FC2ブログ
RSS
Admin
Archives

幸せなら手をたたこう

急いで生きなくちゃ 死に追いつかれないように

プロフィール

FlyingHigh1986

Author:FlyingHigh1986
"Again, you can't connect the dots looking forward; you can only connect them looking backwards. So you have to trust that the dots will somehow connect in your future. You have to trust in something"

最近の記事
カテゴリー
カレンダー
10 | 2011/11 | 12
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
月別アーカイブ
最近のコメント
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
2011.11
30
Category : at office
仕切り直しのリズム♪



電話のやりとりで何度も怒りをぶつけさせて頂いた会社の人に、
懇親会でバッタリ同席(相手は一年先輩)。

直接会って膝を付け合わせて話してみると意外と分かり合える不思議。



電話だけのやりとりじゃなくて、
直接会って話してみないとわからないこと多いよね。

「仕事は現場で」を出来るだけモットーにしたいね。




ちなみに話題はドラクエで大盛り上がり。


やっぱりフローラを選んじゃうような奴はダメですよね!

「今度はフローラと!」ってつもりで2週目を始めて、
結局情に流されてビアンカにいっちゃうような自分が好き笑

お金がなんだ。イオナズンがなんだ。
大切なのは思い出だ!


ということで意気投合。
おかげで仕事も明日からスムーズだ。
スポンサーサイト



2011.11
29
Category : 未分類
「少し前まで"永遠の愛"なんてものには懐疑的だった自分。
"永遠の愛"が存在するかわからないなら、一生をかけて自分で証明すればいい。」





「おえっ!と言っています。」機能も作った方がいいんじゃないだろうか。
2011.11
28
Category : at office
今日、仕事中、ある先輩に仕事上の質問をしたかったんだけど、
ある一般職の女性がその人とずーーーっと雑談してんだよね。



ベラベラベラベラベラベラベラベラベラベ
ラベラベラベラベラベラベラベラベラベラ
ベラベラベラベラベラベラベラベラベラベ


その一般職、いつもそうなんだよね。
一日中ずっとおしゃべり。

一応、自分より15歳年上だから、
今まで基本的に話してるとこ遮って割り込むのためらってたんだけど、


でもさすがにイライラしちゃって。


『年上だからって何を遠慮することがある!
仕事なんだから聞くべき時にすぐ聞くべきだ!』

と思い直して、割り込んでみたわけよ、今日は。


でも当然表向きは丁寧に…、



いったつもりだったん だ け ど !



うっかり口を滑らして、

おしゃべり中すみません、よろしいですか?』

ってつい本音が出ちゃった。



日本語はそこそこ自信あったんだけどな(笑)
2011.11
27
Category : football
          「品位あるダービーのために、もっとふさわしいライバルを募集!」



リーガ・エスパニョーラ 第14節
レアル・マドリー vs アトレティコ・マドリー

         4  -  1
得点者
               アドリアン・ロペス(ジエゴ)
ロナウド
ディ・マリア(ロナウド)
イグアイン
ロナウド

640x392_47723_179358.jpg

試合開始後、冷静な立ち上がりを見せたアトレティコだった。

ホームのレアル・マドリーにボールキープはある程度許しつつも、
ボール奪取からのショートカウンターを虎視眈々と狙う。

レアルの攻勢を集中力漲る守備で押さえつけつつ、
先制に成功したのはアトレティコ。

前半15分アドリアンの突破からジエゴへパス。
体勢を崩しながらもジエゴが見事なダイレクトのスルーパスをエリア内に流し込むと、
再びボールを受け取ったアドリアンが冷静に押し込んで先制。

レアルに対して19試合勝利の無いアトレティコが、
「今日は違うぞ」と見せつけた試合開始だったのに…。

その6分後、GKクルトワがエリア内でオニギリを倒して一発退場、PK献上。

嗚呼、PKは致し方ない。けどレッドなのか…。レッドなのか…。


結局そこからはレアルの弱い者いじめ。
なんとか1-1で前半を凌ぎきるも、後半に入って3失点。

ゴディンの無様な連携ミスからの失点と、
そのゴディンの退場というおまけも付いて、ベルナベウ遠征敗退。


さて次節は結構大事なセルティック戦を挟んで、ラージョ・バジェカーノ戦。
レアル戦敗北は仕方なかったと割り切って切り替えよう。

レアルはビセンテ・カルデロンで倒そう。


余談ですが、アトレティコのドミンゲスは、マテュー・ラオス主審率いる審判団に納得がいかないようで、
試合終了後にツイッターで「10対14でプレーするなんて難しすぎる!」とツイート。

しかしドミンゲスは、1時間後にこのつぶやきを削除したようで。
衝動的につぶやいて、後から冷静に戻るドミたんかわゆいw


プレミアリーグ 第13節
リヴァプール vs マンチェスター・シティ

       1  -  1
得点者
 コンパニ(シルバ)

くそう。

リヴァプール、今度はカーリングカップでチェルシー戦。
ビッグマッチ続く。
2011.11
26
Category : 未分類
大事にとっておいたポテトチップス、妹喰われた。。



