FC2ブログ
RSS
Admin
Archives

幸せなら手をたたこう

急いで生きなくちゃ 死に追いつかれないように

プロフィール

FlyingHigh1986

Author:FlyingHigh1986
"Again, you can't connect the dots looking forward; you can only connect them looking backwards. So you have to trust that the dots will somehow connect in your future. You have to trust in something"

最近の記事
カテゴリー
カレンダー
12 | 2010/01 | 02
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
月別アーカイブ
最近のコメント
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
2010.01
31
Category : football
アトレチコ vs マラガCF
   0    ―    2

むー。

まじでコメントする気が失せる。

サポーターも大ブーイング。
スポンサーサイト



2010.01
30
Category : 未分類
この度は皆さんにご報告があります。

なんと私、本日1月30日、
めでたく結婚いたしました!

1188329258.jpg


なんて報告をしてくる輩が少しずつ少しずつ増えてきた。


そんな報告が届くたびに、

「自分の年齢」だとか、「時の流れの早さ」だとか、
「果たして自分は結婚出来るのか?」、

なんてことを考えさせられる。


「早い」、「遅い」なんて何も関係ないはずなんだけど、

それでもやっぱりなんとなく、周りから置いてけぼりにされ始めているような、
憧れのような、畏敬のような、
それでいてどこか寂しい、

そんな不思議な感覚を抱く。


きっと考えすぎで、
同年代だったはず友達が自分と比べて極端に大人になったわけではなく、

自分だっていざ結婚することになりゃ、
それなりに腹は据えちゃうし、覚悟だってしちゃう。
それはわかってる。


でも今23歳で、色んなことにいっぱいいっぱいな自分が、
結婚して家族を養うことや子供を育てていく責任を持つことってやっぱりなんとなく怖くて
自分にはまだまだ早いかなぁと思ってしまう。


だから、友達からそっちのステージへ進んでいきますと宣言されると、
勝手に尊敬し、勝手に焦る。

決して結婚願望がないわけではなくて、
なんなら今すぐにしちゃいたい気もするんだけど、
果たしていつになることやら。
2010.01
29
Category : at office
今日は初めて二日酔いのまま会社に行きました。

1月の大異動で、居なくなる人、新しく来る人がいて、
昨日はその歓送迎会だったのです。

飲み会、カラオケと盛り上がって、大騒ぎして、

酔いすぎて終電無くして、
次長にタクシーに乗せてもらってやっとこさ帰宅。

寝て起きたらまだ顔も目も真っ赤で、
二日酔いと言うか、ついさっきまで飲んでました、って感じで出社。

かなりグダグダな調子だったにも関わらず、
社会人として一皮…とは言わないまでも、薄皮剥けた気分で不思議だ。


今日はその居なくなってしまう先輩の当部での勤務最終日。

部の慣例で、異動する人はお世話になった感謝の気持ちを込めて、
ケーキなどのスイーツをみんなに送る。


その先輩は女性で入社4年目の若手営業担当なんだけど、
男顔負けの気合いと根性、そして社交性で、近くで見ていてものすごくかっこいい女性でした。


毎日総務の方が退社前に部内清掃をするんだけど、

今日の清掃の時に総務さんが、
営業担当者の外訪先を表示するホワイトボードから、
その人のネームプレートが外して、新しい人の名前に張り替えるところを見て、

なんとなーく、寂しくなりました。


ちなみにそのホワイトボードには、当然私の名前はなくて、
いつかそこに自分の名前が足される日がちゃんと来るのか、
まだまだ不安です。
2010.01
28
Category : football
ホームでセルタ相手に辛勝1-0。

