FC2ブログ
RSS
Admin
Archives

幸せなら手をたたこう

急いで生きなくちゃ 死に追いつかれないように

プロフィール

FlyingHigh1986

Author:FlyingHigh1986
"Again, you can't connect the dots looking forward; you can only connect them looking backwards. So you have to trust that the dots will somehow connect in your future. You have to trust in something"

最近の記事
カテゴリー
カレンダー
05 | 2011/06 | 07
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
月別アーカイブ
最近のコメント
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
2011.06
30
Category : at office
6月終わるね。


会社に入ってから会計年度を意識するようになったので、

「今年はもう半年終わった」という感覚と、
「今年度は四分の一が終わったところ」という感覚が共存してて、
なんか時間の感覚がふにゃふにゃしてきたなぁ。



うちの会社では節電の関係で今月からポロシャツ勤務が可能なんですが、
そうは言ってもベースとなるドレスコードには引っかからないよう、

「地味な色、ワンポイントまで可、スローガン等の文字や柄の禁止」と色々制限がある。



にもかかわらず、
うちの部署でいちはやくポロシャツデビューした上席者のポロシャツが、
デカデカとしたクマのバックプリントで焦る。

「可愛いクマさん」じゃなくて「やたらリアルな熊」。


しかもよく見れば、ちょうキバ剥いてるし(ガオーって)



僕 「…Tさん、それってアウトじゃないですか?」

Tさん 「え?ださいかな?中古で100円だったんだよね」



んなこと聞いてねえし!


こんなオチャメがギャグですむ会社の雰囲気が好き。
スポンサーサイト



2011.06
29
Category : football
David+de+Gea+Atletico+Madrid+v+Real+Madrid+eiQxSMwbONMl-300x176.jpg

デヘア欲しがったファーガソンまじ最悪

バイエルン選んだノイアーまじ最悪

ラウガルなんとなく超最悪



デヘアの…、デヘアのバカーーー!
大好きだったのにィーーー。

デヘアなんて…、デヘアなんて。。

マンウで伸び悩め。
故障で選手生命棒に振れ。
ナニとかにいじめられろ。

david-de-gea-clubatleticomadridcom-600x4000.jpg

うそだよぉ~ぉ。

イギリスでも頑張ってねえええええ。
スペインの正ゴールキーパーになるの楽しみにしてるよぉ~ぉ。



【ちなみに】
移籍金約30億との噂(うまー)
2011.06
28
Category : 未分類
ピッ!



神様ごめんなさい。
2011.06
27
Category : film
                        「いい人間になりたくて」



メルヴィン・ユドールは人気の恋愛小説家だが、
実生活の彼は中年を過ぎていまだ独身で毒舌の変人だった。


ある日、同じアパートに暮らすサイモンが強盗に襲われて入院することになり、
メルヴィンはサイモンの愛犬ヴァーデルの面倒をみることに。

ひどい潔癖症で不衛生な犬なんて触りたくないメルヴィンだったが、
仕方なくヴァーデルにエサをやり、散歩しているうちに、
自分の心の内に、何かを愛する温かさを見出しはじめる。

メルヴィンは馴染みのカフェで働くキャロルに対する愛を意識し始めるものの、
キャロルは喘息持ちで病弱な一人息子のスペンサーに頭を悩ませていた。


恋愛小説家

ひとくせもふたくせもある恋愛映画。

ジャック・ニコルソンが演じたメルヴィンは、
およそ人を愛することのできる男ではないし、
ましてや人に愛されることなんて絶対にない。

でも、ヴァーデルとのふれあいの日々がメルヴィンの心に、
「人間らしさ」を芽生えさせ、実は人一倍持ち合わせた他への優しさが溢れ出すのですが、

これまで時計の秒針のように規則正しく生きてきたメルヴィンにとっては、
そう簡単に自分の捻くれた他人との接し方を変えることは出来ず、
不器用にしか自分の愛情を伝えることはできない。


そんな偏屈男が主人公だからこそ、
物語の展開も実に奇妙で予想できない。

自分がいじめた犬の面倒を見ることになり、
親切心で行動すれば裏目に出て、
なぜかボルチモアに小旅行に出て、
あと一息でハッピーエンドだったはずなのに余計な言葉がすべてを台無しに。

こんなはちゃめちゃな男を、
最終的には心温まるラブストーリーに導く脚本は、
そんじょそこらの恋愛映画にはまずありえないハイセンス。

存在感抜群のニコルソンをはじめとし、
助演女優賞に輝いたヘレン・ハントや、ゲイの芸術家を演じたグレッグ・キニアの演技も素晴らし。
2011.06
26
Category : gourmet
TOEIC超絶できなかった。

