FC2ブログ
RSS
Admin
Archives

幸せなら手をたたこう

急いで生きなくちゃ 死に追いつかれないように

プロフィール

FlyingHigh1986

Author:FlyingHigh1986
"Again, you can't connect the dots looking forward; you can only connect them looking backwards. So you have to trust that the dots will somehow connect in your future. You have to trust in something"

最近の記事
カテゴリー
カレンダー
04 | 2011/05 | 06
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
最近のコメント
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
2011.05
31
Category : film
なんとかラクーンシティからの脱出に成功したアリス。

ラクーンシティはアンブレラ・コーポレーションの計画通り核爆弾により殲滅されたが、
Tウィルスの広がりを阻止することは出来ず、
数年後には世界中がアンデットで埋め尽くされ、地上は砂漠と化してしまった。

わずかな生存者たちの生きる術は、世界中を動き回るサバイバーとなり、
限られた資源でその日暮らしを送ることだった。


バイオハザード3

なんと、

これで完結かと思いきや、
Ⅳもあるのかバイオハザード。

もうお腹いっぱいなんですが…。


今作は荒廃しきったアメリカ大陸が舞台。

生き残った者たちは群れを成してトレーラーで大陸移動のその日暮らし。
食糧は足りない、ガソリン足りない。世界の至る所でデッドマン・ウォーキング。

もう観てて絶望感しか伝わってきません。。


「アリスの血液を利用すればアンデットを鎮め、コントロール可能になる」と、
アンブレラ・コーポレーションの科学者が言うものの、

どうやって世界中にごまんと散らばったアンデットを浄化するというのか。

現実的に考えて絶対無理。

しかもこの期に及んでアンブレラ社は、
「プログラム・アリス」だとかぬかして、
アリスのクローン作ったり、アリス・オリジナルを人工衛星で追跡したりと、
狂気の沙汰とは思えません。

なんで大手製薬会社の全社員に、
この一部の科学者の横暴を止めようとする意志が働かなかったのか超疑問。

もう既に世界はジ・エンド状態で救い無しですわこれ。


終わり方は結構斬新で良かったけどね。
アリスが自分のクローンを許容するとは。

Ⅳはこれらを本当に引き連れて、
アンブレラ社をぶっ潰すそうな。

もうⅡからして飽食気味なんだが、観るのか俺…。
スポンサーサイト



2011.05
30
Category : film
ハイブの実験生物を倒したアリスはマットとともにハイブ脱出に成功。

間もなくアンブレラ・コーポレーションの研究員達に「保護」される。


治療から目覚めたアリスの目の前に広がっていたのは、
ハイブから漏れ出たウィルスで汚染され廃墟と化したラクーンシティだった。

アンブレラ・コーポレーションは、原子力発電所の爆発に見せかけ、
ラクーンシティに核爆弾を落とし、ウィルスを一掃することに。

街の中に隔離されてしまったアリスや住人たちは、
核爆弾の被弾までに、街から脱出することは出来るのか。


バイオハザード2

バイオハザード第2弾。

前作の舞台が研究所内という狭い範囲に限られていたものから一転して、街中になり、
広大になったぶん、物語の展開にまとまりも無くなった感が。

あくまでⅢへの続編か。

Ⅰが思いのほか面白かったので期待したのですが、
やはり続編は面白くないというジンクスは、これくらいの映画では当然破れないか。
2011.05
29
Category : film
巨大企業アンブレラ・コーポレーションは、表向きは製薬会社であるが、
秘密裏にバイオ兵器の研究を進めていた。

しかし、地下研究施設“ハイブ”で、
研究中のTウィルスが何者かによって施設内に散布されてしまい、
研究所員は全員死滅してしまう。

内部調査のためハイブに送り込まれたアンブレラの特殊部隊は、
ハイブの警備任務を負うアリスを発見するが、彼女は記憶を失っていた。

特殊部隊はアリスと共にハイブ内部に潜入するが、
そこは想像を絶する惨劇が広がっていた――。


バイオハザード

カプコンの大人気TVゲーム「バイオハザード」の映画化。

ミラジョボビッチ綺麗です。


目覚めると記憶を失っているアリス。

突如現れた特殊部隊に引き連れられて地下研究所に潜り込み、
人工知能の静止を無視して研究所の機能を停止させると、

人工知能のおかげでロックされていた研究所内のドアが開放され、
Tウィルスに汚染されたゾンビ達がうじゃうじゃウジャウジャウアジャウジャウジャウアーーーーーーー。

ゾンビに噛まれると毒に汚染され数時間後にゾンビ化してしまう恐怖のルール、
その毒を浄化することのできる抗ウィルス剤の存在、
徐々に取り戻されていくアリスの記憶とその真実。

やがて動き出す実験生物モンスター。


と、いかにもゲーム的な展開で面白かったです。

特にゾンビ軍団の演出は目を見張るもので、
不意打ちの現れ方といい、ヨタヨタ歩きといい、
まさに「バイオハザード」の不気味さそのものでした(あんまやったことないけど)。


これこのまんまゲームで体験できるならすげえ面白そうだけど、
とても怖くてできそうにない。
2011.05
28
Category : fashion
とほほ、また買っちゃった。。

しかも今回は、ファッション通販サイト「zozo town」に会員登録して買ってしまった。

なんてことだ。
これからますます気軽に買い物できるようになってしまったじゃないか。


服は基本的には試着しない限り買わないけど、
小物とか買うには割と便利で逆に迷惑だ。

しかも朝注文したらその翌日には家に届いてて便利すぎる…。



ちなみにゾゾタウンのターゲットは高校生や大学生ではなく、
なかなか服を買う時間を作れない会社員。

だからゾゾタウンにアクセスする人はよく目にすると思うんだけど、
商品のリリース時間が「22:00販売スタート」とか、
会社勤めの人の帰宅時間以降に合わせているんだとさ。


