FC2ブログ
RSS
Admin
Archives

幸せなら手をたたこう

急いで生きなくちゃ 死に追いつかれないように

プロフィール

FlyingHigh1986

Author:FlyingHigh1986
"Again, you can't connect the dots looking forward; you can only connect them looking backwards. So you have to trust that the dots will somehow connect in your future. You have to trust in something"

最近の記事
カテゴリー
カレンダー
02 | 2010/03 | 04
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
月別アーカイブ
最近のコメント
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
2010.03
31
Category : at office
聞けば、

生まれて最初の1年は、
「1年間/1年間の人生」

生まれて20年目の1年は、
「1年間/20年間の人生」なので、

生まれて20年目の1年は、生まれて初めての1年の20分の1しかない。


要は年を重ねるごとに、
それぐらいの感じ方で1年の長さが短く感じるようになっていく。



気付けば会社に入って1年間。

光の速さで1日が過ぎていく。

社会人1年目の1年で、
どれだけ成長出来ただろう。


あと30年この会社に居られると仮定して、
今年の成長×30年分しか全部で成長出来ないとしたら、

絶望的だ。


そう私が言ったら、上司は言った。

「1年目が一番長く感じるよ」

悲惨だ。

こうも言った。

「っていうか30年間この会社で働くの?(笑)」

なんか焦る。


そして、あっという間に死ぬんだ。
いったい何のために生まれたんだろうなー。


聞けば、
人は、一番自由な時に自由に生きられないらしい。

若い時は「時間の大切さを理解する知能」が足りず、
老いし時は「やりたいことをする体力」が足りず、
そのどちらもが不足無く足りている時には「自由」が足りない。
スポンサーサイト



2010.03
30
Category : gourmet
盛り付け張り切って失敗。。

IMG_0741.jpg

今回は三度目の正直ということでしたが、
パスタを欲張って1.5束茹でたせいで濃厚さが足りなかったのと、

出来上がってから後片付けしてたから、
余熱でパスタが若干伸びたらしく美味しさが半減。

後片付けめんどくさいから、
嫌なことから先に済ませたくなっちゃうんだよね。


あと作ってみて初めてわかったけど、
温泉卵の乗ったカルボナーラはコレステロール高過ぎだ。
2010.03
29
Category : football
レアル・マドリー   vs  アトレティコ・マドリー
    3        -        2

得点者 レジェス
     フォルラン

atletico-realmadrid.jpg

負けたー。
あと一歩だったのに。。

やっぱり悔しいわー。
アトレティコの方がずっと好きだー。
2010.03
28
Category : football
IMG_0708.jpg

バルサが3冠した、そして6冠を紡いだ08/09シーズンのアウェイユニフォームを買いました。

#6 XAVI

シャビって基本的に長袖は着ないんだけど、
長袖の方が欲しくて…。

半袖と長袖のどちらを買うかさんざん悩んで長袖を。
発色のいい黄色が綺麗。

xavi_hernandez_fc_barcelona.jpg

08/09シーズンにはバルセロナの3冠を大きく貢献、

さらに08年に開催されたEUROではスペイン代表を優勝に導くと共に、
同大会のベストイレブン、最優秀選手賞を受賞。

中盤のオーガナイザーであり、今もなおバルセロナの心臓。

あらゆるスキルの中でも、
長短のパス精度と、ワンタッチ目のトラップを確実に相手選手の届かない場所に落とすセンスには脱帽です。


p.s.Ruiくんありがとう!
2010.03
27
Category : football
アスレティック・ビルバオ  vs   アトレティコ・マドリー
       0          -         2


