FC2ブログ
RSS
Admin
Archives

幸せなら手をたたこう

急いで生きなくちゃ 死に追いつかれないように

プロフィール

FlyingHigh1986

Author:FlyingHigh1986
"Again, you can't connect the dots looking forward; you can only connect them looking backwards. So you have to trust that the dots will somehow connect in your future. You have to trust in something"

最近の記事
カテゴリー
カレンダー
10 | 2009/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
月別アーカイブ
最近のコメント
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
2009.11
30
Category : at office
月曜から飲み会yeah。


コールにエールに一気飲み。
やってることが見事に大学生で驚く。


すごい楽しいけど、
まだまだ半端者の脇役なのが歯がゆい。

気を使うので精一杯で上手に話に入り込むことは難しいし、
下っ端としての役回りもまだまだこなせない。


上の人たちは皆好き勝手本当に楽しそうで、
長年の付き合いで気心の知れた感じがすげえズルい。


早く主役になって、
気を使わなくてもいいようなご身分になって、
主体的な参加者になりたいもんだ。
スポンサーサイト



2009.11
29
Category : football
         「アトレティコから動かない。退団するならば、このクラブを助けてからだ」



aguero_2380316.jpg

アトレティコ・マドリー  vs    エスパニョール
     4         -         0

得点者 フォルラン(アグエロ)
     アグエロ
     アグエロ
     マキシ・ロドリゲス(アグエロ)

よしよしよし!
アグエロ爆発!

負けるのが当たり前になりすぎてたから久々の大勝利がやたら嬉しい!


そして大事なのは次も勝つこと!
目指せCL出場権!
2009.11
28
Category : 未分類
今日は部署のかっこいい先輩夫婦と、
他部署のかっこいい先輩1人と、

大勢の美人特定職の方々との、

ゴルフ打ちっぱなし&鍋的なものパーティに、

僭越ながら我ら新人2人で参加させて頂きました。



先輩の奥さんにゴルフの打ち方をご教授頂いたんだけど、
ご指導を意識しながら打ってみると、すごくいい感じで打てて、
すごい収穫がありました。

かと思いきや、今度は先輩に、
「お前の振りは全然なっていない」と、手厳しくご指導され、

まあなんにせよ、ゴルフは我流より、
誰か上手い人にご指導賜ったほうが良いらしいことを痛感。

誰か一緒に始めようよー。


ゴルフの後は先輩宅へ。


もんの凄いリッチな超高層マンションで、

フロア内にバーがあったり、
ラウンジがあったりして、

屋上からの夜景はキラキラで、東京タワーも見えるし、

うちの会社って30ぐらいになったら給料どれくらいなのか真剣に聞きたくなったw


パーティでは鍋とかケーキとか色々食べて、
みなさんと楽しくお話し、

すごく可愛がってもらえているというか、
とても温かい、素晴らしい部に入ったことを実感した1日でした。


この人たちの期待を裏切らないように
これからも頑張っていきたいです。


とりあえず次の機会はおみやのケーキを忘れずに!
2009.11
27
Category : gourmet
1350005353_3.jpg


金曜の夜です。


研修中はあんなに自由に遊べたのに、
今では、

「ごめん、まだ帰れないわ」

「わりー今日、部で飲むことになったわ」

なんて感じで、なかなかメンバーは揃わない。


結局今日はナルミと2人きり。
21:00スタートのちりとり鍋。

「ちりとり鍋」って初めて来たけど、
鍋がちりとりみたいだからちりとりっていうんだね。

豚鍋と、明太バターうどんを食べました。
豚鍋は辛さが程よく、肉も思った以上にたっぷりで美味しかったです。
2009.11
26
Category : 未分類
洋書の「星の王子様」を買いました。



「The Little Prince」。

なぜ洋書なんて買ったのかといいますと…、


私、芸術作品に関しては基本的に、
「原作こそ最高」って言う発想の持ち主なんですね。

(基本的にね。例外も多いよ。)