ヒアリングの進歩の無さ加減に幻滅して、(当たり前だろ何もしてないに等しいんだから)
グラマーでやる気失ってほとんど当て勘で解いてしまった。

さらば5250円。
タクシーで成蹊大学に乗り込んだから+2000円。

人生まじ無意味。



ああ、無意味な文法の勉強ばかりに取り組ませる日本の英語教育の無意味さが許せない。
帰国子女がのさばるグローバル社会が許せない。
頑張れない自分が許せない。
許せない。


110626.jpg

ま、ラーメンが美味いとなんとなく今日も幸せだ。

吉祥寺「麺屋武蔵 虎洞」の虎つけ麺?だったかな。
角煮チャーシューがうま~です。
2011.06
25
Category : 未分類
今日は約4年ぶりに自動車に乗りました。


実はここだけの話、実家の車に乗りましたという話ではなく、
以前免許を取得した時に通ってた自動車学校のペーパードライバーコース受講です。

免許持ってるくせに、
わざわざお金払って勘を取り戻すなんて実にマヌケな感じですが、

「運転の練習したいから車貸して」とダディに頼んだところ、
4年のブランクを懸念され、やんわり断られてしまったのでやむなし。


さすがに4年も乗っていないと多少は緊張する。
ああ、鬼教官に運転感の失われっぷりをガミガミ怒鳴られたらどうしよう。
萎縮して運転嫌いになるかも。

なんて考えていたら、
教習スタート直前に教官が女性ということが判明。
基本的に『女性は優しいはず』という思い込みのある僕は内心ホッとするも、

教官のお名前は『さかしたさとみ』。
イニシャル通りドSだったりして(わなわな)。

なんてくだらないこと考えながらも教習は順調にスタートして見事路上復帰。


自画自賛ですが、要所要所で行うべき目視とか無意識に出来てたし、
道の制限速度気にする余裕もあったし、危なっかしい場面もほぼ無く、

実に快適で、運転楽しかったです。

もしかしたらこのまま一生車乗れないんじゃ…とさえ思いましたが、
これならなんとかなりそうです。

良かった、良かった。


あー、車欲しいなー!
2011.06
24
Category : film
ニューヨーク郊外の小さな宝石店に強盗が押し入った。
男は女性店員に銃を突きつけ、次々と宝石を袋に詰めていく。


―強盗3日前。

ハンクは週末を愛する娘と過ごしていたが、
別れた妻からは遅れている3ヶ月分の養育費の支払いを請求されて困っていた。

そんな彼に、兄アンディが強盗計画を持ちかける。

悩んだ末にとうとう強盗を決意したハンクに、
アンディは狙っている店を告げる。


それは自分たちの両親が経営する宝石店だった。


その土曜日、7時58分

自分たちの失敗してしまった人生の軌道修正を図るため、
兄アンディのパーフェクトプランに乗って、
両親の経営する宝石店への強盗を決意するハンクだったが、

たったひとつの誤算を引き金に、
二人の計画はとんでもない悲劇に。

嘘を嘘で隠し通そうとする度に、
まるで二人のこれまでの人生のように事態は最悪の方向へ転げ落ちていく、

という転落劇を描いた映画。


あいかわらずいい味出してます、イーサン・ホーク。

兄役のフィリップ・シーモア・ホフマンも、
嫌ーな豚野郎の感じがばっちし。



映画は事件発生に始まり、
何度も繰り返し過去に遡っては登場人物の視点をスイッチすることで、
物語の真相を浮き彫りにさせながら、ストーリー展開させるという演出が、
個人的にはいまいち。

たいして大きな真相が明るみになるわけでもない上に、
ちょっと物語を理解するのに苦労させられる形になりました。
2011.06
23
Category : 未分類
今夏喫緊の課題である『節電』を念頭に置き、
我が社内で夏季特別勤務体系に係わる通達が発信されたのを受け、
僕の部でも夏季勤務の特別ルールが設けられた。


 その1
   原則18時退社

 その2
   フレックス勤務

 その3
   年次休暇とは無関係に、7月~9月の間に5日間の休暇取得可(ワー!ワー!)


ただし疑問が残る。
果たして節電効果あがるのか?


細かいこと突き詰めると、
稼働するPCが減れば室温は下がるし、
フレックス勤務で通勤ラッシュが緩和されれば、電車の空調を緩めることができる等々、
理屈付ければいくらでも節電効果は挙げられるけど、

立屋の空調を司るファシリティマネジメントや鉄道会社と密な連携など取れないっぽいし、
そもそも、そこまで効果大きくなさそう。

だって、もちろん勤務時間が短くなって、さらに休暇が増えれば、
その人分のPCやプリンター稼働時間は確かに減るけど、

全員一斉に休まない以上、誰かしらいる部室ではクーラーは動くし、電気も消えない。
どうせ18時じゃ帰れない人たくさんいるだろうし。



…でも。

3ヶ月間の早帰りと好きなタイミングで取得できる5日間の休暇(キラキラ)
やたら万歳なこの施策に意義など唱えるつもりはない。
2011.06
22
Category : 未分類
あ…、暑い…。
クーラーつけたい。。