得点者 フォルラン
      アグエロ

期待の若手GKアセンホを押しやって、
新たに正GKになったデ・ヘアが結構いい。

1268404288_0.jpg

細身でどこか頼りないんだけど結構いい。


2試合ぶりの勝利で8位浮上。
多分、今季最高の順位かな。。

 1位 レアル・マドリー
 2位 FCバルセロナ
 3位 バレンシア
 4位 マジョルカ
 5位 セビージャ
 6位 アスレティック・ビルバオ
 7位 デポルティボ・ラコルーニャ
 8位 アトレティコ・マドリー
 9位 ビジャ・レアル
10位 ヘタフェ
11位 アルメリア
12位 スポルティング・ヒホン
13位 エスパニョール
14位 オサスナ
15位 ラシン・サンタンデール
16位 マラガ
17位 サラゴサ
18位 バジャドリー
19位 テネリフェ
20位 ヘレス

次節はCL敗退して是が非でもリーグ優勝を目指すレアル・マドリーとのダービー。

レアルとバルサが僅差で競っている現状、
バルサよりレアルのリーガ優勝を願う俺としては、
ここから先の10試合、レアルには落として欲しくないものの、
アトレティコにはレアルを破って欲しいし、
せっかく上げてきた順位は下げたくない。


んー、難しいところだ。
2010.03
26
Category : at office
今日は仕事で船橋へ一人旅。
しかも2往復。。


重要物件の取次と、
取引先での手続不備を補完するのが私の役目。

本来なら私の仕事ではないが、
船橋と取引先の間を2往復もして、しかも双方で手続き対応をしてくるような暇のある人間、尚且つこき使える人間は部に私だけなのだ。


朝10時半に出発し、
結局会社に戻ったのは17時。

悠に6時間半もの長旅でした。

重要物件を抱えて呑気に飯食ってもいられないから、
今日は朝から何も食べてない。

ツカレタよ。



でも先方の会社に入り込めたし、

初めて先方にプレゼン、ではないけれど、
手続きの説明をする、という機会を設けてもらえたし、

何より新人よもやま話のいいネタが出来たので、

なかなか実りある1日でした。
2010.03
25
Category : at office
今日は先輩にくっついて外訪(営業)へ。


普段まったく取引させてもらっていなくて、
素直に会いたいと言ってもなかなか会ってくれない気難しい取引先。


取引は無いものの、
リレイションを保つため、

「本日たまたま近くに用事がありますので、5分10分で良いので、もしよろしければ御社ともお話ししたいと思いまして…」、

そんな作り話をして無理矢理取引先とアポイントメント。

勝ち目の薄い商談をブリーフケースに入れ、

雨の中片道45分かけて取引先へ。

営業って大変だ。


「なら近くまで来たらご連絡頂けますか」

そう言われていたので、
会社の近くまで馳せ参じ、
約束通りご連絡差し上げると、

「忙しくてやっぱり会えない」と、
あっさりドタキャン。

まあ、向こうからしたら、
「他の用事で近くに来てたんだから、別にいいっしょ」
って感じなんだろうけど、

わりと酷いよなぁ。


雨の中
ポツンと2人
ゆりかもめ

営業って大変だ。
勉強させて頂きました。
2010.03
24
Category : at office
現在我が部では、年度末に向けて、
余った接待費を使い切るべく、
日夜アポ入れに励み、昼夜問わず接待をしまくっている。

接待費を使い切らずに新年度を迎えてしまうと、
「あ、この部はこんなに接待費必要ないのね」と、
新年度の接待費が減らされてしまうのだ。


国土交通省の必要のない道路工事よろしく、
慌てて深める必要もない懇親を深めているのである。

まったく可笑しな話だ。


「前に接待で使ったことのある店には行きたくないぞよ」

そんな神の一声で、過去3年間の接待記録を掘り起こすことになった下級戦士。

過去に接待で使ったことのある店を調べるついでに、
紙媒体の接待記録を電子化するという途方もない「手作業」まで命じられた私は、

ルーティンワークの傍ら、電話応対の傍らに、
黙々とただ、ただデータを打ち込み続ける。


その接待の数たるや。

お前らにはもはや深める懇親はないだろ、
ってぐらいにベタベタ状態なのが、
紙の向こう側に透けて窺える。


接待日:12月25日(月)「夕会食」
先方4名、当方4名。
(※全員男性)

何もクリスマスにまでやるこたないだろうに。


しかも、男同士しっかりプレゼント交換までしあって。

ほんっと、くだらねえ世の中だよ。
2010.03
23
Category : at office
皆様、平素大変お世話になっております。

当ブログの管理人です。


この度、掲題の件につき、
お話ししたく思い、更新させて頂いた次第で御座います。



社会人になってからもうじき1年が経ちます。
配属されてからここ数ヶ月で、仕事のメールを送る機会がとても多くなりました。


おかしな言葉遣いではないか?誤字脱字はないか?
宛先は間違っていないか?題名は入れたか?
ミスリーディングさせる可能性はないか?