実写化映画が原作を上回ることなんてないと思ってるし、
洋画は吹替で観るものではないと思ってる。


そしてこの度、暇でもないくせになんの気紛れか、
「星の王子様読んでみたいゾ」と閃いた私は、

世界中で評価されてるんだから、きっと翻訳版なんかじゃなくて、
「原作こそ至高に違いない。原作が読みたいゾ」と英語も出来ないくせにまた閃いて、

ついつい買った「The Little Prince」。


ということで、電子辞書片手に洋書読んでます。

洋書を読んでて気付いたんだけど、

洋書のいいところって、
「著:作者 訳:自分」
ってところだなぁ、と思った。

国語力さえあれば、自分の思う最高の訳を充てることができる。

例えば、「He has gone…」という文に対して、
彼は「いなくなった」、「消えた」、「いってしまった」、「去っていった」、etc…と、
色々にアレンジできるわけだよ。

「The Little Prince」を、「星の王子様」と訳せちゃうわけよ。


まあ、英語力ないからどのみち直訳になってるんだけどね。
とにかくゆっくり地道に読んでみます。



…ちなみに、

買って数分後に初めて、
サンテグジュペリがフランス人だと知った恥はこの際置いておこうじゃないか。

(別に気にしてないし!フランス語読めないし!英語の勉強だし!)
2009.11
25
Category : film
hannibalrising.jpg

ハンニバル・レクター、その狂気の元凶に迫る。


このマスク違うよね。絶対違う。

だって鉄格子みたいなマスクといえば、
レクターの狂気を押さえ込むために後年、口にはめられたものでしょ。

いわばこのデザインそのものがレクターの狂気の象徴であってさ。

そのマスクと似たものを実はレクター自ら過去にも付けてた、
なんて、こじつけすぎて何も因縁めかないよ。

後付感ばかり煽られてちっともしっくりこない。


レクターの悲しい物語も、出来ればもっとそれを感じさせるような伏線をシリーズで見せていてほしかい。

レディ・ムラサキとかいう、日本文化のオマージュだけで採用した感じの中国人もしっくりこないしねえ。。


てかシリーズ通してレクターって基本ドジだよな、逃げても逃げても結局捕まる爪の甘さが珠に瑕すぎる。
2009.11
24
Category : film
hannibal.jpg

おえぇぇぇ。



前作の犯人を追う緊迫感は無くなったものの、
今回も変態チックな怖さがある。

精神的にヤられる感じ。


もう、あの脳みそはね。。
あれで動くとはね、切って食べちゃうんだもんね。

モルヒネヤバス。
2009.11
23
Category : film
its_a_free_world.jpg

アンジーは派遣会社で実績を残していたのに、
上司のセクハラに対してコップの水で報復したことで会社を首になってしまう。

女性の立場の弱さに憤慨し、なんとか見返してやりたいアンジーは、
友達のローズと協力して、移民を斡旋する職業紹介所を開設。

「不法移民は従順だから儲かるぞ」とそそのかされ、一線を越える2人。

しかし、そんなやり方がいつまでも通用するはずはなかった。


アンジーはただ、息子を幸せにしたかった。

何をしても許されると信じた、
この自由な世界で…。




「明日へのチケット」でガッカリし、
「スイート・シクスティーン」で感動、
「麦の穂を揺らす風」ではまたもや腑に落ちなかった、
ケン・ローチ監督の最新作。


今回は…、
ナイスでした。

アンジーは自立しているようで、結局はいつも言動に矛盾を抱えたあくまで弱い女性であることをまざまざと描いている。

どんどん、アンジーの道が険しくなり、計画が破綻していく様子に気が気でなくなりそうになる。
2009.11
22
Category : film
hituji.jpg