泣きそう。

一人暮らしはじめたらこんなこともないんだ。






泣きそう。
2011.11
25
Category : 未分類
アメリカの就業ビザを取得するためには、
アメリカ大使館で面接を受けなくてはならない。

念のため「面接は英語ですか?」と聞いたら、

「当たり前だろ」と言われた。



今日、僕の海外赴任関連の事務を担当してくれている人から、分厚い冊子が届いた。

「ビザ取得のため、当社概要等をまとめた本冊子を大使館に提出しました。
面接で内容に触れられると思いますので軽く目を通しておいてください。」


50ページの冊子。
念の為開いたけど母国の言葉は一つも無かった。

軽く目を通せない。
泣きたい。
2011.11
24
Category : at office
いい言葉ですよね。


年を取り、偉くなるほどに、なおさら人に対して礼儀正しく、紳士的になっていく人を、
実るほどに重くなる穂先をお辞儀のように下げてゆく稲穂の様子に例えた先人のお言葉。

逆に言えば、僕の嫌いなアイツやコイツは、
言わば実ってないからこんなに無能で無礼なんだな、なんて思う。



はっきり言って僕の勤務態度はすこぶる悪いと思う。

乱暴な言葉でぼやくし、足組むし、目つき悪いし、
人に聞こえるようにため息つくし、PCのマウスやPHSを叩きつけるし、
先輩に対して不満を隠さず、文句も言うし。ね。

日々色んなことが不満だし、憤りも感じるし、
身のまわりには無責任なバカも多いからだから、
いつもイライラしてしまっているからだと思うんだけど…、

単純に『忍耐力がないだけでは』と聞かれるとつらい。。


今の部署で働いていると、
心が荒んでいくのがよくわかる。

自分が大切にしてた愛想とか礼儀正しさとかがどんどん失われて、
自分で好きになれないような自分になっていくのがわかる。
そんな環境で働いてることが本当苦痛。


そんな自分の弱さを正当化したくて、
『まあ自分はまだ若くて実ってないから、
ストレスに対してイライラを隠せなくても仕方ないか。

クリスティアーノ・ロナウドとかもそうだったし。
これから自律心を養っていけばいいのかな』

なんて先人の言葉を都合良く解釈して日々やりすごしてます。



早く異動したいなぁ。。
2011.11
23
Category : fashion
『最近色んなもの買いすぎちゃってやばいんだけどーー』
とか言おうかと思ったけど、
そもそもよく考えたらいつも買いまくりな自分に気づいた。



靴買いました。

ずっと「茶色い靴ほしい、茶色い靴ほしい」と念仏のように唱え続けていたのですが、
とうとう買うことができました。

111106-2.jpg

アルフレッド・バニスター。
散々悩んで結局大学生っぽいブランドに着地したなーw

でも長年探してきた中ではコスパ、色、シルエットで一番理想に近かったんです。
常に最高なのはブッテロでしたが、ブッテロは高い!そして重たい!


バニスターって「チャラ男」、「お兄系」のイメージが個人的に強く、
これもトウがロングノーズで靴自体がやや大きめに見えるんですが、
まあ尖ってないだけ救いがある。。言われなきゃ多分バニスターとは思われないだろうしw

ただバニスターって耐久性も脆いイメージあるけど、長持ちしてくれるのか不安。


ちなみに最近スーツ(7諭吉)も買っちゃって冗談抜きで買いまくりなんだけど、
来月ボーナスでウハウハ。引き続き財布のひもユルユル。

これだけがサラリーマンのモチベーション。

我々は『あなたは何のために働くか』という質問に対して、
『金銭』と答える世代です。
2011.11
22
Category : 未分類
『八方美人』って大抵は『欠点』、『短所』とされることが多いけど、
本当はもっと前向きな『長所』とされるべき性格なんじゃないかと思う。

日に日にヤサグレてく自分と、
いつでもピュアなジュゴン見ててそう思った。



どんなに嫌な人にも明るく対応できる。
どんなに暗い気分の時でも、優しくふるまえる。

これを長所と呼ばずになんと呼ぼう。



例えば仲の悪いMさんとKさんの間に入って、
どちらに対しても、もう片方の悪口を言うようなO君がいれば、
確かにそれは悪い意味で『八方美人』かもしれない。

八方ブサイクと言ってもいい。


でも、MさんとKさんに対して自分の本音をぶつけることが出来ず、
仕方なく『はいはい、そうですよね』と話を合わせてしまうのって、
そんなに悪いことか?そんなことよくあるし、誰しもやりがちじゃないか?