なんにせよ、僕も土日に新宿とか出かけるのめんどくさい時とか、
お店で買うか迷ってやめたけど、やっぱり欲しくなった時とか、
かなり便利になりそうで逆に超困る。

1818193_1_D.jpg

で、買ったのはまたまた腕時計。

なんでこう…、良く言えばカジュアルというか、悪く言えば女々しいというか。
かわいいものばかり欲しくなってしまうのかねー。


この前近所のリエちゃんと、
「会社勤めの男の腕時計」というありきたりなテーマで話が盛り上がり、

「やっぱりある程度の男であればしっかりした時計を1本持ちたい」
という結論になったのですが、

そうなるとお値段もそれなりなわけで、
それなりのお値段の時計をいざ買うとなると、何を買うかなり悩むわけで…。

ちなみにリエちゃん曰く、
「とりあえずロレックス、オメガ」って感じはあんまり印象良くないんだとか。



でもやっぱり男の善し悪しの尺度の一つが、
左腕にはめられた時計ってのはなんか寂しい感じがするよね。

女性によってはそれで品定めしてるバカもいるんだからさ。

そんな女こっちからお断り!なんですが、
そうは言っても、「何この男、いい年して安っぽい腕時計!」
とか思われるのもそれはそれでイヤだったり(笑)


さらに余段ですが、
腕時計をたくさん持っている人ほど浮気症なんだとか。

参考までに言うと、僕は6本持っています。

なんかわかる気がしないでもないですが、
そんなこと言ったって貰い物とかもあるし、
一概には言えませんよね。

参考までに言うと、僕は全部自分で買いましたが。
2011.05
27
Category : football
■リーガ・エスパニョーラ■
 成績 7位(17勝14敗7分)

 1節 ○ スポルティング・ヒホン(H) ← 大量4得点で首位開幕。フラド、シャルケに完全移籍。
 2節 ○ アスレティック・ビルバオ(A) ← 勝利するもアグエロ負傷。
 3節 × FCバルセロナ(H) ← アグエロ強行出場し、怪我悪化。。
 4節 △ バレンシア(A)
 5節 ○ サラゴサ(H)
 6節 × セビージャ(A)
 7節 ○ ヘタフェ(H) ←フォルラン「マンUに行きたい」
 8節 × ビジャレアル(A)
 9節 △ アルメリア(H)
10節 × レアル・マドリー(A) ←ラウガル「ロナウド無礼だ!」
11節 ○ オサスナ(H)
12節 ○ レアル・ソシエダ(A)
13節 × エスパニョール(H) ←キケ、ルイス・ガルシアに爆切れ。
14節 × レバンテ(A)
15節 ○ デポルティーボ・ラコルーニャ(H)
16節 ○ マラガ(A) ← シモン、ベジクタシュへ完全移籍。
17節 △ ラシン(H)
18節 × エルクレス(A)
19節 ○ マジョルカ(H)
20節 × スポルティング・ヒホン(A)
21節 × アスレティック・ビルバオ(H)
22節 × FCバルセロナ(A)
23節 × バレンシア(H)
24節 ○ レアル・サラゴサ(A)
25節 △ セビージャ(H)
26節 △ ヘタフェ(A)
27節 ○ ビジャレアル(H)
28節 △ アルメリア(A)
29節 × レアル・マドリッド(H)
30節 ○ オサスナ(A)
31節 ○ レアル・ソシエダ(H)
32節 △ エスパニョール(A)
33節 ○ レバンテ(H) ← キケvsフォルラン勃発?
34節 ○ デポルティーボ・ラコルーニャ(A)
35節 × マラガ(H)
36節 × ラシン・サンタンデール(A)
37節 ○ エルクレス(H)
38節 ○ マジョルカ(A) ← アグエロ「移籍する時がついにきた」

チーム内得点ランキング
 アグエロ 20
 フォルラン 7
 レジェス 7
 ヂエゴ 6
 シモン 4
 チアゴ 3

チーム内アシストランキング
 レジェス 5
 フォルラン 5
 シモン 4
 フアンフラン 3
 ラウル・ガルシア(偶然) 3

■コパ・デル・レイ■
 成績 ベスト8


■UEFAヨーロッパリーグ■
 成績 予選敗退


↑どうしてリーグ7位なんて不甲斐ない結果に終わったかは、
だいたい理解出来たと思う。



キケ監督、お疲れ様でした。

EL優勝、スーパーカップ制覇。

コパデルレイも準優勝だったし、
よくよく考えればタイトルに縁遠いチームとっては、
かなり敢闘賞だったと思うのですがキケ・サンチェス・フローレス。

soc_g_flores_576.jpg

個人的にキケのニットセーターが凄まじく「萌えー」だったので、
退任は実に残念ですが、新天地(ベジクタシュ?)でも是非頑張って欲しいです。


さてシーズンオフ。

アグエロ移籍濃厚となった今、
来季に向けチームがどんな風に様変わりするのか。
2011.05
26
Category : film
2003年。

ハーバード大学2年生のマーク・ザッカーバーグは、
高校時代から腕利きのハッカーだったが、人付き合いは苦手。

今もガールフレンドのエリカを怒らせ別れてきたところだ。


寮の自室に戻り、やけ酒を飲み、ブログに彼女の悪口を書きはじめたが、
やがてハーバード大学中の寮の名簿をハッキングし、
女子学生たちの写真を並べてランク付けするサイトを創設。

このサイト“フェイスマッシュ”はたった2時間で22,000アクセスを突破し、
マークの名前はハーバード中に知れ渡る。

これが利用者全世界5億人以上のSNS“フェイスブック”の始まりであった――。

(参考「goo映画」)

ソーシャルネットワーク

【以下ネタバレあり】

世界最大のSNS“フェイスブック”誕生の裏側を描くヒューマンドラマ。

世界最年少の億万長者となるマーク・ザッカーバーグを演じた
ジェシー・アイゼンバーグの独特の雰囲気が圧巻です。

これだけの役者が過去、あまり大作に出演していないのは実に残念。
それくらいにマーク役は彼のはまり役でした。



人付き合いの苦手な大学2年生の青年が、
人が「人と繋がること」を求める習性を巧みに利用し、
フェイスブックを発案するという皮肉のような物語。

エリカにフラれてから、
自分の存在価値を世界中にアピールするかのように、
フェイスブック創設に没頭していくマーク。


映画のクライマックス。
ノートPCで自分が作ったフェイスブックにアクセスし、
エリカに「友人」になるためのメッセージを送って返事を待つ、
創設者の憂いに満ちた姿が非常に印象的な映画でした。


マークがフェイスブックの創設し、
たった一人の親友やライバルとの訴訟に挑む姿が、
狂気染みたスピード感覚で描かれていき、

かと思えばラストでそのスピード感がふっと消え去り、
創設者のマーク自身も心の奥底で求めていた「人との繋がり」を思わせるシーンは、

この映画の面白さを、「フェイスブック創設の裏話」だけに終わらせず、
この映画を一瞬で感傷的なメロドラマに変えた名シーンでした。

思わず「ううん、おもしろい!」と唸ってしまうような作品。
今年のナンバーワン筆頭候補ではないでしょうか。
2011.05
25
Category : football
さて、それでは肝心のアグエロの移籍先はどこになるのか?