女性FBI捜査官クラリスが、終身刑の囚人ハンニバル・レクターの力を借りて、
猟奇殺人事件の容疑者を追うサスペンス。

超名作だけど結構最近になって初めて観ました。
アカデミー賞に名を連ねる作品の中では結構異作だと思う。


アンソニー・ホプキンスが「これぞ名優」って感じの存在感で、
かつて人肉を食べるという猟奇殺人事件を起こした、
元精神科医ハンニバル・レクターを怪演。

そのレクターと妙縁に繋がれることになるクラリスを演じたジョディ・フォスターもすごい良かった。


作中、レクターが醸し出す怪しい雰囲気と、
それに拍車をかけるラストでの緊迫感が最高。

事件で追いかけることになる犯人が、
医者に性転換を断られた性同一性障害の男であり、
女を殺して生皮を剥ぎ、縫合して女体スーツを作ってる、

という変態っぷりがこれまた異様。


ちなみにレクターがクラリスに警告する「羊たちの悲鳴」って結局なんなんだ??
2009.11
21
Category : football
デポルティボ・ラコルーニャ  vs   アトレティコ・マドリー
       2           -        1

得点者 アグエロ

r37515687.jpg

リーガ11節で白星はひとつ。

アトレティコ史上最悪のシーズンだな。

せっかくユニフォームかっこいいシーズンなのに。


ていうかアグエロってこう見るとかなり下半身しっかりしてるよな。

どうりであの混戦からボディバランス保って抜け出す力があるわけだ。


チェルシーが選手獲得禁止令の解除で本格的にアグエロ獲得に挑むらしい。

手放したくないけど、さすがにもう仕方ないかな。


売ったお金で誰を獲るのか。

個人的にはガゴかメリダを。
2009.11
20
Category : at office
この1週間は本当に長かった。


今日は同期と飲む約束。
あと帰りに新宿で服も買う予定で、

この1週間はこの金曜日を支えに頑張ってきた。


な の に …

定時ごろになって、
「今日部署で飲み会やるけど来ない?」
と先輩から悪魔のプレゼント。

今日は服屋が閉店するまでにお店に着けるように、
てきぱきと仕事を片付けて、なんとか早めに退社しようとしていたのに。

飲み会のためじゃないのに。


飲み会に誘っていただけるのは本当ありがたいし、
普段しゃべれない上司としゃべる機会もホント嬉しいんだけど、

なにも今日じゃなくても!


もちろん上司たちと飲むのは気苦労も耐えないし、
おまけに他部署のお偉い方々まで交ざって来た、口の差し挟みようのない雰囲気に弱って、

なんとなく相槌打ちながら開けたコップも気付けばビールとワインで5杯ずつ。


ふらふらで最終電車に乗り込んだけど、
車内で吐き気を催して途中下車。

トイレでいざ吐こうとしたけど、えづくだけで何も出ず、
当然もう電車はないからどこだかよく知らない(覚えてない)駅から、
3500円でタクシーに乗って帰宅。


付き合いって疲れる。
2009.11
19
Category : football
見事W杯出場権を勝ち取ったポルトガル。

capt_photo_1258579639837-1-0.jpg

アトレティコもリヴァプールも振るわない今シーズン。

ポルトガルまでもが、しかも4年に1度のお祭りに出れないなんてことがあったら、
俺の今シーズンのサッカーライフがお先真っ暗になるとこでした。

capt_bacbf2da8e7649d19c8b3b80024ac11c_bosnia_portugal_wcup_soccer_xaf122.jpg

とりあえず一安心。

ちなみにフォルランのいるウクライナもプレイオフの末の出場権獲得。

こっちもかなりギリギリだったんだけど、
良かった良かった。

capt_7c515627334144b8b36a4c8c15e33472_bosnia_portugal_wcup_soccer_xaf126.jpg

喜ぶポルトガル選手たち。
うなだれるボスニア選手。

capt_2bf3f06ef0cc4ce7b8c5e31dd233d115_bosnia_portugal_wcup_soccer_xaf127.jpg

そんな彼の肩に温かく手を差し伸べる男がひとり。
不覚にも優しいナニに、世界が泣いた。
2009.11
18
Category : at office
配属されてから、早くも取引先に行き、
顔見せをしました。


