fc2ブログ
RSS
Admin
Archives

幸せなら手をたたこう

急いで生きなくちゃ 死に追いつかれないように

プロフィール

FlyingHigh1986

Author:FlyingHigh1986
"Again, you can't connect the dots looking forward; you can only connect them looking backwards. So you have to trust that the dots will somehow connect in your future. You have to trust in something"

最近の記事
カテゴリー
カレンダー
01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
月別アーカイブ
最近のコメント
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
2011.12
22
Category : 未分類
今日はVISA取得のため、溜池山王にある米国大使館に行って面接してきました。



こういう公共施設に行くとよく思うんですが、

『公務員の態度がやたらでかい!』



彼らは何を根拠にあんなにも高圧的で偉そうな表情、口調でお客さんと話すんでしょうか。

今日も大使館に近づいていくと、警察が近づいてきて、

『大使館に用ですか?』と尋問口調。

大使館入り口に向かって行ってるんだから当たり前だろうが!

さらに、僕がそうです、と答えると、


『なんの用で?』とまるでテロリストを取り調べるかのような勢い。


中に入れたら入れたらで、
VISA取得のための資料を提出する列に加わるんですが、
その受付の女性が資料の形式不備に対して厳しい口調で叱責。

『なんで住所書いてないんですか?』

『古いパスポートは?』

『これじゃあ今日VISA申請出来ませんよ』

『大使館のホームページ読んできましたか?!』


空港の税関とかも無駄に態度でかいよね。

これはもはや、『高圧的な態度で接すること』とマニュアルに定められてるんじゃないかと思っちゃうぐらい。

国家の平和を守るため、犯罪未然防止やテロ撲滅のため、
厳しい態度で臨まなければならないと言われたらまあわかるけど、
なんの悪意もない善良な市民の僕は毎回イラっとしてしまう。
(多分イラっとする反応は向こうからしたら白なんだろうな)


肝心の面接は問題無し。

『Why』と『How long』を巧みに聴き取り、淀みなく想定問答通りの回答。

ぬるいぜアメリカ合衆国!

Comment

非公開コメント