ちなみに写真は今日の試合とは無関係。
Atletico-Madrid-Antonio-Lopez.jpg

なんだかんだでコパ・デル・レイ準決勝進出までやってきました。

散々なシーズンを過ごしていますが、
1つタイトルを取るだけでもそれなりに救われるというもの。

ここまで来ちゃったらもう是が非でも優勝を。


そして次の試合はマラガ戦。

今シーズン初戦に負けた相手です。

こちらも是が非でもリベンジを。
2010.01
27
Category : at office
仕事を与えられてこなす時に、
付加価値を付けるために出来ることは

① 期待を上回る内容のものをつくること
② 期待を上回る早さで仕上げること

が考えられる。


どちらも仕事をする上で大切なスタンスだ。

与えられた仕事に頼まれたもの以上の内容を盛り込み、
しかもスピーディにこなせば、

もしかしたら「やるねえ、新人」と評価してもらえるかもしれない。


しかし、そんなことばかりに気が向いて、
功を焦るばかりに、

③ 仕事をしっかりと丁寧にこなすこと

これも①や②と同じくらい、もしくはそれ以上に大切であることを忘れがちになる。


特に早く仕事をこなすことを意識しすぎると、
他の慣れた仕事のやり方が適当になったり、
見直しの作業を怠ったりと、

仕事のやり方が雑になってしまう。


ただでさえケアレスミスが多い人間なのに、
「高付加価値」だなんて、実におこがましい。

ミスしてもやさしく注意されるのなんて今だけだ。

付加価値をつけることも大切だけど、
当分はそれ以上に、
ひとつひとつの仕事をしっかりとこなすことを心がけたいと思う。
2010.01
26
Category : 未分類
会社を出るとすぐ近くにラーメン屋がある。



別に好きでもなんでもないのだが、
何かとよく入ってしまう。

私の所属するチームはわりと昼食を摂る時間が早くて、
早いと11時半ぐらいには食堂へ向かう。

そこからほとんど何も食べずに夜中まで働くと、
まあー腹が減る。

以前のように21時、22時まで働けば、
早く帰りたい一心でラーメンなど食べずに家路を急ぐところなのだが、

「残業しすぎ、けしからん!」、
と副部長に怒られて以来、退社時間が早くなって時間の余裕も生まれており、

空腹で帰り道にあるそのラーメン屋の前を通ると、
とくに好きでもないのに魔法にかけられたように、
気がつけば食券を買わされている。


立地条件ってものすごく大事だ。ほんと。



あとこれは完全な余談ですが、
ラーメンなどを食べ終えて席を立とうとした時、
店にBEGINの「島人の唄」がかかった。

疲れた心に沁み込んできて、
つい席を立つのを止めて、
まるまる1曲聴いてしまいました。


客の回転率を上げたかったら、
良すぎる曲をかけるのも考え物かもね。
2010.01
25
Category : 未分類
原材料の調達から製造、流通、廃棄に至るまでにどれくらいの二酸化炭素(CO2)が排出されているのかを商品に表示する、カーボンフットプリント(CFP)という制度を採用する動きが食品業界の中でわずかながら出始めている。

温暖化対策に向けた意欲的な取り組みではあるが、
①消費者の関心が低いこと、
②現段階では同制度を採用する企業が少なすぎて比較対象がないために表示されるCO2排出量が多いのか少ないのかわからない、

というような課題もあり、実効性はまだまだ乏しく、国の後押しが必要だと考えられている。


この制度なかなか面白いけど、ちょっと無理があると私は思う。
なぜなら、消費者の関心と理解に頼りすぎた制度だからだ。

消費者が買いたいのは、美味しくて安い商品だ。
CO2削減量が大きくても、高くて不味いものにお金は払わない。

そして何より致命的なこの制度の欠陥は、
消費者がその商品を買おうが買うまいが、
既にCO2削減が実施済みで、消費者には何の得にもならない点だと思う。

つまり、
「お、この企業はこのハムの製造にこんなにCO2削減を実施したのか。私がこのハムを買ってこの企業が儲かれば、この企業はさらにCO2の削減に取り組むことができ、さらに世界の温暖化対策になるな。よし今日はこのハムを買って明日の朝サンドウィッチにして食べよう。」

CFPに関心を持って商品を選んでもらうにはそれくらい高い消費者の理解と関心を求めなければならない。
そんなことが果たして可能だろうか?