わりと涼しい日が続いていたので油断してたけど、
一気に暑くなってきましたね。

特に夜の暑さったら。

未だに「クーラー使わずの誓い」を守り続けて、
オープンザ窓で頑張ってんだけど、やや辛くなってきた。



…つ、つけてもいいかな。。

頑張ってるけど、実際、家庭の消費電力なんてたかがしれてると思うんだ。
結局のところ、この夏を乗り切れるかは企業の節電に懸ってるんだろうさ、きっと。


そういった意味で言うと、
電車とかバスってなんで?ってくらい涼しいよね。

「節電のため冷房を弱めております」とか言ってるけど、
まだまだストイックになれるんじゃないかと思う。

そもそも電車の空調ってアホとしかいいようがないよね。

夏は毎年肌寒いし、冬は冬でみんな外の気温に合わせてコート羽織ってるのに、
車内は暖房ガンガン効かせてるからコートが荷物なるし、汗ばむし、ほんとセンスない。


計画停電で(23区の扱いがどうなるかは未知だけど)トイレ・風呂使えなくなるより、
電車がちょっとくらい暑いほうがぜんぜんいいんだけどな。
2011.06
21
Category : 未分類
こんなに嬉しいことはない…。

eggplant.jpg

まあ、ほんとは「many」じゃないけどね。
友だちと比較するとかなりがっかりな感じ。

上司に、

「もらえるだけありがたいと思わないとダメだよ」

と言われたことがあって、

たしかに、自分の仕事っぷりを考えれば、
「もらえるだけ恵まれてるかも」と思うし、

そうゆう直向きで謙虚な姿勢は大切だと思う。


でも、じゃあ、
いつになったら、もらえて当たり前の仕事人になれるだろうか。
2011.06
20
Category : gourmet
おちんちんって単語はどれくらい女子受けが悪いんだろう。



最近非常に多くの人から、
「太った」、「肥えた」と指摘されるようになりました。


それもそのはず。
新しい部署に来てから約半年で体重+5kg!焦


ストレスのせいかしら。

小生、お酒はやりませんが、
間食のお菓子と、帰宅後のお夜食をやめることが出来ず、
その結果5kgも増量してしまったものと思料。

机の両サイドに備え付けられているキャビネットの引き出し一つはお菓子箱。

今日のお夜食だってこの通りです。

110620.jpg

これはミニストップでお夜食を買ったときの最強3TOP。

クノールのスープパスタきのこクリームはまろやかクリーミー、マカロニがちょっと固めのうちに食べ始めるのが乙。
テリたまサンドは濃い味テリヤキと目玉焼きが至高のハーモニー、ミニとんかつ重も手頃なサイズにトロトロ卵と柔らかお肉が最高です。

特にミニとんかつ重はこの手のひらサイズが絶妙。
多分この商品が大人気のため、ミニストップは通常のお弁当サイズのとんかつ重も発売したみたいですが、
多分すぐ発売中止になるんじゃないかと思います。

なにせこのサイズこそが人気の秘訣なんですから。




…ダイエットの決心を綴ろうと思っていたのに、
気づいたらついお気に入りのお夜食の話に熱中してた!

ということでダイエット頑張るのです。
今63kgなんでとりあえず目標60kg!

方法は可能な限り楽に、が理想!
ランニングなんて出来るだけしたくない!
2011.06
19
Category : 未分類
今日は友達とアウトレットに行きました。

最近はめっきり物欲が無くなっていて、
買いたい物は無かったんですが、

そうは言っても誘ってもらったのだから四の五の言わずにいざ出発!


次の日会社がある日に遊ぶのは嫌いなんですが、
そんなこと言っていたら、一生の7分の1は無駄。

いや、「土日こそ我が人生なり」と思えば2分の1が無駄!
と悔い改め、たとえ次の日が仕事だろうがなんだろうが形振り構わずいざ出発!

友達も出不精な奴なんですが、
「日曜に買い物行こうぜ!」なんて珍しくアグレッシブなこと言い出すから、
「きっとこいつもそう悟ったんだろう」と、自分で勝手に意気投合し、
勇み足で同じ列車に乗り込みました。


しかし、ということでアウトレットには来てみたものの、
やはり買い気配は高まらず、大人しい商品たちをただ撫でて歩き回るだけになりました。

遠くまで来て収穫無しはあまりに寂しすぎるので、
あっても困らない、リーガルの革靴を買いました。

日曜日に、高い電車賃払って、人ごみで賑わうセール中のアウトレットに来て、
買ったのは革靴1足。何が悲しくて。

夕暮れの滲む空模様が、
明日出勤しなくてはならない現実を匂わせる。


俺 「はーあ。…明日会社嫌だな!」


もはや頼れるはただ一人の同士。

こやつも買ったのは苦し紛れのシャツ2着。

同じ虚しさを二人で分かち合おうではないか。
同じ憂鬱を二人で噛み締めようではないか。

さあ!




