FC2ブログ
RSS
Admin
Archives

幸せなら手をたたこう

急いで生きなくちゃ 死に追いつかれないように

プロフィール

FlyingHigh1986

Author:FlyingHigh1986
"Again, you can't connect the dots looking forward; you can only connect them looking backwards. So you have to trust that the dots will somehow connect in your future. You have to trust in something"

最近の記事
カテゴリー
カレンダー
10 | 2010/11 | 12
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
月別アーカイブ
最近のコメント
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
2010.11
30
Category : football
バルセロナ、本拠地カンプ・ノウで、
レアル・マドリーを5-0でめった打ち!

david20villa.jpg

試合終わってからこんなこと言うのはズルいかとは思いますが、
こんな感じになる気がしました。

こんな感じに。


世間では、両チームの強さは史上最強で、お互いの差はほとんどない。
きっと世紀の決戦になるだろうなんて見方が大方でしたが、

とんでもない!

確かに今シーズンのレアルの勢いはすごいですが、
再三申し上げますように、バルセロナの強さは次元が違いすぎ、
洗練されすぎています。

普段のリーグ戦を見ていても、
強さの種類がまったく違っています。

今回のクラシコ見て両チーム比べて感じた一番の違いは、
パスワーク力と運動量。

同じように前線からプレッシャーをかけ合ったとしても、
バルサはワンタッチパスのテクニックがはるかに高く、
かつお互いの距離感を常に適切に保つための絶え間ないスペースカバーが、

これ以上にないリズムとポゼッションをバルサに与えているのです。


モウリーニョの言うとおり、
この試合はリーグ勝者を決定付けるものではないですが、

お互いリーグ内で図抜けた力があり、
同じ頻度で勝ち負けするような状況では、
直接対決を制した方が結局優勝に近いし、

ましてや、直接対決に敗れながら運良く手にするリーガの栄冠など、
両チームにとってタイトルではないのです。
スポンサーサイト



2010.11
29
Category : gourmet
もうこれ食べた?

IMG_1094.jpg

明治製菓のストロベリーに続く氷菓子シリーズ新作、
「明治リッチマンゴーチョコレートアイスバー」。

説明は不要でしょう。

さすがすぎです、明治製菓。


アイスの売り上げは当然の事ながら低調となるこの冬という時期に、
完成度の高い自信作を意欲的に投入してくるその姿勢には感心します。

しかもこれまた冬によくあう、軽めのテイストで爽やか甘酸っぱさ。
今日もかなり冷え込みましたが、皆さんも是非ご賞味あれ。
2010.11
28
Category : 未分類
「合コン」

近年では合コンで恋人を求めるという意味合いは徐々に薄れつつあり、
ただ単に顔見知りでなかった男女が酒を飲んで語りあう場へと変わりつつある。

また、恋愛にさほど積極的ではない、いわゆる「草食系男子」の増加によって、
男性参加者が思うように集まらず、合コンが成立しないということも起こっている。(出展:ウィキ)



人生三回目の合コンに行って来ました。

まだ参加回数が多くないので、いちいち「何回目」なんて数えていますが、
もう数えることも無いかと思います。

というのも、今日も参加して再確認しました。
私は合コンが苦手だ(笑)

今後、少なくとも土日という貴重な時間を費やしてまで参加はしないでしょう。


合コンという、ある種、不自然な出会い方をしている時点で、
変なハードルが設定されてしまっているせいか、
どうしてもその場で自然体になれないし、

ノリとユーモアで、初対面の女性を楽しませて、
「今後ともよろしく」的な方向に話を進めていくほどの情熱を持てないのです。


きっと社交性があって、人見知りとかしない人にとっては、
そうゆう場での盛り上がり方を心得ているんだろうけど、

私はそうゆうタイプの人間ではなし、

かと言って場が白けていると焦ってくるというか、変な義務感を感じてしまい、
とはいえ頑張って盛り上げていこうとするかというと、決してそうでもなく、

そんなこんなで、やたらくたびれてしまうのです。


今回来た女性4人も、
容姿だけ言えば実は全体的に結構タイプで、
話した感じも決して変なところがあったわけでもなかったんですが、

じゃあ、彼女にしたいとか、これからも遊びたいとか思うかと言うと、
別にそこまでの興味は持てないんですよねー。
2010.11
27
Category : football
アトレティコ vs エスパニョール
    2   -   3

得点者 ティアゴ
      アグエロ(フォルラン)

atletico01.jpg

守備ずるずる。
いつも通りのアトレティコに戻ってきてしまいました。

フォルランの縦パスを受けたアグエロの2点目はかなり見事でしたが、
結局勝ち越し弾を決められてしまって敗北。

シモンがかなりシュートチャンスに恵まれていたものの、
決めきれなかったのがかなり惜しかったですね。


あと試合終了前後に、キケがブチ切れていました。

なんでも、ルイス・ガルシア(ESP)が、ファウルを受けた味方に対して、
「ピッチの中でもっと時間を稼げよ」と笑いながら叫んだらしく、

「スポーツマンシップに反する行為である」としてキケは詰め寄った模様。

キケってもっとスマートかと思っていましたが、
ここ最近しょっちゅう怒ってるし、退場にもなってるし、
意外と激情家なんですね。

quique-sanchez-flores--647x23101.jpg
2010.11
26
Category : gourmet
    「Did you know that 60% of Beaujolais Nouveau Wine is sold in Japan?」
                「Really? What about the other 40%?」
                       「It's not sold at all.」




IMG_1088.jpg

正しい発音はボージョレ・ヌヴォー。
ボジョレー・ヌーボーではありません。

とある事情で、3本も買いました!