その会社はものすごく有名だけど、
決して自分がその会社のことをよく知ってるとは言えません。

でもそれでも新聞記事だけで凄いことやってるのを知ってた会社の内側を見るっていうのは、
すごい新鮮でした。

先方と隣に座る上司のお話はチンプンカンプンだったけど、
自分にもそれなりの参加意識があるおかげか、
今まで特に熱意も持てなかった商品や商取引の知識について、
ものすごい詳しくなって理解したいと感じました。


来週あたりから週に1度先輩に付いて訪問し、
そのうち自分だけになっていくそうです。

あー、緊張するナー。
髪切らなくちゃナー。
2009.11
17
Category : at office
まだ火曜日という現実にビックリ。


働いてるおかげで1日、1日が経過するのはものすごく早いけど、

溜まった疲労感のせいで、まだあと今週3日間も会社に向かわなきゃならない現実が重たい。

まだ所詮駆け出しだから、
上司や他の会社の友達に課せられてるノルマやプレッシャー、責任感に比べたら屁でもないはずなんだけど、

それでもやっぱり疲れるもんは疲れる。


今日は仕事のあと、
若手の先輩が開いて下さった歓迎会でビール5杯。

酒強くない俺はそれでも結構な千鳥足。

2時に寝て5時半に起きる水曜の朝が重たい。


早く土曜日が来ないかな。
2009.11
16
Category : gourmet
最近よく松屋で「豚と茄子の辛味噌炒め定食(ご飯大盛り)」を食べる。



社会人になってからというもの、お給料が増えたので、
ちょっと高いモノを食べる機会が増えた。

調子に乗って、ステーキとか、寿司とか、叙々苑の焼き肉とか高いものを食べて、

「もう俺たち、安いもの食べても今までみたく美味しいとは思えないかもな」

なんて冗談を言いあってたんだけど、

松屋で食べても普通に美味い。


実際のところ、叙々苑と松屋の「味の違い」は大いにあるけれど、
両方を食べて「あー美味い」と幸せになる気持ちってそんなに差を感じない。

それなら1万円も払って幸せになるよりも、
500円で幸せになれてた方が幸せ、
という理に最近辿り着いた。

1336882655_79.jpg

辛味噌炒めが結構濃い味付けなので、
肉1茄子1と一緒にライス3口くらいいけるので、大盛りがマスト。

味噌汁と生野菜サラダも付いて640円。


浮いたお金で服を買いたい。
2009.11
15
Category : football
FIFAワールドカップ2009 プレイオフ

ポルトガル   vs  ボスニア・ヘルツェゴビナ
   1      -       0

得点者 ブルーノ・アウベス(ナニ)