そこで私は考えた。
ちょっと考えてみただけにしてはわりと冴えたこの閃きを聞いてくれ。

そもそも温暖化対策を効果的に実行するのであれば、
CO2削減をした者が得をする社会を作る必要がある。

つまり、CO2削減量の大きな商品を買った者が得をするようにする。

まず一つの商品、例えばハムならg当たりのCO2排出量水準を定める。
仮に100gあたり100としよう。
するとある企業Aは努力して排出量80のハムを作り、またある企業Bは排出量50のハムを作る。

そして消費者がそれらCFP採用企業のハムを買うと、
その削減量に応じてポイントが貯まる。
企業Aのハムなら100-80の20P、
企業Bのハムなら100-50の50Pが貯まる。

そして消費者はそのポイントが貯まっていくポイントカードを持って買い物をする。
その名もエコカ。eco point cardの略。よっ、3番煎じ!(エコポ、エポカでも可)

そしてこのカードは駅カード連動で、
そのまま電車代にも利用可能になる。

日々の電車代が浮くという感覚は消費者に取って大きい。
さらにポイント制も人間の貯蓄願望を巧みにくすぐること請け合い。
また残高以外に累積ポイントも表示することで、自分がどれだけ地球に優しいか認識することができる。
なんなら全国ランキングでも作ってしまおう。

これによりCO2削減を頑張る企業は儲かり、
同時に国民の消費マインドもポイントカード利用促進の影響で高まるほか、
電車利用も増えて地球に二度やさしい。


どうだい?

現実的な数字感覚や細かな実効性は度外視してるけど、
自分なりに結構ナイスなアイデアかと思う。

特許申請しなくっちゃ。
2010.01
24
Category : football
ヘタフェ    vs アトレティコ・マドリー
  1      -      0

あちゃー、負けちったよ。

4連勝いけば完全な復調かなと思ってたんだけど。。


まあ、気を取り直して次だ次。
アウェイだけどなんとしても勝とう。
2010.01
23
Category : film
kill-bill-2.jpg

ビルを殺す旅、その2。

タランティーノの美学ってよくわかんない。

正拳突きの件とか2連作にまでして、そんなにやりたかったのか?


なんとなく面白んだけどさ。
仮装大賞みたいなはりぼて老師とか観てて酷かったなあ。。
2010.01
22
Category : film
                    「Okay,just relax,okay?
                  That’s 60 gigs of my life!」

ディスタービア

色々と惜しい映画。


主人公ケールは学校で教師の顔面に正拳を食らわせて3ヶ月の自宅謹慎。

足にGPS付けられて、親機から30メートル以上離れると警告がなって、
10秒以内にエリア内に戻らなければ警察に報告が届くという、
本気なのかアホなんだかよくわからん規則がアメリカの一部の高校にはあるらしく、

それをはめられた主人公はマジで自宅謹慎しなきゃならん羽目に。

自宅謹慎中の刺激的な暇つぶしにご近所の覗きをはじめたケール。
隣に越してきたナイスバディのかわいいアシュリーにうっとり。。

しかし、なんとご近所さんの一人の特徴が殺人事件で指名手配中の犯人像に瓜二つではないか!


調子にとってアシュリーと友人のロニーと捜査ごっこをしていたら、
相手に感づかれてしまってさあ大変。

自宅謹慎中で家から外には出れないケール。
使える武器はパソコン、ケータイ、i pod、双眼鏡、ビデオカメラ…。


これだけの状況がそろえば結構いい内容になりそうだし、
事実そこそこ楽しめるものの、

事件性が動き出すまでに1時間かかるという、
シチュエーションサスペンスとしては致命的なロースターター。

武器の使い方も中途半端で、それくらいならマコーレ・カルキンの方がもっとうまくやりそう。
しかも、途中から自宅謹慎設定とか割とお構いなしになってるし、すごいもったいない。
2010.01
21
Category : at office
私の働く会社の仕事はとにかく仕事の手続きは煩雑。