「好きなのは日本人だけ」なんてよく聞きますが、
なぜ日本ではボージョレ・ヌヴォーが人気なのか?

そもそもボージョレ・ヌヴォーとは、
フランス・ブルゴーニュ地方ボジョレで取れた葡萄で作られたワインで、
その年の葡萄の出来の良さを確かめるための、「試飲酒(ヌヴォー)」です。


そんなものに対して、日本人はやたらとプレミアムがあると勘違いしているようで、
世界から見るとかなり滑稽らしく、冒頭に書いたようなジョークまであるほどです。

まあ一方で、ボージョレ・ヌヴォー好きをバカにする日本人ほど、
ワインに精通していない傾向があるなんて話も耳にしますが。


ボージョレ・ヌヴォーは、11月の第3木曜日にならないと販売してはならず、
時差の関係で世界で最も早く解禁になるのはなんと日本。

そこらへんの理由からも、
旬好き、記念好き、限定物好き、流行好きな日本人には受けが良いのかもしれません。

その上、最も早い解禁のタイミングに間に合わせるために、
ワインとしては珍しい空輸でフランスから運ばれるので、余計値段が高くなるようです。


いやはや、ある意味で日本企業のマーケティング・広告の優秀さ、
あるいは日本人の流行に躍らされ易さを表している面白い事例ですね。

そんなこと踏まえると、
3本もボージョレ・ヌヴォーを抱えて電車に乗ってた自分はかなり恥ずかしかったかも笑


ちなみに一番左のボージョレは、
ファッションブランド「TOMORROWLAND」のボージョレです。

私はワイン飲めない(特に赤は1杯飲むと逝ってしまう)ですが、
これはちょっと飲んでみたいかも。
2010.11
25
Category : football
気になるサッカーニュース

■レアル・マドリーの調査へ

23日に開催された、チャンピオンズリーググループリーグのアヤックス対レアル・マドリー戦。
0-4でリードするレアル・マドリーのシャビ・アロンソとセルヒオ・ラモスが、
遅延行為でこの試合2枚目のイエローカードを受けて退場。

これに対して、今後の試合に向けた、累積イエローカード枚数の消化であるとの嫌疑がかかり、
レアル・マドリーが調査されることに。

なぜ調査にまで発展したかというと、
まずシャビ・アロンソの退場の直前には、モウリーニョ監督が直々にテクニカルエリアでシャビに耳打ち。

さらに、ラモスの退場直前には、
セカンドGKのイエルジ・デュデクが、ゴール脇でカシージャスに耳打ちし、
それを受けたカシージャスがすぐさまラモスに耳打ち。

そんな場面がカメラにすっぱ抜かれていたのです。


これかなーり黒に近いグレーだと思いません?
はっきり言って黒だと思います。
真実の掴みようがないので、調査してどうなるかはかなり微妙ですが。

根拠①
そもそもイエローカード1枚もらっている選手が、FKに30秒もかける遅延で2枚目をもらうなんて、
不自然すぎ
。しかも2人も!

根拠②
さらに言えば、なんでその場所でシャビとラモスが蹴るの?って違和感がある。

根拠③
シャビの遅延が挙動不審すぎ

根拠④
2人とも2枚目の警告を簡単に受け入れすぎ。
ラモスとか即効握手だし。



これはかなり怪しい。。
調査に踏み切るのもよくわかる。


なんかこの事態をどう評価するかって微妙なラインだなー。

勝つために手段を選ばない策士と呼んで讃えるか。
卑怯で信義則に反する愚か者として蔑むか。

まあ、ばれてる時点で前者にはなれないわけですがね。

個人的にはかなり残念です。
特にカシジャス。正義漢なイメージがったから。


■マンU等、各方面から獲得を噂されるデ・ヘアが移籍騒動についてコメント

        「アトレティコに残りたい」

332x.jpg

好きだー!!!!!

もはやカシージャスなんて差し置いてお前がナンバーワンだ!
2010.11
24
Category : 未分類
本日歯医者に行ってまいりました。


前回、歯肉炎で通院した際にレントゲンを撮ったところ、虫歯発見。

先生が「今度治しといた方がいいかもしれませんねー」なんて軽いノリで言うもんだから、
てっきりちょっと削ってお終いかと思いきや!

今日いざ行ったら、
「神経に近いんで麻酔を打って、削って詰めようと思っています」ときた。


心の準備もままならぬまま。
細ーーーい針が歯茎にグシュっ!

