FC2ブログ
RSS
Admin
Archives

幸せなら手をたたこう

急いで生きなくちゃ 死に追いつかれないように

プロフィール

FlyingHigh1986

Author:FlyingHigh1986
"Again, you can't connect the dots looking forward; you can only connect them looking backwards. So you have to trust that the dots will somehow connect in your future. You have to trust in something"

最近の記事
カテゴリー
カレンダー
08 | 2012/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
月別アーカイブ
最近のコメント
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
2012.09
30
Category : 未分類
文字色参考 ⇒ 2010年8月20日時点

 1) 絶海の孤島イースターのモアイ像(チリ)
 2) 雨季のウユニ塩湖(ボリビア)
 3) バルセロスの雄鶏探し(ポルトガル)
 4) マドリードダービー(スペイン)
 5) モニュメントバレー(アメリカ合衆国)
 6) ギリシャ神話とサントリーニ島(ギリシャ)
 7) エンジェルフォール(コロンビア)
 8) サバンナ(ケニア・タンザニア)
 9) ピラミッド(エジプト)
10) オーロラ(アイスランド・フィンランド・ノルウェイ)
スポンサーサイト



2012.09
29
Category : the big apple
NYに来て早8ヶ月。
3分の2が終了。

観光は至って順調だ。
あとはモニュメントバレーと南米さえ行ければかなり大満足だ。



でもあいもかわらず英語やばい。
マジでまずい。

<ご参考>日本帰るまでに行きたいところ(NY時間2月8日時点)

【観光地(ニューヨーク州)】
 ★タイムズ・スクウェアの年越し
 【済】エンパイアステートビル
 【済】トップ・オブ・ザ・ロック
 【済】ハイラインパーク
 【済】自由の女神
 【済】ワールドトレードセンター跡地
 【済】アメリカ自然史博物館
 【済】セントラルパーク
 【済】メトロポリタン美術館
 【済】近代美術館MOMA
 【追加:済】コロンビア大学
 【済】ブルックリン(ピーター・ルガー等)
 【済】クイーンズ(カジノ、フラッシング、メドウ・コロナ・パーク)
 【済】ブロンクス(ヤンキースタジアム)
 【済】ハーレム
 【済】バッファロー
 ・ブルーノートのジャズ
 【追加:済】バードランドのジャズ
 【追加:済】イサカ(コーネル大学、フィンガーレイク)
 【追加:済】ジョーンズ・ビーチ
 【追加:済】アトランティック・シティ(カジノ、ボードウォーク)

【観光地(他州)】
 ★グランドキャニオン
 ★ルート66
 ★モニュメント・バレー
 ・サワロ国立公園
 【済】マサチューセッツ州:ボストン(ハーバード大学、フェンウェイパーク、ロブスターとオイスターとクラムチャウダー)
 ・ワシントン
 ・ラスベガス
 ・ロサンゼルス
 【追加:済】コネチカット州:ニューヘイブン(イェール大学、バーガー発祥の店)
 【追加:済】カリフォルニア州:ヨセミテ国立公園
 【追加:済】ペンシルバニア州:フィラデルフィア(ペンシルバニア大学、自由の鐘、フィラデルフィア美術館、チーズステーキ)
 【済】ニュージャージー州:プリンストン大学
 【済】ユタ州:ソルトレイクシティ
 【済】アイダホ州・モンタナ州・ワイオミング州:イエローストーン国立公園、グランドティトン国立公園

【観光地(アメリカ国外)】
 【済】カナダのナイアガラの滝
 ・ボリビアのウユニ湖
 ・チリのイースター島
 ・カナダのイエローナイフ
 ・メキシコ
 ・ペルーのマチュピチュ
 ・ブラジルのイグアスの滝

【ミュージカル】
 ★ビリー・エリオット
 【済】シカゴ
 ・ライオン・キング
 【済】スパイダーマン
 ★マンマ・ミーア!
 ・ウィキッド
 ・ブルーマン
 ・ストンプ
 <追加>チャップリン・ミュージカル

【スポーツ】
 ★マディソン・スクエア・ガーデンでNBA
 【済】ヤンキースタジアムでMLB
 ★アイスホッケー
 【済】アメリカン・フットボール
 【追加:済】テニス(US OPEN 2012)
2012.09
28
Category : the big apple
昨日の苛々の種は今日も解決せず。
仕方ないから先輩の判子無しで本部に上期報告してやったぜ。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

今日は会社の英会話レッスンのメンバーでの打ち上げ。
何も期末にやるようなことじゃないのに…。

英会話教師のLucyも来たので初めての「オール英語」の飲み会。

みんなそれなりに英語できないから、ややギクシャクした飲み会だったな。


ある程度はLucyが会話をリードしたんだけど、他のメンバーの返す言葉といえば、

「This wine is very good」

とか、

「What food do you like?」

みたいな平たい言葉しか返せない笑

大体日本語の飲み会でも滅多に口数多くなることなんてないのに、
ましてや英語なんだからねえ(笑)


英語は雑談も難しい。
2012.09
27
Category : the big apple
あー、今日は仕事で苛々したぜー。
苛々しすぎて5時ちょうど退社してやったぜ、わっはっは。

こっちに研修生として来てからは仕事の質も量も落ちたので、
必然的に人から苛々させられることってだいぶ減って、平穏な日々を過ごしていたんだけど、
今日は久々にバカ先輩に苛々したぜ。

本当は苛々の詳細を書き綴って自分の記憶として保存しておきたいんだけど、
そんなこと事細かに書いて、赤裸々にWEBで大公開するのも鬱々するしねぇ。

日記じゃなくてブログ書いてるジレンマだね。



キーワードは、
 ①Dさん
 ②書類の返し方
 ②「あ、Iさんが書いたんだ、じゃあいいです」

とりあえずこれで自分だけは思い出せるはず(笑)
2012.09
26
Category : football
レアル・ベティス vs アトレティコ・マドリー
       2  -  4
得点者
 ファルカオ(ラウガル)
 ファルカオ
 ヂエゴ・コスタ(マリオ)
 ラウガル(アルダ)

公式戦6連勝のヨーロッパリーグ王者。
リーガ4連勝、5節終了時点で2位のスーパーカップ覇者。

公式戦ここ16戦の成績は13勝3分。


こんなの俺が知ってるアトレティコじゃない!!!!

こんなアトレティコは…

 1位 15P FCバルセロナ
 2位 13P アトレティコ・マドリー
 3位 11P マジョルカ
 4位 11P セビージャ
 4位 11P マラガ
 7位  7P レアル・マドリー
 9位  7P レバンテ
15位  5P バレンシア 
16位  5P アスレティック・ビルバオ

スキだ!


アメイジング・シメオネ!!

ファルカオはメッシを抜いて得点ランキングトップに。
世界最高の9番!ぶらぼう!

