fc2ブログ
RSS
Admin
Archives

幸せなら手をたたこう

急いで生きなくちゃ 死に追いつかれないように

プロフィール

FlyingHigh1986

Author:FlyingHigh1986
"Again, you can't connect the dots looking forward; you can only connect them looking backwards. So you have to trust that the dots will somehow connect in your future. You have to trust in something"

最近の記事
カテゴリー
カレンダー
01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
月別アーカイブ
最近のコメント
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
2010.12
27
Category : 未分類
M-1グランプリ2010。

10回目の節目となる今回で、M-1終了してしまうそうです。


そんな今大会の優勝コンビは笑い飯。
9大会連続(?)で決勝に進出してきた笑い飯の初優勝で、
10年の歴史に幕が下りました。


で、掲題の件なのですが、
パンクブーブーの2本目のネタは本っ当に残念無念でした。

1本目のネタは、1位通過も納得の面白さだったのに、
なんでほぼ同じネタを2回続けてしまうのか。

2本目のネタ自体も、もし1本目のネタとして使えば、
1回戦突破する面白さだったかもしれないけど、

同じ内容で同じクオリティのネタを2回続けたってウケるわけないじゃないか。


物事に挑戦する姿勢、自分のアイデアを人に披露する時の姿勢として、
正直、「芸人である以前に、人としてどうなの?」とさえ思ってしまいました。


一方で、「漫才なのか」はともかく、
ジャルジャルやカナリアは革新的・挑戦的で良かったと思います。

スリムクラブは斬新すぎ。


さらに言えば、M-1の運営自体にも大いに疑問を感じる大会でした。

パンクブーブーのあの1本目のネタの面白さが、
敗者復活戦に埋もれるわけないだろうに。

「敗者復活戦で這い上がり、大会初の2連覇」、
というシナリオを番組に盛り込もうとした脚本化の策略に違いない。


笑い飯の優勝に対するまっちゃんの、
「9年間頑張った笑い飯に優勝させてあげたいと思ってしまった」というコメントにも、
「なんでそんなこと言うの?」と思わざるを得なかった。

何その評価軸。
百歩譲って、思っていたとしても口に出すなよ。

笑い飯の立場がなくなるだろ。


まあ少し脱線してしまいましたが、改めてまとめると、
何かに挑戦する時には、自分のやり方が本当に正しいか自問自答し、
妥協してはならないなぁ~と思いました。

もし妥協してしまうと、今日のパンクブーブーのように、
客観的に恥ずかしいし、期待の裏切り方が半端ない。

Comment

非公開コメント