『いや、Mさんが正しい。間違ってるのはKさんだ!』
なんて言えるのは確かにひとつの強さかもしれないけど、
それってそんなに簡単なことじゃない。時にはそれ自体間違いになりうる。


にもかかわらず、特に誰とでも分け隔てなく付き合える人ばかりが、

『あの娘、八方美人よね。本当は腹黒いくせに。ふん!』

なんて言われてけなされる。
『てめーは誰にとってもいつでもブサイクだバカ』と言いたい。



どんなに下劣な人にも親切に、
どんなに卑劣な人にも礼儀正しくなれるなんて、

それはもはや『強さ』じゃないか。


そうゆうの『八方美人』じゃなくて、『八面玲瓏』ってゆんだよ。
2011.11
21
Category : 未分類
リオレオーーーーー!!!!
2011.11
20
Category : football
プレミアリーグ第12節
マンチェスター・シティ vs ニューカッスル

             3  -  1

得点者
 バロテッリ
 マイカー・リチャーズ
 アグエロ

リーガ・エスパニョーラ第13節
バレンシア vs レアル・マドリー

     2  -  3

得点者
 ベンゼマ(シャビ・アロンソ)
 ラモス(エジル)
 ロナウド

アトレチコ vs レバンテ
     3  -  2

得点者
 ピッツィ(レジェス)
 アドリアン・ロペス(アルダ)
 ジエゴ

今季絶好調のレバンテをホームに迎えたアトレチコ。
リーグ戦4位につけるこのダークホースとの試合が、
今季アトレチコがCL圏内を争えるかどうかを占う一戦となると意気込むグレゴリオ・マンサーノ監督だが…。


終始ゲームを支配したのはアトレチコ。
結果はどうあれ、バルセロナ戦以外ではほぼ全ての試合でゲームの主導権を握ることに成功してきたアトレチコだが、
この強豪との一戦でもそれは決して例外ではなかった。

しかし、これまで主導権を握りながらも決定機をなかなか作れてこなかった点も同様で、
この日もアトレチコの運命を担うジエゴを中心に攻撃を組み立てるもゴールを奪うには至らず、
結局スコアレスで試合を折り返してしまう。

業を煮やしたアトレティは、
マンサーノへ謀反を働いて干されたとされる男の名前を声を揃えて叫びはじめ、
その声に後押しされたかのように、
レジェスが途中交代でピッチに駆け込む。

するとそのウィンガーは左サイドに抜け出したピッツィに絶妙なスルーパスを通してチャンスを演出。
待望の先制点が生まれる。

その数分後、あっという間に同点に追い付かれるという『らしさ』を演出したアトレチコだったが、
その後も巧みなパスワークで終始レバンテを圧倒したアトレチコは、続けざまにゴールを奪い再び優位に立つことに成功。

後半ロスタイムに後味の悪い追撃弾を決められ、守備の脆さを露呈したものの、
試合の70パーセントを支配したアトレチコが試合を制した。

久々の勝ち点3に酔いしれたアトレチコは9位に浮上。

3位入賞を争うべきこのリーグでこれから巻き返しを図るが、
次節は宿命のライバル、レアル・マドリー。

今季第4節での大敗により調子を落としたことを考えると、
是が非でも勝利に食らいつきたいアトレチコだが、

難攻不落のサンチャゴ・ベルナベウで、
99/00シーズン以来勝利の無いアトレチコに為す術はあるのだろうか。

Atletico-Madrid-Celtic-FotoSergio-Reuters_LANIMA20110915_0065_27.jpg

 1位 31 レアル・マドリー
 2位 28 FCバルセロナ
 3位 24 バレンシア
 4位 23 レバンテ

 5位 20 マラガ
 6位 18 セビージャ
 7位 17 アスレチック・ビルバオ
 8位 17 エスパニョール
 9位 16 アトレチコ・マドリー
10位 16 ラージョ・バジェカーノ
2011.11
19
Category : gourmet
今日は大学のゼミの友達とラクーア・スパに行きました。

温泉は写真撮影禁止なので、
夕食の写真を。ラクーア施設内の「紅虎餃子房」の大餃子。

111119-2.jpg

でかい!



僕は法学部卒なんですが、
ゼミの中で弁護士を目指した友達「通称ゲル」が一発目の新司法試験に見事合格し、
法曹の卵になりました。

これからは所謂、司法修習生として1年間勉強だそうです。
昔オダギリジョー&ミムラでやってたドラマ「ビギナー」の段階です。

色んな地方から同じ法曹の道を志す仲間が集まって、
楽しい体験授業の片手間に可愛い女の子とご飯したり、
綺麗なお姉さんとアヴァンチュールしたりする、楽しい楽しい司法修習生♪です。