友 「いや、俺あした振替休日だけど」







なにこの裏切り。

死ねばいいのに!
2011.06
18
Category : 未分類
普通自動車免許取得からはや4年…。

免許取得以降、一切ハンドルを握らなくなって4年…。
そんなこんなでもうすぐ2回目の免許更新…。



こ…、このままではまずい。

「仮に!」、「もしも!」、女の子とドライブデートする機会があっても、
このままじゃ助手席が自分になってしまうー。

助手席ならまだいい方。

場合によっては、
「車の運転も出来ないなんてなんて頼りない男なの!」
と、せっかくのチャンスも立ち消えになってしまうかもしれない。



このままじゃいかーん、

ということで車の運転はじめました。


来週から。

ブランク4年。
死なないか乞うご期待。
2011.06
17
Category : 未分類
浦沢直樹の『プルートゥ』を読みました。


そこまで、感動したわけでもないですが、
『20世紀少年』も『MONSTER』もレビューした経緯を踏まえてなんとなく書いてみる。


感情を持たず、人を殺すことが出来ないように作られたロボットが、
何かのきっかけで感情(憎しみ)を抱き、人を殺すことがあるだろうか、

というお話なんですが、
時代は近未来という設定、
シナリオ自体は現実の中東問題をアレンジしたようなお話でなかなか読んでいて楽しかったです。


ただ、レビュー済2作品の、
些細なようで、実は重大な物語の発端を最後に明かされるあの衝撃に比べると、

ちょっと神話チックにフワッと終わらせられて、
『えっ!これで終わり?!』って感じでした。

同じような雰囲気の物語だと、
松本大洋の『ナンバー吾』の方が好きかな。



浦沢直樹の描く漫画って、
特に解説もなく物語の場面・時代があっちいったりこっちいったりする上に、
至るところで意味深なカットを張り巡らしてるけど、

それらの伏線が緻密に計算されたものなのか、
それとも実は大抵は適当に置かれた単なる仕掛けなのか、

一回読んだだけでは判断つかないくらい読んでて混乱させられます。

『20世紀少年』はわりと難なく読めましたが、
今読み始めてる『ビリーバット』なんかは特に読みながら理解に苦しんでます。
2011.06
16
Category : 未分類
あるお店で買い物をして、
レシートをお店の外に備え付けられているゴミ箱に捨てようとしたんだけど、

ゴミ箱は二つあって、片方は、


「もえるゴミ」


もう片方は、


「もえぬゴミ」


と表示されていた。



わるふざけがすぎる。

レシート、もえぬゴミに捨ててやりました。
2011.06
15
Category : film
17歳の女子高校生ブリスは、
テキサスの退屈な田舎町ボディーンで生まれ育ち、
やりたいことも見つからないまま鬱屈した人生を履き潰していた。

母親はブリスを美人コンテストに参加させることにハマっており、
大会で優勝することが人生の成功だと信じていたが、
そんな人生に充実感を覚えることが出来そうにないブリスだった。


ある日親友パシュと少し都会の隣町オースティンにローラーゲームを観に出かけると、
ワイルドにぶつかり合い、
個性を称え合うローラーゲームの世界にすっかり魅了される。

ブリスは家族に内緒で年齢を偽り、負けん気は強いが勝利の少ないチーム、
ハール・スカウツの新人発掘トライアルに参加する、
天性のスピードを評価され、なんと入団を認められる。

それからのブリスは、昼は学校とダイナーでのウェイトレスのバイト、
夜はローラーゲームの練習というめまぐるしい日々を送り始め、

敵対するライバルとも臆することなく対峙したり、
バンドマンのオリヴァーと恋におちたりしながら、
新しい世界のヒロインになりつつあった。

しかし彼女の活躍は、内緒にしていた家族の耳に届いてしまう。


ローラーガールズダイアリー

「なにローラーゲームって、ださっw」

そう思いましたが、ドリュー・バリモアの初メガホン、
そして何より、「JUNO」のエレン・ペイジが鬱屈した人生にうんざりしながら、
自分探しに奮闘するというシナリオに興味を覚えて観てみました。


とりあえずやっぱローラーゲームにはスポーツとしての魅力は感じませんでした。

エレン・ペイジが小さい躯を駆使し、
並み居る屈強な女性達の間を縫って加速していく姿はちょっとかっこいいですが、

ルールがちょっと曖昧だし、
なんでスポーツとして成り立ってるのかすごく謎(笑)

なんであんなにせまいフィールドで、しかもプロレスばりに反則可なルールの中で、
ジャマー(だったかな?)という得点役の選手が人を抜いて滑れるのか。


あと「少女の成長を描いた作品」とする程には、
ブリスが成長するシーンは描かれていないです。

鬱屈した生活を送る地味な女性に共感を感じさせるとすれば、
ブリスが「本当は勇敢で逞しい女性」であったとしても、
トライアルに参加するシーンは、本当はもう少しオドオドと臆病であるべきだし、