ルーティンワークに追われる中で、
ある一定の仕事が与えられていくのだが、
まず入り口からやり方がわからない。

「自分で調べられることは自分で調べよう」

ということで、眠たくなるのを我慢しながら手続き書を読むことから始まるのだが、
正直そんなもん全部に目を通してる時間無いし、
そんなことしてたら「ボーっと何してるんだ」と思われかねない。

仕方なく要点っぽいところとか、まさに知りたいところだけを読んで、何となく理解した感じで作業に入る。


新人とは言え、慣れない知らないことばかりで働いているし、
「早くやってくれ」と言われることも往々にしてあるから、結構忙しい。

そうなってくると、
なかなか仕事の意味や目的を理解できなかったり、
理解しようとできなくなりがちになる。

仕事がただこなすためだけの作業になっていて、
自分が成長していないことを日々感じる。


誰もが親切に教えに来てくれるわけじゃないから、
自分から聞きに行くべきなんだけど、

結構忙しい、上司も忙しそう、
で、聞くタイミングがなかなか難しい。

でもやっぱり聞かずにこのままでいるわけにもいかない。


このジレンマから抜け出して、わからないことをどんどん減らしていくことが当分の課題だ。
2010.01
20
Category : at office
今日は仕事の関係で、ヨーグルトの試食モニタリングに参加してきました。



モニタリングの内容は、
メーカー不明のプレーンヨーグルトと加糖ヨーグルト5種類ずつと、
メーカーの判明している、フルーツヨーグルト5種類の計15種類を食べまくって、

味などを比べるというもの。


プレーンと加糖は食べ比べてみると、
味はもちろん舌触りや酸味、匂い等ホントに様々で楽しかった。

最初、メーカー不明なのではなくて、
主催者の試作品だと思いこみ、

モノによっては馬鹿正直に「あまり美味しくない。臭みを感じる。」
なんて書いてしまい、
あとからメーカー名が発表されたときには、
仮にも立派な既製品に「臭い」なんて随分なこと書いてしまったもんだと反省。

まあ、いいか。
消費者の声の反映のためには、正直さが必要さ。


さらにメーカー判明の5種類も味、内容やっぱり様々で、
食べ比べてみて初めて、「ああ、こんなに違うもんなんだ」とつい感心。

しっかり優劣がついていき、
あまり美味しくないものがわかりやすく美味しくなかった。


ヨーグルトとは言え、
15種類も食べると異常なくらい腹に貯まってさすがに気持ち悪くなっちゃったけど、

たまにこうゆうイベントがあると、
灰色の5日間にもささやかな彩りが加わるってなもんだ。
2010.01
19
Category : football
アトレティコ・マドリー  vs  スポルティング・ヒホン
      3        -        2

得点者
フォルラン
パウロ・アスンソン
イブラヒム




るん♪

年明けリーガ3連勝。

これだよ、この強さだよ。
これを開幕からしているはずのチームなんだよ。


2失点、特に90分の失点は若干マイナス要因だけど、
2点取られても持ち前の攻撃力で3点返すのがアトレティコの強さだよ。

ヒホンを引き離すカウンターからの2点目は本当にダイナミックだった。


アセンホのミスに関してはちょっとひどかった。
天才GKと言われても見てる感じまだまだ。

確かに才能はあるけど、
安定感を身につけるのはもう少し先になりそう。


 1位 バルセロナ           46
 2位 レアル・マドリー        41
 3位 バレンシア           38
 4位 マジョルカ            33
 5位 デポルティボ・ラコルーニャ 31
 6位 セビージャ            30
 7位 アスレティック・ビルバオ    30
 8位 ヘタフェ              27
 9位 スポルティング・ヒホン     24
10位 アトレティコ・マドリー      23

まだ下も近いけど気づけば10位!
少しずつ上が見えてきた。4位ならまだ全然目指せる。
2010.01
18
Category : fashion
今時珍しいルーズソックスをはいた女子高生がいた。

流行に逆行して1人だけ時代遅れな格好をするなんて、実にあっぱれ。
勇気あるなぁと思う。

普遍的に変わらない良さを持つものを愛着持って着るのとはだいぶ違うもんなー。
だってルーズソックスだもん(失笑)


でもひょっとしてまた流行りだしたとか?