思い出しただけでも身がよじれます。


さらにブシュっ!
歯茎に対して鋭角に鋭く食い込む。

そしてグイっグイっと針を食い込ませてくる先生。。

「痛い」ではないんだけど、
歯茎に針を刺されてグイグイやられているという事実がかなりハードコアー。

もう絶対に歯磨きサボりません。


麻酔のおかげで治療事態は全くと言って良いほど痛くなかったですが、
仮に「なぜか麻酔が効いていなかったりした場合」も想定。

ドリルが神経に触れて急に激痛が走ることに備えて、
常時エプロンの下で、お腹の肉を、指の爪でつまんでいたのは、

きっと先生にバレてないはず笑


さて、次回は来週。

次回からは、歯石を取ったりとか、
歯のケアで通うことになるみたいです。
2010.11
23
Category : film
ジュリー&ジュリア

料理を通して自分の生き方を見つめなおした二人の女性の物語。


1949年。
外交官の妻であるジュリアは、夫の仕事の都合でパリに越し、

自分のやりがいを見つけるべく料理教室に通い始め、
やがて家庭向けのフランス料理の本を作成し、1961年に出版、
アメリカで大旋風を巻き起こす。


それから約50年後。
9.11後の被害者の苦情・相談を受け付ける電話受付として働くジュリーは、
自分の生きがいを見つけることが出来いでいた。

何かに目標を持って取り組むことが、自分の人生を変えるきっかけになると信じたジュリーは、
料理の才能を生かし、ジュリアが50年前に出版した料理本の全524のレシピを、
たった1年ですべて作り、ブログに載せると無謀な挑戦を始めた。



これ実話なんですけど、
「Based on real story」を売りにするほど、内容にドラマは無い。

何か奇跡的な出来事が起こるわけでも無いし、
何か大きな成果があらわれもしない。

ただ、生きがいを探し求めた2人の女性の人生を交互に描いていて、
その2人がただ単純に料理本で結ばれている。


実話ストーリーということで意気込んで観てしまったので、
なんだか物足りなさを感じてしまいました。

メリル・ストリープの演技もなんか過剰な感じがして興ざめてしまったし。


この映画はもう少しゆったりと力を抜いて、
しあわせな雰囲気に浸って観るべきでしたね。
2010.11
22
Category : football
レアル・ソシエダ vs アトレティコ・マドリー
     2      -      4

得点者 ディエゴ・フォルラン(セルヒオ・アグエロ)
     セルヒオ・アグエロ(トマシュ・ウイファルシ)
     セルヒオ・アグエロ
     シモン・サブローサ

608-ESPANA-LIGA_SFF_embedded_prod_affiliate_84.jpg

イエス!

前半12分に先制されてから、なかなか追いつくことができませんでしたが、
70分にレジェスのロングパスを上手く止めたアグエロがゴール手前でフォルランに折り返して同点に追いつくと、
あれよあれよという間に4得点。

レアル・ソシエダのホーム・アノエタで初勝利です。


1位 レアル・マドリー 32
2位 FCバルセロナ 31
3位 ビジャ・レアル 24
4位 エスパニョール 22
5位 バレンシア 21
6位 アトレティコ・マドリー 20
7位 セビージャ 20

レアル、バルサ強すぎ。

次節は、クラシコです。
アトレティコは上位エスパニョールと。

そしてビジャ・レアルとバレンシアはともに下位2チームのアルメリア、サラゴサと。


ここは一つのターニングポイントになりそう。

「いつもの」アトレティコだと2連勝とかして「さあ行くぞ」って時にコロっと負けるので、
次のホーム・エスパニョール戦は絶対勝ちたいところです。
2010.11
21
Category : fashion
コート買いましたー。


恥ずかしい話なんですけど、

先日、銀行のATMでお金を下ろした時、
ついうっかり、引き出した20,000円を受け取らずに、
キャッシュカードと残高明細だけ受け取って銀行を出てしまいました。


後になってお金を受け取り忘れたことに気付き、愕然としましたが、
「もうどうせ次にATMを使った人に取られてしまっただろう」
と思って諦めることにしました。


すると後日、その銀行から電話がかかってきて、
「X月X日XX時XX分に○○様がおろした20,000円が受け取り忘れられておりました」

なんという幸運!
しかも、「取りに来てください」と言われるのかと思いきや、

「○○様のお口座にお振込みいたしましたのでご確認下さい」との事。


素晴らしすぎる、みずほ銀行。

IMG_1083.jpg

もう20,000円は無くなったと思っていたので、
なんか20,000円得した気分です。

買ったコートも20,000円安くなったつもり(←かなり気のせい)で買いました。


ちなみに買ったコートはN3-B。
昔の飛行機パイロットが着ていたコートです。

モッサリぬくぬくです。
2010.11
20
Category : gourmet
今日は大学時代の友人たちと異文化交流会。

securedownload.jpg

下北沢の「CENTO」というお店で、
イタリアンを楽しみながら、

お互いの仕事の話を中心に色んなことを話しました。

写真[2]

日本の食材を活かしたイタリアンで、
素材ひとつひとつの産地にこだわった美味しいイタリアンを味わうことができました。

しかもそのくせ値段もお手頃だし、量も適度。
駅から少しだけ離れていて、穴場っぽい雰囲気もとても良いお店でした。

写真[1]1

今回の交流会の大きなテーマは「後輩」でした。

年が経つごとに、会社で自分の後輩が増えていくわけですが、
その後輩の目に余るダメっぷりについて、「どう対処していくべきか?」という議論に。

今年の新人って、ダメなところ結構よく目に付くんですが、

やっぱり去年自分たちが新入社員だった時も、
上から同じように見えてたのかなー。。
2010.11
19
Category : at office
一昨日からの3日間、泊り込みの研修でした。


なかなかハードな研修で、
この類の研修に参加するたびに自分の無力さを悟って凹むのですが、

同期が集まる研修なので、
久し振りに同期とのおしゃべりに花を咲かせることができて良かったです。


そして、最終日の今日はなんと異動発令日。

通常は異動発令がPCに公表される少し前に部長から異動になることを告げてもらえるのですが、
研修所には当然部長はいないので、みんな誰が異動になるか気になって終始そわそわそわそわ。

人のプレゼン中もそわそわそわそわ。

っていうか一昨日からずっとそわそわそわそわ。
会話のほとんどが異動の話でした。


そしてなんとなんと、僕の部に同期が異動してきました。

色んな意味でこれから楽しみ…です。。
2010.11
18
Category : film
スピード2

主人公格好良くないーー!