893482-14957591-640-360.jpg
2012.09
25
Category : the big apple
110806-1.jpg

HAGGYの塩ラーメン&チャーシュー丼。

最近知ったのですが、関東(東京とか横浜とか)にも、
北海道の味噌ラーメン屋「すみれ」があるみたいですね。

知らんかった。行きたいな。
ラーメン屋ではマイベスト3入るすみれ。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

所属部署の先輩(バツイチ子持ち)が会社でストレスのあまり吠えて、
次長に色々と喚き散らしたらしい。わかる、その気持ち。

あとサラリと再婚するらしい。

良かったね!
2012.09
24
Category : the big apple
So you see, the election four years ago wasn't about me.
It was about you. My fellow citizens, you were the change.

今日の英会話教師、President Barack Obama。



The following is a transcript of President Barack Obama's speech at the Democratic National Convention on Sept. 6, 2012.

Michelle, I love you.
(APPLAUSE)
A few night nights ago, everyone was reminded just what a lucky man I am.
(APPLAUSE)
Malia and Sasha, we are so proud of you.
(APPLAUSE)
And yes, you do have to go to school in the morning.
(LAUGHTER)
And Joe Biden, thank you for being the best Vice President
I could have ever hope for, and being a strong and loyal friend.
(APPLAUSE)
Madam Chairwoman, delegates, I accept your nomination for
President of the United States.
(APPLAUSE)
(AUDIENCE MEMBERS): Four more years, four more years, four more years.

Now, the first time I addressed this convention in 2004, I was a younger man; a Senate candidate from Illinois who spoke about hope, not blind optimism or wishful thinking, but
hope in the face of difficulty; hope in the face of uncertainty; that dogged faith in the future which has pushed this nation forward, even when the odds are great; even when the road is long.

Eight years later, that hope has been tested, by the cost of war; by one of the worst economic crises in history; and by political gridlock that's left us wondering whether it's still even possible to tackle the challenges of our time.

I know campaigns can seem small, and even silly sometimes.
Trivial things become big distractions.
Serious issues become sound bites. The truth gets buried under an avalanche of money
and advertising.
If you're sick of hearing me approve this message, believe me, so am I.
(APPLAUSE)
But when all is said and done, when you pick up that ballot to vote, you will face the clearest choice of any time in a generation.
Over the next few years, big decisions will be made in Washington, on jobs, the economy; taxes and deficits; energy, education; war and peace, decisions that will have a huge impact on our lives and our children's lives for decades to come.

And on every issue, the choice you face won't be just between two candidates or two parties.
It will be a choice between two different paths for America.
A choice between two fundamentally different visions for the future.
Ours is a fight to restore the values that built the largest middle class and the strongest economy the world has ever known.
(APPLAUSE)
The values my grandfather defended as a soldier in Patton's Army; the values that drove my grandmother to work on a bomber assembly line while he was gone.
They knew they were part of something larger, a nation that triumphed over fascism and depression; a nation where the most innovative businesses turned out the world's best products, and everyone shared in that pride and success, from the corner office to the factory floor.

My grandparents were given the chance to go to college, buy their own -- their -- their own home, and fulfill the basic bargain at the heart of America's story: the promise
that hard work will pay off; that responsibility will be rewarded; that everyone gets a fair shot, and everyone does their fair share, and everyone plays by the same rules, from Main Street to Wall Street to Washington, D.C.
(APPLAUSE)
And I ran for President because I saw that basic bargain slipping away.
I began my career helping people in the shadow of a shuttered steel mill, at a time when too many good jobs were starting to move overseas.

And by 2008, we had seen nearly a decade in which families struggled with costs that kept rising, but paychecks that didn't; folks racking up more and more debt just to make the mortgage or pay tuition; put gas in the car or food on the table.
And when the house of cards collapsed in the Great Recession, millions of innocent Americans lost their jobs, their homes, their life savings, a tragedy from which we are still
fighting to recover.

Now, our friends down in Tampa, at the Republican convention, were more than happy to talk about everything they think is wrong with America, but they didn't have much to say
about how they'd make it right.
(APPLAUSE)
They want your vote, but they don't want you to know their plan. And that's because all they had to offer is the same prescription they've had for the last thirty years:
``Have a surplus? Try a tax cut.''
``Deficit too high? Try another.''
(LAUGHTER)
``Feel a cold coming on? Take two tax cuts, roll back some regulations, and call us in the morning.''
(APPLAUSE)
Now, I've cut taxes for those who need it, middle-class families, small businesses. But I don't believe that another round of tax breaks for millionaires will bring good jobs to our shores, or pay down our deficit. I don't believe that firing teachers or kicking students off financial aid will grow the economy, or help us compete with the scientists and engineers coming out of China.
(APPLAUSE)
After all that we've been through, I don't believe that rolling back regulations on Wall Street will help the small businesswoman expand, or the laid-off construction worker keep his home.
We have been there, we've tried that, and we're not going back.
We are moving forward, America.
(APPLAUSE)
I won't pretend the path I'm offering is quick or easy.
I never have.
You didn't elect me to tell you what you wanted to hear.

You elected me to tell you the truth.
(APPLAUSE)
And the truth is, it will take more than a few years for us to solve challenges that have built up over decades.
It'll require common effort, shared responsibility, and the kind of bold, persistent experimentation that Franklin Roosevelt pursued during the only crisis worse than this one.
(APPLAUSE)
And by the way, those of us who carry on his party's legacy should remember that not every problem can be remedied with another government program or dictate from Washington.
But know this, America: Our problems can be solved.
(APPLAUSE)
Our challenges can be met.
The path we offer may be harder, but it leads to a better place.
And I'm asking you to choose that future.
I'm asking you to rally around a set of goals for your country, goals in manufacturing, energy, education, national security, and the deficit; real, achievable plans that will lead to new jobs, more opportunity, and rebuild this economy on a stronger foundation.
That's what we can do in the next four years, and that's why I'm running for a second term as President of the United States.
(APPLAUSE)
We can choose a future XXX where we export more products and outsource fewer jobs.
After a decade that was defined by what we bought and borrowed, we're getting back to basics, and doing what America has always done best:
We're making things again.
(APPLAUSE)
I've met workers in Detroit and Toledo who feared they'd never build another American car.
And today, they can't build them fast enough, because we reinvented a dying auto industry that's back on top of the world.
(APPLAUSE)
I've worked with business leaders who are bringing jobs back to America, not because our workers make less pay, but because we make better products. Because we work harder and smarter than anyone else.
(APPLAUSE)
I've signed trade agreements that are helping our companies sell more goods to millions of new customers, goods that are stamped with three proud words: Made in America.
(APPLAUSE)
After a decade of decline, this country created over half a million manufacturing jobs in the last two and a half years.
And now you have a choice: we can give more tax breaks to corporations that ship jobs overseas, or we can start rewardin companies that open new plants and train new workers and create new jobs here, in the United States of America. We can help big factories and small businesses double their exports, and if we choose this path, we can create a million new manufacturing jobs in the next four years. You can make that happen. You can
choose that future.