「メールも満足に送れない」と思われないようにと、
メールを送る際には、自己再鑑に神経をすり減らしております。


1通のメール送るのにどれだけ時間かかっているんだ、
と、もしかしたら思われかねないぐらいの時間をかけて試行錯誤して、

挙げ句送ったメールにたまにミスが散見されるからほんと笑えません。



まあ、そんなことはさて置いて、
今日のお話しは「言葉遣い」。

入社してからというもの、
「平素」だとか「掲題の件につき」という見慣れない言葉遣いとよく出会うようになりました。

「いつもお世話に~」と書けばいいような気がしつつも、
何となく見様見真似で使い慣れない言葉を使ってしまい、
どこかくすぐったいような気恥ずかしさを感じています。


「エクセルファイルを本メール末尾に添付させて頂きました。ご査収の程よろしくお願い致します。」

「ご査収の程」なんて言葉遣い、
正しい言葉遣いなのかどうかもよくわかっていません。

もっと言ってしまえば、
「致します」もなんとなく「自分らしくない」というか、

丁寧過ぎて親近感が無さすぎる気がしてしまいます。


そういったことは文面に限らず、
上司、先輩との会話でもよく感じるものです。

「失礼があってはならない」と丁寧に振舞っても、
丁寧すぎるとやはり打ち解けにくい。

かといってフランクになりすぎれば、
「失礼な奴だ」と誤解されてしまいそうで。

丁寧と失礼の間で右往左往。

何となく踏んでいる着地点が、
未だに正解なのかよくわかっておりません。


そんなことにあくせくしている間に、もうあと1週間で今年度も幕引き。

皆さんは社会人1年目、いかがでしたでしょうか?

これからも何かとご迷惑おかけすることと思いますが、
今後とも、何卒よろしくお願いいたします。

取り急ぎご報告迄。
2010.03
22
Category : 未分類
【設定】
場所:ミスド
登場人物:母(推定55歳)
       娘(推定30歳)

母親はちょっと太っている体型を気にしており、
2人でその悩みの種について冗談まじりに話すことが、彼女たちの日常的なガールズトールらしい。

見た感じ、今日は2人で買い物に出かけ、
帰りにミスドに寄ったみたいだ。



娘 「結構痩せたんじゃない?」

母 「そんなことないわよぉ」

娘 「痩せたわよぅ。最近塩っ気ないもの食べてるおかげよ」

母 「どうでもいいけどそのドーナツ随分美味しそうね」

娘 「食べたい?」

母 「うん!」

娘 「ダメ」

母 「なによ~」

娘 「太るでしょ~。じゃあ端っこだけあげる」

母 「やった。……美味しい!これ買って帰ろう」

娘 「ダメ」

母 「平気よぅ、今日8000歩も歩いたもん。見てよ脇腹。ストレートでしょ?」

娘 「どう見ても二段です」

母 「やだ、三段はあるわよ、うふふ」


そろそろ帰りましょうか、と席を立つ2人。

母親がトレイを返してる間に、
先ほど母親が買いたがったドーナツを買う娘。


なんか平和だ。
2010.03
21
Category : football
マジョルカ vs アトレチコ
   4    -    1


やはり強い上位チーム。

 1位 レアル
 2位 バルセロナ
 3位 バレンシア
 4位 マジョルカ
 5位 セビージャ
 6位 ビルバオ
 7位 デポルティボ
 8位 ヘタフェ
 9位 ビジャ・レアル
10位 アルメリア
11位 アトレティコ