capt_photo_1258238389892-1-0.jpg

1stレグで最低限の1得点、無失点勝利。

相手のシュートが3度ポスト、バーに弾かれるという幸運によって、
辛くもホームで勝つことが出来た。


ボスニア・ヘルツェゴビナは失点したものの前がかりにはならず、
追加得点を許さない戦法で自陣で厚く守ったまま裏を狙うという、
自分たちの戦い方を変えてこなかった。

そのせいか1得点を挙げるに留まり、
幸運によってなんとか勝てたという結果であり、

18日の「ボスニアホームで取り返せる」という堂々とした態度が怖い。

capt_61f771881c9444f988d7abe35984ca3d_portugal_bosnia_wcup_soccer_xpd107.jpg

フェレイラたんお久しぶり。
2009.11
14
Category : fashion
今日は大学のゼミの友達と久しぶりに遊びました。

部のゴルフコンペに向けて練習するべく、
強引にゼミメンバーを誘い、見事に釣れた3匹を連れ立っていつもの練習場へ。


まー、下手になってました。
それもそのはず、もう半年以上クラブ握ってないもん。

てかそもそも前から上手くないしw

こりゃあコンペデビューは壮絶な一人マラソン大会になりそうだ。



ゴルフが終わった後は、アウトレットで買い物しました。

IMG_0653.jpg

まずは買おうと思ってたシングルのピーコート。

シルエットがやや細身でいい感じな分、
当初予定してたオン・オフ併用は際どいかもしれない。

でも結構しっかりとした重厚なメルトン生地で、
これで12,600円はお買い得かな。

黒買おう、黒買おうと思ってたんだけど、
よくよく考えたら黒いコートは3着も持っているので、
ネイビーを買いました。

まあ、ほとんど黒だけどね。

IMG_0655.jpg

お次はニット。

こんな服普段はまず着ない、
というか白いトップス自体数えるほどしか持っていないんだけど、
挑戦的な意味も込めて買いました。

2,900円だったからね、ファストファッションですよ旦那。

IMG_0658.jpg

最後に革靴。

フォーマル用ね。
これでやっと3足ローテーション。。

7,000円、安いっしょ。


次は茶色いレザーシューズ、腕時計、タイピンなんかがターゲット。
欲しいものって一向に無くならない。


晩飯は牛角。
3000円でお腹が一杯。
2009.11
13
Category : 未分類
                              「青い薔薇」


                        恋人を喜ばせようと僕は摘んだ

                          赤い薔薇と白い薔薇を。

                      恋人はどちらの花束も受け取らない・・

                     彼女は青い薔薇を摘んできてねと言った。


                         僕は世界の半分をさまよった、

                         青い薔薇が咲く土地を探して。
::more
2009.11
12
Category : football
11日、FWディエゴ・フォルランがアトレティコ・マドリーとの契約を2013年まで延長した。この契約延長によって、来シーズンの他クラブへの移籍の噂は消滅したと言っていいだろう。

新たな契約にサインをした後、フォルランは以下のように喜びを語っている。

「とても幸せだ。このクラブに加入した時から、満足していると常に言ってきた。僕の夢はアトレティコで長い期間でプレーし続けることだ。本当に喜びに包まれているよ。ファン、チームメート、クラブ、アトレティコとさらに結ばれたことにね」

「マドリッドの街、チームメート、アトレティコ・マドリーが大好きだ。すべてが僕の家族なんだよ。何年でもここでプレーしたい。このクラブが将来、大きな成功をつかめると信じている」

フォルランは、リーガを第10節まで終えて1勝しか挙げていないなど、苦境に立たされているアトレティコの現状についても語った。

「チームメートと僕で、すべてに勝つことができる可能性を持っていると思う。でも、現在最も重要なのは、この状況を打破することだ」

「間もなく、僕たちは順位表の適正な位置に戻ることができるだろう。良い結果が得られるようになると信じている。僕たちがこの状況から抜け出すことに何の疑いもないよ」

                                                  (GOAL.COM)

         capt_a340065882834f9e8e5c4714556b1581_spain_soccer_la_liga_vc108.jpg

フォルラン愛してる。
出来るだけ長くアトレティコでプレイしてください。
2009.11
11
Category : football
よく現代サッカー選手を自分で勝手に11人、あるいは22人選んで、
最高のチームとフォーメーションを考える。

ある時は自分の好きな選手から選んだり、
「凄すぎる選手は選ばない」など俺のさじ加減ひとつな決まりを色々と設けたりして選ぶ。

で最近、「今の欧州ならこの22人、最高じゃないか?」、
との結論に至ったので紹介したい。


TEAM F.C.バルセロナ

COACH ジョゼップ・グアルディオラ

GK  ペトル・ツェフ
CB  カルレス・プジョル
CB  リオ・ファーディナンド
RSB ダニエウ・アウベス
LSB パトリス・エヴラ
DH  ハビエル・マスチェラーノ
CH  シャビ・エルナンデス
CH  スティーブン・ジェラード
RST リオネル・メッシ
LST ウェイン・ルーニー
CF  ズラタン・イブラヒモビッチ

まずチームですが、今選ぶなら間違いなくバルセロナでしょう。
先日のCLでもホームのインテルに対してあの圧倒ぶりはすごかった。

となれば監督もぺップでいいか。トレブルしたし。

選手についてですが、まずロナウドを選んでないところがサッカー雑誌とは大きく違うと思う。
恐らく雑誌の企画のベストイレブンだと、ズラタン、ロナウド、メッシ、カカだろうけど、
多分ルーニー方がチームとしては強いだろうと思う。