なんでサンドラ・ブロックが2作続いての出演で、
キアヌ・リーブスが主演じゃないんだろう。

どっちかと言えばキアヌの映画なのに!


と話したら、友達が教えてくれましたが
キアヌはマトリックスに出演するためにスピード2を蹴ったらしいですね。

いやはやキアヌ、先見の明がございますようで。


シリーズ2の舞台は船。

1は凝ったカーアクションパニックがとても楽しかったけど、
今作にはそこまで工夫が感じられませんでした。

ただ、大型客船がリゾート市街に突っ込んでいく映像には驚きました。

これ多分CGじゃないよね?
2010.11
17
Category : film
スパニッシュ・アパートメント

パリで暮らす大学生グザヴィエは、父親のコネを使って面会した役所の大物の勧めに従い、
就職の内定を確実にするため、スペインのバルセロナへ留学することに。

様々な国籍の若者達が共同で暮らすアパートで、
グザヴィエの賑やかな学生生活が始まる。


この映画を観たのは、
卒業旅行の思い出の地バルセロナの街が堪能出来そうだったからです。

嫌な思い出もあるんだけどね。


その分には最高の映画でしたw

特に、このスパニッシュ・アパートメントの雰囲気が、
私がバルセロナで泊まったユースホステルとよく似ていて、
すごく懐かしかったんですねー。


内容を言えば、超微妙。

愛らしい恋人をパリに置いてバルセロナにやってきたグザヴィエでしたが、
勉強もせずに毎日毎日遊びほうけて、

終いには、トラブル時に親切に力を貸してくれた友人の奥さんと不倫したりと、
しっちゃかめっちゃか。


バルセロナで生まれも考え方も違う若者たちに囲まれて自由を謳歌した体験が、
グザヴィエの人生への考え方を大きく変えていく本筋はとても良いのですが、
その過程がどうにも不純。

終わりよければすべて良し、
とは観てる人間にはなかなか思えない。


しかも、この映画を『オドレイ・トトゥ出演作』として売り出すには、
あまりに彼女の出演時間は短すぎる。

ジャケットにでかでかと写るオドレイはもはや詐欺。
ルームシェアで青春を謳歌するオドレイが観れると思ったのにー。
2010.11
16
Category : film
女の子ものがたり

日本版スタンドバイミー。


【以下ネタバレ】

ナツミは、田舎の村に引越して来て、
さっそく村の女の子、キイちゃん、ミサちゃんと友達になる。

三人とも家族に問題を抱えていてどこか寂しげで、
そんな共通点があるせいか不思議と気が合い、お互いに堅い絆で結ばれていく。

しかし、成長していくにつれて、
お互いの考え方は変わっていき、だんだんうまくいかなくなっていく。

「理想的な幸せ」を皆で掴み取りたいのに、どうしてもうまくいかない。

やがて理想を諦めて、
手頃な幸せで自分の夢と現実の折り合い地点を見出してしまうキイちゃんちミサちゃん。


ナツミは「そんなもの幸せじゃないのに」と思いながらも、
それでも、ふたりには幸せでいてほしいし、
ふたりがあくまでそこに居座るのであれば、それが幸せであってほしい。


結局、ナツミはキイちゃんに、
「自分は私たちと違うとでも思っているんでしょ?あんたなんか友達じゃない!村から出てけ!」、
と言われてしまい、ナツミがその通りに村から出て行くことで、
そのまま3人の友情関係は終わってしまう。

しかしキイちゃんは、本当にナツミを友達と思っていないわけではなく、
良い意味で自分たちとは違っていて、
自分たちとは違う、しっかりとした幸せを掴む可能性がたくさんあって、

だから自分達と一緒になってこんな小さな世界に居てはいけないんだと、
冷たく突き放すのである。「友達なんかじゃない!」と。


そして今、ナツミは都会で漫画家として働いている。

久し振りの帰郷で、たくさんの真実を知り、
かけがえの無い思い出に浸る。

そして最後に一言。

「きっと、あの頃みたいな友達は二度と出来ないと思う」


→ 自叙伝出版 → 映画「女の子ものがたり」公開


ス タ ン ド バ イ ミ ー じ ゃ ね え か よ !


調べたら監督さんも「女性版スタンドバイミー」を目指したらしいんだけど、
オマージュの対象するにはちょっと相手悪すぎるし、やり方があざと過ぎやしないか?