知らぬ間に2次ブーム到来したこと知らない自分が実は間抜け?
日々おじさん化していく私には今のトレンドなんて追えてるわけないもんなぁ。

ツイッターって何?w



ファッションの流行といえば毎年まあトンチンカンなもんが流行る。

ファッション業界の苦心も虚しく、
当然のように流行らなかったものは数知れない。

男×スカートなんて記憶に新しい。


今はちょっと前から根強くマウンテンブームを起こそうとしているらしく、

色鮮やかなマウンテンパーカにデイパックを背負い、ゴツいワークブーツを履いたTHE山男を、
細身のパンツで外す格好が、ファッション雑誌の巻頭を賑わしている。


力の入れ方に比べて、やっぱり流行ってない感が否めない。

アーバンに寄せるならカラフルよりモノトーンマウンテンの方が現実的だと思うんだけど、
まあどっちにしてもコンクリートジャングルで山登りの格好なんておかしいよな。

友達と遊んでて山登りの格好で来られてもちょっと引く。


さらに直近の流行では、
男がショーツにレギンスを合わるのが旬らしい。

旬てww

地元駅のトイレで黒レギンスに赤チェックのショーツ穿いて、
上は普通にPコート着てリュック背負ったデブ見たときは笑ったなあ、心の中で。


立ちションする後ろ姿は実にあわれだった。
2010.01
17
Category : 未分類
am1:57。


眠れない日曜日、
というかもはや日付は変わって月曜日。

毎週こんなことを繰り返してる。


いつも日曜の夜には、
またせっかくの土日を有効に使えなかったことを嘆いている。


今週は金曜日の夜から友達と映画観て、遊んで、

土曜日には友達のゴルフの練習に付き合った後で美容室へ。美容師さんと楽しくしゃべりながら髪を切り、帰って夕食を食べながら観た、観たくもないテレビをついつい観続けて、気付けば就寝。

日曜日は起きてからゴロゴロして、ブログ書いて、夕方から友達とファミレスで毎度ながら身の入らない勉強をして、帰ってからちょっとウイイレして映画観て…。


こうやって書いてみると色々やりたいことやってるようにも思えるけど、
いまいち充実感が無い。

やりたいことはまだまだいっぱいあって、
とても週48時間ではやりこなせない。

まだあれもやりたい、これもやりたいと、
休みの終わりが近づくにつれて、諦め悪く夜更かしをしてしまい、

結局寝不足で月曜日の朝を迎え、
地獄の5連勤へ最悪のスタートを切ることになる。


am2:13。

もう早く寝なかった自分に後悔し始めてる。
明日の朝が怖い。

会社行きたくない。


am2:24。

そろそろマジで寝ないとヤバい。
おやすみ。

明日からまた5日間頑張ろうぜ。
2010.01
16
Category : gourmet
1341493338_202.jpg

これ、家の近くの定食屋の豚焼肉定食。¥900。
佇まいがこじんまりしてて、近所の行きつけにするにはすごくいい。

野菜と豚の味噌炒め定食、茄子味噌炒め定食、唐揚げ定食、アジフライ定食なんてゆう、
THE定食がずらりとメニューに並ぶ店なんだけど、

特にこの豚焼肉定食が美味い。


バイト先に近くにあって、2年前くらいから知っていたんだけど、
初めて入ったのは最近。
しかもその近くに住んでいる会社の同期に連れられて。

前にも書いたけど、
実家暮らしじゃあんまり家の外で外食なんてしないからなー。

もっと早く入ってたら、それこそ足繁く通っただろうに、残念。
2010.01
15
Category : football
   アトレティコ・マドリー vs   レクレアティボ
        5        -       1

