fc2ブログ
RSS
Admin
Archives

幸せなら手をたたこう

急いで生きなくちゃ 死に追いつかれないように

プロフィール

FlyingHigh1986

Author:FlyingHigh1986
"Again, you can't connect the dots looking forward; you can only connect them looking backwards. So you have to trust that the dots will somehow connect in your future. You have to trust in something"

最近の記事
カテゴリー
カレンダー
02 | 2024/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
月別アーカイブ
最近のコメント
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
2011.06
23
Category : 未分類
今夏喫緊の課題である『節電』を念頭に置き、
我が社内で夏季特別勤務体系に係わる通達が発信されたのを受け、
僕の部でも夏季勤務の特別ルールが設けられた。


 その1
   原則18時退社

 その2
   フレックス勤務

 その3
   年次休暇とは無関係に、7月~9月の間に5日間の休暇取得可(ワー!ワー!)


ただし疑問が残る。
果たして節電効果あがるのか?


細かいこと突き詰めると、
稼働するPCが減れば室温は下がるし、
フレックス勤務で通勤ラッシュが緩和されれば、電車の空調を緩めることができる等々、
理屈付ければいくらでも節電効果は挙げられるけど、

立屋の空調を司るファシリティマネジメントや鉄道会社と密な連携など取れないっぽいし、
そもそも、そこまで効果大きくなさそう。

だって、もちろん勤務時間が短くなって、さらに休暇が増えれば、
その人分のPCやプリンター稼働時間は確かに減るけど、

全員一斉に休まない以上、誰かしらいる部室ではクーラーは動くし、電気も消えない。
どうせ18時じゃ帰れない人たくさんいるだろうし。



…でも。

3ヶ月間の早帰りと好きなタイミングで取得できる5日間の休暇(キラキラ)
やたら万歳なこの施策に意義など唱えるつもりはない。

Comment

非公開コメント