移籍先候補として、
チェルシー、マンチェスター・ユナイテッド、マンチェスター・シティ、
インテル、ユベントス、バルセロナといった豪華な名前が並ぶ中で、

「レアル・マドリーが最有力候補」なんて噂がまことしやかに流れていますが、
うん、どうなんでしょうかね。


個人的にはこの際それも悪くないかな、なんて思います。

もし仮にこの移籍が実現すれば、
フィーゴの、バルセロナからレアル・マドリーへの移籍に次ぐ、
あるいはそれすらも凌ぐ欧州市場最大の移籍スキャンダルになるでしょう。

まずもってマドリードでアグエロが安全な生活していけるのかがだいぶ疑問。

こんなにも可愛い赤ちゃんを、
マドリードに置いておく勇気があるでしょうか…。



とは言えこの移籍が実現すれば、それはアグエロ自身が、
ライバルチームへの移籍という逆境を「あえて選ぼう」という強い意思の表れであり、

おそらくそれさえも楽しみ、自分の糧にしようとすら考えて移籍するんだろうと思う。

かっこいいじゃないか。


「クラブへの誠実さや謙虚さは嘘だった」なんて言う輩が世界に30億人くらいいそうだけど、
ライバルチームへの移籍が即ち是裏切りとは、必ずしも言えないと個人的には思うしね。



じゃあ、移籍候補を僕の希望順に書いていきますわ。

【マンチェスター・ユナイテッド】
まず他リーグでのアグエロを観たい中で、
欧州で最も伝統のあるチームの一つに移籍するのは、アグエロにとっても魅力だと思う。

買う余裕がユナイテッドにあるか微妙な感じだが、
ルーニーとのコンビにも期待大。

ついでに言うと愛しのアルパカデ・ヘアたんが仮にマンユに移籍しても、
それぐらいじゃあ引き続きデ・ヘアを見続けていこうとは思わないけど、

もしアグエロも一緒にマンユに移れば、シーズン通してマンユを応援する気にもなりうるので、
それもあってマンユへの移籍には期待が持てる。

【チェルシー】
買う余裕はいくらでもある。
イングランドとイタリアなら、やはり自分の興味の大きいプレミアに移籍してほしいね。

チェルシーの場合、トーレスとのコンビが再び実現する可能性がある。
アトレティコ時代はコンビネーションいまいちだったらしいけど、
2人ともあれからだいぶ成長したことを考えると今度こそ…、いやないか笑

どっちかと言うと、コンビ再会よりも、
アグエロ⇔トーレスの電撃トレード実現で、
引き続きたゆまぬ愛でアトレティコ応援していきたいかも。

【レアル・マドリー】
前述の通り。
可能性も高そうだしね。レアルには移籍しないと明言していたのにここに来て、
アグエロ当人もレアル移籍を希望しているなんて話もあるし、スキャンダルの可能性は否定できない。

ロナウドとの共演にも期待。移籍したら全試合観戦してバルサ討伐を夢見るわー。

【ユベントス】
インテルよりは好き、って感じ。
でもヨーロッパリーグすら出れないチームにアグエロがここに来て移籍することはまずないよな。

別件だけどピルロがユーベに動いたよね。
本件の100分の1も注目されてない気がするけど笑

【インテル】
うーん、インテルなー、
いまいち魅力に欠けるクラブだよなー。

多分一切観なくなるわ。

【FCバルセロナ】
バルサきらい!

【マンチェスター・シティ】
もっときらい!
でも可能性はこの選択肢の中では比較的高いよな。

なにせマネーがどっちゃり。
2011.05
24
Category : football
アトレティコ・マドリーFWセルヒオ・アグエロが23日、
自身の公式サイトで移籍の決断を告白した。同選手は次のように記している。

「アトレティコを去りたい時はちゃんと伝えると、僕は言った。
そして、その時がやって来たんだ。だからここで、自分の言葉を伝える。
今が出発の時だ。アトレティコを去るという決断は難しいものだった。
心が痛いし、悲しみを感じる。でも、そう決断した理由を説明することは難しくない。

本当にいろいろと思いを巡らした。
そして、自分自身に正直でなければいけないと確信している。
これからの成長に、自ら限界を設ける必要はないと思う。
この5年で、人間として成長するための激しい時期は終わりを迎えた。

次の一歩を踏み出さなければならない。
僕はもうすぐ23歳となるが、先の道にすべてがあるんだ。
これは金の問題じゃなく、スポーツ面の問題だ。
だからこそ言っておきたいが、クラブは僕を残留させるために、
世界で最も高いクラスの年俸を提示してくれた。

もう一つ言っておきたい。この決断は前から考えていたことで、
昨年に契約延長の交渉をする際にもアトレティコと話し合った。
僕はクラブ、そしてすべてのコロチョネロに恩返しをするために、
契約延長を結びたかった。もし契約延長を結ばなかったら、
クラブは移籍金なしで僕を放出しなければいけないからね。
クラブとは、2011年6月以降の僕の去就を妨げないよう約束した。
僕に届くオファーを、条件なしで考慮するように頼んだんだ。

ファンの皆には、限りない感謝の気持ちを送りたい。
独自の表現や、形式にはまった言葉を伝えようとは思わない。伝えたいのは、
何かを考慮に入れた言葉ではなく、僕の正直な気持ちなんだ。

心から気持ちを伝えることが、
君たちが理解してくれる唯一の方法
なんだと、僕は知っている。
それは、愛情と誠実さを交えた君たちとのコミュニケーションによって感じたことだ。
君たちは僕のアイデンティティーの一部であり、フットボールの一部だ。

皆で喜びも悲しみもともにしたね。長い渇きの後には、2つのタイトルの獲得と、
101ゴールという記録を手にした。ネプトゥーノ広場で優勝を祝ったこと、
コパ・デル・レイ決勝で敗れたバルセロナでの夜は一生忘れない。
苦労には価値があった。違うかい?

