fc2ブログ
RSS
Admin
Archives

幸せなら手をたたこう

急いで生きなくちゃ 死に追いつかれないように

プロフィール

FlyingHigh1986

Author:FlyingHigh1986
"Again, you can't connect the dots looking forward; you can only connect them looking backwards. So you have to trust that the dots will somehow connect in your future. You have to trust in something"

最近の記事
カテゴリー
カレンダー
03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
月別アーカイブ
最近のコメント
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
2012.03
15
Category : the big apple
                    「先を見通して点をつなぐことはできない。
                      振り返ってつなぐことしかできない。
             だから将来何らかの形で点がつながると信じなければならない。
                        何かを信じなければならない」




またこの時期がきた。


年度末の成果評価。

みんなの会社も似たりよったりなんだろうけど、この時期になると、
自分が期初に設定した目標に対する年度を通した取組結果を自己評価して、
部長に提出しなければならない。


それはまあいいんだけど、同時に自分の今後のキャリア希望も書かないといけないんだよね。
「~の部署に行きたい」とか「~をやりたい」とか。

しかも長々と、自分の能力の評価、だとか、
自分のこれまでのキャリアがどう活かされると考えているか、とか、
なぜその業務をやりたいか、とか、色んな切り口から書かせられる。

「そう考える根拠となる具体的な経験、成果を踏まえて記載すること」ってな具合にね。

あー、めんどくさ!
この質問が来るたびに、「自分の将来の希望なんてわかんねーよ!」って思うばかり。


僕はスティーブ・ジョブズの、

「先を見通して点をつなぐことはできない。振り返ってつなぐことしかできない。
だから将来何らかの形で点がつながると信じなければならない。何かを信じなければならない」

という名言に大きな感銘を受けた。


そうなのである。
自分の将来なんて見通すことは出来ない。

「10年後のあなたのキャリアビジョン」なんてあるはずないのである。

「10年後のキャリアに生かされる経験、そのために今自分が取り組んでいること」なんて、
今その時点にいる自分にわかるはずもない。

だから、「今、将来どう役に立つかもわからないようなこと」を一生懸命取り組んで、
いつか将来、その''一生懸命''が結果的に何かの役に立つことを信じるだけなのである。



…でも会社は「キャリアビジョンを書け」、と命じるし、
「今はわかりません、でも今の仕事一生懸命頑張ってます」と書く事もできないので、
とりあえず考えてはみた。



僕は営業をやりたい、「気がする」。

「なんで?」と聞かれれば、「営業経験ってやっぱ大切でしょ!」ってのがストレートな理由。
でも本音言うと、「収益目標とかキツイだろうし、人付き合いだるいし、
性格悪くて厳しい上司多い世界だし…」なんて。ネガティブな印象も多い。

それでもやっぱり、会社でどんな仕事するにしても結局はお客さん、
延いては営業のために働くわけだから、やっぱ営業の実体験は必須だよな、と思う。
でも一方で、「本当に僕は営業なんてやりたいんだろうか…」、なんて、
あっちいったりこっちいったり逡巡してるわけ。


じゃあ逆に、自分のこれまで経験が将来どんな点とつながるか、を考えてみたら、
経営企画・管理業務なのかなぁ、とぼんやーり思いました。


自分の初めての異動先が経営・管理セクションで、
2年目の自分が、そうゆう若手はあまり経験しないような仕事を体験したアドバンテージ。
しかも今はNYで国内管理とのギャップまで体験させてもらえている。

紛いなりにも人事が僕にそうゆう経験をさせよう、と思ったのって、
「もしかしたら案外意味あるんじゃないだろうか」と思ったわけ。


営業至上主義。それもわかるけど、個人的に会社全体に影響を及ぼす経営管理・企画って、
営業に匹敵する極めて重要な部署だと思う。

まあそう考え出すとどこも極めて重要なんだけど、
社員全員が使う手続だとか、システムだとか、福利厚生だとか、
こうゆう社内インフラの技術者が能無しだと、会社って絶対上手く回らない。

そうゆう仕事に携わる人は絶対にルールメイク、管理体勢構築に取り組む過程の中で、
「あれ?これ、もしこうなったらまずくない?」
「あれ?これって、こうなってないとわかりにくくない?」
と、一歩一歩立ち止まって気づくことの出来る感度の高い人間が取り組まなければならない。


もし自分がそんな、会社全体に大きな影響を与える経営企画・管理を任されるとしたら、
それはそれで大いにやりがいを感じると思う。

そうゆうの自分に向いてるかも、ってなんとなく思うし、
2年目でその醍醐味、ノウハウを学べた希少な経験って、
やっぱり一種のアドバンテージだし、何かの意味がある気がしてきた。

Comment

非公開コメント