残り12試合でこの状況はいよいよ悲壮感が漂う。
頼むアグエロ、フォルラン、シモン。去らないで。
2010.03
20
Category : film
DH-0779.jpg

「ウォーター・ボーイズ」、「スウィング・ガールズ」の監督の最新作とあって結構期待して観ましたが…。


ANA協力のもと描かれる航空業界の嘘っぽい実態と、軽妙なギャグが楽しい映画だけど、
すこぶるテンポが悪い。

低調なノリで終始航空業界の紹介をしていて、物語の中身が皆無。


綾瀬はるかが唐突にミスを叱咤されて泣き出して、
超単純な展開で立ち直る。

とって作ったようなストーリーがとても残念。


さらにラストの最大の見せ場も、盛り上がりに欠けまくっていて、
「え、何がしたいの?」と首を傾げたくなる。

なんか前2作もそうだけど、
話に楽しさがあっても奥深さが皆無だよね。

近作はさらにリズムとまとまりも無くって、しっちゃかめっちゃかだ。
2010.03
19
Category : film
フェノミナン

平凡な田舎の幸せな雰囲気に意外と溶け込むトラボルタ。


天から降り注いだ謎の光を浴びて天才になってしまうトラボルタ。


様々な分野で非凡な能力を目覚めさせ、
念力を使用出来るようになり、地震を予知し、
さらにはポルトガル語を20分間でマスターしてしまうトラボルタ。

それがきっかけで想いを寄せるレディともお近づきになれるトラボルタ。


しかし、いつしか彼の超能力に恐怖を感じた村人たちから、遠ざけられてしまうトラボルタ。

しかも超能力のせいで一睡も出来ないトラボルタ。



ああ、かわいそうなトラボルタ。

個人的にはあまりに救いのない話過ぎやしないかと思う。

トラボルタの訴えはとても感動的なんだけど、
もっと希望を残してくれたって…と思ってしまうトラボルタ。
2010.03
18
Category : football
スポルティング・リスボン vs  アトレティコ・マドリー
       2        -        2

スコアラー アグエロ
        アグエロ

capt_3f983a74f87742a684a4217d9e47ea15-3f983a74f87742a684a4217d9e47ea15-0.jpg

アグエロ上手すぎ!
アウェイゴール数で間一髪、ベスト8へ進出。


国内リーグの不振でのせいか、
スカパーに放送されなかったこの試合でしたが、
準々決勝の相手はバレンシアなので期待できそう。


2010.03
17
Category : gourmet
IMG_0697.jpg
どうだ~い?
美味しそうに作れてるだろ~う?

でも大失敗なんだぜ~。

なんでかって?


それはね…


ソースにチーズを入れるの忘れちゃったのさー。



ただ溶き卵を絡めただけのパスタ(笑)

皿に綺麗に盛りつけてから気付いて、
慌てて粉チーズ振りかけまくったんだけど、
普通に美味しくて意外だったぜー。


第三回も頑張ります。
2010.03
16
Category : football
アトレティコ vs  オサスナ
    1    -    0

得点者 フラード


ホームで攻撃の糸口を見つけられないアトレティコ。

後半にはシモンが2枚目のイエローカードで退場となり、
攻め手を欠いたまま試合が終わるものと思われたが、

後半80分にフラードの一振りが値千金のゴールを生み、
すぐさま守備にシフトチェンジしたアトレティコはなんとか逃げ切った。


なんでもラウル・ガルシアの去就が賭かった一戦だったらしいが、
キケ監督の目にはどう映ったか。

 
 1位 レアル・マドリー     65
 2位 FCバルセロナ     65
 3位 バレンシア        47
 4位 セビージャ        44
 5位 マジョルカ         43


10位 アトレティコ・マドリー  32
2010.03
15
Category : gourmet
you tubeで料理レシピの動画を見ていたら、
本場イタリア風のカルボナーラって結構簡単に作れることがわかりました。