サイドバックは右はボジングワ、左はアビダルでかなり迷った。
そっちの方がDFの平均身長が5センチくらい上がるんだよね。
これはかなりでかい。

でも能力、成績で言えばやっぱりこの2人かなー。

GKは甲乙付け難い選手が多い中、
まずカシジャスはチームがバルセロナということで落選。ゴメン。

成績はパッとしなかったものの、
能力的には個人的にツェフが凄いと思うのでツェフにしました。


ちなみにサブも作ると、

GK  エドウィン・ファン・デル・サール
CB  ネマニャ・ヴィディッチ
CB  ジェラール・ピケ
RSB ジョゼ・ボジングワ
LSB エリック・アビダル
DH  トゥーレ・ヤヤ
CH  アンドレス・イニエスタ
OH  カカ
RST ディルク・カイト
LST クリスティアーノ・ロナウド
CF  フェルナンド・トーレス
2009.11
10
Category : at office
本配属されてから先輩方に、

「この部署ではゴルフは出来たほうがいい」、
と言われる。

取引先の方々とやる機会は少ないが、
部署内で何かとゴルフコンペがあるらしい。


大学4年の時に少しかじってはいたものの、

完全我流で、しかももうだいぶご無沙汰。

もう1回始めやすいことは始めやすいけど、
スクールとか通う必要まで検討してみると若干気が重たい。

というか必要経費かもしらんがぶっちゃけお金も勿体ない。

またゼミのメンバーで気楽に安い打ちっぱなしに行きたい。
2009.11
09
Category : football
            マドリード・ダービー
  アトレティコ・マドリー  vs   レアル・マドリー
       2         -       3

得点者 フォルラン
      アグエロ

r3064966239.jpg

ホームで伝統の一戦を物に出来ず。

こうなるとどうしても主力放出論が活発になるけど、
ここまでひどいと、たとえアグエロ、フォルランが出て行っても誰も文句言えない。

シーズン通して応援したいチームから好きな選手がいなくなるのは嫌だなぁ。。

capt_a5f98252d4104061b8abbce23da16c1e_spain_soccer_la_liga_vc109.jpg

 1位 バルセロナ 26
 2位 レアル・マドリー 25
 3位 セビージャ 22
 4位 ヴァレンシア 21

18位 アトレティコ・マドリー 7 

気付けば1位との勝ち点差は20。
キケはクリスマスまでに7位まで順位を上げるつもりらしいが、

本当にそうしてもらいたい。

r2543218554.jpg
2009.11
08
Category : 未分類
                        「塵も積もれば山となる」




ある方から毎日継続することの大切さを教わった。

1日10分、何かをやり続けるだけでも、
1年間では3650分(60時間50分)。

もしこれから40年間それを続ければ146000分(約2433時間30分)になるんだ、
というお話。

平均寿命78年として、
78年×365日×24時間×60分=40996800分(683280時間)の人生。
(なんかこれが1分ごとに1ずつ減っていると考えるとものすごく生々しい数字に思えるな)

そのうちの146000分(/40996800)と考えると確かにかなり大きな数字だ。

継続は力なり。


さらに人生の3分の1を睡眠に使っていると仮定すれば、
27331200分(455520時間)が活動可能時間になり、
146000分(/27331200)となる。

継続は力なり。


でもそうやって考え出すと人生ってものすごい時間の使い方してるな、と思えてくる。

例えば1日3回の歯磨きに合計で10分かけているとすると、
78年×365日×10分=284700分(4745時間)。
人生で約4745時間を歯磨きに費やしているということになる。

じゃあ風呂には?
化粧には?
食事には?
通勤には?
ゲームしてる時間は?
ボーっとしてる時間は?