ここでのすべての経験は、僕の子供の頃からの思いを再確認させるものだった。
競争し、勝利し、最高の選手に選ばれる。そのために僕が持つ武器は、
僕自身のプレーとフットボールへの愛だけだ。

『別れじゃない。またいつか』なんて一般的な言葉は使いたくないね。
もし君たちに何かを言うならば、
アルゼンチンの有名なタンゴ奏者アニバル・トロイオの言葉がふさわしいと思う。

『僕が去ったなんて誰が言った?
いつも戻ってきているのに…』。


皆に抱擁を。愛している」(GOAL.com)

Aguero00.jpg

さようならアグエロ。
もう寂しくはない。

まだ22才か…。
将来が楽しみすぎる選手だな。

イギリス、イタリアでのアグエロも本当楽しみ。


なんて清々しい青年なんでしょうか。
彼は結局最後まで誠実に向き合い、誰よりも直向きな闘志を持って戦ったね。


そんな彼がクラブから去るのはものすごく残念だけど、
このお別れの言葉を読んで、
改めて、前向きに彼の移籍を支持してあげたくなりました。

きっとみんながそうであるように。
2011.05
23
Category : football
リーガ最終節。

今季、結局周囲の期待には答えることの出来ない結果を残したアトレティコ・マドリー。

CL出場権を逃し、EL出場権を確定させた今となっては、
当然WOWOWの放送など無いものと思い込んでいたら、

なんと最終節放送あるじゃないですか。


そうか、そうか。

この試合がアグエロ、フォルラン、デ・ヘアのアトレティコでの最後の試合になるかもしれないこと、

そして何よりキケ・サンチェス・フローレスのアトレティコを率いる最後の試合であることが考慮されるに至った、
WOWOWの賢明な判断なわけだ。

うん、うん。


決してマジョルカの残留争いにスポットが当たったわけではない。

ましてや家長なんてことは断じてない。


マジョルカ vs アトレティコ
     3 - 4

得点者
 アグエロ(フアンフラン)
 フアンフラン(レジェス)
 アグエロ(レジェス)
 アグエロ


0-3の余裕リードから、
3-4まで追い詰められるヒヤヒヤした戦いになりましたが、
結局最終節に白星を飾り、
キケ・サンチェス・フローレスのアトレティコが終わります。

なんと、何気にアグエロはこれがリーガ初のハットトリックなんだとか。

2点決める試合なんてざらにあったもんだから、
なんだか意外な気もしますね。

cronica_atletico_mallorca_kun.jpg

そんな彼のゴールは今日も類稀なる才能の賜物でした。

前半、フアンフランの苦し紛れのクリアボールを拾うと、
そのままゴール付近まで自分で持ち込み、角度の無いところから一閃。

後半にはレジェスの浮き球に抜け出し、
ペナルティエリア内でDF2枚と対峙すると、間合いが遠いままなのを良いことに、
瞬く間に右足に振り抜き、DFの間に放たれたボールは大きな弧を描いてそのままゴールへ。

最後はゴール前でDF3枚に囲まれると、混戦を突破。
すかさず寄せてきたGKを、ボールを浮かせて交わし、角度の無いところからループシュートで見事なハットトリックを達成。

アグエロの凄まじさをつくづく思い知らされましたが、
これから移籍が賑わい出すって時に、
そんなに凄さを見せつけてしまうと、

ますます他チームの触手が勢いを強めそうでやや心配。

132246hp2.jpg

そして最後にクリスティアーノ・ロナウドの件。

リーガ最終節でも2得点をマークし、
ピチチ主催のマルカ紙の記録では41得点、
公式記録でも40得点をマーク。

なんてこった!!
2011.05
22
Category : 未分類
私の家の近所には西友、サミット、オオゼキ、オリンピックと、
いろいろなスーパーがあるのですが、

その中でもオリンピックはちょいと高級感漂ってる気がする。


食品フロアの品揃えは優秀だし、ベーカリーなんかの味も結構いい。
家庭用品ばかり扱っている専用のフロアもあるばかりか、

自転車屋、DIY用品専門店、ガーデニング屋も隣接していて、
ささやかながらながらフードコートまであえる。


お値段も多少他のスーパーより高い気がしないでもないので、
ここは家庭向けのちょっとだけ良い暮らしをしている人向けのスーパーなんだと思う。

110522+1.jpg

今日はたらこスパゲッティのための「いかの胴」が最寄りのスーパーに無いので、
ちょいと足を伸ばしてオリンピックまで来ました。

魚売り場なんてよくよく見たことありませんでしたが、
さすがオリンピック。

買った魚なんかはその場で切り身にしたり、
焼いたり、揚げたりといろんな方法で調理してくれるらしいです。


ん?
あれあれ、でもよくよく見ると魚売り場に変な物も混ざっているような…。

110522.jpg

「明治ミルクチョコレート!」

しかも読めるでしょうか?
「フライに」と書いてあるではありませんか!

実はもっとよく見ると魚売り場なのに、
りんご、トマト、そして何故か粉のパルメザンチーズまでパッキングされて売られているんです。


そうだったのか。

ちょっとハイソでお金持ちな人たちは、
チョコレートなんかはフライにして食べてたのか。

勉強になるなー。
2011.05
21
Category : 未分類
ク、クーラーつけたい。

本当に今5月なんだろうか…。
どう考えても暑すぎるんだが。

でも、今年ほどクーラー付けると人でなし扱いされる年はないだろうしなー。
しかも真夏ならともかく、まだ5月だ。5月21日。

ああ、あづい。



…つ、つけてもいいかな?
陽当りの良い2階の暑さは尋常じゃないんだ、信じてくれ。

しかも熱を持ったパソコンが部屋の空気を温めて、
すごいことになっているんだ信じてくれ。


きっと俺がこうやって細々と節電したって、
それが日本に及ぼす影響なんてかなり限定的で、

そんなの一瞬で帳消しにするほどの電気を企業や人でなしが使ってるわけで…。


ああ、でもそうゆう考えた方でクーラー付けてしまったら、
即、人でなしの仲間入りなわけで。あー。


今年の節電はもはや節電の話ではなく、
人格の話に移り変わりつつあるよね。


でも真面目な話、
今年はクーラーって何度で、
いつからいつぐらいまでなら許容してもらえるんだろう?