「天性の才能」でローラーゲームの世界に飛び込んだら、
もはやそのままの勢いでスーパースターになっちゃったからね。

オリヴァーとの恋愛沙汰も実に中途半端。


肝心の成長という意味では、
平凡な人生を塗り替えようとするところではなく、

ローラーゲームに参加していることが家族にバレてから、
母親と理解し合うまでのシーンにしか感じられなかったな。



…まあ、ダメなとこばっかり説明しちゃったけど、
結構楽しいよ、ローラーゲームw

特に監督がチャーミングでしたw
2011.06
14
Category : 未分類
朝からシュワシュワしたい気分だったので、
自動販売機でサントリーさんの「CCレモン」買って飲んだ、こんな味だったーけなー。

なんかますます「微」炭酸になってね?



で、ここから本題ですがボトルラベルをボケーっと眺めていたら、
「ビタミンC レモン70個分」と書かれていることに気がついた。

ビタミン含有量をレモンの個数で示すという、
わかりやすいんだかわかりにくいんだか、って感じのよくある宣伝文句。

でもよくよく考えてみると、「レモン70個分」って多過ぎじゃない?
普通に考えてレモン70個1日で食えるわけんだけど。


調べてみた。


成分表では、CCレモン100mlあたりのビタミンCは286ml。
ペットボトル1本500mlでビタミンCは1430mlだ。

一方、レモン100gあたりに含まれるビタミンは100ml。
しかし、これは皮まで含めた「全果ベース」の数値で、
「果汁」には100gあたり50mlのビタミンC。

そしてレモンは1個あたり目安重量は120gであり、果汁率は30%。


ということはレモン1個あたりのビタミンCは18mlになる(120×30%×50/100)。
CCレモンの1本分のビタミンC1430mlを18mlで割ると、レモン79個分!

控えめじゃないかサントリー。


ただ、「ビタミンC含有菓子の品質表示ガイドライン」において、
基準値(20mg/1個)を準用して表示するという決まりにしているらしく、
1430÷20だと、まあ≒70個となる。


じゃあ、肝心の1日の必要摂取量は何mlなのか、という話だが、
なんと成人の男女ともに100ml!

単純計算でCCレモン1本あたりに含まれるビタミンCは、
1日に必要な摂取量の14倍…ということになる。

与えすぎじゃないかサントリー。



飲料水中のビタミンCは、普通に果実を摂取するのに比べて吸収率が悪いとされますが、
それでも空腹時で20~50%吸収率(参照非公式データ)。

低く見積もってもCCレモン1本で285mlは吸収できることになるが、
100ml以上はほとんど尿から排出されるらしい。

なんにせよ摂り過ぎなわけだが、
CCレモン半分飲めば、1日に必要な摂取量を満たせるというのは、にわかに信じがたい。
2011.06
13
Category : 未分類
なにがいいのかさっぱりわからん。



おニャン子クラブやモーニング娘。が流行ってたのと同じような理屈で、
AKB48に人気があるというのは、なんとなくわかる。
パッと見の可愛さで言うとモーニング娘以上だとも思う。わかる。

けど、その中で、なんで前田敦子が不動の人気を誇っているのかよくわからない。

特別かわいいわけでもないし、TV観てても取り立てて目立ってるとも思わないし。


たいしてTVでAKBを見てるわけでもないし、
大島優子とシノマリしか知らないような私が言うのもなんだけど、
そもそも基本的にこのグループって非常に没個性的じゃない?

何が他と違って、何が可愛いんだかさっぱりなんですが。


自分がおっさん化してきてこうゆうもの良さとか違いがわからなくなったのか、
それとも自分の感性はやっぱり正しいのか。


きっとその答えは前者だから恐ろしく虚しい。


会社のオジさん方もよく言ってる。

「最近のアイドルは全然区別がつかないよ、わはは」


虚しい。
2011.06
12
Category : 未分類
『原発反対!原発止めろ!原発止めよう!』

110611.jpg

東日本大震災による福島第一原発の放射能漏れ被害を受け、世界中で『反原発』を謳うデモ行進。

昨日新宿駅前でも『原発停止』への賛同を呼びかける大々的なデモ行進が行われていました。

警察と予め交わした『東口に到着した人から流れ解散すること』という誓約は、
傍若無人な若者たちによって破られ、アルタ前に滞留した人の渦は、やがて甚大な交通被害を巻き起こしていきました。

もちろんお年寄りもちらほら参加していましたが、
ほとんどは若者がノリで参加。太鼓叩いて、拡声器で大声出して大騒ぎ。

いや、大はしゃぎか?


