fc2ブログ
RSS
Admin
Archives

幸せなら手をたたこう

急いで生きなくちゃ 死に追いつかれないように

プロフィール

FlyingHigh1986

Author:FlyingHigh1986
"Again, you can't connect the dots looking forward; you can only connect them looking backwards. So you have to trust that the dots will somehow connect in your future. You have to trust in something"

最近の記事
カテゴリー
カレンダー
01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
月別アーカイブ
最近のコメント
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
2011.07
28
Category : film
アメリカンビューティー

この映画、「キューティー・ブロンド」とか「デンジャラス・ビューティ」とか、
「プリティ・ウーマン」とかの同族扱いをして観ていませんでした。

でもアカデミー作品賞の一群を眺めていたら、
1999年の項に「アメリカン・ビューティー」の名前を見つけたので、

「なんであの手の映画がアカデミー賞取れるんだろう?」と不思議になり借りてみましたが、
まったく毛色の違う作品だったんですねw観てビックリしましたw


「ビューティー」とは女性のことではなく、
アメリカで一般的な美徳とされる、幸せな家族に庭付の一軒家という理想像のこと。


この映画はそんな一見幸せそうな家庭の中に実は潜んでいる混沌を描いた作品。

妻や娘とうまくコミュニケーション出来ず、死んだも同然の生活を送っていたレスターは、
会社からリストラ宣告を受け、またあろうことか愛娘ジェーンの同級生に性的欲求を抱いたことから、
彼の人生はおかしな方向へ。

妻キャサリンは、そんな出来損ないの夫に愛想を尽かし、
不動産ブローカーとして自分自身で幸せを守ろうとするもなかなか上手くいかない。

娘のジェーンは自分に関心の無い親たちに猜疑心ばかり。
隣に越してきた精神に難のある青年にシンパシーを感じてついに初体験。


崖が急に崩れ落ちるかのように見えて、
実はずっと前からポロポロと脆く傷んでいっているのと似ているように、

三者三様の不幸せが絡まり合って、
ひとつの家庭が崩壊する様を描いた作品。


凝り固まった美徳を持つアメリカ人に気に入られた作品だと思うし、
日本の親世代には共感を与えた作品なんだろうけど、

私としてはちょっと不思議な家族崩壊劇って感じ。

Comment

非公開コメント

登場人物たちは みな 崩れる寸前の宇宙の”星”です

友人とだいぶ前にDVDで見ました。

家族にしろ友人にしろこういう人間関係のすれちがいで ギクシャクなのは現実にも ありますね。
クセ者ぞろいの登場人物たち。 まともなのは レスターとアネットベニング演じたキャロラインのバーナム夫婦の隣人のゲイカップル。同性愛は他人に迷惑かけてないので なんともないのですが ちゃんと近所づきあいでも礼儀正しかったですね。

登場人物みな クセ者ばっか。退役した元軍人の偏屈しきったオヤジと 隠れてヤクを売買してる息子、
無気力なレスターと見栄っ張り根性丸出しの妻キャサリン。 そんな両親を嫌って 反抗期で自分をいっぱしの人間と思ってる小生意気な娘ジェーン。
その娘の女友達で 同じく小生意気でエロ根性ばっかむき出しのアンジェラ。

ラストは・・・見てて なんだか・・・崩壊した星の気がします。登場人物 みな 崩壊寸前の星です。

登場人物の人数分 そのうちのふたつの星がふとしたきっかけで崩壊したため 

かろうじて くっついていた残りの星も 自分の意思をもったかのように それぞれ流星へと 各宇宙に散らばっていく様子にみえました。
(・・・って 意味不明なたとえで すみません)

彼ら ひとりひとりが 科学分子の模型の玉として みてました

友人とだいぶ前にDVDで見ました。
[���:00CC66]>「ビューティー」とは女性のことではなく、
アメリカで一般的な美徳とされる、幸せな家族に庭付の一軒家という理想像のこと。
>この映画はそんな一見幸せそうな家庭の中に実は潜んでいる混沌を描いた作品。[/���]
退役した元軍人の偏屈しきったオヤジと 隠れてヤクを売買してる息子、
無気力なレスターと見栄っ張り根性丸出しの妻キャロライン。 そんな両親を嫌って 反抗期で自分をいっぱしの人間と思ってる小生意気な娘ジェーン。
その娘の女友達で 同じく小生意気でエロ根性ばっかむき出しのアンジェラ。

[���:00CC66]>崖が急に崩れ落ちるかのように見えて、
実はずっと前からポロポロと脆く傷んでいっているのと似ているように[/���] それは 同感です! ボクはこの作品の登場人物一人ひとりが科学分子の模型の玉だと感じてます。

ふとしたきっかけで 化学反応を起こしたため バーンっと大きな音をたてて 残った玉も それぞれ散らばっっていった玉っていうか・・・