは」

なんて取って付けた嘘が彼女たちの心に届くはずもなく。。


人付き合いって難しい。

「俺熱ないって言ったし!!」
2009.08
06
Category : at office
部署の上司が異動になり、
今日がその人の最後のお勤めだったこともあり、

定時になる前に部長室でお別れの夕礼が行われた。


まず部長が、その異動になった上司のこれまでの働きを総括し、讃え、

「本当は今年度も我が部で働いてもらうつもりだったんですが、人事部がどうしても彼にやらせたい仕事があると言うので、異例ではありますが、残念ながらこの度異動ということになりました」、

と異動の訳を述べた。


「どうしてもあいつにやらせたい、あいつにしか任せられない」、
なんて誰かから評価されて、必要とされるなんて本当すごいなぁと思う。

述べ数万人いる社員の中で、それだけの存在感を発揮できるなんて、
今の自分じゃ想像も出来ない。

その上司に限らず、
部署で働く方々は、さすが最前線の営業を任されているだけあって、
すごい優秀。賢いし、物知りだし、喋るのが巧いし、責任感もあるし、自分の信念がある。

これは必ずしも実際に仕事の現場に立ち会っていなくても、十分に感じることができる。


こんな集団にいつか自分も仲間入り出来るのか。

正直不安ではあるけど、
いつか必ず、同じ場所に立つ人になりたい。
2009.08
05
Category : film
                    「キキ、そんなに形にこだわらないの。
                大切なのは心よ。そしていつも笑顔を忘れずに。」



b0186843_219946.jpg

久しぶりに金曜ロードショー観たら、映画始まる前に黄色い背景でポッチャリタキシードが映写機を回すあのタイトルシーンが無くなってた。
                   これ→金曜

古い型をぶち壊すことも大事だけど、これはちょっと残念なパターン。
あの緩い音楽も好きだったなぁ。


この映画で一番好きなシーンは、おばあさんに頼まれてキキが届けた「ニシンとカボチャのパイ」を受け取った孫の冷たさ(笑)。
原作者か宮崎駿のどっちか知らないけど、あれだけ和む幸せな流れに立て続けにあれをぶつけられるとね。
人の心の動かし方が巧いなーって思う。

そして、それにショックを受けたキキ、ずぶ濡れの帰り道、密かに楽しみにしていたパーティにはもう行けない、せっかく仲良くなった友達に冷たくしてしまう女心、魔法を失い途方に暮れる、絵描きの友達と再会、同じ年代で自分と同じように頑張る女の子に勇気付けられる…。

という2時間に納まる見事な内容。

2時間でキキの心のバイオリズムが面白いくらいに浮き沈み。
どん底を打つことで魔法を失ってしまい、

冒頭のキキのお母さんの、
「大切なのは心よ、そしていつも笑顔を忘れずに」、
のセリフが実に憎い。

これはキキの心の成長の物語なんだなってのをすごい感じる。


やたら少女趣味な映画ではあるけど結構好きだなー。

よく「ジブリで一番好きな作品は?」っていうテーマがあるけど、
どれも甲乙つけがたい面白さがあってなかなか選べないなー。
2009.08
04
Category : 未分類
                   「もしかしたら明日は何も起こんないかも」




最近ネタが無い。


ということを日記のネタにしてしまうくらい、書きたいことが無い。



何か楽しいこと起こらないかなー、と思ってる人には楽しいことは起こらないらしい。

結構同感。
2009.08
03
Category : film
GirlNextDoor.jpg

リトル・ミス・サンシャイン観てポール・ダノかっこいいなーと思って、他の出演作品探したんだけど、ほとんどなくてさ。

こんなつまんなそうな映画借りてまで観る気ないしなーと思ってたら、TVで都合よくやってたので視聴。



地味でつまんない高校生活を送るマシューは高校卒業を目前に控え、ある事を悩んでいた。

卒業アルバムに書き残すコメント「私の最高の思い出は…」に書くことが見つからないのだ。


成績は優秀で生徒会長。
寄付を募ってカンボジアの天才少年を高校に入学させることに成功し、
優秀な大学への入学も決まっていて、大統領になるという夢もある。

でも自分の人生は本当にそれでいいのだろうか。
はっきり言ってしまえば女っ気のない自分が嫌。

パーティ、セックス、ドラッグ。

生徒会長には程遠い「不健全」がキラキラと眩しくて仕方ない。
自分はとても真っ当に正しいことだけ続けてきたはずなのに、
周りのみんなが楽しく笑っていて、自分だけ本気で笑えない。

自分の生き方は本当にこれで正しいの?


ここまでは平々凡々な大学生活送ってた自分としてはかなり興味そそられる前置き。
そしてそんなマシューにも転機が訪れる。

隣にとびきり美人でセクシーな女の子、ダニエルが引越してきたのだ。
彼女の着替えを覗いていたことが彼女にばれたことから二人は急接近。

垢抜けて予想外の行動、反応を見せる彼女に魅せられ、マシューは恋に落ちる。
彼女との甘くプラトニックな日々。その夢のような毎日に自分の人生の新しい意味を見出し始めたマシュー。

しかし、ダニエルにはある秘密があった…。



映画としては1本の作品としてのまとまりが無くて、あっちいったりこっちいったりしすぎ。
この内容でやるなら11話のドラマの方がうまくいきそう。


肝心のダノ君はマシューの友達役で、
「なんだちょい役かよ」とがっかりしたけど、
序盤からは考えられないくらい本編にしっかり絡むキャラだった。

「リトル~」とはまた違った感じの際どい役を好演してて。
彼はキャラクターの幅が広いのかもしれない。
2009.08
02
Category : 未分類
夢のような人だから
夢のように消えるのです

その定めを知りながら
捲られてきた季節のページ

落ちては溶ける粉雪みたい
止まらない想い

愛さなくていいから
遠くで見守ってて
強がってるんだよ
でも繋がってたいんだよ
あなたが まだ好きだから

もっと泣けばよかった
もっと笑えばよかった
バカだなって言ってよ
気にするなって言ってよ
あなたに ただ逢いたくて


初めてでした これまでの日々
間違ってないと思えたこと

陽だまりみたいなその笑顔
生きる道を照らしてくれました

心の雨に傘をくれたのは
あなたひとりだった…

愛せなくていいから
ここから見守ってる
強がってるんだよ
でも繋がってたいんだよ
あなたが まだ好きだから

おなじ月の下で
おなじ涙流した
ダメなんだよって
離れたくないって
ただひとこと ただ言えなくて


いつか生命の旅
終わるその時も
祈るでしょう

あなたが憧れた
「あなた」であることを
その笑顔を 幸せを

愛さなくていいから
遠くで見守ってて
強がってるんだよ
でも繋がってたいんだよ
あなたが まだ好きだから

もっと泣けばよかった
もっと笑えばよかったのかな
バカだなって言ってよ
気にするなって言ってよ
あなたに ただ逢いたくて

あなたに ただ逢いたくて