しかし、実地場所がなぜか高知県(笑)
11月の末から約1年間、しばらくお別れです。


友達と遊ぶこともなくコツコツ勉強して、
苦しい受験とのプレッシャーと戦ってやっと試験に合格したのに、
今度は高知県に出向だなんて、

法曹の道は厳しいんだなー。



ま、そんなわけで僕には弁護士の友達いるからさ。
もし何か困ったことあったらいつでも相談してよ。






すぐ合コンセットさせるから!
2011.11
18
Category : at office
仕事でニューヨークに行けば、
こんなにいいことがある。


英語をしゃべることが出来るようになる。

外国人の友達が増える。

自由の女神が見れる。
グランドキャニオンも見れる。

写真もたくさん撮れる。

セントラルパークでのんびりできる。
ルート66も走れる。

アメリカの食を楽しめる。
アメリカのファッションも楽しめる。
いいとこに住める。



…だけど、それでも行きたい気持ちは半分だ。

2011.11
17
Category : film
                   「人と人はね、一瞬すれ違うだけなんだよ」





東京から九州の片隅にある小島、火蜥蜴島に引っ越して来た西表耶麻子。
きれいな夕焼け、温かい人たち。

耶麻子はすぐにこの島を好きになったが一番の理由は南愛治先輩に会えることだった。


だが、耶麻子には、クサくてウザくてキモい不破先輩という天敵がいた。

ある日、耶麻子は南愛治先輩へのラブレターを不破に拾われ、
勝手に“南先輩への告白大作戦”を始められてしまう。

しかしはじめは最悪の事態だと思っていた耶麻子も段々とその気になってきて―。


私の優しくない先輩

正直くだらない映画なのだろうと思ってましたが、
結構しっかり(?)した映画でした。

主人公は頭の中が四六時中大好きな先輩と自分の妄想でいっぱい、という天然美少女。

急に大好きな先輩の周りでミュージカル調に歌って踊りだしたり、
宙吊りになって宇宙の星たちに自分の心情を吐露したり、
幸せのあまりフワフワと地面から浮いて歩きだしたり。

耶麻子の感情のアップダウンを非現実的なシーンで表現するのが特徴の映画で、
そのぶんシリアスさはかけらほども無い。

かと思いきや耶麻子も「完全無欠のピュア」ではなく、
地味なクラスメイトを友達にして自分を際立たせたり、
そのズルさに負い目を感じながらも
「バレなきゃいいよね?」と自問自答を繰返すというような内面を持ち合わせていて、

物語のお気楽でポップな印象に微妙にマッチしておらず、


それが「おや、なんかちょっと他の映画とは違うぞ」という印象を受け、
結果として結構楽しんで観ることができました。

私の優しくない先輩2

おちゃらけ映画のような印象でありながらも、
物語の展開は結構おまい話になっていき、

こんなジャケットの撮り方、タイトル字体を選んでも、
不自然な印象があまりない、なんだか不思議な映画なのです。

最後は結末があやふやなままにエンドロールが始まり、
映画の登場人物全員が高校で「MAJIで恋する5秒前」をノーカットで踊るという妙な斬新さで、
最後まで掴みどころなく、でもなぜか楽しめました。
2011.11
16
Category : at office
今日は海外赴任前研修と題して、
海外で働く際のマネジメント・働き方を学びました。

外部の優秀なマネジメントアドバイザーの方にご講義頂きました。


 『海外で採用を行う際に、相手に既婚者か、子供がいるか、母国語が何か、
  等を訪ねてはいけません。』

外国人は「結婚」や「出生」で就職・出世で差別されると強く感じるそうです。
就職活動時に住所やら顔写真やらあれこれと情報を差し出す日本は、
世界で見てもかなり特殊な就活文化らしいです。



 『アメリカ人は沈黙を嫌います。自分の意見がなくても、とりあえず何か発言し、
  敢えて相手と反対意見を言おうとします。』

大航海時代、大陸・金を求めて船で無謀にも旅に出たヨーロッパ人の気質は総じて、
若くエネルギッシュ。屈強な躯を持ち、勇敢で積極的でした。
そんな若者たちが作った国、The United Stats of Americaは、
意見や答えをはっきり求め、はっきり答える文化です。



 『海外スタッフは解雇・評価にとても敏感。
  「なんで私の評価が3(100%)なの?私はアレとアレとアレを達成したわ。
  部署の誰より仕事ができるのになぜ3なの!?
  私は最低でも4(110%)が必要よ。他の人はいくつなの?!」』

基本的に解雇が少ない日本と異なり、海外で日本企業に雇用される現地人は、
自分の評価・給与にとても敏感で、給与引き上げ交渉が行われるのが当たり前です。
そして皆、自分の成果を毎日記録し、交渉の場に持ってくるのが通常です。

相手に論理的な理由を説明をし、納得させるためには、
常に相手に求めることを明示し、何が出来ていないかをはっきり伝えましょう。
そしてそれを記録に残しておきましょう。そして厳格な評価を。もしスタッフを解雇したいとき、
馴れ合いや情で「評価3」を付け続けたりしてしまっては、解雇する理由が見つかりません。


 …『それでは皆さん、海外での素晴らしいご活躍を期待しております!』



いやちょっと待て。
だから英語できないんだって!
2011.11
15
Category : at office
それからというもの、
海外絡みのメールがたまに僕にも飛び込むようになった。

読めない、のは僕だけで、
『頼むからもう俺をcc:に入れないでくれ』と祈りながら、
必死に電子辞書叩いてる。


英語のやたら長いメールが届いて、
一つとんでもないことに気付いたんだけど、

英語のメールって無視して読み捨てることが出来ない!

よく、必要以上に同僚をcc:に入れてメールする人が皆の会社にもいると思うけど、
そうゆう時って、自分とほぼほぼ無関係のメールって、
ある程度サッと読み流すだけで、自分にとって本当に関係ないか判断出来るけど、

英語のメールはそれが出来ない!僕にはできない!


サッと読み流せない!
最後まで自分関係ないかわからない!