1st leg    0        -       3

IMAGEN-6954948-2.jpg

得点者 シモン
     アグエロ
     ウイファルシ
     アグエロ
     シモン

なんと準々決勝進出!
コパは最悪落としていいなんて言ってごめん。

シモンのゴールで狼煙を上げたアトレティコは、
前半のうちに3点を返し、イーブンとする。
後半も攻撃の手を緩めないアトレティコは、シモンのアシストからのアグエロのゴールで勝ち越しに成功。

このまま勝利するものと思われたが、70分過ぎにパウロ・アスンソンがエリア内でミスして同点弾を叩き込まれてしまい、
そのままではアウェーゴール数の差で負けてしまう窮地へ。

しかし、ここにきて我らがシモンが、FKを申し分ない軌道とスピードでレクレアティボゴールに突き刺し、見事に勝利。


リーガ前節と2試合で合計で9得点取っているアトレティコ。
本来の攻撃力が戻りつつあるだけに、
次で負けちゃうと、「あれ、やっぱりダメか」ってなっちゃうから、

だからこそ次のリーガも絶対勝とう。
2010.01
14
Category : film
ウォークトゥリメンバー

不良の高校生のランドンは、交通事故を起こした罰に慈善活動への参加を命じられ、
そこで一緒になった優等生のジェイミーと恋に落ちる。


不良のランドンは高校を代表をするような悪がきで、メンツが大事。
方や優等生で平和と慈善を愛し、毎日同じセーターを着ているジェイミーはみんなの笑いもの。

ランドンはそんなイケてない女の子の自分が惚れているなんてことはあってはならないし、
間違っても周りにばれてはならない。

素直になれず意地を張るランドン。
そしてジェイミーもそんなランドンの考え方に腹を立て、
ますますうまくいかない二人。

やっとランドンが自分の気持ちに正直になり、
お互いが理解し合った時、

ジェイミーには、ランドンに話さなければならないことがあった…。


「新スウィート・ノーベンバー」なんて書いてあったけど、
どちらかと言えば、
「新シーズ・オール・ザット」かなぁ。

相手は元より、自分が傷つかないための「恋に落ちないルール」を破ったジェイミー。
ランドンを好きになってしまったからこそ感じる運命を憎む気持ちが、
マンディ・ムーアの控えめな演技から伝わってくる。

すごくいい映画なんだけど、
お決まりの展開すぎて、

もう一押しツボにはまってほしくなる作品でした。
2010.01
13
Category : 未分類
「無理しないでいいよ」


副部長の言葉に揺れる。

体温37.3℃。

会社に行くべきか、行かざるべきか。


それが問題だ。



で、結局今日も休んで、5連休。

いや、悪意はない。
真剣に腹痛と話し合った結論さ。

どうせ休みたくても休めない日はいつかくるんだ。

いいじゃないかたまに5連休。



とは言え、
朝お粥食べて薬飲んでまた寝て、
夕方にはもうだいぶ楽になってきた。

少し腸の具合が悪いくらいだ。


そうなってくると、
みんなまだ働いているというのに、
休暇を頂いた自分に後ろめたさを感じてきた。



暗い夕方。

大事を取った自分だから、
責任持って安静にして何もしない。

真っ暗で静かな部屋に1人ぼっちで横になり、ぼーっとする。

何もしない、何もしなくていい夕方がやたら久しぶりに感じる。

こんな自分の感じをタイトルで表現してみた。


アルファベットの並びを考えてて、ふと気がついた。

「alone」って単語はきっと、
「all one」から出来た単語だな。
2010.01
12
Category : at office
結局今日は欠勤。


病院に行って検査したら、インフルエンザ、
ではなく、ウィルス性胃腸炎からくる発熱だとさ。

今日は会社の新年会で、新人3人で新人芸を披露する予定だったんだけど、
幸か不幸か先送り。


しかも3人のうち、なんと俺以外にもう1人も欠勤したらしい。

何もこんな日に二人して体調崩すことないのに。
聞けば彼女もウィルス性胃腸炎。

新人芸が嫌で仮病使って二人で休んでると思われてたらどうしよう。
2010.01
11
Category : 未分類
先日、都内の神社でお祈り。

出世の神様らしく、
「出世できますように。まあ、とは言っても健康第一。出世はそこそこでいいから健康に長生きできますように」
とお祈り。

1385201554_48.jpg

おみくじも引いたら見事「大吉」!