And now more than ever, it is the gateway to a middle- class life.
For the first time in a generation, nearly every state has answered our call to raise their standards for teaching and learning.
(APPLAUSE)
Some of the worst schools in the country have made real gains in math and reading. Millions of students are paying less for college today because we finally took on a system that wasted billions of taxpayer dollars on banks and lenders.
(APPLAUSE)
And now you have a choice. We can gut education, or we can decide that in the United States of America, no child should have her dreams deferred because of a crowded classroom or a crumbling school. No family should have to set aside a college acceptance letter because they don't have the money. No company should have to look for workers overseas because they couldn't find any with the right skills here at home. That's not our
future. That is not our future.
(APPLAUSE)
A government has a role in this. But teachers must inspire; principals must lead; parents must instill a thirst for learning, and students, you've gotta do the work.
(APPLAUSE)
And together, I promise you, we can out-educate and out-compete any nation on Earth. Help me recruit 100,000 math and science teachers within ten years, and improve early
childhood education.
(APPLAUSE)
Help give two million workers the chance to learn skills at their community college that will lead directly to a job.
Help us work with colleges and universities to cut in half the growth of tuition costs over the next ten years. We can meet that goal together.

You can choose that future for America.
(APPLAUSE)
That's our future.
You know, in a world of new threats and new challenges, you can choose leadership that has been tested and proven. Four years ago, I promised to end the war in Iraq. We did.
(APPLAUSE)
I promised to refocus on the terrorists who actually attacked us on 9/11. And we have. We've blunted the Taliban's momentum in Afghanistan, and in 2014, our longest war will be over.
(APPLAUSE)
A new tower rises above the New York skyline, Al Qaeda is on the path to defeat, and Osama Bin Laden is dead.
(APPLAUSE)
And tonight, we pay tribute to the Americans who still serve in harm's way. We are forever in debt to a generation whose sacrifice has made this country safer and more respected.
We will never forget you. And so long as I'm Commander-in-Chief, we will sustain the strongest military the world has ever known.
(APPLAUSE)
When you take off the uniform, we will serve you as well as you've served us because no one who fights for this country should have to fight for a job, or a roof over their head, or the care that they need when they come home.
(APPLAUSE)
Around the world, we've strengthened old alliances and forged new coalitions to stop the spread of nuclear weapons.
We've reasserted our power across the Pacific, and stood up to China on behalf of our workers.
From Burma to Libya to South Sudan, we have advanced the rights and dignity of all human
beings, men and women; Christians and Muslims and Jews.
(APPLAUSE)
But for all the progress we've made, challenges remain. Terrorist plots must be disrupted. Europe's crisis must be contained.

Our commitment to Israel's security must not waver, and neither must our pursuit of peace.
(APPLAUSE)
The Iranian government must face a world that stays united against its nuclear ambitions. The historic change sweeping across the Arab World must be defined not by the iron fist of a dictator or the hate of extremists, but by the hopes and aspirations of ordinary people who are reaching for the same rights that we celebrate here today.
(APPLAUSE)
So now we face a choice. My opponent and his running mate are new to foreign policy,
(LAUGHTER)
(APPLAUSE)
but from all that we've seen and heard, they want to take us back to an era of blustering and blundering that cost America so dearly.
After all, you don't call Russia our number one enemy, not Al Qaeda, Russia, unless you're still stuck in a Cold War mind warp.
(APPLAUSE)
You might not be ready for diplomacy with Beijing if you can't visit the Olympics without insulting our closest ally.
(APPLAUSE)
My opponent -- my opponent said it was ``tragic'' to end the war in Iraq, and he won't tell us how he'll end the war in Afghanistan. Well I have, and I will. And while my opponent would spend more money on military hardware that our Joint Chiefs don't even want, I will use the money we're no longer spending on war to pay down our debt and put more people back to work rebuilding roads and bridges and schools and runways.

Because after two wars that have cost us thousands of lives and over a trillion dollars, it's time to do some nation- building right here at home.
(APPLAUSE)
You can choose a future where we reduce our deficit without sticking it to the middle class. Independent experts say that my plan would cut our deficits by $4 trillion. And last summer,
I worked with Republicans in Congress to cut billion in spending because those of us who believe government can be a force for good should work harder than anyone to reform it, so that it's leaner, and more efficient, and more responsive to the American
people.
(APPLAUSE)
I want to reform the tax code so that it's simple, fair, and asks the wealthiest households to pay higher taxes on incomes over $250,000, the same rate we had when Bill Clinton
was president; the same rate we had when our economy created nearly 23 million new jobs, the biggest surplus in history, and a whole lot of millionaires to boot.

Now, I'm still eager to reach an agreement based on the principles of my bipartisan debt commission. No party has a monopoly on wisdom. No democracy works without compromise.
Iwant to get this done, and we can get it done. But when Governor Romney and his friends in Congress tell us we can somehow lower our deficits by spending trillions more on new tax breaks for the wealthy, well, what'd Bill Clinton call it? You do the arithmetic, you do the math.
(APPLAUSE)
I refuse to go along with that. And as long as I'm President, I never will.
(APPLAUSE)
I refuse to ask middle class families to give up their deductions for owning a home or raising their kids just to pay for another millionaire's tax cut.
(APPLAUSE)
I refuse to ask students to pay more for college; or kick children out of Head Start programs, to eliminate health insurance for millions of Americans who are poor, and elderly, or disabled, all so those with the most can pay less.

I'm not going along with that.
(APPLAUSE)
And I will -- I will never turn Medicare into a voucher.
(APPLAUSE)
No American should ever have to spend their golden years at the mercy of insurance companies. They should retire with the care and the dignity they have earned. Yes, we will reform and strengthen Medicare for the long haul, but we'll do it by reducing the cost of health care, not by asking seniors to pay thousands of dollars more. And we will keep the promise of Social Security by taking the responsible steps to strengthen
it, not by turning it over to Wall Street.
(APPLAUSE)
This is the choice we now face. This is what the election comes down to. Over and over, we have been told by our opponents that bigger tax cuts and fewer regulations are the
only way; that since government can't do everything, it should do almost nothing.
If you can't afford health insurance, hope that you don't get sick.
(LAUGHTER)
If a company releases toxic pollution into the air your children breathe, well, that's just the price of progress.
If you can't afford to start a business or go to college, take my opponent's advice and ``borrow money from your parents.''
(LAUGHTER)
(APPLAUSE)
You know what? That's not who we are. That's not what this country's about. As Americans, we believe we are endowed by our Creator with certain inalienable rights, rights that no man or government can take away. We insist on personal responsibility, and we celebrate individual initiative.
We're not entitled to success. We have to earn it. We honor the strivers, the dreamers, the risk- takers, the entrepreneurs who have always been the driving force behind our free enterprise system, the greatest engine of growth and prosperity the world
has ever known.