捉え方次第ではそれらは全部その人にとって必要なことだから、
そのかける時間が無意味では必ずしもないんだけど、

こうやって考えると数字って怖い。
2009.11
07
Category : film
kill-bill-vol1.jpg

↑ 凄腕の殺し屋ザ・ブライド。

結婚式の打ち合わせの最中に、かつて所属していた毒蛇暗殺団のボス、ビルたちに襲われ、
フィアンセや友人、お腹の中の子どもを殺されてしまったブライド。

4年間の昏睡状態から奇跡的に回復したブライドはビルの暗殺(KILL BILL)を決意する。



詳しくは解んないけど色んな映画とか日本文化へのオマージュを融合させた作品。

出所が不明にも関わらず、「これもなんかのパクリなんだろうな」ってのを要所要所で感じる。
「それをない交ぜにしてたのが俺のオリジナルだぜ」ってのがズルいぜタランティーノ。

シナリオは超シンプル。
ユマ・サーマン扮するブライドが毒蛇暗殺団の主要メンバー4人と、ビルをリストアップして、片っ端から殺していく旅。

ブルース・リーの格好で服部半蔵の作った日本刀を振り回すユマ。
白装束のルーシー・リューとの戦闘で白い雪に映える鮮血。
鉄球振り回す女子高生姿の栗山千秋。

途中完全にアニメシーンになったりともう完全にオタク感丸出しで楽しい。
2009.11
06
Category : 未分類
                         「僕には夢がある」





NYヤンキースが9年ぶり、27回目の世界一に輝き、
松井秀喜は最終戦で4打数3安打6打点と大活躍し、
日本人として初めて、ワールドシリーズのMVPに選ばれた。

KFullFlash20091105070_l.jpg

野球は基本あんまり興味ないし、詳しくもないけど、
松井は好きだなー。

松井がアメリカに行ってから、よく、
「松井通用してない」と言う人が居たけど、

まあ俺は野球よくわかんないからそれもひとつの事実なのかな、とは思いながらも、
メジャーでHR打ってる松井はやっぱり凄いと思ったし、

世界一になるという夢を実現するために読売ジャイアンツを辞めて、
アメリカに挑戦した松井はかっこいいなあと思う。


そんな夢の舞台で、両親の見守る中、
自身のバットで夢を叶え、しかもMVPにまで選ばれてしまうなんて。

「秀喜の生涯で一番、幸せな日ではないでしょうか。本当に想像を絶します」、
との松井の父、昌雄さんのコメント通り、
本当にそれは想像を絶する世界だと思う。手に取れない。

それはきっと偶然打てたわけではなく、
偶然この時期に調子が良かったわけでもなく、

夢の実現に向けて頑張り続けた結果なんだろうと思う。
2009.11
05
Category : football
ウイイレ2010買いました。

発売日にウイイレ買うなんて初めて。

いつもは買った人から操作感とかライセンス取得状況を聞いてから、
買うかどうか悩んで結局買わない、ってパターンで、

気付けばウイイレ9からずっと新作には手を出していませんでした。

9はアグエロいないんだかんな。


でも今回はリアルサッカー界の熱に押され、
つい発売日に買っちゃいました。

だからみんなは俺の感想読んで買うかどうか悩むといいよ(笑)


まず起動してビックリその1、映像がとても綺麗。

9比較だから当たり前と言えば当たり前なんだけどさ。

そしてビックリその2、ライセンスが微妙。

リーガですら要リネームチームだらけ。
人気チームはわりとリアルだからまだ救いようがあるけど、
ブンデスリーグ無いならともかくバイエルンさえ無いとはねぇ。

テルフィーも、
…ねぇ?


ざっとやった感じではダイレクトのパス回しがかなりスムーズで、ドリブル突破がやたら難しい、あとシュート入りやすい。

スペースに走り出すドリブル突破は出来ても、
相手を際どくかわすのはかなり難しくて、

かと思いきや、
ダッシュせずにカーソルだけ使ってドリブルすれば意外と簡単に抜けたりして、
あんまり選手ひとりひとりの能力差が感じられないゲーム。

あと選手の動きが機敏すぎて不自然。
縦突破のドリブルが速すぎるんだけど、
これはうちのTVが横に長いからなのか?