大吉なんて今まで引いたことないかも。
なんか今年はいいことありそう!


と思ってたのに…。

翌日同期と飲み会をした後に、お台場の大江戸温泉村に行ったら、
到着後、猛烈に身体の調子が悪くなり、

結局温泉も入れずに夜通し嘔吐と下痢を繰り返すことに。

翌朝、ほとんど一睡も出来ずにまだまだ体調は優れず、
死にそうな思いで電車を乗り継いで帰宅し、ベッドに倒れこむ。

飲み会でそこそこ飲んでたし、当然二日酔いだろうと思ってたけど、
ちっとも具合の悪さが治らず、心なしかこんなに着込んでるのにやたら寒い。

そこでためしに熱を測ってみると38.8℃!


大吉引いてそうそう38.8℃なんてついてない。
やっぱりいくら大吉引こうが今年はあくまで厄年か。。


どうしよう、明日は新年会で新人芸の予定なのに…。
2010.01
10
Category : gourmet
今日は昼夜と多国籍グルメツアーを。


昼は歩いていたらたまたま見つけたインドカレー屋へ。

大通りに手製の看板だけ出していて、
それが無かったら誰も気づかなそうな路地裏にあるお店。

お店の人は(多分)インド人で、
店内には大きな液晶テレビがあって、wowowのハリー・ポッターが付いていた。

1385200944_215.jpg

メニューは四種類のカレーにライス、ナンとあんまり多くはなく、
チキンカレー、マトンキーマカレーのサタデーランチセット(ナン、ライス、サラダ)を注文。

カレーもまろやかで日本人好みな味わいで美味しかった。
ナンは皿からはみ出る程大きくて、モチモチしててお腹いっぱいになる。

300円のマンゴーシェイクもカレーによくあって美味しかったです。

夜はメキシコ料理。
メキシコ料理の顔タコスの他にも、チョリソーとかアボカドとかコロナビール、モヒートが有名。

1385198907_84.jpg

タコスってパリパリしたスナック的なものに包むイメージがあったんだけど、
ナンみたいなモチモチした生地の中にチキン、ビーフ、トルティーヤ、アボカドなんかを入れて食べる。

想像してたよりずっと美味しくて、
やっぱり小麦粉は偉大だと思った。
2010.01
09
Category : football
バジャドリー   vs   アトレティコ
   0       -      4

得点者 フラド
     フォルラン
     レジェス
     アグエロ

爆勝!
しかもリーガは年明けで2連勝。

この調子を維持することが何より大事なんで、
次のコッパは最悪敗退するにしても、

リーガは次も勝とう。
2010.01
08
Category : football
なんとアトレティコがチアゴ獲得を発表。


まさかチアゴ獲るとは。

「まさか」なんて、
そんな驚くこともないとは思うんだけど、

ウイイレでアトレティコ・マドリー使ってマスターリーグするときに、
よく獲得候補にチアゴ入れてからちょっと驚いた。


ポルトガル好きでチアゴもちょっと好きだった時期があったんだけど、
最近の代表でのプレーを見る限り若干不安だ。

ゲームメーカーが欲しいニーズに対しては悪くないかもしれない。
ユーべで出れてないし盲点だった。

ただ「ちょっとばかりテクニシャン」ってだけで、
特にパス能力が目を見張るわけでもなく、

何よりも魅せたがりによる玉離れの悪さが目立ちすぎる。
シュートも打てないし。

フラードとそこまで変わらないだろ。


でもまあ一応期待するけど。
獲得候補に入れてたわけだし。
2010.01
07
Category : football
レアレクティボ   vs  アトレティコ・マドリー
     3     ―       0