But we also believe in something called citizenship
(APPLAUSE)
a word at the very heart of our founding, at the very essence of our democracy; the idea that this country only works when we accept certain obligations to one another, and to future generations.
We believe that when a CEO pays his autoworkers enough to buy the cars that they build, the whole company does better.
(APPLAUSE)
We believe that when a family can no longer be tricked into signing a mortgage they can't afford, that family is protected, but so is the value of other people's homes, and so is the entire economy.
(APPLAUSE)
We believe the little girl who's offered an escape from poverty by a great teacher or a grant for college could become the next Steve Jobs, or the scientist who cures cancer, or the President of the United States, and it's in our power to give her that chance.
(APPLAUSE)
We know that churches and charities can often make more of a difference than a poverty program alone. We don't want handouts for people who refuse to help themselves, and we
certainly don't want bailouts for banks that break the rules.
(APPLAUSE)
We don't think the government can solve all our problems. But we don't think that the government is the source of all our problems, any more than are welfare recipients, or corporations, or unions, or immigrants, or gays, or any other group we're told to blame for our troubles.
(APPLAUSE)
Because -- because America, we understand that this democracy is ours.
We, the People, recognize that we have responsibilities as well as rights; that our destinies are bound together; that a freedom which asks only what's in it for me, a freedom without a commitment to others, a freedom without love or charity or duty or patriotism, is unworthy of our founding ideals, and those who died in their defense.
(APPLAUSE)
As citizens, we understand that America is not about what can be done for us. It's about what can be done by us, together, through the hard and frustrating but necessary work of self-government. That's what we believe.

So you see, the election four years ago wasn't about me.
It was about you. My fellow citizens, you were the change.
(APPLAUSE)
You're the reason there's a little girl with a heart disorder in Phoenix who'll get the surgery she needs because an insurance company can't limit her coverage.
You did that.
(APPLAUSE)
You're the reason a young man in Colorado who never thought he'd be able to afford his dream of earning a medical degree is about to get that chance. You made that possible.
(APPLAUSE)
You're the reason a young immigrant who grew up here and went to school here and pledged allegiance to our flag will no longer be deported from the only country she's ever called home,
(APPLAUSE)
why selfless soldiers won't be kicked out of the military because of who they are or who they love; why thousands of families have finally been able to say to the loved ones who served us so bravely: ``Welcome home, welcome home.''

You did that. You did that.
(APPLAUSE)
If you turn away now -- if you turn away now, if you buy into the cynicism that the change we fought for isn't possible, well, change will not happen. If you give up on the idea that your voice can make a difference, then other voices will fill the void: the lobbyists and special interests; the people with the $10 million checks who are trying to buy this election, and those who are making it harder for you to vote; Washington politicians who want to decide who you can marry, or control health care choices that women should be making for themselves.
(APPLAUSE)
Only you can make sure that doesn't happen. Only you have the power to move us forward.
You know, I recognize that times have changed since I first spoke to this convention. The times have changed, and so have I.
I'm no longer just a candidate. I'm the President.
(APPLAUSE)
And -- and that -- and that -- and that means I know what it means to send young Americans into battle, for I have held in my arms the mothers and fathers of those who didn't return.
I've shared the pain of families who've lost their homes, and the frustration of workers who've lost their jobs.
If the critics are right that I've made all my decisions based on polls, then I must not be very good at reading them.
(LAUGHTER)
And while I'm very proud of what we've achieved together, I'm far more mindful of my own failings, knowing exactly what Lincoln meant when he said, ''I have been driven to my knees many times by the overwhelming conviction that I had no place else to
go.``

But as I stand here tonight, I have never been more hopeful about America.
(APPLAUSE)
Not because I think I have all the answers. Not because I'm naive about the magnitude of our challenges.
I'm hopeful because of you.
The young woman I met at a science fair who won national recognition for her biology research while living with her family at a homeless shelter, she gives me hope.
(APPLAUSE)
The auto worker who won the lottery after his plant almost closed, but kept coming to work every day, and bought flags for his whole town and one of the cars that he built to surprise his wife, he gives me hope.
(APPLAUSE)
The family business in Warroad, XXX Minnesota that didn't lay off a single one of their 4,000 employees during this recession, even when their competitors shut down dozens of plants, even when it meant the owners gave up some perks and some pay, because they understood their biggest asset was the community and the workers who helped build
that business, they give me hope.
(APPLAUSE)

I think about the young sailor I met at Walter Reed hospital, still recovering from a grenade attack that would cause him to have his leg amputated above the knee. Six months
ago, We would watch him walk into a White House dinner honoring those who served in Iraq, tall and 20 pounds heavier, dashing in his uniform, with a big grin on his face; sturdy on his new leg.

And I remember how a few months after that I would watch him on a bicycle, racing with his fellow wounded warriors on a sparkling spring day, inspiring other heroes who had just begun the hard path he had traveled.
He gives me hope.
(APPLAUSE)
I don't know what party these men and women belong to. I don't know if they'll vote for me. But I know that their spirit defines us. They remind me, in the words of Scripture, that ours is a ''future filled with hope.``

And if you share that faith with me, if you share that hope with me, I ask you tonight for your vote.
(APPLAUSE)
If you reject the notion that this nation's promise is reserved for the few, your voice must be heard in this election.
If you reject the notion that our government is forever beholden to the highest bidder, you need to stand up in this election.
(APPLAUSE)
If you believe that new plants and factories can dot our landscape; that new energy can power our future; that new schools can provide ladders of opportunity to this nation of
dreamers; if you believe in a country where everyone gets a fair shot, and everyone does their fair share, and everyone plays by the same rules, then I need you to vote this November.
(APPLAUSE)
America, I never said this journey would be easy, and I won't promise that now. Yes, our path is harder, but it leads to a better place. Yes our road is longer, but we travel it together.
We don't turn back.
We leave no one behind.
We pull each other up.
We draw strength from our victories, and we learn from our mistakes, but we keep our eyes fixed on that distant horizon, knowing that Providence is with us, and that we are surely blessed to be citizens of the greatest nation on Earth.
(APPLAUSE)

Thank you, God bless you, and may God bless these United States.
2012.09
23
Category : football
アトレティコ・マドリー vs バジャドリー
          2  -  1
得点者
 ゴディン(コケ)
 ファルカオ

Yes!!

実は今シーズンからなぜかケーブルTV放送がなくて試合観れてないんですが、
ハイライトでゴディンの得点観て驚き。

GKと1対1になってループシュート打ってるし!
コケアシストだし、たぶんCKなんだろうだと思ってたけど、
なんでCBがそんなことになるんだ。

無題

ゴディン…。
2012.09
22
ナイアガラの滝に行ってきましたー。

20120922-002.jpg

アメリカとカナダを結ぶレインボーブリッジを渡ってカナダ上陸。

カナダは日本の国土の(たしか)27倍の土地面積に、たった3,000万人の人口が暮らす国です。
カナダ人の親から生まれたカナダ生まれの純粋なカナダ人は今や見つけるのが難しいらしく、
今は例年25万人の移民を受け入れて労働人口を調整しているようです。

公用語は英語とフランス語なので、カナダに入るとこんな風に、標識・看板に両方の言葉になります。

20120922-012.jpg

あいにくの悪天候だったのですが、気を取り直してMaid of the Mist(霧の乙女号)に乗船。
みんなでおそろいの青い使い捨てレインコートを着てナイアガラの滝壺へ。

この霧の乙女号ツアーは、1846年以来続く最古のフェリーツアーで、
これまでの150年以上に亘るツアー運航で一度も事故がない、世界一安全なフェリーツアーなのだとか。