泣きそう!
2011.11
14
Category : at office
『海外に行く』となった途端に、
海外絡みのmtgとかに放り込まれることが増えた。

聴き取れない、話せない、のは僕だけで、
『頼むから俺に話を振らないでくれ』と祈りながら、
必死になってわからない英語を単語だけを頼りに追いかける。


アメリカ人プレゼンテーターの熱心な説明に感心して、
納得の相槌を打つ一同。

⇒ 何がすごいのかわからない俺_φ(・_・


アメリカ人プレゼンテーターがちょいちょい挟むジョークに、
思わず笑いが溢れる一同。

⇒何が面白いのかわからず反応できない俺_φ(・_・


⇒とりあえず笑っとく俺♪( ´▽`;


この先NYでどんな未来が待っているのか不安過ぎて泣きそう笑
2011.11
13
Category : fashion
最近ジーンズ買ったんだけど、
気づいたら手持ちがこんなに。

111106-1.jpg

ショーツ入れるともっとあるんだけど…。

服買いに行くとどうしても自分がもともと好きな物に目移りしてしまうよね。
(もう持ってるのに)


「うわっ、このブラックデニムの色合いいいなー(似たやつ持ってるのに)」

そこで冷静になって、自分が既に持っていることをちゃんと思い出して、
「お金もったいないから買うのやめとこう」と思えればご立派なんですが、

僕は「えいやっ、買っちゃえ♪」タイプで、
結果としてこんな風にパンツも無駄に増えちゃって増えちゃって。

もっと我慢強ければ、より幅広いファッションのレパートリーが増えて、
かつお金も節約できはずなんですが。。


ちなみに今回買ったのは一番左上のヌーディージーンズ。
ヌーディーは程よく細身で履き心地いいからいいよね。
2011.11
12
Category : gourmet
街の至るところで見かける定食屋「新宿ねぎし」。

これだけ色んな場所にあって、しかもメニューの売りは仙台名物の牛タンなのに、
果たして「その店名で本当にいいのか」って気になる「新宿ねぎし」、

皆さんは利用したことありますか?


男なら普通一回くらいは使ったことありそうなもんなんですが、
僕は以外と今まで一回も縁が無くて、
今日初めてねぎしに挑戦してきましたので、レポートを。

111105-1.jpg

食べたのは「しろ4定食+麦とろ」。

牛タンって、舌先の硬いところは「アカ」、
舌の根元の柔らかいところは「シロ」と呼ぶらしく、
さらシロの中でも特に柔らかく少量しか取れない部位を「タントロ」というようで、
そのタントロ4枚(半分に切って計8切)の「しろ4定食」を食べました。

牛タンは、柔らかいというより程よい弾力感。
「肉食ってる!」って感じはやや弱いですが、塩加減絶妙でとにかくご飯が進みます。

皿に盛られた牛タンから滴る肉汁とそこに溶け出した塩がなんとも言えません。


ちなみにさっきからタン、タン言ってますが、
本当のこの店のコンセプトは「麦とろ文化」の復興・支援にあるらしく、
日本人に麦とろを食べさせたいお店みたいです。
牛タンのお店ってイメージがありますが、実は牛タンは二の次っぽいです。

牛タンの他に、その麦とろ、牛テールスープ、お漬物と、
ごはんに合うおかず盛りだくさんで、一食食べていて食べ飽きることはないでしょう。

しかも嬉しいことにごはんおかわり自由なので、
とにかくごはんを美味しくお腹いっぱい食べたい時には良いお店です。

あー、日本人で良かった!


ちなみに僕が食べた定食は1,820円。
一人分の定食としてはかなり高いですかね。さすが牛タン。
2011.11
11
Category : 未分類
妊娠検査で妊娠が発覚した人妻が病院で咽び泣く。

 人妻  「シクシクシク」

 禿ドクター 「奥さん…残念ですが、お気持ちにそぐわず妊娠しているようです。」

 人妻  「シクシク…いいえ、私は子供が欲しいのよ」

 禿  「じゃあ旦那さんが、反対を?」

 人妻  「ヒックヒック…、私の旦那は無精子なのよ!!」

 禿  「それじゃあ…」






11時11分は何やってたかなー。



最近チャンネルが三つに増えたWOWOWの、
「WOWOWプライム」で連載している「er」を観てます。

知ってる?「er」。

まあ「24」とか「プリズンブレイク」とかと比べると、
まあ多分騒ぐほど面白いドラマじゃないんだろうけど。

「er」は緊急病院を舞台に絡み合う人間ドラマを描いたドラマ。
リアルな医療シーンや、個性溢れるキャラクター、そして彼らの成長過程を楽しめるドラマです。


優しくてお茶目なチーフレジデントのグリーン。
ちょっと厳しいけど優しいお姉さんのキャロル。
プレイボーイでキャロルとかつて恋仲だった小児科医ダグ(←ジョージ・クルーニー!)
自律心が強いけど、実は消極的なスーザン。
ピカピカ一年生でやる気十分のカーター。
患者想いで野望溢れるベントン。

みんな病院で複雑な人間関係や挫折に苦悩しながら、
私生活でも問題だらけ…。

ダグやカーター等、魅力溢れるキャラクター達の行く末を占う、
シーズン1がまだ始まったところです(全部でシーズン15)。

今から長いこと楽しめてワクワクなんですが、
これからアメリカでどうやって観ればいいのか。

WOWOW観れないよねアメリカじゃ。
もしや比較的サッカーの人気が高くないアメリカじゃ、アトレティコの試合も観れないんじゃ…。
2011.11
10
Category : film
リズはニューヨークで活躍するジャーナリスト。

