fc2ブログ
RSS
Admin
Archives

幸せなら手をたたこう

急いで生きなくちゃ 死に追いつかれないように

プロフィール

FlyingHigh1986

Author:FlyingHigh1986
"Again, you can't connect the dots looking forward; you can only connect them looking backwards. So you have to trust that the dots will somehow connect in your future. You have to trust in something"

最近の記事
カテゴリー
カレンダー
03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
月別アーカイブ
最近のコメント
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
2011.07
31
Category : film
土木作業員の清水祐一は、長崎の外れのさびれた漁村で生まれ育ち、
恋人も友人もなく、祖父母の面倒をみながら暮らしていた。

佐賀の紳士服量販店に勤める馬込光代は、
妹と二人で暮らすアパートと職場の往復だけの退屈な毎日。

そんな孤独な魂を抱えた二人が偶然出会い、刹那的な愛にその身を焦がす。

だが祐一にはたったひとつ光代に話していない秘密があった。


悪人

諍いの果てについ自分の防衛本能を働かせ少女を殺した祐一は悪人なのか。
その祐一を、自分の愛を捧げる対象として失わないために一緒に逃亡する光子は悪人なのか。

殺された少女は、マスコミは、詐欺師は、少女を見捨てた若者は、
祐一と光子だけを裁く法律は悪人ではないのか。

そんなメッセージの映画でした。


つい殺してしまった祐一と、つい愛してしまった光子。
二人の孤独で寂しい魂が寄り添い合い、「もっと早く出逢えば良かった」と後悔しながら、
絶望の果てへ光を求めて逃げ続けるのが悲壮的な物語。


でもやっぱこうゆう映画観てて思ったけど、
悲しいだけの物語は苦手だなー。

救いがある、幸せで前向きな映画が観たい。

Comment

非公開コメント