20120922-021.jpg

今日は湿度も高かったようで、深く水煙の立ち込める中、滝壺へ進んでいく霧の乙女号。

20120922-087.jpg

上から見るとこんな感じ。

20120922-016.jpg

滝壺の中はものすごい水飛沫で、まるで土砂降りの雨の中みたい。
とてもカメラを取り出して写真を撮れるような環境ではなく、やっと撮れたのもこんな1枚。

20120922-049.jpg

上から見たらこんな感じ。

ナイアガラの川には、なんと全世界の20%の淡水が流れいるらしく、
毎秒2000万tの淡水(ゾウ2000頭分の)水が流れるのだとか。

それがものすごい勢いで、滝壺へと吸い込まれる様子は、
上から見るとゾウっとしてしまう(バスガイド談)ほどの迫力満点の風景です。

20120922-093.jpg

実はナイアガラの滝ってこれが全規模です。

20120922-061.jpg

なんか僕はほぼ360度近く滝に囲まれるような滝だと思っていたんですが、
こうやって上から眺めると意外に規模は、…うん、それなり。

20120922-083.jpg

まあ、そうは言っても世界三大瀑布。
この目にしかと収めました!

ちなみにお土産は、カナダ名産メープルシロップ!
2012.09
21
Category : the big apple
来年、僕の後任が来ないことが非公式ではあるが決まったらしい。

研修生の枠を中国支店に移すらしいのだ。



なんだか、大学進学後の成績不振が原因で、
母校の指定校推薦枠を削ってしまう感覚に似たような、
申し訳ないような、不甲斐ないような気持ちが、少し。

事実として、アメリカ支店にほとんど貢献なんてできていないから、
居ても仕方ないし、同じ部の先輩も居るだけ邪魔だと思ってるかもしれない。

まあ施策的なもんで、単純に、整備がわりと行き届いたアメリカよりも、
中国の方が研修し甲斐があるだろうと、本部が決定したまでのことで、
単純にその枠をアメリカから中国へと移す結果、自分の後任がいなくなっただけかもしれず、あんまり考えても仕方ないんだけど、

それはそれで遠まわしに、
「アメリカで研修してもちょっと無意味だね」と言われたようで、残念。

さあ、あと4ヶ月で何を日本に持って帰ろう。
2012.09
20
Category : football
ハポエル・テルアブビ vs アトレティコ・マドリー
         0   -   3
得点者
 クリスティアン・ロドリゲス(ヂエゴ・コスタ)
 ヂエゴ・コスタ(アドリアン)
 ラウル・ガルシア(エムレ・ベロゾグル)


以下、ゴールドットコムのヨーロッパリーグ グループステージ ファーストレグレビューより抜粋。


グループBのアトレティコ・マドリーは、敵地でハポエル・テルアビブに3-0と勝利。
37分にC・ロドリゲス、40分にD・コスタと立て続けにゴールを奪うと、後半にも追加点を挙げて勝負を決めた。
もう1試合ではビクトリア・プルゼニがアカデミカ・コインブラにホームで3-1と勝利している。


割愛www

ゴルコムの筆者は結構笑いがわかるやつらしい。
2012.09
19
Category : the big apple
聞いたところによると、「痩せたい、痩せたい」と普段から言っているのに、
一向に痩せない人は、実は「痩せたい」なんて本気では思っていなくて、
脳レベルでは、どこかで「別に痩せなくてもいいや」って思ってしまっているから、
それが体質にまで伝わり、細胞レベルで痩せにくい身体になってしまうらしい。


きっとそれってダイエットだけに限った話ではなくて、
「ああなりたい、こうなりたい。」、「ああしなきゃ、こうしなきゃ」って思っているようで全然本気で思えていないから、
いつまで経っても凡庸なままで時間だけが過ぎ去っていくんだと思う。

戒めのためと思っているけど、こんなとこでこうやってつらつら書いていることもきっとほぼ無意味で、
本当に本当の本気で、「こうなるんだ」と決めて、怠惰な自分を、自分のダメなところを変えないと、
きっとずっとこのな感じのまま、憧れは憧れのまま。
2012.09
18
Category : the big apple
中国50都市で反日運動。


大学時代に紛いなりにも中国のこと学んでいただけに悲しいものを感じるね。



ちなみに「紛いなりにも」と言うのは本当に大げさでもなんでもない正確な表現。
1ヶ月、ゼミの一環で中国に研修に行ったんだけど、
今にして思えば、信じられないくらい貴重な機会だったのに、ほとんど何も活かさずに帰ってきたなぁと思う。

郷鎭企業・現地日系大企業に訪問し、きっと忙殺されるほど忙しい有能な人材の貴重な時間を拝借しながら、
ろくに下準備もせず、なんとなく意気地なしで何も聞くことができず。
現地の大学生と交流しても、熱い議論を交わすこともできず。

敦煌、カシュガル、ウルムチ、新疆ウイグル、チベットなどなど、
様々な内陸に赴きながら、経済格差についても政治問題についても、
現地でこそ学べるものなんてほとんど学んでない気がしてきた。

自分のブログ見返して、「なんて俺ってこんなに中身無いんだろう」と虚しくなる。
最初っから中国への特別な興味も無かったし、研修旅行で写真撮りたいだけでゼミ選んだくらいだから、
入口時点からそもそも動機不純なんだけどさ。でもそれにしたって、あまりにもったいない。
薄っぺらだ。生きているのに「生き様」がない。


アメリカ生活ももうすぐ8ヶ月。
あまりに凡庸すぎるExitを甘んじて受け入れつつある。
2012.09
17
Category : the big apple
ブログを毎日更新するのがつらい。
だいぶ前からだけどね(笑)


てかそもそも毎日書けてないしね。
そこそこプライベート充実してて書く時間ない。
後日、複数件まとめて更新することがほとんど。

こうゆうのって義務感持って取り組むもんじゃないし、
苦痛覚えるなんてもってのほかだから出来れば辞めたいんだけど、
なんとなしに毎日書くというルールでやり続けてきたもんだから辞めるきっかけもなくてね。



以上。

これからこうゆう中身のない記事いっぱいで埋めようか(笑)
2012.09
16
Category : football
アトレティコ・マドリード vs ラージョ・バジェカーノ
           4  -  3
得点者
 マリオ(ジエゴ・コスタ)
 コケ(ジエゴ・コスタ)
 アルダ・トゥラン(ファン・フラン)
 ファルカオ

get.jpg

Welcome back Diego Costa.