日本のカルボナーラと違い、イタリアのカルボナーラは生クリームを使わないので、
攪拌した卵がソースに溶けきらずにベッタリとした舌触りになるらしく、

使う食材を減らした上に、
イタリア旅行で食べた懐かしのカルボナーラを食べれるということで、
挑戦してみました。

IMG_0692.jpg

主な敗因。

1.塩を振るのをど忘れ(笑)
2.フライパンが熱すぎて、卵があっという間に固まってスクランブルエッグ状態になりパスタと絡まず。


次回も頑張ります。
2010.03
14
Category : gourmet
日曜なのにTOEIC受験。

意識高いだろ、給料つけろバカ野郎!


遅刻気味で家からタクシー乗っちゃったし。
交通費出せクソ野郎!

IMG_0701.jpg

試験が終わった後、会場近くにあった小さな定食屋で食事を摂りました。

「リトルアジア」という店で、
その名の通りアジア各国の様々な食事を、
この一軒の小さなお店で食べられる。

内装は薄暗くて、
森の中をイメージしていて、落ち着いた雰囲気。


メニューもこんな風に、

IMG_0702.jpg

国ごとに分けて郷土料理が並んでいる。

味の再現度は知らないが、
中国、インドからラオス、ミャンマー、カンボジアまであるのは凄い。

IMG_0704.jpg

ちなみに私はインドネシア、ジャカルタの「鶏肉炒麺」を頂きました。

懐かしいジャカルタのジャンキーな焼きそばが出てくるのか期待して待っていたら、
出てきたのはしっかりつくられた家庭料理。

まあインスタント麺とほぼ変わりないあの焼きそばが1000円で振舞われても困るけどねw


トマトが入っててまろやかながらも、味は濃いめで、
セットのライスにぴったりなオカズ麺。

スープは生姜入りで温かい風味だし、
デザートのゆずゼリーもなかなか。


また行きたいお店です。
次は一切現地で手をつけなかったカンボジア料理を食べたい。
2010.03
13
Category : 未分類
ホワイトデーも日曜日。
お菓子業界大苦戦。



ホワイトデーの酷い思い出がある。

小学生の時の話なんだけど、
小学生の男子って、バレンタインもらえれば嬉しい反面、
周りの男子からの冷やかしが嫌なもんでね、

チョコをもらった嬉しさなんて相手に伝えないし、

男子の手前、
「べつに嬉しくないけど!」
みたいな素振りで振る舞ってしまうんだよね。

でさ、ホワイトデーのお返しも、どうやって返せばいいのかよくわからなくてね。

小6の時のバレンタインでクラスメイト2人からバレンタインをもらってたんだけど、
その年のホワイトデー当日が遠足でね。

お返しをリュックサックに入れて移動バスに乗り込んだんだけど、
一刻も早くその仕事から解放されたくてさ、

バスの中でみんなの目の前で返しちゃったんだよ。


もちろんそんなことしたらまた冷やかされかねないんだけど、
そこはさすがに工夫、というか演技して、
「べつにホワイトデーのお返しとか、余裕で出来ますけど」みたいな素振りで、
なんてこたない感じに渡しちゃったんだよね。

同じバスの中で、
近くの席に座る2人に、同じ包み紙で包まれた同じプレゼントを。

今思い返してみると、
本当冴えないというか、

小学生ながらひどいことしちゃったなぁと思う。
2010.03
12
Category : at office
昨日、今日と研修で、
入社時の研修で知り合いになった仲間たちと、
1年ぶりに再会しました。

みんな1年間の間にいろいろな仕事を経験していて、
ちょっとずつちょっとずつ変わっていたけど、
1年前と同じままでした。

本当にすばらしい仲間たちです。


研修とはいえ、実質2日間の息抜き。

昨日も今日も皆で飲みまくって、
飲みまくって、飲みまくって。

パンテーン事件が起きて怒られたり、
2時間に及ぶコールの掛け合いで、当日の電車で地方に帰る予定の奴を酔いつぶしてしまったり、

俺自身久しぶりに飲みすぎて、
見事に酔いつぶれて、記憶をなくし、

わざわざ仲間たちが地元駅まで送ってくれました。

ほんとありがとう!