「原発を止めよう」という問題意識も良いと思うし、
「そのためにデモをしよう」という勇気も素晴らしいと思うけど、

なんでその行動力が安易に「駅前で馬鹿騒ぎ」になるんだろう。
本気で原発を無くそうと思って行動している人は別にして、
ただ単に盛り上がりたくてやってる人が多い雰囲気が残念な新宿デモでした。

人を見た目で判断しちゃあいけないとは思うけど、
暴力的で卑猥な纏い装束・メッセージといい、無闇やたらと発する騒音といい、

周囲に与えたのは、原発停止という大きな目標と同じくらいの不快感だったように思います。

人に迷惑かけながら正義を謳っても効果半減だろ。
なんでもっと人の心に響くやり方をしないんだろうか。

世界を本気で変える気があるとは到底思えないんだけど。



以上、節電と義援金ぐらいしか出来ないくせに、
交通渋滞にイライラした私の憤り。
2011.06
11
Category : 未分類
今日は、大学時代のお仲間4人が久しぶり全員集合して遊びました。


司法試験に落ちた友達も来たのですが、
実はこれは僕の勘違いだったらしく、

「どう?」と不親切に聞いた僕の質問に対し、
「ニートになったよ!」との彼の回答は、

「大学院も卒業したし、司法試験も受けて今論述式試験の結果待ち状態だから、
やることなくてヒマだよ」という意味だったのです。

彼が落ちたものだと思い込み、彼を気遣って
「なにーマジでかー。じゃあ来年再チャレンジだな。
どうせ暇なら3連休旅行にでも行こうぜ」と妙なハイテンションで送った僕のメールに対し、

「なにコイツ勘違いしてんの?まあいいか勘違いさせとけば、不利益被らないし」
と誤解を解くことも無い彼。なんてやつだ。


まあ、結論言えば受かってて良かった良かった笑

ちなみに論述式試験の結果は9月。
受かれば「ビギナー」。落ちればもう一年。

中途半端な宙ぶらりん状態が、
彼にとってのNot in Education, Employment or Training。
2011.06
10
Category : at office
今私の会社はあるイレギュラーな状況にあり、
私は毎日、自分の部署の報告を当日20時期限にて取りまとめて、
マージして他部署に報告するという任務(←雑務)を負っている。

でも部内報告期限の20時を過ぎて報告されることも珍しくなく、
それを受けてからマージして報告してると、たいてい帰りは21時、22時になる。


最近実は仕事自体はそこまで忙しくなくて、
早帰りしようと思えば定時にだって出来そうな気がするくらいなんですが、
この任務のせいで、他にやることもなくかなり無意味に遅くまで残っていなければならない。

私はただデータのマージして微調整しているだけだし、
報告のために本当に大変なのはご年配の皆様方なので、
「僕の早帰りのために早く報告してください」なんてトレースすることも出来ないし。


だから、華金だって早帰りは出来ないし、
仮に女性とデートするチャンスがあったとしても(仮にね)、
当然帰り時間が何時になるかわからず、しかも大抵すごく遅いのでお流れになってしまうのです。


だからなんとなーくフラストレーション溜まる今日この頃。
遊ぶことも出来ず、暇つぶしながら机に向かう数時間が唯々無駄。

過ぎ行く24の青春…。
はやく終わらないかなー。。
2011.06
09
Category : film
コンスタンティン

天国と地獄は、地球上のすぐそこに存在している。
むしろ人間界が天国と地獄の狭間に存在しているのだ。


毒舌のヘビースモーカー、ジョン・コンスタンティンは、
生まれながら、この世界のすぐ側にある天国と地獄の存在を感じ取る能力があったが、

その能力への恐怖から、幼少期に自殺を図ると、
そのせいで2分間、地獄世界での臨死を体験することとなり、
自分の目に見えるものが現実であることを悟る。

以来、ジョン・コンスタンティンは、
人間に乗り移ることで人間界に入り込もうとする悪魔の手先と戦うエクソシトとして、
人間界をパトロールしている。

ジョンの死後は、一度自殺未遂を犯した過ちのせいで地獄行きが確定しているが、
なんとかしてエクソシストとしての行いを天国の神ガブリエルに評価してもらい、
天国行きの切符を手に入れたいところなのだが、その願いが届く気配はない。

しかも15歳から毎日30本吸い続けた煙草のせいで肺癌に罹っており、
ジョンに残された命は僅かしかなかった。



このジャケットを観る限り、
あのマトリックスで一世風靡したはずのキアヌが、

今度はやたらと安っぽい機関銃を手にして天国だの悪魔祓いって、
くだらない映画に出たもんだなーっと思って完全にスルーしていましたが、

この映画が思いのほかおもしろくて良かったです。


天国と地獄の狭間に人間界があって、
ジョンたち能力者は、人間界をパトロールしたり、
逆に悪魔の力で人間界で悪さをしようとしているという世界観が
今まであるようで無かった感じで良い。