4得点リードしたのはすごいんだけど、
後半残り10分で3失点。

去年まではそのまま追いつかれて同点になってしまうアトレティコだったから、
最終的に勝てただけ救いがあるけど、
それでも3失点は土壇場の集中力なさすぎじゃないか。。爪甘すぎ。


さはさりとて…。

 1位 12P FCバルセロナ
 2位 10P マラガ
 3位  8P マジョルカ
 4位  8P セビージャ
 5位  7P アトレティコ・マドリー(※)
 6位  7P ラージョ・バジェカーノ

11位  5P バレンシア
12位  4P レアル・マドリー

(※前節の延期により他クラブより試合数1試合少ないです)

今季調子いいね!
2012.09
15
Category : the big apple
20120915-025.jpg

久々に何の予定もないWeekend。

たまにはのんびり、ということで念願のMetropolitan Museumに行ってきました。


決して、すごく行きたかった場所、というわけではなかったのですが、
閉館時間の遅い土曜日、かつ天気の悪い日に行こうと決めていたら、

いつも天気良かったり、なにかしら予定あったりでなかなか機会に恵まれず、
アメリカに来て約8ヶ月にしてやっと行くことになりました。

(まあ、ぶっちゃけ天気はめっちゃ良かったんだけどね。予定なんもないしせっかくなので。)

20120915-006.jpg

若き日のヘラクレス。


「入館時、学生ひとり?」とアジア系のチケット販売員が聞いてきた。

「いいえ、学生じゃないです、アダルトです」と答えると、

「本当に?ID見せてください」とID提示を求めてきた。

あいにくパスポートは家に置いて来ていたので、「日本の免許証しかないです」と日本の免許を見せると、
「ああ!日本の学生なのね?」と聞いてきたので、もうめんどくさくなって、
「はい日本の学生でした」と答えると、結局学生料金で入館できた。


なんで積極的に入館料安くしようとするんだ。なぞ。

20120915-039.jpg

ゴッホの自画像。


ちなみにMETの入館料は寄付制なので、1ドルでも払えば入館できます。
一応入口には「大人25ドル、学生12ドル」と入館料らしきものが掲示されているのですが、
小さく、「Recommendad」と記載されています。

僕は、そうは言っても寄付で成り立っている美術館なのだから、自分も見せてもらう以上はそれなりに貢献した方が良い、と思ったのと同時に、
25ドルと掲示されてる手前、平然と1ドルだけ払うのも心苦しい、というか支払いの時どんな空気になるか不安だったので、
まあ10ドル払えばいいかなと思っていましたが、上述の展開の末に12ドルに落ち着きました。

20120915-019.jpg

METには少しですが近代美術も展示されています。

20120915-017.jpg

アンディ・ウォーホール作、「Mao」。

20120915-014.jpg

タイトル忘れたけど、これキャンバス地に描かれた正真正銘の絵なんです。

20120915-013.jpg

信じられる?

20120915-009.jpg

アフリカの美術はいつもながら呪術的、性的で得も言われぬパワーを感じる。

20120915-029.jpg

ちょっと疲れたので休憩。

METは一度入館すれば出入り自由です。
ベンダーでLamb Gyrosというやつを。

これNYの至るところで食べれますが、なかなかうまいです。
ピタパンに、レタス、トマト、たまねぎに、チキンかラム、ビーフ、ポーク等の肉を挟み、
甘辛ソースやホワイトソースをかけたもの。安いです。

20120915-038.jpg

さて再入館。
日本美術も豊富に取り揃えています。

20120915-034.jpg

これも日本の美術家が作った作品。

多分、1年前ぐらいに六本木かなんかの美術館でこれ展示されてたと思うんだけど、
屏風とか巻物とか仏像とか並んでる空間にいきなりこれがヌオって現れてびっくりした。

欧米人もえらく感心して見てたな。

日本美術だと刀もキレイだったなぁ。

20120915-028.jpg

武器といえば西洋の銃も美しかったです。

人を殺すための道具が見た目の美しさを同時に追求されているというのも妙な話な気がしますが、
とにかくため息をついてしまうような美しさでした。

20120915-040.jpg

最後はPaul Signacの点描画。
好きなんですよね。彼の作品。
2012.09
14
Category : the big apple
20120912-036.jpg

レゴ屋発見。
天井も壁もレゴ。すげえ。

20120912-035.jpg

友達が宗教を改宗、いや正確には、無信教から有信教へ転向するために、
毎日勉強しているのだということを知りました。

毎週のように教会(?)的なところに通い、その週予習してきたことを先生と確認したり、
その宗教の信者が一番使う言葉の勉強までしているのだというのです。


毎日仕事も忙しいし、しっかり遊んでいるのに、影でそんな努力までしているとは驚きました。

外国人や、日本から移り住んでNYに住んでいる人って、
皆ジェネラリストではないけど、自分の専門知識、興味がある分野への探究心はものすごくて、
とても向上心が強く、みんなすごく頑張っている。自己実現のためには転職なんかも積極的に行うし、
やりたくないことははっきりと「やりたくない」。

20120912-008.jpg

日本とのカルチャーギャップもあるけど、
こっちの人の考え方って、人間の本質的な部分を浮き彫りにしているようで。
自分の生き方が全否定されているように感じることもある。

なんか今勤めている会社なんれ辞めて、ここに永住して、何か未来をつかめないだろうか。それはどんなにすばらしいだろう。
なんて夢想しても、結局日本に帰るであろう自分が浅ましい。
2012.09
13
Category : the big apple
20120914-00.jpg

グラサン買いました。

Ray Ban。


人生初サングラス。

おしゃれグッズとしてはややハードルの高いイメージのあるサングラスなので、
「自分はちょっと柄じゃないなぁ」なんて思って、今まで買おうとしたことがなかったのですが、
NYに住む人たちは、「日差しが強い」という理由で、誰も彼もがサングラスを着用しており、
少しサングラスへの抵抗感が薄くなったので思い切って買ってみました。


結構ちゃんとしたメガネ屋に行ったんだけど、そうはいってもやはりアメリカンクオリティ。

「これください」と僕が言うと店員がさっさと会計済ませて、
今しがた僕が持ってきたディスプレイ商品を包みはじめる。

「新品にしてよ!」と言うと「ディスプレイされてるのしか無い」とのこと。


なら言えよ!
クレジットカードで支払っちゃったし!

多分キャンセルもできるんだろうけど、言い合いするのもちょっと気後れするし…。

取り寄せもできないらしく、店員は同じ商品(こちらもディスプレイされてた)を
持ってきて、「好きな方選べ」と無粋な顔で言ってきた。

すげえ腹立ったけど仕方ないから少しでも新品に近いものを選ぶことに。


サングラスみたいな商品、人の手に触れて傷ついちゃうようなもの、
ディスプレイ商品しかないなら、購入の前にそう伝えるか、かなりのディスカウントの対象かと思うんだけど。。

外国人ってそうゆう感覚ないのかな。

64320234_2-Rayban-Original-Sunglasses-Aviator-Style-Karachi.jpg

本当はブラピのアビエイターばりにえぐいティアドロップが欲しかったんだけど、
自分がかけるとなんかギャグみたいに思えちゃって。。

結局似合いそうなの選んでたらこれになったんだけど、これってティアドロップなのか?
2012.09
12
Category : the big apple
wafu_menu01_xl.jpg

五右衛門の野菜たっぷり豚しゃぶパスタ。

ああ、食べたい。

あまりに好きで、自分でもレシピ作ったんだけど、
NYだと水菜とか白髪ネギとか全然買えないから、
自分でも作ることができないんだよね。

なんで五右衛門、NYに進出しないんだろう。
箸で食べるパスタ。絶対人気で出ると思うんだけどな。
2012.09
11
Category : the big apple
87770972.jpg