最短でまた1年後、

とは言わず、
また必ず近いうちに飲みなおそう!
2010.03
11
Category : football
ヨーロッパリーグ トーナメント2回戦 1st leg
アトレティコ・マドリー vs スポルティング・リスボン
     0        -        0


ホームでスコアレスドローだったこと自体はそれほど悲観することないと思うけど、
1人、2人と続けて退場者を出したスポルティングに対して90分間1点も取れなかったのは痛い。

9人で守りきったスポルティング側は、
相当ポジティブな気持ちで、ホームにアトレティコを迎え撃つだろうからね。
2010.03
10
Category : at office
今日は自分の部の部長にプレゼンをしました。


皆さんの職場ではどうかわかりませんが、
わが社で1年目にして部長にプレゼンを披露するというのは、
そんなによくあることではないですし、

そもそもプレゼンなんてそうそうやってきたわけでもないので、
配属されてから一番プレッシャーを感じる仕事でした。

しかもテーマは工場見学という曲者である上、
時間はいきなり60分間という長さで、

何をどうすれば良いかわからずに尻込みしている間に、
気づけばプレゼン前日。

仕方なく、内容も資料も間に合わせで準備し、
とにかく毅然とした態度でプレゼンに臨み、
「部長に対するプレゼンなのに堂々としてるじゃないか」と、
そこだけ評価されることを狙うことにしました。


しかし、プレゼンがはじまってしゃべり始めると、
自分の言葉の端々から、プレゼンがしょうもない内容であることを自分自身で感じて焦り、
おまけに部長もふんぞり返ってふくれっ面で、
プレゼンは散々な方向へw


部長にしっかりとダメ出しをして頂き、
やっぱり部内プレゼンとはいえ用意周到に対策し、理論武装で固めることが肝要であること、
プレゼンのノウハウの基本を学ぶことができました。

肝心の「堂々」についてはリップサービスも」あるとは思いますが、
「部長に60分間プレゼンしろ」とそれだけ丸投げされたにも関わらず、
やり方等々を誰に相談することもなく自分で考えて立ち向かった点が、
堂々としているというか、肝の座り方?に驚いたみたいだった。

それなりにプレッシャーは感じてたんだけどね。


プレゼン内容は多分にダメなところがあったけど、
初めてのプレゼン、しかも部長にプレゼンということもあってか、
まあ、周りの反応もそこまで酷いものじゃなかったし、
(そこらへんは本当は内心でどう思われているかをしっかりと見極める必要があるけど)、

まあ、とにかく次にレベルアップしていることが何よりも大切だ。
2010.03
09
Category : film
スラムドッグ$ミリオネア

なぜ彼はミリオネアで勝てたのか?


その理由にたいそうな種明かしを期待してはいけない。

この映画はどちらかというとドキュメンタリー。

インドの少年ジャマールにスポットを当てて、
貧困や闇社会の現実を描くと同時に、

その過程でジャマールが「正解」を手繰り寄せた、運命的なドラマを描いている。


ドキュメンタリーという現実をよりいっそうエンターテイメントに昇華させた面白い映画です。
2010.03
08
Category : football
サラゴサ   vs  アトレティコ
   1    -      1

得点者 イブラヒマ(90)

負けそうだったところをロスタイムで追いつけた。

追いつかれた勝ち点1と、
追いついた勝ち点1とでは、

感じ方が随分変わるなぁ。


レジェスがレッドカードで退場。
好調レジェスのサスペンションは痛いなあ。。
2010.03
07
Category : at office
翌日、上司から呼び出され、
「○○さんが、仕事中にプレゼントを買いに行った君の事を怒ってた」

と言われました。


買って来るように頼まれたのがそもそも先輩の最終日で、
仕事中に買いに行くしか無かったし、

先輩に買って来いって言われたから行かざるを得ないし、

しかも上司にも了解を得たんですけど。。


なんかちょっと落ち込みました。


上司からは、
「僕は買って来て良いと許可したし、君が悪いとは思わないけど、
申し訳ないながら怒ってるその人に弁解はしてあげられなかったんだけど、
会社にも色んな人がいるから、そうゆうことは知っておいて」