そして何よりも良かったのは冥界の神サタン。

これはヒマなら是非映画を観てもらいんだが、
服装といい、登場の仕方といい、
なんともいえない格好良さなんです。

「これサタンなのかよw」
と思わず問い合わせたくなるほど。

あのセンスは鳥山明を彷彿とさせます。



ヒロインの命を救うため、人間界にサタンの息子を侵入させないため、
再び自殺を図り、地獄の神サタンを召還するクライマックスシーン。

「自殺を図った者は皆地獄行き」というルールに縛られるジョンが、

「自己犠牲は天国行き」という、
特に説明もないのに妙に納得感のある裏ルールで天国へと召されそうになるものの、

ジョンに地獄に来て欲しいサタンは
それを阻止せんと、ジョンの肋骨の下から胸部へと手を突き刺し、
癌に冒された肺を取り出して生きながらえさせるというオチは、

キアヌが「マトリックス以来の秀逸な脚本」と言うだけのことはあります。
2011.06
08
Category : film
しがない泥棒のハリー・ロックハートが警察に追われて飛び込んだのは、
ハリウッド映画のオーディション会場。

オーディションに合格して“探偵役”のスクリーンテストを受けることになったハリーは、
ハリウッドの有力者であるハーラン・デクスターの紹介で、
役作りのため本物の探偵ペリー・ヴァン・シュライクとコンビを組むことになる。

ハリーは探偵らしい所作を身に着けようと、必死に彼についてまわるが、
ペリーと共に尾行していた美女が突然目の前で死体となって発見されたのを皮切りに、
ハリーの周囲が騒がしくなり始める。


キスキス,バンバン L.A.的殺人事件

余談だけど、ハリー役のロバート・ダウニー・Jrって、
かっこよくなったFCバルセロナのシャビ・エルナンデスって感じだな。


「これがL.A.的」とサブタイトルでも謳っているように、
ちょっと今までにない感じのスタイリッシュで陽気なサスペンス。

ハリーが途中で映画を観ている人に語りかけたりと、ところどころ斬新で、
小気味の良さと、センスあるユーモアで飽きなく観ていられます。


ストーリーについては、複数の事件がやがて1本の単線に結ばれていく映画なのですが、
オツムの足りない私には途中から「?」って感じでした(笑)

まあ、なんか楽しいからいいや!って感じ。
2011.06
07
Category : film
パリ郊外のアパルトマンで、タクシー運転手の父と暮らす少年ダニエルは、
ある日、クラスでベルサイユ宮殿を見学に行った時に、
ローレンという美しい少女と出会う。

ルーブル宮殿の庭園で再会した2人は、
ふとしたことで知り合いになった老人ジュリアスから、

『ベネチアにあるため息の橋の下で夕暮れの瞬間にキスをした恋人たちは、
永遠の愛を手にすることができる』というサンセット・キッスの伝説を聞かされ、
ローレンは胸をときめかせた。

ローレンは、両親が近くアメリカに帰国するのを知り、
ダニエルと離れ離れになってしまうことに落胆するも、

その前にサンセット・キッスの伝説をもってダニエルと永遠に結ばれようと、
べネチア行きの決意を固めた――。


リトルロマンス

誰しも若かりし時に一度は経験する恋の思い出を描いた映画。
まさに「リトル ロマンス」。


しかし、ものすごく良い題材なだけに残念なのが、
少年ダニエルがこにくたらしくて、妙に大人びすぎているところ。

そのせいでこの恋に清々しさを感じられないんだよね。


誰しも抱く初恋の淡い思い出って、
結局何も出来ないし、何も叶わないんだけど、
後から思い出すとなんとなく美しい。

そんな程度だと思うんだよね。

この少年は「リトル・ロマンス」というにはいろいろ妙にマセすぎ!
2011.06
06
Category : football
guti-simao0.jpg

げげげげ激熱ーーーーーーっ!

なんというマスターリーグ!

o_atletico_de_madrid_simao_sabrosa-25902510.jpg

どうやらリーグ戦は不調に終わったようだけど、
トルコカップでは優勝したみたい。

移籍後初タイトルめでたいめでたい。



besiktas-meets-istanbul-bb-in-ziraat-cup-final-2011-05-10_l.jpg

(注)左が彼

まあ…、元気そうで何よりだ。

契約切れたら帰っておいでよ。
2011.06
05
Category : 未分類
ここんとこ崩れた天気が続いていましたけど、
今日は昨日に続いてなかなか良い天気でしたね。