読み上げられる死傷者たちの名前。

あの時、あの場所で、実際に死んだ人がいることを実感し、
その喪失によって多くの悲しみがうまれたことを想像する。

「誰が正しくて、誰がオカシイのか」はよくわからなくても、
「何が正しくて、何はオカシイのか」は誰でもわかる。


誇り高きアメリカ合衆国の子ら。
8月の空を観て、こんなふうに何かを思い出したりするのかな。
2012.09
10
Category : the big apple
アトランティック・シティに行ってきました。
カジノとボードウォークで有名な行楽地です。

ボードウォークとは海沿いに作られた全長7Kmの板張りの遊歩道。
ボードゲーム「モノポリー」のデザインの元となった道です。

20120908-062.jpg

当然カジノも挑戦しましたが、60ドルくらいの負け。。
やっぱ賭事のセンスないんですよ。

だって20ドルを投入している瞬間から、

「20ドル無くなるまで楽しもう」

とか思っちゃってるんだから。

仮に20ドルから22ドルに増えようが、「勝ち逃げしよう」なんて思わないでそのまま続行だし、
ましてや10ドルに減ったって、「損切りしよう」なんて潔さもなし。

仮に大当りして例えば20ドルが一発で100ドルになったりしてくれればすぐやめる気にもなれそうなんだけど、
そんなことあるわけない!(ところが帯同者の数名はいつもなぜかしらそうゆう幸運を掴み取るから不思議)


あとはもしラスベガス行ければ、ディーラーとブラックジャックでも記念にやって、
カジノは一生行かなくてもいいかな(^∀^ )♪(カジノは金持ちの遊びだ)
2012.09
09
Category : the big apple
20120909-072.jpg

US OPEN Women's Singles Final観て来ました。
Sep 9,2012 16:30PM.

20120909-083.jpg

昨日の雨天順延で本日試合開催されることになったんだけど、
今日先輩と遊ぶ約束をしていたので、試合開始には間に合わず。

先輩にわがまま言って、車かっ飛ばしてもらって、
なんとか最後の3セット目だけ観ることができました。

「土曜日だけ」という約束で先輩から借りた望遠レンズも使えず、
ちょっと残念ではありましたが、なんとか最低限楽しむことはできました(´∀`;)

(というか3セット目はやはり優勝のかかったセットなので、それだけ観るのも見応え十分でした。)

120908021000_Serena20Williams20Victoria20Azarenka.jpg

決勝のカードは準決勝でマリア・シャラポワを破った世界ランク1位ヴィクトリア・アザレンカと、
世界ランク4位、毎度お馴染み、老舗のセレナ・ウィリアムズ。

マリオテニスで例えるのであれば、
ピーチ姫(もちろんアザレンカ)vsクッパ(もちろんセレナ・W)。

1セット目を2-6でセレナ・Wが、2セット目を6-2でアザレンカがそれぞれ勝利し、
イーブンで迎えた決勝戦3セット目。

アザレンカが2セット目を巻き返してくれなければ、
危うく$100のチケットが水の泡になるところでした。

20120909-076.jpg

試合はやはりセレナのクッパばりのパワーショットを、アザレンカがなんとか技巧でカバーするという展開に。

特にセレナのサービスは男子顔負け。

サービスエースやリターンエースを奪えるだけでも、
セレナはアザレンカに比べてかなり優位に立っていると思いました。

20120909-0870-02.jpg

さて、一昨日、会社のPCでシャラポワの逆転負けを確認し、
シャラポワ観たさに決勝チケットを購入した僕はかなりショックだったのですが、いざ試合観てると、

20120909-084.jpg

アザレンカもすごく美人!
(っていうか個人的にはシャラポワより好きだw)

かよわいアザレンカ(注:あくまでクッパ対比)が、クッパの大砲のようなパワーショットに喘ぎながら奮闘する姿は、

実に痛々しくて美しかった(笑)

07sets-1-blog480.jpg

見よこの上腕筋!!!


しかもセレナはアメリカ人なので、会場全体がセレナ応援ムードの非情に強い雰囲気に包まれていて、
アザレンカがみんなにいじめられているように見えて、なんか守ってあげたくなりました(笑)

20120909-079-04.jpg

そんな決勝3セット目は5-5の接戦までもつれ込んだ後に、
結局クッパがアザレンカを剛力でねじ伏せて、優勝。

Serena-Williams-008.jpg

顔をタオルで覆い、泣き崩れるアザレンカも実にいとおしい感じでした。

(言うまでもないですが、セレナ応援ムードに包まれつつ、僕は陰ながらずっとアザレンカを応援してました笑)


サッカーや野球と違って、小さいスタジアムで皆が一点に集中している感覚が強く、
その空間に沈黙やどよめきが訪れ、情熱や歓声が沸き起こる雰囲気がとても心地良かったです。

スポーツってやっぱいいね!

20120909-108.jpg
2012.09
08
Category : the big apple
20120907-051.jpg

雨天順延。


なぜ……。








20120907-057.jpg

ということで、気を取り直して。
せっかくフラッシングまできたので、フラッシングの有名なサムギョプサル屋「Tong Sam Gyop Don」で夕食。

場所柄か、あまり知名度が高いお店ではないみたいですが、
NYのグルメブロガーにはとても有名なコリアンレストランです。

フラッシングはコリアン、チャイニーズの非常に多い場所ですので、
この手のお店は多いのですが、その中でも特に人気の高いお店。


たっぷりの豚肉をサンチュ(?)に、味噌ダレ、もやし、キムチ、にんにくを一緒に挟み、
大きな口でかぶりつくと、この上なく幸せな旨味が口に広がります。

最後に肉やもやしをちょっとだけ残して、ビビンパを頼むのが乙で。
こんがり焦げたゴハンに芳ばしいノリの香りがもうダメ押し!
2012.09
07
Category : the big apple
201209071620588578407-p2.jpg

逆転負けで準決勝敗退。


なぜ……。
2012.09
06
Category : the big apple
1333.jpg

OOTOYA NYに行ってきました。


数年前から(?)日本食ブームのNY。

牛角や吉野家、一風堂などなど、
様々な日本食レストランが進出しているマンハッタンですが、
とうとう大本命の「大戸屋」が、まんをじして上陸。

The日本食。これぞジャパニーズ定食。


日本でもよく食べた鶏と野菜の黒酢あん定食を頂きましたが、
日本で食べる味とそのまんまの美味しさでした。

お客さんはまだまだアジア人(日本人?)が多いようでしたが、
これからももっともっと色んな国のお客さんが増えて、
日本食の偉大さが知られていくと嬉しいですね。

打倒トルコ料理!!
2012.09
05
Category : the big apple
問  OOに当てはまる言葉を答えよ

30階建のビルの屋上から飛び降りれば賞金100億円。
飛び降りる際のリスクはOO。
























答えは「高い」。













ではなく、「ゼロ」。


なぜなら「絶対に」死ぬから。

結構みんな使い方を間違える「リスク」という言葉の定義。

"リスク"とは「危険度」のことではなく、
「予想が覆る可能性の高さ」のことなのです。
2012.09
04
Category : the big apple
最後は虹色に輝く間欠泉、「Morning Glory Pool」を紹介してイエローストーン旅行記終了。