完全禁止?当然扇風機?
耐えられるだろうか。
2011.05
20
Category : at office
最近、やるせない仕事が多くて心が荒んでいたせいなのか、
新しい部署の緩い環境に慣れすぎて自分の態度が横柄になっていたせいなのか。

仕事に対する姿勢が悪くなっていた気がします。


忙しさにかまけて、
いろいろなことが面倒くさくなり、積極性や問題意識を失ったり、

臆病風に吹かれて、
かけにくい電話を後回しにしたり、
本当はやるべきことを省略したりして。

与えられた仕事を機械のように処理して帰る、
なんとも成長感の無い数週間を過ごしていた気がします。


ところが、そんな中にもかかわらず、他部の奇特な上席の方から、
メールにてお褒めの言葉を賜りました。

私のこんなにも怠惰な姿勢にもかかわらず、
「自分の考えを持って、しっかりやっている」と評価してくださり、

とても嬉しい一方で、
本来なら「自分の考えを持ってアグレッシブに行動するべき数々の場面」で、
そうしてこなかった自分がなんとなく勿体なかったなと反省しました。


初志貫徹。

あの頃の「がんばろう」という気持ちはどこに消えてしまったのか。
こんなことじゃダメだー。

来週からは気持ちを切り替えて。
自分の考えを持って、しっかりと。
2011.05
19
Category : film
今日は振替休日でした。

平日にお休みの人なんてほとんどいるわけがないだろうから、
遊び相手探すのも億劫で、家でゴロゴロしていたんですが、

このままではせっかくの振替休日があまりに勿体無いので、
何かやることを必死で探したところ、

そういえば「これ映画館で観たいかも」という映画があったので、
映画を観ることにしました。


せっかくの振休に独り寂しくやることでもなかったかもしれませんが、
平日の吉祥寺のシネコンは人が少なくて実に快適でした。

上演5分前に滑り込んだにも関わらず、
大好きな最後尾の席はまるまる一列空いていて。

サンダル脱いでイスに体操座りして、久々の大スクリーンを楽しみました。

ブラックスワン

観たのは「パイレーツ・オブ・カリビアン 生命の泉」!
ではなく、「ブラック・スワン」。

いかがでしょうこのジャケット、
鑑賞意欲湧きませんでしょうか?


ニューヨークのバレエ・カンパニーに所属するニナは、
元ダンサーの母親エリカの寵愛のもと、人生の全てをバレエに捧げていた。

そんな彼女に「白鳥の湖」のプリマを演じるチャンスが訪れる。

だが純真な白鳥の女王だけでなく、
邪悪で官能的な黒鳥の二役を演じねばならないこの難役は、
優等生タイプのニナにとってハードルの高すぎる挑戦であった。

さらに黒鳥役が似合う奔放な新人ダンサー、リリーが出現することで、
ますます精神的に追いつめられていき、

やがて役作りに没頭するあまり極度の混乱に陥ったニナは、
現実と悪夢の狭間をさまよい、自らの心の闇に囚われていくのだった……。



【以下ネタバレあり】
ダイエットで身体を絞り、
1年間のバレエ特訓に挑んだというナタリー・ポートマン。

そんなバレエの演技もさることながら、

白鳥役にぴったりの「華麗さ」、「美しさ」、「無垢」、「臆病さ」を備える一方で、
黒鳥が備えるべき「色気」、「艶やかさ」、「邪悪」を表現することが出来ず、

やがて、極度の混乱とプレッシャーに見舞われ、
自分自身を現実と悪夢の狭間に見失ってしまうニナという役柄を見事に演じています。


黒鳥の色気を表現できるようになるために、日夜ベッドや風呂で自分の身体を慰めたり、
クラブで行き擦りの男と乱れたり、リリーとレズ行為に走ったりと、

大胆な演技に挑んでることにもちょっと驚きでした。


初出演作「レオン」であんなにもあどけなかったナタリー・ポートマンが…。
まさに2010年度アカデミー主演女優賞納得の演技力です。


映画の見所はやはり、純真なニナが、やっと手にしたスワンクイーンの座を失わぬため、
黒鳥役を演じることに固執するあまり、いつしか黒鳥の邪悪さに囚われ、
徐々に現実と悪夢の狭間に陥っていくまでの過程。

それをナタリー・ポートマンが好演している時点のこの映画は大成功。

作品の途中からは、映画を観ている人にとっても、
どこまでが現実でどこからが悪夢なのかを判断しづらい演出したこともとても良かったです。


悪魔の呪いによって姿を白鳥に変えられたオデット。
王子の愛だけがその呪いを解くはずだったが、
悪魔の娘オディーン(黒鳥)に王子を奪われ、絶望のあまりオデットは身を投げ、
死が、悪魔と呪いの世界からオデットを解き放つ。

映画のクライマックス。
妖艶な黒鳥を見事に演じ切り、
観客の喝采に包まれてそのまま息を引き取るニナ。

死ぬことでとうとうスワンクイーンを自分の物にし、
同時に狂気の世界からも開放され、喜びに満ち溢れるニナの笑顔。

白鳥の湖のシナリオに見事に引っ掛けた皮肉なラストも最高でした。
2011.05
18
Category : 未分類
今日は自分のオフィスビルの同期8人で同期会をやりました。

我が部は男子3人、女子2人。
お隣さんは男子0人、女子3人。

同期会というより、合コンみたいだ。


明日は振替休日で休みなので、
本来的には遅くまで残って残務整理するべきなのですが、

思い切って上司に仕事を振ってさっさとお店へ(笑)

うちの部が早く着きすぎたせいで席が部毎に片寄ってしまい、
若干本来の目的の交流が出来なかったけど、

まあ盛り上がったので良かった良かったです。

結構酔ったけど、明日お休みだからへっちゃら。
みんなにはさんざんずるいと言われたけど笑

110519.jpg

帰りにミスタードーナツに寄ってドーナツを購入。
今日でポイントカードが150P貯まったので、

青色のマグと換えて、
とうとう全色揃いました。

なんのことかわからない人はこのブログさかのぼってー。
(まあ、そもそも興味ある人がいないと思うけど)
2011.05
17
Category : film
                   「甘くせつない歌の中で 君と生きていた
                   二度とこない見つめ合う青春のリズムよ
                    思い出だけを残し 時間は過ぎていく
                     誰より愛しくて その涙を忘れない」




ビフォアサンセット


かつてユーロトレインの車内で出会い、
14時間という限られた時間をウィーンの町ですごし、
駅のホームで、半年後に再会することを誓って別れたジェシーとセリーヌ。


半年後の約束は果たされぬまま、あれから9年。

今や作家になったジェシーは、新刊本のプロモーションでヨーロッパの各地を訪れ、
ツアー最終日、パリの有名書店の会場の隅にいたセリーヌの姿に気づき息を飲む。

2人は再会を喜び合い、あの日のようにまたコミュニケーションを楽しみだすが、
2人に許された時間は、ジェシーがニューヨークに発つまでの85分間しかなかった――。




前作「ビフォア・サンライズ(恋人までの距離)」の公開から9年後2004年公開。
物語の中でもちょうど9年の時が経過しており、

前作をリアルタイムで鑑賞し、2人の瞬く甘い恋に感動したファンにとっては、
自分自身の感覚でも9年の時の経過を楽しめるとともに、
2人のその後をとうとう知ることができる喜びがたまらない映画だったことでしょう。