こんな天気のいい日は絶好のBBQ日和。


男女20人、江戸川の土手で。

スーパーで肉や野菜を買出しして。

おっと、もちろんお酒をも忘れずに。

まずはビールで乾杯し。

お肉をまんべんなく味わったら。

ソーセージやマシュマロなんかで中だるみを抑えて。

最後は野菜たっぷりの焼きそばで締め。


恋の花も咲そうな、
理想的な休日の過ごし方。






でも実際は昨日の夜更かしとすきっ腹がたたって、
途中であえなく酔いつぶれてシートの上で眠ってしまいました。

気づいたら前の部署の先輩のお宅のお布団の上w


先輩の旦那さんとか、
先輩のお友達とか、
先輩のお友達の後輩とか、
先輩のお友達のお兄さんとか、
先輩のお母さんとか、

もはや「誰?」って思わずツッコミ入れたくなるほど色んな人が居るBBQで、
ちょっとだけ緊張したのもあって酔いが早く回ったのかも。


でも、もう異動して部から居なくなった僕を誘ってくれて、
しかも皆さん明るく親切で、逆に気を遣ってもらって、幸せでした。

自分も将来こんな風に自分の友達の友達とか、
友達の奥さんとか旦那さんとかを招いて、
自分の家でパーティしたり、BBQしたりするの、憧れます。
2011.06
04
Category : 未分類
ここんとこ崩れた天気が続いていましたけど、
今日は久しぶりに良いお天道様がのぼりましたね。

こんな天気のいい日は絶好の江ノ島日和。


男女4人で江ノ電に揺られて。

昼間は鎌倉の街でおしゃれで可愛い雑貨屋巡り。

ちょっと疲れたら涼しげなカフェで鎌倉スイーツを食べて。

鶴ケ岡八幡宮で幸せな未来をお願い。

夕食は海沿いのレストランでイタリアン。

そして最後は湘南の海で花火。


恋の花も咲そうな、
理想的な休日の過ごし方。








でも実際は家でごろごろ。

最近クレヨンしんちゃんの動画を山ほど見れるサイト見つけたので、
暇なら暇で開き直って、これを見ながら同時にPCに保存してます(笑)
2011.06
03
Category : 未分類
ツイッターでつぶやく時、
語尾に『~なう!』(NOWの意)とつけてつぶやく流行り?みたいなものがあるそうな。



つぶやいたことないけど、
つまり、たぶんこうだ。


『渋谷なう!』←渋谷にいるよ!

『ボーリングなう!』←ボーリングしてるよ!

『ランチなう!』←昼ごはん食べてるよ!

『品川なう!』←うそ、本当は品川だよ!

『帰宅なう!』←疲れたよぉ!

『迷子なう!』←迷ってます!

『ウナギなう!』←下から読んでも同じだよ!

『3つ上の綺麗な先輩とこっそりなう!』←楽しいよ!

『John is playing baseball with his classmate at ground near the river なう!』←ジョンはその川の近くのグラウンドでクラスメイトと野球をしています、なう!

『ヒアリングなう!』←英語の勉強中だよ!

『夢は必ずかなう!』←信じよう!
2011.06
02
Category : 未分類
僕は「なんちゃって法学部卒」なんですが、
法曹の道は道半ばで諦め、一般企業に就職。

まあ本当のところはほとんど歩き出すこともなかったんだけどさ。


そして数少ない大学友達の数名は、
その道を信じたまま、大学院へと進んでいきました。


今日6月2日は、
「新司法試験」短答式試験の結果発表日。


8千うん百うん十うん人が受験して、
5千うん百うん十うん人が受かるような試験だし、

淡々黙々と勉強していた彼だから、
まあ、短答式はとりあえずパスしたろうなと思って、


「どう?」と手短にメールを送ると、

「ニートになったよ!」と、ハツラツとした返事が。



む、向こうの真意が読めない…。

本当は落ち込んでるけど強がっているのか、
立ち直りが早いだけか。
はたまた嘘なのか。


メール時代の障害。

次の1手が選べない!
2011.06
01
Category : film
63歳の独身大富豪ハリーが付き合う女性は、決まって30歳以下の美女ばかり。

そんなハリーが新しい恋人マリンとお忍びで、
ハンプトン・ビーチにある彼女の別荘にやってきたところ、
不幸にも彼女の母親エリカと鉢合わせに。

愛娘と付き合う還暦を過ぎた老人に、エリカは最悪の印象を抱くも
ハリーが夕食の後、心臓発作で倒れてしまい、
しばらくエリカの別荘で療養生活を送ることになってしまった。


当初はハリーの傍若無人な振る舞いに、生活をかき乱されるエリカだったが、
徐々に見えてくるハリーの意外な内面に彼女は心惹かれていく。

一方、ハリーの担当医となったジュリアンが、
20歳以上年上のエリカに恋して、猛烈なアプローチを始める。


恋愛適齢期


どうやら僕はどうがんばっても
エリカ役の女優ダイアン・キートンに魅力を感じないみたい。


しかも「恋愛適齢期」って言うタイトルで、この映画パッケージだから、

てっきり年上男のジャックニコルソンと年下男のキアヌ・リーブスの間で、
「どっちが良いかしら」と揺れる恋心を描いた映画なんだと思いきや、


「上下の年齢差」は特段テーマにならず、
ただの60のオジイサン、50のオバアサンのただの恋愛映画だった気が…。

年下男のキアヌはかなり影の薄い、添え物みたいな存在だったし…。


「いくつになっても恋していいよね!」ってタイトルそのままの映画でした。