20120904-242.jpg

かつて鮮やかな青単色だったこの間欠泉に、観光客が投げ入れたコイン。
このコインがこの自然現象に突然変異を生じさせ、泉を黄色いアサガオ模様に変えたのです。

20120904-241.jpg

怪我の巧妙か、あまりに美しすぎる奇跡の色彩を生み出した人間の悪戯。

人も自然も、お互いに影響を与え合いながら、
この神秘なる星の上で共存しているんですね。

20120904-248.jpg
2012.09
03
Category : the big apple
20120904-182.jpg

今日も朝早起き。

イエローストーン、グランドティトンはアイダホ州、モンタナ州、ワイオミング州に跨る国立公園ですが、
この時期は寒暖差が激しく、朝夕は0℃、日中は30℃近くまであがる土地です。

20120903-044.jpg

朝はこのように深い深い霧が立ち込め、車で走っていても前がほとんど見えません。
ホラー映画の撮影に使えそうなほど見事な霧です。

20120904-170.jpg

朝早くは野生の動物も活発。
水辺でエルク(たぶん)が駆け回っています。

20120903-065.jpg

さて今日はイエローストーン観光本番。
イエローストーン国立公園の名物、間欠泉を見て回ります。

20120904-228.jpg

イエロストーンは大小様々の間欠泉の密集地帯で、
活発に活動する間欠泉地帯としては世界最大規模を誇ります。

20120904-222.jpg

赤いもの。青く透き通ったもの。泥質のもの。沸騰したもの。小さいの大きいの。
本当に様々です。

20120904-218.jpg

こんな感じのパレット状の石灰岩を形成するような間欠泉地帯もあります。

20120904-210.jpg

ちなみに最大のものは直径113メートル。
写真には収まりきりません。

20120904-251.jpg

特に色は、間欠泉の中のバクテリアの死骸が化学変化し、
観るものの心をハッと鷲掴みにするような色鮮やかさを生み出しています。

20120904-223.jpg

地層の奥で熱せられた水は徐々に沸騰し、地層をかけのぼり、
やがて地上へと吹き出します。

20120904-224.jpg

オールドフェイスフルはそんな中で最も人気の高い間欠泉。

まるで誰かが時計で図っているかのように、正確に定期的な噴出を繰り返すことから付けられたこの名前。
噴出が2分30秒以上続けば次回の噴出は92分後、2分30秒以内に終われば次は65分後、というタイミングで噴出を繰り返します。

吹き出す熱水の量は4万リットル、高さ30~55メートル、水温96℃。

まさに自然の脅威です。

20120903-072.jpg

ゴゴゴゴッゴゴゴッゴゴゴゴゴッゴ・・・・・・・・・・・・

20120903-074.jpg

バシュッ・・・

20120903-086.jpg

ジュドーーーーン!!!!

20120904-253.jpg

今日の夕食はエルクテンダーロインステーキ。

脂肪の少ない赤身ですが柔らかく、ハックルベリーソースとの相性グー!
2012.09
02
Category : the big apple
20120902-115.jpg

今日はイエローストーン、

ではなく、その南に隣接する、グランドティトンという国立公園を中心に観光しました。

20120902-110.jpg

青い空、白い雲、見渡す限りの高原、雄大な山々。

20120902-140.jpg

喧騒に包まれたマンハッタンからこの自然界にやってきた私たちは終始、

「キレイだなぁー」

「いいなぁー」

「あぁー」

の繰り返し。

20120902-136.jpg

自然の景色を観ていると、今度は国立公園の主役である、
野生の動物を観たくなります。

イエローストーン、グランドティトンには、野生のバッファロー(バイソン)、ムース(でかい鹿みたいなやつ)、エルク、ミュール鹿、グリズリー、ブラックベアなどなど、

実に多くの種類の動物たちが棲息しているのですが、
運が良ければ、すぐそばで彼らを観察する機会に恵まれます。

20120902-123.jpg

特にバッファローを観たい私は、ランチにバッファローバーガーを食べ、気合いも十分。

20120902-126.jpg

しかし、どれだけ車を進めてもなかなか野生の動物に巡り会うことができません。

20120902-147.jpg

願うほどめぐり会えず、求めるほど失う。

そんなもんです。

20120902-166.jpg

なんて考えていたら、遥かかなたまで続く道の向こうに、
黒い塊の集団が・・・。

「またどうせウマだろ・・・」と思っていたら!

20120902-161.jpg

バッファロー!

20120902-156.jpg

バッバッバッファロー!

20120904-192.jpg

人間なんて意識せず、黙々と草を食み食みし、
地面に身体を擦りつけてノミ?を落とし、
足を折り曲げてひたすら眠り込んでいました。

20120904-193.jpg

ちなみにバイソンはバッファローのことです。

20120904-191.jpg

車道を横断するバッファローの群れ。

20120904-204.jpg

ここではバッファローが天下。
バッファロー様のお通りです。

20120904-190.jpg

気まぐれなバッファローの横断が終わるまで、
観光客はしばしそれを眺めたり、写真を撮るだけ。

時には途方もなく長いこと待たされますが、
マンハッタンでの信号待ちとは大違いです。

20120904-188.jpg

感動です。

20120904-195.jpg

感動のあまり胃袋もバッファローで満たします。
バッファローステーキ。

20120902-169.jpg

ヤミーです。

20120902-133.jpg

This is the very best picture which I had taken in America, ever.
2012.09
01
Category : the big apple
残暑お見舞い申し上げます。

20120901-257.jpg

アメリカは「Labor Day=労働者の日」で3連休なので、お休みをひとつくっつけて、旅行に行ってきました。
行き先はYellow Stone National Park。

NYから飛行機でフェニックス経由、ソルトレイクシティへ到着。
冬季五輪をやったとは思えないほどシャヴィーな街です。

小粋で寂びれたアメリカンダイナーのフレンチトーストで小腹を満たし、まずは道すがらソルトレイク観光。

20120901-027.jpg

ソルトレイクでかい!

残念ながら天気が悪く、この写真からすぐ右はものすごい雨雲だったので、
全体の写真は撮らなかったのですが、とにかく広い湖でした。

20120901-025.jpg

「ソルトレイク」というだけあって、もちろん塩の香りが強く、
繁殖した藻が湖を緑色に染めていました。

20120901-255.jpg

モルモン教の総本山があるソルトレイクなので、その由緒ただしき建造物等も眺めつつ、
ソルトレイクシティを後にしてイエローストーン国立公園へ。

国道15号線を北上。

20120901-020.jpg

北上。

20120901-035.jpg

北上。

20120901-038.jpg

22時、ホテル到着。

ベッドに自分たちの荷物を広げる二人の先輩。

一番年下の僕のベッドはというと・・・。