僕は前作を最近観たばかりなので、なんなら9年後に本作を観ようかなーなんて冗談半分に考えてたら、
映画好きのあやみちゃんに、「そこまでする必要ないと思うよ」とバッサリ切りすてられ(笑)

まあ、9年後って僕、33歳ですしね。
確かにそこまですることないか、ってことでさっそく観てみることにしました。



半年後の再開の約束を果たせないまま、
9年前のウィーンに心を置き去りにしてきた2人の心の歯車が、
パリでの偶然の再会をきっかけに再び動き出す。

あの時と同じようにすぐに打ち解けあってお互いのことを語り合い、
楽しくふれあいながらも、2人ともあの頃とは決定的に事情が違っていて。


「きっとあの時再開することができていたら、2人の運命は違っていたはずなんだ」


もうどうしようもないことが2人にはわかっているけど、
限られた時間の中で少しでも長く一緒にいたい。


予想外のタイミングでエンドクレジットに突入する幕切れ。
歯切れの悪い終わらせ方を選ぶ監督の気持ちがよくわかる。


暗転の向こう側で、

あの後2人は…。
2011.05
16
Category : 未分類
なんだか無性に「たらこスパゲティ」が食べたくなったので、
エスビー食品のスパゲティソース(たらこ)で作ることにしました。


とても簡単にたらこスパゲティを作ることができて、
とても美味しくてとてもすばらしいので、

どうせならちょっとだけ手間かけて、
イカでも加えることに。


スーパーで「冷凍ロールイカ」を買って帰宅。

ところが、イカの胴の輪っかだと思って買ったのに、

実は胴は切り裂かれていて、
イカの切り身がロールケーキ状(輪っかの形)に巻かれて凍っていただけだったのである。


『ああ、だから「冷凍ロールイカ」』


う か つ



なんとなくだけど、たらこスパゲティに入ってるイカは、
輪っかの形じゃないとダメだと思わん?

あー、がっかり。


まあ、仕方ないから気を取り直してイカは切り身をスライスして使うことに。


と思ったのに、
いざスパゲティを茹でようと思ったら、
スパゲティがありませんでした。


う か つ
2011.05
15
Category : football
キケ・サンチェス・フローレスが退任を表明。
今日はキケ監督にとって、ビセンテ・カルデロンでの最後のホームゲームとなる。

でも試合は放送無し。。


アトレティコ・マドリー vs エルクレス
        2     -    1


得点者
 ドミンゲス
 レジェス

フォルラン招集外。
不協和音入り乱れる中、見事キケの退陣に華を添える勝利。

最後の最後はベンフィカでキケにお世話になったレジェスのスーパーボレーが勝利を決め、
なかなかの幕引きだったのではないでしょうか。


これによりアトレティコは7位圏内確定で、
来季のEL出場権をなんとか獲得。

まだアウェイでの1節が残っていますが本当ご苦労様でした。


後任にはバルセロナBのルイス・エンリケ監督が濃厚との噂。

バルセロナの下部組織は、
徹底的にトップチームとスタイルを揃えることで有名。

バルセロナでプレーしていた経験のある人だし、
ルイス・エンリケが監督になったら、
アトレティコがポゼッションサッカーやるようになったりするだろうか。


Cristiano+Ronaldo+Real+Madrid+v+Espanyol+La+c-wA5PiTmeNl.jpg

そしてクリロナの件。


な、なんとクリロナはこの日のビジャレアル戦で2本のフリーキックを沈め、
見事リーガ最高得点記録38点を達成。

まさかフリーキック2本とは…。

役者はやることが違うゼ。


さあ、こうなったら最終節も期待大。

1点取って単独のリーガ最高得点記録保持者に、
そして2点取って切り良く40点へ!
2011.05
14
Category : fashion
でっへっへ。

また服買っちゃった。

110515.jpg

「春の買い物はこれにて終了」なんて言った舌の根も乾かぬうちに、
時計修理のついでに覗いた服屋でついつい。

まあ、安いTシャツだし例外ということに。


ただM/L展開のMを試着無しで買ったらちょっときつい気がするのが若干気になる…。
最近よく「太ったね」って言われるし、ちょっと節制しないとやばいかしらん。



服といえば、今月めずらしくメンノン買いました。
間に合わせでいいからイヤホン欲しくて、ちょうど付録で付いていたので。

その中で、メンノンの実力派(?)スタイリスト達が、
「女子ウケコーデ」(笑)を考えて、それを人気女性モデル達が評価するという、
その名も「M(モテ)-1グランプリ」(笑)という、
(笑)を付けずには活字にして説明出来ない特集がちょっと面白かったです。


「これで女子ウケまちがいなし!」とか言って、
スタイリスト達が真剣に考えた提案を女性モデル達が、

「おしゃれすぎてイヤ」、「すね毛がキモイ」、「キャップの後ろ被りとかださい」
「ショーツとパンツをレイヤードする意味がわからない」、「なんでエプロン?論外!」と、

男性読者の視点から見ても「ありえないだろ」と思うスタイリスト達の自信満々の駄作を、
至極妥当な評価でバッサバッサと切り倒すコメントが痛快でした。

女子にはやっぱり「カジュアルでシンプル、その中のさりげないこだわり」が好評みたいですね。


この女性陣の真っ当な見解を、スタイリストへの気遣いも無しに誌上に載せる潔さがあるのに、
なんでメンノン・ジョーカーなどはいつまでたっても意味不明な提案ばかりするんだろうか。

もしかして編集者やスタイリストたちもこの企画をやったことで、
「え!パンツのレイヤードってだめ?!」、「エプロンって斬新だと思ってたんだけど?!」、
なんて、編集史上の初の「目から鱗」状態にでも陥っているんだろうか。