まあ9ぶりの新作ってこと考えればだいぶ進化してます、満足してます。

まず出始めにリーガ・エスパニョーラから始めました。

アトレティコ・マドリー、
ゲームの中でなら勝ってます。
2009.11
04
Category : fashion
おはようみんな。
最近めっきり寒くなりましたね。

吹く風に冬の到来を感じるこのごろ、
いかがお過ごしでしょうか?

私は晩秋の寒さに身を引き締めたまま、
本配属されてからの毎日、7時半に出社しております。

1329062595_208.jpg

今日は朝から空が綺麗でした。

日が昇るのがだいぶ遅くなり、
6時過ぎはまだまだ日が低く、
太陽は雲を朱く染めているところです。


まだ配属から3日目で、何をしているとも言いにくいのですが、
朝から晩まで下っ端の仕事を任されています。

めんどくさい仕事です。

ただ、部署の人たちは皆温かく、
また、そのめんどくさい仕事は「当然下っ端がやるべきだ」という意識があるので、
不思議と嫌ではありません。

スキルアップこそなかなかできませんが、
働く姿勢、学ぶ姿勢を身につけていきたいと思っている今日この頃です。


ところで一昨日、東京では木枯らし一号が吹いた様で、
街にもコートに身を包む姿が増えました。

昼間はまだまだ小春日和で、
「正直コートはまだ早いのでは?」とも思いますが、朝夜は冷え込むだけに、この時期は着る服を選ぶのに困ります。


それにしても、人のコートを見てると自分もコートを買いたくなるものです。

やっぱり夏よりもこのくらいの季節の方がファッションは見てて楽しいですね。

着丈の長いコートにマフラー、
細い足をブーツに突っ込み、
ショルダーバッグをかけて歩く女の子の鉄板スタイルが好き。

黒が基調だとなお好き。


皆様もそろそろ冬支度でお忙しいこととは存じますが、
向寒のみぎり、お風邪にはくれぐれも気をつけて。
2009.11
03
Category : football
勝て。
まじで勝て。

もうグループリーグ突破するしない関係なしに勝て。

絶対勝て。

てか突破しなくてもいいから今日は勝て。

r1880704405.jpg


アトレティコ・マドリー   vs      チェルシー
      2         ―         2

得点者 アグエロ
      アグエロ


むーー。

でもまあまあまあ。
ホームとは言え今のチーム状態でチェルシー相手によくやったよ。

次はマドリーダービー。
2009.11
02
Category : football
アスレッティック・ビルバオ  vs  アトレティコ・マドリー
       1          -        0

capt_a684beb3617249fe91d5265de8a6478e_spain_soccer_la_liga_vc112.jpg

 1位 バルセロナ        23
 2位 レアル・マドリー     22
 3位 セビージャ        19
 4位 バレンシア        18


18位 アトレティコ・マドリー   7


ほんと危機的な不振だ。

ほとんどハイライトしか試合観てないから、
こうも毎回毎回負けられてもそろそろコメントに困るわ。
2009.11
01
Category : film
キャメロン・ディアスがお母さん役をやるというので、
気になって観に行きました。

映画好きだけど、あんまり映画館には行かないので久しぶりの映画館です。

62751.jpg

まさかあんなに泣くことになろうとは笑

もう中盤あたりで盛り上がり始めてからというものの、
終始泣き続けてしまった。。

もうあれは泣かざるを得ない!

登場人物の皆が純粋で良い人で、
誰も恨むことが出来ない。

それなのにあの運命。
あの優しさ。もう不可抗力だよ。


最近、秋花粉舞っちゃっててお鼻ズルズルの俺は、
観賞中、鼻をすすりたかったんだけど、

もしすすったら隣で観てる女の子に、
「あ、越智泣いてる!」と思われてしまう!
とか余計なこと考えてしまい、鼻すすり我慢。

それでもまぶたからは終始ボロボロと涙がこぼれ続けてる。


しかも、鼻すすり我慢してたら変な息遣いになってしまったのか、観終わった後で、
「泣いてるんだろうなって思ってたよ。呼吸変だったもん」て言われちまったw


まあ、よくよく考えれば、その子も、俺の前の席の男も、
みーんな泣いてたから気にする必要無かったんだけどね。。