fc2ブログ
RSS
Admin
Archives

幸せなら手をたたこう

急いで生きなくちゃ 死に追いつかれないように

プロフィール

FlyingHigh1986

Author:FlyingHigh1986
"Again, you can't connect the dots looking forward; you can only connect them looking backwards. So you have to trust that the dots will somehow connect in your future. You have to trust in something"

最近の記事
カテゴリー
カレンダー
03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
月別アーカイブ
最近のコメント
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
2011.12
20
Category : film
昭和十五年、秋。

”笑い“と言うものを全く解さない警視庁保安課検閲係の向坂は、
浅草の劇団”笑の大学“の芝居『ジュリオとロミエット』を上演禁止に持ち込む為、
座付作家・椿一の台本に無理難題を課していた。

ところが椿はなんとか上演許可を貰おうと、
その都度、向坂の指摘をすり抜けるような台本に書き直してくる。

皮肉にも、向坂が無理難題を押し付ければ押し付けるほど、
椿一の喜劇台本は完璧な笑いへと近づいていき、
やがてふたりの間には奇妙な友情が芽生え始めるが…。
(goo映画)

笑の大学

三谷幸喜の面白さなんて改めて言う必要もないんだけど、
やっぱりシナリオに巧妙な仕掛けがあって、
思わぬ方向に物語が展開していくのが楽しいよね。

もともと本作は三谷幸喜の舞台劇で、映画用に脚本を構成し直したそうです。

物語は基本的に役所広司と稲垣吾郎の二人だけが登場し、
舞台も基本的に検閲室(?)だけ。

この空間密室劇を、クスっと笑いたくなる二人の滑稽なやりとりと、
シナリオ展開の妙で楽しませる巧さはやっぱり凄い。

Comment

非公開コメント