「永遠の友達」をテーマにするのってきっと色んなやり方あるし、
「スタンドバイミー」を意識するなら、意識するからこそ、
「観客には意識させちゃダメだろ」って思う。


まあ、良い日本映画ですけどね。
そこがかなり残念でした。
2010.11
15
Category : 未分類
私の仕事上の最大の欠点は、
集中力不足でも、注意不足でも、頭の堅さでも無く、

腰の重さにあると思う。
フットワークが重いというか、臆病ってことかな。
よく言えば慎重派。


上司に質問する時とか、会社での食事中とか、
仕事の連絡や相談とか、怖い人への報告とかメールとか。

ありとあらゆる瞬間に、
自分のフットワークの重さを感じる。

「あの人、今忙しそうだな」と思って後回し。
「まだ理論武装出来てないかも」と思って後回し。
「これ質問したら怒られそうだな」と思って後回し。
「なんかこれ相談したら鬱陶しがられそう」っと思って後回し。
「もう明日でいいかっ」って後回し。
「何となく」後回し。

etc、etc。


みんなにもそうゆうことってあるんだろうか。

人と比べて単純比較できないものの、
私は人よりも際立って動き出しが遅い気がします。

私の「慎重」な長所が端的に欠点として色濃く表れている部分で、
それは全部、失敗すること、拒絶されること、嫌がられること、
自分が無能であると思われることを恐れてることに原因があるんだけど

この欠点は一刻も早く直したい。

仕事において致命的にマイナスだもん。
こんな躊躇で仕事遅くなるくらいなら、大胆に攻めていっそ失敗するくらいの積極性がほしい。

男は度胸だかんね。


実は新しい部署での仕事は2年間、長くなっても3年間と言われています。

たったの2年間。
ヒヨってるヒマなど無いの。
2010.11
14
Category : 未分類
今日は友達の家探しに付き合いました。


不動産屋でいくつか目ぼしい物件を選んでさあ出発。

風呂・トイレ別の部屋なのに不自然なくらい安い物件があって、
その理由は、ベランダの外に広がるひろーーーーーーーいお墓w

正直ちょっと怖いけど、それを引き換えにしてもいい安さ。


試しにどれくらい怖い部屋かチェックしに行きましたが、
やっぱり不気味だったらしく、
友達はすぐにその物件を諦めました。



友達の部屋探しに付き添っていたら、
なんだか自分も一人暮らししたくなってきました。

僕は東京出身でずっと実家暮らしなので、
一人暮らし経験が無いんですよね。

今の勤務地での勤務が恐らく2年くらいなので、
次の勤務地が実家から通勤できる距離だったら、
家を出て一人暮らししようと、勝手に決めているんですが、

そんな悠長なこと言ってて、
もし万が一2年以内に結婚したら、
きっと一生一人暮らしに縁が無いんだろうなーと考え出してしまい、

なんだか今すぐやりたい気分になってしまいました。


ただし、もちろん、実家から会社に通えるのに一人暮らしするような奴に、
住宅補助を払ってくれるような会社は無い。

今の給料じゃ一人暮らしはきついなーー。。


まあ2年以内に結婚なんて、万に一つもないか笑
2010.11
13
Category : football
アトレティコ vs  オサスナ
     3  -  0

得点者 フォルラン
     アグエロ(フォルラン)
     フォルラン(シモン)

atletico-de-madrid-3-0-osasuna.jpg

お帰りフォルラン。

思えばリーガ前半戦は本当に厳しい戦いを強いられたものです。

バルセロナ(H)
バレンシア(A)
セビージャ(A)
ビジャレアル(A)
レアル・マドリー(A)

こんなハードスケジュールはひどいでしょw

その証拠に、11節終了時の順位表は下記の通り。

1位 レアル・マドリー 29
2位 FCバルセロナ 28
3位 ビジャレアル 23
4位 バレンシア 20
5位 セビージャ 20
6位 エスパニョール 19
7位 アトレティコ・マドリー 17

さらにここにカップ戦とヨーロッパリーグの日程が加わっていたうえに、
アグエロ、ゴディン負傷にウイファルシ出場停止などかなりの不運に見舞われました。

上記のリーガ5試合では勝ち星ゼロで、
いくら強豪相手とはいえ、あくまで優勝目指す上では、
ちょっと残念な感じではありますが、

肝心なのは、折り返し地点までを全勝で乗り切る気概で戦うことでしょう。


今日は久々にフォルランがキレてて、
2トップがゴールを決め、
出だしは最高です。
2010.11
12
Category : gourmet
バナナが静かなブームになっているんじゃないかと思う。


理由その一 健康ブームである
理由その二 朝活が注目されている
理由その三 果物で加糖の摂取は非常に健康的
理由その四 コンビニのレジの脇に、バナナが置いてあることがある
理由その五 以上踏まえ、なんとなく


朝食をちゃんと摂って健康になりたい、けど起きれなくて時間が無い私。
最近は朝バナナに取り組んでいます。
ささっと食べれるので。

ちなみに、バナナの生産量世界1はどこの国だと思いますか?

「フィリピン!」だと思いますよねー。


しかし、外務省調べの08年統計では、
1位 インド(2320t)
2位 フィリピン(869t)
3位 中国(804t)
4位 ブラジル(712t)
5位 エクアドル(670t)