GOAL.comではもはや試合結果にすら触れられぬ始末。


一方マキシの去就に注目が集まっている。

コンスタンスな活躍が期待出来ないものの、
ここぞ!というときに決めてくれるマキシを手放すのは実に惜しい。



リヴァプールに行くならカイトは無理にしてもベナユンくらいとトレードしてくれると嬉しいんだけどまあ無理か。

てゆうか来シーズンはまじで放出大セールになりそうだな。。
2010.01
06
Category : 未分類
ATMからお金下ろしたら、
25000円が全部1000円札で返ってきた。

25枚の1000円札が財布の中でパンパン…。



あとATM使っててよく思うんだけど、

暗証番号や取引内容、金額とかを散々入力させた後で、

「そのカードは現在ご利用出来ません」とか、

「カードを差し込む向きが反対です」とかいって、

カードを吐き出して、また最初からオペレーションさせるあの仕打ちには、
ほんと腹が立つ。


そんなんカード差し込んだ時点で判断してくれよ。


銀行さん、そこらへんなんとかして。
2010.01
05
Category : film
スコットランドカップの奇跡

サッカー映画、しかもスコットランドリーグが舞台、
そのうえセルティックでもレンジャースでもないという渋い映画。


スポットの当てられたクラブはキルノッキー(知らねえーw)

セルティックとレンジャースの2強体制の続くスコットランドリーグだが、
キルノッキーファンは毎年キルノッキーの優勝を信じている。

名門クラブで活躍していたFWを獲得して、
今年こそ初めての優勝を狙う。


サッカー映画というよりはストライカーの苦悩や親子の確執といったテーマを盛り込んだ人間映画。
サッカーも下手なCGサッカーよりずっとしっかりした映像を使っていて良い。

ただ如何せん、マイナー感が半端ねえ。
2010.01
04
Category : at office
今日は仕事初め。


朝からたくさんの方々が新年の挨拶をしに会社にやってきた。

我々一年生の仕事はエレベーターの前でお客さまをひたすら待ち、
自分の部署へのお客さまにご対応、ご案内をすることだ。

限りなく意味のない仕事だ。

そんなに迷う造りの会社でもないし、
案内板と目印でも立てときゃ最悪誰もいなくたって部署には辿り着くはずだ。

エレベーターが開いて出迎えがいることは大切かもしれないが、
そんなことにあんなに大袈裟な人数で対応することもないだろ。

人数多過ぎて、結局エレベーター前に立ててたの2、3人じゃねーか。


「どんな仕事にも意味がある」。

究極に突き詰めりゃ事実だけど、
なんて都合のいい理屈だろう。


年末も散々挨拶しあったくせに、
一週間やそこらでまた仰々しく挨拶。

まじでジャパニーズは不毛なことに人生を浪費してるハムニダ。

これが無きゃあと2日休み取れたよ。
2010.01
03
Category : football
アトレティコ・マドリー vs   セビージャ
      2       -      1

得点者  OWG
      アントニオ・ロペス

TRIUNFO_SEVILLA_Sevilla_discreto_impuso.jpg

前半早々に先制されたものの、

まあ結果だけ考えれば、ロスタイムの劇的な勝ち越し弾で、
年明け白星発進はまあ良し!


今年は新たな気持ちでまた再スタートと行きましょう。
2010.01
02
Category : 未分類
ノートパソコン買いました。



ダイナブック。TOSHIBAのヤマピーのやつ。

ついでにDVDを8本も買っちゃった。


これでまた目標額から遠ざかったなー。

「どうせ月々の給料は貯まらないから、
次に目標達成狙えるのは6月のボーナスかな。
そのころのボーナス額は…」


ここで不覚にも気づいてしまった私。

うちの会社って2年目昇給を謳っているくせに、
「7月から昇給」という意味不明な中途半端さなんだよね。

そうか、賞与1回分は安い給料のままなんとか与えようという作戦だったわけか。


信憑性はないけど、なんとなくまた会社に不満を抱いてしまうわ。