fc2ブログ
RSS
Admin
Archives

幸せなら手をたたこう

急いで生きなくちゃ 死に追いつかれないように

プロフィール

FlyingHigh1986

Author:FlyingHigh1986
"Again, you can't connect the dots looking forward; you can only connect them looking backwards. So you have to trust that the dots will somehow connect in your future. You have to trust in something"

最近の記事
カテゴリー
カレンダー
03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
月別アーカイブ
最近のコメント
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
2011.06
09
Category : film
コンスタンティン

天国と地獄は、地球上のすぐそこに存在している。
むしろ人間界が天国と地獄の狭間に存在しているのだ。


毒舌のヘビースモーカー、ジョン・コンスタンティンは、
生まれながら、この世界のすぐ側にある天国と地獄の存在を感じ取る能力があったが、

その能力への恐怖から、幼少期に自殺を図ると、
そのせいで2分間、地獄世界での臨死を体験することとなり、
自分の目に見えるものが現実であることを悟る。

以来、ジョン・コンスタンティンは、
人間に乗り移ることで人間界に入り込もうとする悪魔の手先と戦うエクソシトとして、
人間界をパトロールしている。

ジョンの死後は、一度自殺未遂を犯した過ちのせいで地獄行きが確定しているが、
なんとかしてエクソシストとしての行いを天国の神ガブリエルに評価してもらい、
天国行きの切符を手に入れたいところなのだが、その願いが届く気配はない。

しかも15歳から毎日30本吸い続けた煙草のせいで肺癌に罹っており、
ジョンに残された命は僅かしかなかった。



このジャケットを観る限り、
あのマトリックスで一世風靡したはずのキアヌが、

今度はやたらと安っぽい機関銃を手にして天国だの悪魔祓いって、
くだらない映画に出たもんだなーっと思って完全にスルーしていましたが、

この映画が思いのほかおもしろくて良かったです。


天国と地獄の狭間に人間界があって、
ジョンたち能力者は、人間界をパトロールしたり、
逆に悪魔の力で人間界で悪さをしようとしているという世界観が
今まであるようで無かった感じで良い。

そして何よりも良かったのは冥界の神サタン。

これはヒマなら是非映画を観てもらいんだが、
服装といい、登場の仕方といい、
なんともいえない格好良さなんです。

「これサタンなのかよw」
と思わず問い合わせたくなるほど。

あのセンスは鳥山明を彷彿とさせます。



ヒロインの命を救うため、人間界にサタンの息子を侵入させないため、
再び自殺を図り、地獄の神サタンを召還するクライマックスシーン。

「自殺を図った者は皆地獄行き」というルールに縛られるジョンが、

「自己犠牲は天国行き」という、
特に説明もないのに妙に納得感のある裏ルールで天国へと召されそうになるものの、

ジョンに地獄に来て欲しいサタンは
それを阻止せんと、ジョンの肋骨の下から胸部へと手を突き刺し、
癌に冒された肺を取り出して生きながらえさせるというオチは、

キアヌが「マトリックス以来の秀逸な脚本」と言うだけのことはあります。

Comment

非公開コメント