となっています。

フィリピンは、世界の生産量の25%近くを占めるインドに大差を付けられての2位です。


フィリピンのバナナイメージは日本の輸入量のせいです。

日本のバナナ輸入先は、90%のシェアを誇るフィリピンがナンバー1なわけです。


それにしてもインドが一番ってなんかイメージ無かったですね。
2010.11
11
Category : film
ブラック企業


主人公、マ男(真男)は、唯一内定を掴んだ就職先、
黒井システム株式会社での勤務初日。

不安と期待の入り混じった気持ちで、なんとも胡散臭い会社のドアを叩いた。


全社員7名の小さな会社で、社長直々に新入社員として紹介されると、
他の同僚は優しく親切が良さそうな雰囲気だ。

しかし、ほっと胸を撫で下ろしたのも束の間、
社長が居なくなった途端に、性格が豹変する同僚たち。

真面目に仕事に取り組む者は少なく、
上司は凶暴で無理難題ばかり押し付ける人でなし。

先輩は真面目に仕事せずにおちゃらけてばかりだし、
総務課の女は社員の弱味も手帳にメモするひねくれ者。

勤務時間は異常に長いし、当然安月給。

そう、ここは黒井システム株式会社は、
「ブラック企業」だったのである。


そんなに面白くなかったです。残念な点は、
�言うほどブラックじゃない(ブラックの辛さが全然伝わってこない)。
�品川が上司(社長の次に偉い)なんだけど、怖くない。演技がコント。
�主人公が中卒。今時「5時退社当然に出来る」と思っているあたりから共感を呼ばない。


初日から過酷な残業をやらされる主人公が、
2日目にしっかり出勤してくるかどうかを上司と先輩が賭けて楽しんだり、

その2人が影で、主人公にわざと納品に間に合わなくなるような無理難題をふっかけて、
納品に遅れた瞬間に首にしようとしていたり、と、

よくよく考えればかなりひどい職場環境なんだけど、
品川はちっとも怖くないし、なんとなく作りがコメディテイスト過ぎて、

「怖い、ブラック企業怖い(゚□゚)」とかあんまり思えない。
2010.11
10
Category : football
アトレティコ、ホームでウニベルシダ・ラ・パルマと1-1のドロー。
(得点はメリダ)

トータルスコアで6-1。危なげなく勝利。
選手は休めて言うこと無し。

それにしてもレッドカード一発退場のヂエゴは何をやったのだろうか。。



■ラウル・ガルシア、ロナウドの背中パスに憤慨
先日マドリードダービーで2点リードの場面、試合終盤に「魅せた」ロナウドの背中パス。
世界はこれに注目。やっぱりスター性溢れるね彼は。

しかし一方で、「相手チームに敬意を欠く行為」であるとして、
スペイン国内ではちょっとした非難の声も。

特に敗戦したアトレティコのラウガルことラウル・ガルシアは怒り心頭だとか。

背中パスをしたロナウドに対して「そんなプレーはやめろ」と言った挙句、
メディアにも非難声明を発信。


↑完全な負け惜しみじゃねーかよ。
しかも一流選手が批判するならともかく、ラウガルとか(笑)

116171_hp.jpg


■エジルって凄い
エジルって凄いよね。華麗だ。

Mesut-Ozil-has-signed-for-0060.jpg

レアルに早々に溶け込んで、あれだけクリエイティブなプレーを魅せる22歳(たしか)には驚き。


■キケ、C・ロナウドの“背中パス”に理解を示す
アトレティコを率いるキケ・サンチェス・フローレス監督が、
クリスティアーノ・ロナウドが見せた“エスパルディーニャ(背中パス)”について言及した。

「何でもないことだ。彼のプレーは間違いではないし、一つの手段なんだよ。
フットボールというものは、それぞれが好きなように解釈することができる」


↑キケ素敵すぎる。
ラウガルとか(笑)
2010.11
09
Category : 未分類
24歳、秋。
歯医者に行って来ました。

数週間前から、歯茎の出血が止まらなくてね(恐怖)。


歯を磨いて歯磨き粉を吐き出すと…(恐怖)。


これは歯周病か歯槽膿漏か歯肉炎か、
はたまた血の病気か…。


ということで、大嫌いな歯医者へ行ったんですが、結論は「歯肉炎」でした。

素人目ではわからないけど、腫れているらしい。

治療とかはせず、歯科助士(?)が歯磨きレクチャーを、
贅沢にも10分~15分くらいかけてやってくれました。

磨き残しがピンク色になる薬を口に含んで、
「これが磨き残しですよ~」と言われながらゴシゴシゴシゴシ。


「歯磨き」は「歯茎磨き」と言っても良いくらいに歯茎を磨くことが大切らしく、
ひどい歯肉炎は、様々な病気を引き起こすんだとか(なんと心筋梗塞まで!)。


また糸楊枝(?)、デンタルフロストだっけ?

歯間ブラッシングも重要らしく、歯科助士さんがご丁寧にやってくれたんですが、
そうは言っても所詮人の歯。

力加減に難しいのか、勢い余って糸が歯茎に食い込んで、口の中が血だらけ(恐怖))



ちなみに、歯磨き粉は使いすぎてはいけないらしい。
理由は「爽快感が感じられて、磨けている気分になるから」。

それ聞いてなんか笑いそうになったけど、それあると思います。
2010.11
08
Category : football
レアル・マドリー vs アトレティコ・マドリー
      2    -    0
 
絶好調レアルに対して成す術なし。

capt_photo_1289170777337-1-0.jpg

まあ、結構アグレッシブだったし、
ホームレアルに対して良くやったとは思うんだけど、
どうにもチームとして機能してないんだよね。

攻撃が個の力に頼り過ぎてる。


そして最大の懸念はアグエロ、フォルランのローギア。

この2トップにアクセルがかからない限り、
しばらくアトレティコはこんな調子が続きそう。

10節戦い終えてアグエロ1点、フォルラン3点ですからね。
二枚看板がこれでは勝てません。

フォルランが点取ればすべてがうまく回り出すと思うんだけどなー。

今は、
フォルランEL制覇 → W杯も絶好調 → 今年のアトレティコ期待できるぞこれ
→ しかし思ったより点を取れない → 事実疲れもある → あれあれ、フォルラン絶不調じゃね?
→ フォルラン不調っぽいという雰囲気が出来上がる → それにチームの勢いが引きづられる