仕事にプライベートに忙しい日々を送っていたが、
心のうちにどこか満足しきれない思いを抱えていた。

彼女はある日、全てを捨てて自分探しの旅に出ることを決意。

イタリアではお腹いっぱいピザを食べ、
インドでは瞑想に打ち込み、
インドネシアではアヴァンチュール。


食べて、祈って、恋をして

映像は鮮やか、
とても自由闊達でおしゃれな雰囲気漂う映画だけど…。

自分の責任や使命を全部投げ捨てて、旅に出るのって確かに勇気があると思うけど、
それを本当の「勇気」と呼ぶのか疑問に感じる。

映画の中でそんな無責任や自分勝手を自由・勇気と銘打たれても、
他人事にしか感じられない。共感して仕事辞めて1年間旅に出れるわけもない。

そんな自己満足女のフィクションな自由に2時間強付き合わされてもちょっと退屈。
こんな女性が自分の隣に座ってて、身の上話として聞かせてくれれば超楽しいはずだけど。
2011.11
09
Category : film
遠い遠い昔、海の向こうのバーク島ではバイキングが村を守るため、
長い間ドラゴンたちと戦いを繰り広げていた。

バイキングの少年、ヒックは族長の息子だが、ちょっと弱虫で、何をするにも邪魔者扱い。
バイキングの掟では、ドラゴンを倒せる者のみが一人前と認められていたのだ。

ある日、ヒックの前に傷ついて飛べなくなったドラゴンの“トゥース”が現れる。

それは未だ誰も捕らえたことのない伝説のドラゴンであった。

ヒックはトゥースに好物の魚を差し出し、
お互いに警戒しあいながらも、少しずつその距離は縮まっていく。

やがてふたりはこっそりと友情を築いていくが……。
(goo映画)

ヒックとドラゴン

でかドラゴンすげえ!
モンスターハンターにはまる人の気持ちがちょっとわかる。



単なるアニメ映画かと思いきや結構楽しめました。

まず感じたのが、アニメーションが綺麗なこと。
特にヒックがドラゴンのトゥースの背中に乗って飛ぶことに成功したシーンは、
躍動感とスピード感に溢れた創造的なものでした。


トゥースは怪我で尾ヒレの片方を失っていてひとりではもう飛ぶことができず、
ヒックが作った革製のヒレをヒック自らが足で操作することで飛ぶことができるんだけど、
物語のクライマックスでヒックは足を失ってしまう。

だからこれからは自分自身の足ではなく、鉄の義足に革の尾ヒレを繋いで空を飛ぶことになり、
「これで名実共にふたりで一人前」って感じ…、

な ん だ ろ う け ど、

何も幸せに満ち溢れるべき最後のシーンで、
ふたりにそんな後ろ向きな共通項を作り出さなくてもいいのに、とは思いました。


どうせそんなシナリオにするなら初めから、
「ヒックはおっちょこちょいで、事故で足を失くしていて、立派なバイキングにはなれない」
「けどトゥースとの出会いでやっと一人前になる」

っていう構成にすればよかったのに。
2011.11
08
Category : at office
      「Perhaps the worst sin in life is knowing right and not doing it.」





8日の日経新聞一面に報じられた「オリンパスの損失隠し」。

含み損を抱えた金融資産を複数のファンドに移し換えた後、
M&Aの際に企業価値を偽って支払った買収資金でその損失を補填することにより、
損失計上を1990年代バブル期以来十数年に渡って隠蔽し続けてきた。

ニューヨーク・タイムズ誌は、「かつてこの損失隠しに異議を唱えて解任させられた
マイケル・ウッドフォード元社長の汚名が返上された」として、
この金融市場の信用を揺るがす前代未聞の粉飾決算に苦言を呈した。



僕の会社は自分で言うのもなんだけど、
「良い会社」だと思う。

大きな会社で知名度があるし、雇用も安定している。
給料も、人によって価値観違えど、決して少ないとは言えないだろう。

イヤなことももちろんあるけど、
一般的に仕事が「キツイ」と言われる業界にあって、
相対的には、まあ緩くて適当な企業風土だ。

つまるところ、働きやすい会社なのである。


でも、そんな会社がものすごく嫌いだったりもする。

無責任、押し付け合い。
見てみぬふり、無関心。
怠け者、揚げ足取り。
欺瞞、猜疑心。
不平、不満、文句。
非効率、無意味、無駄。

およそ大企業に相応しくない言葉がそこら中に転がってる。

ストレス溜め込まないために吐き出す独り言のせいで、
汚れたPCの画面は今に文字もグラフも何もかもが見えなくなりそうだ。


一日中雑談とかネットサーフィンとか、好きなことばかりしてる奴がいたり。

仕事に首を突っ込んできては人の粗探しばかりして文句を言って、
自分は一切手を動かさない奴がいたり。

週に一日くらいしか会社に来ず、
来たら来たで人に迷惑かけるだけの奴がいたり。

そして、そんな実態に気がつきながらも、
組織がそういった現実にメスを入れて改善・是正しようとせず、
見て見ぬフリをしている。

緩くて適当な企業風土のせいで、
ダメ人間が働きやすい会社になってしまっている。

たくさんのダメ人間で出来上がった会社だから、
会社自体も色んなところが不便で不都合だ。


うんざりして、「たまにはズル休みしてもいいかな」なんて、
どうせ適いもしないこと考えながら起きた火曜日の朝に、
目に飛び込んできて初めて知ったオリンパス元社長の勇気の足跡を辿って、