もしそうだとしたら、
もっとこうゆう風に第三者の客観的な意見をちゃんと取り入れたらいいのにね。

男性ファッション誌に図々しくも現れる、
スタイリストやショップ店員ってだいたいの場合、正直「?」な服装の人多いし、

雑誌がターゲットにしてる10代・20代前半よりも若干歳取りすぎてて、
ファッションに一番敏感な今の若者世代から感覚がずれてそうだもんね。


正直モデルも、180、190センチのガリガリなんて使ってても意味ないと思うのが本音。

日本のファッション誌ならば、日本人の平均身長ぐらいのモデルが着て、
オシャレなスタイルを紹介するのが当たり前だと思うんだけど…。

そんなやり方していったら、
それはそれで個性や遊び心が無くなったファッション雑誌になるのかな?
2011.05
13
Category : 未分類
今日は仕事終わりに今年1月のベトナム・タイ旅行の時、
ホーチミンで知り合った友達と遊びました。

博多の人なんだけど、
たまたま研修で東京に来ていたので、
久々に会いました。


東京に住んでいる人と福岡に住んでいる人が、
ホーチミンで知り合って、
また日本で再会するなんて、妙に不思議な感じ。


話のネタは福岡・博多や九州の話に。

博多は明太子ととんこつラーメンしか無いらしく、
見所となる場所は強いて言えば大宰府天満宮。

そしてやっぱり女子が多いらしい。
学校の教室とかでも女子率の方が高くなるんだとか。

なんでなんだろう?



あと、ちゃんぽん・皿うどんで有名な長崎ですが、
長崎のタクシードライバーに美味しいお店を尋ねると、
みんな「リンガーハット!」と答えるらしい。
2011.05
12
Category : film
小さな命が呼ぶとき

エリート・ビジネスマンのジョン・クラウリーは妻アイリーンとの間に、
3人の子を授かり、幸せな暮らしを送っていた。

しかし、8歳の娘メーガンと6歳の息子パトリックが、
難病“ポンペ病”におかされてしまう。

ポンペ病とは、生まれつき体内のグリコーゲンをうまく分解できないために、
日に日に身体の筋肉が麻痺していき、呼吸すら困難になる病であり、
平均寿命9年と言われ、治療薬はなかった。


ジョンは忙しい仕事の傍らで、独学でポンペ病を癒す術を探すものの、
一向に成果はあがらず、死期の迫りつつある子供の姿に絶望感を感じていたが、

ポンペ病の研究者であるロバート・ストーンヒル博士の研究に最後の望みを見出す。



実話を基にした映画。


自分の子供が不治の病におかされた時、
父親は、残された時間を出来るだけ子供と共に過ごすのか。

それとも、子供の病気を治すために全力を尽くすのか。


どちらが正しいというわけではないけど、
この作品の主人公ジョンが選んだ道は、

子供が死ぬのをただ指を咥えたまま待つのではなく、
必死になって子供の病気を治す方法を探すことでした。


科学者の冷徹な判断や投資家の思惑等、いろいろな試練に立ち向かいながら、
子供の命を救うために必死で戦う父親の姿が感動的な良い映画です。
2011.05
11
Category : 未分類
女 「よくコーヒー飲んでるよね」


     俺 「うん、仕事中眠くなるから、そんなに好きじゃないけど飲んでるんだよね」


女 「知らないの?コーヒーより紅茶の方がカフェインたくさん入ってるんだよ」


     俺 「うそっ?じゃあ無理してコーヒー飲まないで紅茶飲んだほうがいいじゃん」


女 「でも紅茶はアロマ効果で眠くなるんだよ」


     俺 「・・・・・・」





おまえ結局何が言いたかったんだ?と思った今日の会話。
2011.05
10
Category : football
ラシン・サンタンデール vs アトレティコ・マドリー
             2  -  1

得点者 マリオ・スアレス

はいはい。



しかし、もう今シーズンのリーガ・エスパニョーラにはまったく興味が無くなったと思いきや、
ささやかな関心が生まれました。

Cristiano+Ronaldo+Getafe+v+Real+Madrid+La+bUghv0rYD7Pl.jpg

なんでもクリスティアーノ・ロナウドが、
現在リーガ・エスパニョーラの得点王なんだとか。

ずっとメッシの後ろ側にいた気がするんだが、
いつの間にやらその差5点でトップの座に。

しかも現在36得点で、
残り2節を残して、ウーゴ・サンチェス、サラが残した、
リーガ最多得点記録38得点まであと一歩というんだから驚き。


数年前までチームメイトやファンにヤジられてた少年クリロナが、
純粋なFWではなく、あくまでウィンガーのクリロナが、

まさか1試合に1点以上という脅威のペースで得点するゴールゲッターになるなんて、
誰が思ったでしょうか。

まあ、2強とそれ以外との差が開きすぎて、
リーガがいまいちになったからという議論は当然あるでしょうが……、

まあ、どうせなら是非記録更新していただきたいところ。

なんなら前人未到の40点台までいっちゃってくれたりなんかすれば、
ロナウド好きの僕としては嬉しい限り。
2011.05
09
Category : film
渡辺博子は、遭難事故で死んでしまった恋人、藤井樹の三回忌の日に、
彼の家で中学の卒業アルバムを見せてもらい、その中に樹の昔の住所を発見する。


樹が死んでしまった後も、彼の幻影を追い求めたがる博子は、
今は国道になってしまったというその小樽の住所に宛てて手紙を出してみることにする。

しかし、今はもう国道の下敷きになって無くなってしまったはずなのに、
手紙は届いてしまったらしく、

今はもう亡くなってはずの藤井樹からの返事が返ってきてしまったのである――。


LOVE LETTER

中山美穂が一人二役に挑戦した恋愛物語。

「サヨナライツカ」で愛人を演じた中山美穂とは思えない純真さです。



博子からの手紙が届いたことをきっかけに、
一人の中山美穂が藤井樹との思い出のひとつひとつを蘇らせていくんだけど、

きっとこの手紙が届かなければ一生思い出すこともないくらいに、
彼女にとって些細な思い出だったはずなのに、

思い出のひとつひとつが、
甘く切なく、まるで叶わなかった恋心のように蘇っていくのがなんとも言えない映画でした。


その思い出が瑞々しくて甘酸っぱいほどに、
そんな思い出の回想シーンに置いてきぼりにされていくような印象を受ける、
樹を失った当の本人博子の姿が痛々しくて…。


1995年の名作邦画です。
2011.05
08
Category : fashion
IMG_2515.jpg

鞄買いました。

オロビアンコ。
はじめて買いました。


オロビアンコはデザインが好きなのですが、

使っている人が多いのと、
すぐ破れそうなナイロン素材にいまいち信用が置けなくて、
今まで買おうとあまり思わなかったのですが、

思わず一目惚れしてしまったのと、
昨今のナイロンパーカの流行で、
ナイロン生地への偏見が少しやわらいだので買ってみました。


鞄と言ってもボディバッグです。
これも最近の流行ですよね。

前にかけている人をよく見かける気がします。

流行っているもんだから、やはり逆に興味無かったのですが、
まあ、気に入ってしまったので、仕方ないです。



それにしても最近買い物しすぎな気が。
先月末におろした5万円が、もうすっからかん。

この春の買い物はこれにて終了ということにします。

夏はサンダル・Tシャツからスタートかな。
2011.05
07
Category : football
アトレ vs マラガ
  0  -  3
 

はぁ~~~ぁ。
ホームでマラガ相手に3点取られて敗北。

事実上、CL出場権の道は潰えた。


やる気あんの?

