fc2ブログ
RSS
Admin
Archives

幸せなら手をたたこう

急いで生きなくちゃ 死に追いつかれないように

プロフィール

FlyingHigh1986

Author:FlyingHigh1986
"Again, you can't connect the dots looking forward; you can only connect them looking backwards. So you have to trust that the dots will somehow connect in your future. You have to trust in something"

最近の記事
カテゴリー
カレンダー
03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
月別アーカイブ
最近のコメント
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
2011.05
12
Category : film
小さな命が呼ぶとき

エリート・ビジネスマンのジョン・クラウリーは妻アイリーンとの間に、
3人の子を授かり、幸せな暮らしを送っていた。

しかし、8歳の娘メーガンと6歳の息子パトリックが、
難病“ポンペ病”におかされてしまう。

ポンペ病とは、生まれつき体内のグリコーゲンをうまく分解できないために、
日に日に身体の筋肉が麻痺していき、呼吸すら困難になる病であり、
平均寿命9年と言われ、治療薬はなかった。


ジョンは忙しい仕事の傍らで、独学でポンペ病を癒す術を探すものの、
一向に成果はあがらず、死期の迫りつつある子供の姿に絶望感を感じていたが、

ポンペ病の研究者であるロバート・ストーンヒル博士の研究に最後の望みを見出す。



実話を基にした映画。


自分の子供が不治の病におかされた時、
父親は、残された時間を出来るだけ子供と共に過ごすのか。

それとも、子供の病気を治すために全力を尽くすのか。


どちらが正しいというわけではないけど、
この作品の主人公ジョンが選んだ道は、

子供が死ぬのをただ指を咥えたまま待つのではなく、
必死になって子供の病気を治す方法を探すことでした。


科学者の冷徹な判断や投資家の思惑等、いろいろな試練に立ち向かいながら、
子供の命を救うために必死で戦う父親の姿が感動的な良い映画です。

Comment

非公開コメント