「ああ、どこにいたって正しいことする人は爪弾きにされるのか」と絶望してしまった。


正しいことが正しいと、間違っていることは間違っていると評価されるあるべきで、
だからこそ少なくとも自分は、
自分が正しいと思うことを愚直に真っ直ぐ貫ける強い人間でありたいと、
そんなにそう思うのに。

やっぱり、どんな会社も似たようなもんなんだろうか。
皆は会社でどんなことに腹を立てて、どんなことに嫌気が差すんだろう。
2011.11
07
Category : football
ヨーロッパリーググループステージ第4節
アトレチコ vs ウディネーゼ
     4  -  0

得点者
 アドリアン・ロペス
 アドリアン・ロペス(アントニオ・ロペス)
 ジエゴ(アドリアン・ロペス)
 ファルカオ(アルダ)

リーガの良い流れを引き継いで、ホームでウディネをこてんぱんに。
見事なコンビネーションでジエゴも移籍後の初ゴールをマーク。

ファルカオも豪胆なドリブル突破から得点し、良いリズムです。

残り2試合頑張りたい。

【グループI】
 1位 7P アトレチコ・マドリー
 2位 7P ウディネーゼ
 3位 5P セルティック
 4位 2P レンヌ



プレミアリーグ第11節
QPR vs シティ

  2  -  3

得点者
 ゼコ(ミルナー)
 シルバ(ゼコ)
 トゥーレ・ヤヤ(コラロフ)


リーガ・エスパニョーラ第12節
レアル・マドリー vs オサスナ

         7  -  1

得点者
 ロナウド(ディ・マリア)
 ペペ(ディ・マリア)
 イグアイン(ディ・マリア)
 ロナウド
 ロナウド(アルベロア)
 ベンゼマ(コエントラン)
 ベンゼマ(アルベロア)

しかしほんとよく決めるな、ロナウド。

ronaldo_deklassiert_osasuna_ronaldo20111106141251.jpg

ヘタフェ vs アトレチコ
    3  -  2

得点者
 ファルカオ
 ドミンゲス(アルダ)

なぜ!なぜ10人のチームに負けることがあろうか!
次節は絶好調レバンテ。

但し直近の2試合落としているので、
ここで引導を渡したいところなんだけども。。
2011.11
06
Category : fashion
チェックシャツよく買います。

簡単にファッションのアクセントになってくれるチェックシャツは、
脳足りんな僕には重宝します。

111105-2.jpg

今日買ったこれは写真で見るよりももう少しくすんだ、
グレーを混ぜたような色をしています。

グレーを混ぜた感じの色合い、
「アッシュ~」とか「ダーティ~」、「ダーク~」とか、
「グレイッシュ~」というような名の付く色したアイテムは、
他の色との調和も取りやすく、どんな色とも相性が良いので好き。



さて、冬到来ですね。
寒くなってきます。

毎年冬は最低1着はコート買いたいですが、今年は何買おうか。

ダッフルコートが今年の流行りっぽい雰囲気ではありますが…、
ダッフルはちょっと子供っぽくなりすぎるかな。

他にも真っ赤なダウン(いいのがほんと見つからない)とか、
キャメルのコートとか、ベージュのステンカラーコートとか欲しいんですが、
ノロノロしてると今季は買いそこねる気が。
2011.11
05
Category : 未分類
今日は人生で初めてのひとりカラオケ(笑)に行ってきました。



僕の周りにはカラオケ好きな友達ってあんまりいなくてね。

僕も人前で歌うのはたいして好きじゃないんだけど、
たまぁ~に無償に歌いたいなあ!って気分になる。


カラオケって、例えば3人で行ったら、他2人が歌ってる時間待ちぼうけじゃん?
あれすごく退屈で、3人で2時間とか入ってもいつも不完全燃焼でお店を後にすることになる。

だから多くても2人、究極的に言えば恥さえ凌げばひとりでいいんです。僕の場合。



それにそもそもカラオケの料金システムってすごく理不尽じゃない?
2人で2時間入ったら歌う時間は単純に1時間ずつだけど、
ひとりで2時間入るのとひとり当たりの料金は一緒。

電気代も場所代も変わらないのに!