ビジャレアル引き分けたのに。
この期に及んで負けるのか。

勝つべきところで勝たずに、
ライバルと揃い踏みして勝ち点稼がないあたり、

実にアトレティコ。トホホ。

5位 アスレティック・ビルバオ 54
6位 アトレティコ・マドリー 52
7位 セビージャ 52
8位 エスパニョール 48

残り3試合。
EL出場権を賭けたデッドヒート。
2011.05
06
Category : film
パンチドランク・ラブ

トイレの詰まりを直すキュッキュ棒を売るバリーは、
普段は真面目でちょっと風変わりなだけの男だが、

ちょっとからかわれたり気に入らないことが起こると、
すぐに物に当たって暴れだしてしまうほどの癇癪持ち。

そんな彼の職場に姉の同僚であるリナが訪ねてきて、
彼はひと目見て恋に落ちてしまう。

恋に奥手ながら、積極的なリナのリードに絆され、
徐々に打ち溶け合っていく2人だったが…。



このあらすじを読んで、
誰があんな異色のラブ・ロマンスを想像するだろうか。

ジャケットが素敵なのもいい迷惑。

直向に意中の女性を追い求める物語をイメージして借りたのに、
すっかりだまされてしまいました。


まず主人公の性格がクセありすぎ笑

とてもじゃないけどシンパシーは感じることが出来ない。


物語自体もなんかちょっと突飛すぎて、
ちょっとついていけないし。

ピアノなんなの?なんで冒頭車吹っ飛んでるの?意味不明!


もっと違ったスタンスで臨めば、
「風変わりな青年の奥手な恋物語+ちょっとしたトラブル」
って感じで楽しめそうなもんだけど、

ジャケットやあらすじからしてもっとちゃんとしたラブ・ロマンスだと思った私には、
とても付き合いきれませんでした。
2011.05
05
Category : film
ブロウ

70年代にアメリカの裏社会に君臨した伝説の男ジョージ・ユング。

青年期に家を飛び出してカリフォルニアに移住した彼は、
自らのカコイン密売ルートを開拓し、億万長者に。


彼の常に危険と隣りあわせだったスリリングな半生を通して、
父、娘との絆と愛を描く作品です。

彼が青年期に家を飛び出した理由は、
家が貧しくて毎日のようにケンカをする両親が嫌だったから。

そんな家庭環境が嫌だったからこそ、それが違法な術であっても大金を稼ぐことに固執し、
リッチで楽しい人生を設計してきたはずだったのに、

いつの間にか足を踏み外し、気付けば自分が厭だった両親と同じ、
毎日妻とケンカし、子供に心配をさせてしまう最低の家庭を築くまでに落ちぶれてしまう。

このデジャビュの描き方が非常に印象的で寂しい映画でした。


基本的にダーティで暗い映画で、
あまり救いのない事実がちょっと悲しい映画だった点があまり好みではありませんでしたが、

そんな中に描かれる父親との絆、娘への愛がなんとも切ない映画です。
2011.05
04
Category : gourmet
今日は友達と遊ぶ予定だったのですが、
ドタキャンされてしまいまーしーたー。

やることも特にないので、
気まぐれで料理などしてみることに。

しかたなく。

IMG_250900.jpg

いつもより力を入れたもの作りました。
作ったのは、ハンバーグとオニオングラタンスープ★

ハンバーグはある芸人がテレビで作っていたのをそっくりそのまま自分のレパートリーに。

オニオンコンソメスープはばあちゃん直伝のレシピ。

特に書くこともないので、以下に忌憚のない感想をしかたなく。


①料理ってお金かかる 
 すべての食材の調達とかに2000円以上かかった。
 買い物慣れしていないから、分量とかどうしても不適切。
 
 しかも継続的に料理なんてしない僕には、
 一回の料理のためにわざわざ家にない食材とか調味料を揃えると単価がどうしてもお高くなる。
 
 ナツメグとか次いつ使うんだか。
 やっぱ一人暮らししてみたいな。
 男としても、色んな意味で一人暮らしの経験は必須項目かと。

 女性が結婚相手に選ぶ男性のプラス条件に「一人暮らしの経験」を挙げる人も多い。

②料理って手間かかる
 料理って面倒くさいよね。
 
 毎日3回、家族人数分これに取り組んでいる主婦・主夫は偉い。
 献立考えて、栄養バランス考えて…。

 料理に慣れていないせいか、やたら散らかって、
 事の後は台所の流しの中は凄いことになってるし。

 これの後片付けに毎日3回、家族人数分取り組んでいる主婦・主夫は神。

IMG_250500.jpg
::more
2011.05
03
Category : football
マドリー、シャルケ、準決に散る。

Barcelona+v+Real+Madrid+UEFA+Champions+League+d_iZAhMcG3-l.jpg

セカンドレグもマドリーに「不運」な判定が多かったようには思いますが、
まあ、どうせシャルケも準決敗退なんで、この際どうでもいいかー。

決勝カードは2年前と同じ「マンユ × バルサ」。

涙どころか観る気も出るかどうか。

Barcelona+v+Real+Madrid+UEFA+Champions+League+xGfK-pI3LLrl.jpg

シャビ「ねえ、あいつクサくない?」

メッシ「うん、クサいよね」
2011.05
02
Category : at office
とりあいず、

先週末に発覚した不備はなんとな~く、補完。


てっきりもっと大事になるかと思ったんですが、
朝一で上司に報告・謝罪を行ったところ、

私が考えていた解決方法よりも、
ずっと簡単な解決方法を上司が提案してくれて、

言わずもがなそれに乗っかりました。


よかったよかった。