と、言われました。


会社には色々な人がいるなぁ。。
2010.03
06
Category : at office
一昨日、異動になった先輩の最終日だったので、
別の先輩に頼まれて、その方への送別の品を買いに出かけました。

一応上司に了解を取って出かけ、
落ち着いた色のボールペンを買いました。

夕方挨拶の場でその先輩も喜んでくれたのですが…


(後編へ続く)
2010.03
05
Category : at office
                  「乾杯 今君は人生の大きな大きな舞台に立ち
                  遥か長い道のりを歩きはじめた 君に幸せあれ」




昨日は異動になる先輩の送別会でした。

送別会はいつも決まって、
普段の飲み会の何倍も盛り上がってめちゃくちゃになる。


入社三年目の先輩なんだけど、
みんなが先輩を祝福し、これからの人生を応援しているのがすごい感動的で、
部のみんなに愛されているのがすごいうらやましかった。



一方、ろくに飲めもしないのに頑張った俺。
朦朧とした意識のまま電車に乗り込み、なんとか渋谷にたどり着くも、
地元駅を降り過ごして4駅先まで。

反対ホームに行くと幸運にも終電だけ残っていたので、
ホームのベンチに座って待つことに。

しかし不覚にもまた寝てしまい、
終電を乗り過ごす。


仕方なく、家に向かいながら良きところでタクシーを捕まえることにし、
線路沿いを流れる川に沿って歩き出す。

ところが歩いても歩いても見覚えのない景色。
気付けば線路も見えなくなって暗い暗い森の中。

「おかしいな~、おかしいな~」
もしかしたら…と思いながらも、もう後には引き返せない。
そんな理性はとてもじゃないけど働いていない。


雨でぬかるんだ泥道を歩き続けて、
ついに目の前に現れたのはジブリの森美術館。

ここ三鷹じゃんw


やっぱり逆走。
タクシー捕まえてやっと帰宅したのはAM2:00。

それでも明日はやってくる。

俺は明日も朝から新聞切るんだ。
2010.03
04
Category : 未分類
個人的にみりんて謎の調味料なんだよね。

塩を入れたら塩味。
砂糖は甘く、醤油は辛くってすごいわかりやすいんだけど、
みりんはみりん味なの?

料理をどうしたくてみりんを入れてるかわからないんだよね。



てか東京帰ってきたら同窓会やろうや。
2010.03
03
Category : film
P.S.アイラヴユー

最愛の夫ジェリーに先立たれ、生きる気力を失うホリー。
そんなホリーのもとに届く、亡き夫からの消印のない手紙。



このジェリーの魂胆は、
自分が死んだらホリーがっと生きる糧を見失ってしまうであろうことを見越し、
ホリーを元気付けて生きる力を与えることで、

最終的には、いつかは自分以外の男と結ばれることを責めないし、
むしろそれを望んでいる、ということを伝えるという、

男らしくもどこか女々しい物語。


確かに、残された恋人の幸せを考える部分も絶対あるんだけれども、

それを地で実行に移せる男なんて格好良すぎる。

俺だったら、「こんなに素敵な俺のことを忘れないで」。
そんな風な打算も働かせてしか同じこと出来そうにないから、絶対モテない。


ただ、何もジェリーの元バンドメンバーと新たな恋の風吹かせるこたないのに、とは思うねこの映画。
2010.03
02
Category : football
Espanyol-Shunsuke-Nakamura-woe_2383657.jpg

中村俊介、120万ユーロで横浜マリノスへ移籍。


中村がエスパニョールに移籍し、
WOWOWはリーガの放送枠4つのうちの1つを、
エスパニョールの試合に浪費することを決定。

スペインで何ひとつ出来ずにスペインからさようならになってしまっても後の祭り。

放送枠を返せよ。