こんな感じ。

capt_1a6d7640c70e4841954188ea1f9e253e-1a6d7640c70e4841954188ea1f9e253e-0.jpg

あとやはり、ベンチ層に違いを作り出せるカードがいないのも辛い。

ラウガルとか(笑)
フラードの穴はやはりでかいです。
2010.11
07
Category : 未分類
「もし差し支えなければお伺いしたいのですが、ご解約の理由は?」

「アイフォンにするからです」



携帯の買い替えに伴って、
みんなに新しいメールアドレスと電話番号をご連絡しました。

今まで疎遠になっていた友達が、
携帯のアドレスが変わったのに、
自分には教えてくれていなかったことに気付く、残酷な瞬間です笑


届かなかったメールの数は切なくて言えません。。笑



というか、なんで皆アドレス変えても教えなかったりするんでしょうか。

ええ、気持ちはよくわかりますよ。
だってメールしないもんね。きっと一生。

就職活動で出会っただけとか、正直顔すら覚えていない場合だってありますよ。


ただ、小学校時代の友達とかが教えてくれていない場合もあります。
これはギリギリです。

ギリギリ切ないです。

きっと「○○には教えなくていいか、どうせメールしないしー」
とか考えられたんだろうなと思うと切ないです。

だって「○○には教えなくていいか、どうせ友達じゃないしー」と同じことでしょ、もはや。

まあ正直、消されるだけあって「それくらいの関係でしかないこと」ははじめから分かっている。


たーだ、なんとなく切ない。
悲しくはないけど。解約されるドコモ店員ぐらいの気持ちだ。


「もし差し支えなければお伺いしたいのですが、新しい連絡先を教えてくれない理由は?」

「友達じゃないからです」


ただ、小学校の時はそれなりに仲良かった人もいるわけで。

今、仲の良い人たちも、
いつかは連絡先を教えてもらえるか分からなくなるような関係になってしまうのかな。


なんて考えるとなんか切ないよね。
「スタンド・バイ・ミーってマジ名作じゃね?」って話に通ずるものがあるよね。
2010.11
06
Category : 未分類
やあ、みんな。
ごきげんよう。

僕はげんき。

社会人の大学生との大きな違いの一つは、
「関わりたくない人とも関わらなければいけないこと」だと思う今日このごろ。


大学であれば、関わりたくないような人と不必要に関わらなくていい。

けど、会社は一度入社すれば簡単ことでは辞めにくいし、
そこでは、大嫌いな人とも上手くやっていったり、嫌な事に耐えたりしなくてはならない。


このふたつの世界の違いって、当たり前のようでかなり大きかったなー。。

大学時代は近寄りたくない人からは自由に離れることができるから、
世界にはどうしようもない人間がこんなにも多いことに、
なかなか気付けなかったんだよね。

私自身は運が良くて、今のところ何不自由なく働いていますが、
私の会社の中では、くたびれている人も結構多いです。



大木のようにずっしりと構えてたら、
本当に強い風には耐えられない。

たんぽぽのように柔軟に生きていれば、
どんなに強い風に吹かれても、またまっすぐに立ち上がれる。

時にはわた毛のように風に乗って飛び立つことは、
どんなに強く、たくましいことでしょう。
2010.11
05
Category : football
一体チアゴに何が起きたw

capt_938aa69ba0c443d3ba8f04794309e372-938aa69ba0c443d3ba8f04794309e372-0.jpg

UEFAヨーロッパリーグ第4節。
アウェイでのローゼンボリ戦で1-2の勝利!

得点者 アグエロ(シモン)
      チアゴ(超絶ミドル)

前半早々、多分オフサイドだったものの、
アグエロの先制点をシモンがお膳立て。

さすがシモン。

しかし後半、デ・ヘアがトンネルやらかして同点に。

普段あんだけのセーバーが、
あんな凡ミスをやらかすとは。

かわいいよデ・ヘア。

このまま終わってしまうかと思った試合終了直前、
ドリブル突破からチアゴがあの時のルイス・ガルシアばりのミドルシュートを叩き込んで突き放しに成功。

チアゴに何が起きたw



相手のミスとかにもかなり助けられた上での勝ち点3ですが、
グループリーグ突破にグッと近づく勝ち点3です。

次のアリス・サロニカ戦に勝利すれば突破決定です。


そして次の試合はマドリーダービー(アウェイ)。
レアル・マドリー相手にアトレティコは過去11シーズン勝ち星を挙げていません。
2010.11
04
Category : 未分類
ツィッターっぽいタイトルになりました。

やってる人の気持ちが多少わかりました。



今渋谷でコリラックマが歩いてた!!

正確にはコリラックマの着ぐるみ着た女子が歩いてた笑

もうハロウィン終わったぞ!
だれか教えてあげて!


私服で着ぐるみ着る女子がいるとは聞いてたけど…、


あんまり滑稽で、写真撮って載せたかったけど、
さすがに一般人を携帯で撮る気にはなりませんでした。


なんで着ぐるみ着るんだろう。。
意味がわからないんだけど笑

しかも中身が可愛かったりしたから、実にもったいない。


あんなの電車で見たことないから、
渋谷で着替えてるのかな?

