fc2ブログ
RSS
Admin
Archives

幸せなら手をたたこう

急いで生きなくちゃ 死に追いつかれないように

プロフィール

FlyingHigh1986

Author:FlyingHigh1986
"Again, you can't connect the dots looking forward; you can only connect them looking backwards. So you have to trust that the dots will somehow connect in your future. You have to trust in something"

最近の記事
カテゴリー
カレンダー
03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
月別アーカイブ
最近のコメント
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
2010.12
13
Category : film
菊次郎の夏

祖母と暮らす小学3年生の正男は、
夏休みを利用して写真でしか見たことのない母に会いにゆく事を決意。

そんな正男を心配した近所の主婦は、無職でブラブラしている自分の夫・菊次郎を同行させる。

嫌々引き受けた菊次郎は、少年との旅も右往左往でいい加減。

だがそんな2人の間にもやがて交流が生まれ、
ついに正男の母と対面の時を迎えるが――。(Yahoo!映画)



北野武監督の映画は実はあんまり観ていません。
記憶に残っているのでも、「座頭一」くらいです。

ヤクザとかバイオレンス映画を撮っているイメージがありますが、
この映画はそういった描写は一切ありません。

普段はおっかないけど実は根は優しいおっさんの温かさと、
未だ会ったことのない母親を探して旅に出る少年の純真さが、

ひとつのロードムービーの中で重なり合い、理解し、仲良くなっていくという、
ちょっと想定外のハートウォーミングな作品です。


個人的には、きっと北野武は何かの思いがあって撮ったシーンなんだろうけど、
急に幻想的な場面になって妖怪が踊ったりし始めるシーンは、
なんか安っぽかったし、白けるので無い方が良かったな。

あと、ガナルカナルタカとか井出らっきょとかを義理で出演させるのも、
これだけ素晴らしい物語を引き立てる役者を選ぶ上では、逆に役者が際立っちゃってて残念でした。


それ以外は言うことなし。

久石譲の名曲に彩られながら、
2人が仲良くなっていく姿はそれはもう心温まって仕方ないはずです。

Comment

非公開コメント