fc2ブログ
RSS
Admin
Archives

幸せなら手をたたこう

急いで生きなくちゃ 死に追いつかれないように

プロフィール

FlyingHigh1986

Author:FlyingHigh1986
"Again, you can't connect the dots looking forward; you can only connect them looking backwards. So you have to trust that the dots will somehow connect in your future. You have to trust in something"

最近の記事
カテゴリー
カレンダー
03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
月別アーカイブ
最近のコメント
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
2011.03
28
Category : film
             「夜歩き回るクズを根こそぎ洗い流す雨はいつ降るんだ?」


タクシードライバー

ベトナム帰りの青年トラヴィスは夜の街をタクシーで流しながら、
世界の不浄さに苛立ちを感じていた。

大統領候補の選挙事務所に勤めるベッツィと親しくなるトラヴィスだったが、
彼女をポルノ映画館に誘ったことで絶交されてしまう。

やがて、闇ルートから銃を手に入れたトラヴィスは自己鍛錬を始めるが、
そんな彼の胸中にひとつの計画が沸き上がる……。
(allcinema ONLINE)



名作らしいですが、
50点をつけました。

以下、映画に対する意見はほとんど何も書きません。


この映画を「名作」と推す声が多く、
楽しみにして観たんですが、

「皆から愛される」映画の展開としては、
かなり異様な方向にシナリオは進んでいき、映画は終わります。


正直「面白いか?」と聞かれると「うーん」といった感じ。



映画を観て「面白くない」と思ったものは、
一部の映画を除いて、自分が「理解できていないから」つまらないんだろうと思うことにしています。

特にこうゆうやたらと世間から高評価の映画を観て、
全然その面白さを理解できなかった時には、

「はあ?どこが面白かったの?」と思うと同時に、
「やばい、面白さが理解できなかった!」と残念に思います。


物事を楽しんだり理解するためには「感性」が必要ですが、
様々な切り口から物事を検証し、分析するためには、

同様に「感性」を様々な切り口から養っていないといけないんだなーとつくづく思います。


ある時は歴史であったり、音楽や時代だったり。
宗教・哲学・運動…。

そういった広い意味での「教養」が無いと、
芸術を理解するには限界も見えてくる。

また、孤独や鬱を知らなければ理解できない描写があれば、
喜びや楽しさを知らないと理解できない描写もある。


「ニューヨークの夜を走るひとりのタクシードライバーを主人公に、
現代都市に潜む狂気と混乱を描き出した傑作。」


そうやって言ってくれればなんとなく理解できるような気もしてくるけど、
言われないと僕はそれに気付けないんだよなー。

きっとゴッド・ファーザーとかもそうゆう感じで面白くなかった。


教養や感性が足りていないことを棚に上げて、
よく考えもせず何かを面白くないと言うことってきっと無責任だよね。


ただ一方で、「面白くない」と思った人にとっては、
その作品ってきっとそれ以上でも以下でもなくて、

その感性を人がとやかく言うことも、
本来的にはおかしなことなんだろうなー。


以前、爆笑問題の大田さんが、

「ある本を読んで、『これはこうだ』と理解して、
面白いと思ったり感動したり、あるいはつまらないと思ったことに対して、
『いいや、これはこうじゃない』なんて言う事は、たとえ作者であったって言う資格はない。

読んだ人の数だけ感じ方があるってゆうのは、
場合によっては作者自信が予想した以上の広がりを作品に生む。

それが作品の本の良いところ」

とおっしゃっていて、それに妙に納得させられたんだけど、
そうゆうスタンスで物事に向き合える人って素敵だと思います。

Comment

非公開コメント