もしそうなら、恥ずかしい事だってのは、わかってるんだよな。。

てかもし家からあれ着て出てきて、
電車乗って渋谷まで来てたら傑作すぎるw

近所の路地とかを夜中あの格好で歩いてたら、
単純に恐怖だよ。

後ろ姿ただの白クマだしw
2010.11
03
Category : 未分類
アイフォン買いました。
フォーです。アイフォンフォー。


実は前からドコモとソフトバンクの二刀流だったんですが、
1年前に彼女と別れてラブ定額のために買ったソフトバンクは、
持ってる意味がなくなってしまったのです。

なんで1年も解約しなかったのかはこの際置いとこう。
簡単に言えば、「めんどくさかった」。

ってゆうかサブにするならウィルコムにしろよって感じですよね笑


という事で、持ってる意味のないソフトバンクは解約して、
ドコモ一本にしようと思っていたんですが、

昨日おでん食べてるときに、
ことさんに「アイフォンにしたらええやん」と言われ、

言われるままに昨日の今日、
アイフォンを買ってしまいました。なんとゆう衝動買い。笑


今まではなんとなく「ドコモ」ブランドに釣られて、
ドコモを使っていたんですが、

基本的にメールと電話、
ほんのちょっとネット出来れば携帯なんてなんでもいいので、

デザインもシンプルでいいし、
PCサイト見れる点、何かと便利そうな点に惹かれて、
あっさりとドコモは見捨てました。

しかも思ってたよりかなり安い。
機種代金は月額なんと480円(32GBで24回払い)。

ただ、いまのところアイフォンはとにかく操作が難しい。
単純に機種変は操作方法の変更に戸惑うものだけど、

「ドコモ→アイフォン」の変化はなかなかの曲者です。


しかも、もはやこれは、
「携帯電話」ではなく、「電話できる小さなパソコン」。

アカウントとか無線LANとかWiFi通信とかまるで意味がわかりません笑
最近持ってる人増えてきてることだし、誰か教えて!
2010.11
02
Category : 未分類
今日は会社帰りに、ことさんとおでんを食べました。
だいぶ寒くなってきましたし、おでんが美味しい季節です。

とか言っちゃったりなんかして。


さも「おでん好き」みたいな口ぶりですが、
おでんなんか外で食べたことないし、
コンビニのおでんすら買ったことないです。

せっかくの初おでん(外)だったのに、
写真撮り忘れちゃった。「大根きたら撮ろー」とか思ってたらすっかり。



ことさんとは前々から「ご飯行こう、行こう」と言っていたのですが、
なかなか実行に移されず、結局半年以上経ってやっと実現しました。

仕事も遊びも、
実行力のある、フットワークの軽い人間になりたいものです。



最近「仕事を貯めない人」(←タイトルうろ覚え。全然違うかも)
という雑誌を立ち読みしましたが、

勝間和代の「仕事をスピーディに進めるための心得」は、
「やる必要のない仕事はしないこと」らしい。

ふむ。

さらに、自分がやるべき仕事は得意分野だけにして、
他の仕事は思い切って人に任せるんだとか。

ふむ。

ところで、勝間和代って何者なの?
やたら本書いてるし、電車の中吊り広告とか至る所っで顔を見るけど。
2010.11
01
Category : 未分類
大学時代の年金を納付免除してた人は結構多いと思いますが、
もうみんなはその分の年金を支払いました?


赤字財政・少子高齢化社会。

素人目で見ても明らかに将来の破綻が分かりきっている年金システムに対して、
バカ正直に納付を行うべきものか、なんとなく渋っています。


資産運用商品のセールスに来た生保レディのおばちゃんに、
「年金ってどうせ返ってこないのに払う意味あるんですかね?」と聞いたら、

「年金を納めるのは、国民の義務です!
返ってくるかどうかなんて関係ないでしょ!」


と烈火のごとくブチ切れられてしまった。

別に怒らなくたって。
ってゆうか、俺に資産運用してもらう気あるのか。


ちなみに、免除から2年以上経つと、
自動的に納付金額が増える仕組みになっているのでお気をつけください。

しかも、てっきり「社会人になってから2年以内に払えば良い」もんだとばかり思っていたら、
『免除月から2年経過』で納付金額UPらしく、
例えば平成18年4月に20歳になって納付義務が発生した人は、
2年後の翌月末、つまり平成20年の5月中に、18年4月分を納付しなければその時点でアウト。

しかもしかも、年度句切りで一括納付額UPときたもんだ。


つまり今の例でいくと、18年4月免除分を払わずに20年5月を迎えた時点で、
平成21年3月分まで全部納付額UPなのです。

しかもしかもしかも、それよりは低利とは言え、
さらに翌年度分まで一緒に納付額UPときたもんだからビビる。


納付免除の申請をしたときは単純に「2年以内に…」なんて説明で済まされたけど、
そこらへんはしっかり説明すべきじゃないのか社保庁。

きっと説明資料だかパンフレットだかに小さく分かりにくく記載しているんだろうけど、
国民に不利益になりうる情報はしっかり口頭での説明を行えよ。

金商法舐めんなよ!


そうゆうあたりからして国への不信感が否めず、なんとなく納付に気が進まない。


ちなみにちなみに、
私達世代の免除額合計は40万ちょいです。

こんなことなら学生時代に払っときゃ良かったなー。