ということで色々あってひとりカラオケなんです。(孤独なわけじゃないです)

ライブ2ステージこなすくらい頑張って喉がガラガラ。
しかも採点機能使って、「目指せ100点」やってたんですが、
最高92。絶対出ないわ100点なんて。。
2011.11
04
Category : film
短大を卒業後、就職に失敗した21歳の佐藤鈴子。

友人からルームシェアを持ちかけられたことをきっかけに、
事件に巻き込まれて警察の厄介に。

刑事罰を受けたことについて家族から非難を受け、
鈴子は“百万円たまったら出て行きます!”と宣言。


それから鈴子は百万円たまるたびに、
住んでいる家を出てどこか自分のことを知っている人のいない場所へと旅立ち、
そこでまた百万円たまるまで働くという奇妙な人生を始める。


百万円と苦虫女

映画はまあ、おもしろいかなって程度。

泥沼人生から逃げ出して、
誰からも干渉されることのない人生を選ぶ鈴子。

「自分探し」とか、何か目的があってそうしてるわけじゃないんだけど、
きっと本音ではどこか行き着く場所を求めているし、誰かと繋がりたい。

人生をまだ捨ててないから、恋人に嫉妬もするし、弟の手紙に涙も流す。

20090211203344.jpg

映画についてはあんまり書きたいこともないので、
話は変わって主演の蒼井優に。

僕にも好きな芸能人(女性)は何人かいますが、
「芸能人でいうとどんな女性が好きか」という質問を受けると、

「蒼井優」と答えることが多いです。

で、たいてい

「趣味悪いね」と返されてます笑

なんでですかね。かわいいと思うんですけど。

いや、確かに可愛くない時もある。てかそうゆう時多い!
本人には悪いですが、確かに所謂「王道」ではないと思います。

でも逆に、長澤まさみ、上戸彩、佐々木希、エビちゃん、北川景子とか、
みんなが「かわいいよな!」と言うような芸能人にはさっぱり興味ありません。


会社に入ってからというものの、
この「芸能人でいうと誰が好き?」という質問を受けることがやたら増え、

答える度にいつも若干引かれてますが、
「僕はド真ん中ドストレートには興味無い人間なんです」、
ってのが伝わりやすいんで毎回こう答えてます。


ごめんなさい蒼井さん笑
::more
2011.11
03
Category : 未分類
「アメリカじゃFacebookが名刺代わりになる」

なんて聞いたもんで、アカウント作ってみました。



Facebookで知る、高校時代仲良かった奴の結婚…。

自分の知らない「友達の友達」…。



「人と繋がりたがる人の習性」をヒントに、
マーク・ザッカーバーグが創設したSNS、「Facebook」。

自分は、人との繋がりを大切にしようとせず、
高校では高校の友達、大学では大学の友達、
会社入ったら仕事が友達、みたいな生き方ばかりで過去を大切にしてこなかったから、

こうゆうのを楽しむ気になれなかったんだろうな。


 「なんでMixiやらないの?」

   「なんでTwitterやらないの?」

     「なんでFacebookやらないの?」


聞かれるたびに、
       「私生活を公開して、友達と仮想現実で会話して、
        そんなことで満ち足りるなんて逆に人間関係希薄だ!」

と、斜に構えてSNSを馬鹿にしてたけど。

本当は自分自身の人間関係が希薄だからこそ、
人が人と繋がってるところを見せびらかされるのがどこか苦痛で、
SNSを楽しむ気持ちにはなれないんだな。

と妙な悟りに至ってしまった。


SNSは楽しめなくてもいいけど人間関係は大切にしたいと、そんな風に思う。
2011.11
02
Category : football
プレミアリーグ第10節
マンチェスター・シティ vs ウォルバー・ハンプトン

             3  -  1

得点者
 ゼコ(アグエロ)
 コラロフ(シルバ)
 アダム・ジョンソン(トゥーレ・ヤヤ)

リーガ・エスパニョーラ第11節
レアル・ソシエダ vs レアル・マドリー

         0  -  1

得点者
 イグアイン(コエントラン)

アトレティコ vs サラゴサ
      3  -  1

得点者
 アドリアン・ロペス(アルダ・トゥラン)
 アルバロ・ドミンゲス(ディエゴ・ゴディン)
 アドリアン・ロペス(フィリペ・ルイス)

やっとこさ今季3勝目。
サラゴサをホームに迎えてゲームを支配。

ファルカオが点を取れれば最高だったんですがね。

まあバルサ戦の大敗以降、悪い流れでしたが、
これで弾みを付けて、今後のチーム躍進に期待していきたいですね。

 1位 25P レアル・マドリー
 2位 24P FCバルセロナ
 3位 23P レバンテ
 4位 21P バレンシア
 5位 17P セビージャ
 6位 16P マラガ

10位 13P アトレティコ・マドリー 3勝4分3敗


それにしても強いですなーレバンテ。
リーガ10戦が終了して7勝2分1敗。

有名な選手そんなにいないんですけどねー。
いつまで大旋風続くのか。
2011.11
01
Category : 未分類
『脳ミソちょーだい!』


こうゆう、
ブログに書いてもたいして広がりもしないことだけど、

みんなと気持ちを一つにしたいときは、

Twitterやろうかな、なんて思わないでもない。


ああ。
キルアはどんな恐ろしいおねだりをされるんだろう。

断れるのは3回まで。
自分勝手なゴンさんのために、何を失うのやら。



アルカ恐ろしすぎ、なう!