fc2ブログ
RSS
Admin
Archives

幸せなら手をたたこう

急いで生きなくちゃ 死に追いつかれないように

プロフィール

FlyingHigh1986

Author:FlyingHigh1986
"Again, you can't connect the dots looking forward; you can only connect them looking backwards. So you have to trust that the dots will somehow connect in your future. You have to trust in something"

最近の記事
カテゴリー
カレンダー
01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
月別アーカイブ
最近のコメント
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
2012.02
24
Category : the big apple
昨日は異文化交流パーティ、今日は会社の先輩との飲み会に参加しました。

すべては知り合いを増やすため。


ただ、「知人」と「友達」の壁は高くて険しい。




…なんか長くなりそうな気がしてきた。
興味ない人は読まない方がいいかも笑
「友達が20人、30人以上いる。いや、もっといる」という人はたくさんいたとしても、
「本当に仲の良い友達は何人いますか?」と聞かれて、
20人も30人も名前が挙がる人って、きっとそう多くはない。


そして、たぶん、僕という人間は、そんなこと願っても無謀なのに、
この「本当に仲の良い友達」というものがたくさん欲しくて、

逆に、お互いに気を遣わないと付き合えないような人間には、
(敢えて誤解を恐れずに言うと)あんまり興味がないのだと思う。


そしてこの性格が、僕の「社交性」というステータスに、
大きなマイナスの影響を与えているということに、こっち来て改めて気がついた。



僕は、NYにおいても、本当に気の置けない友人だけが欲しくて、
中途半端なネットワークや交友関係は、気苦労が絶えないから面倒くさいのだ。

俗にいえば、ストライクゾーンが小さい、ってやつ。
直球ど真ん中だけを求めているのである。

そんなスタンスで異文化交流パーティや飲み会に臨んでも、
なかなか良い結果は生まれないだろう。

よくよく考えれば合コンとかも苦手で、
妙に意気込んで出会うと、変に気を張って仲良くなんてなれないし、
多少可愛い子と隣合おうが、付き合うかどうかもわからないような子に後日連絡して、
「お休みにお食事でも…」、なんて、僕には果てしなく無意味な時間なのである。


でも一方で、こんな根暗な日記書いているよりも、
そうしてた方がよっぽど有意義だという自覚も大いにある笑


仲良くなれそうな人、なれそうにない人、って敏感に選別できて、
その動物的感覚って、あながち間違ってはいないと思うけど、

今めちゃくちゃ仲良い友達だって、何も初対面からものすごく打ち解けあったわけではないし、
仲良くならないと思ってた人と不思議と馬が合ったりした経験も大いにあるから、
色んな人と出会って、食わず嫌いせずに気長にコツコツやるのって肝要なんだろう、実際。

でもぶっちゃけ、そうゆうの面倒くさく感じちゃう僕は、
いきなり「コイツとなら100%、本当に仲の良い友達になれる!」みたいな人と出会いたい、
とか夢見てしまっているのだ。そんなこと多分無理なのに。


だから、色んな人と幅広く親しく付き合えて、友人の知人と一緒に気兼ねなく遊べたり、
出来上がったばかりのコミュニティでのバーベキューを企画してしまうような奴らが、

心っ、底っ!






うらやましぃ~の。


本音は、幅広い知り合いも友達もたくさん欲しいし、
知り合った人とその場限りの社交辞令で終わらないアクティブさにとても憧れる。

そうゆう人たちって、それこそ、
色んな人たちに対して気を遣ったり、会話に困ったりとかあまりしないし、
いつもオープンな自然体でとても素敵。

そして、その色んな人と仲良くなれる、という力は、
社会人として最も優れた能力のひとつだと思う。

しかも、これは努力どうこうではあまり変えることのできない、
その人、個人個人のキャラクターに根ざした個体値に近い。

僕にはそういう部分はいささか、いや非常に欠けているなぁ、と思う。


そして、そうゆう力は、こうゆう知り合いも友達もいない土地に来たときに大きな真価を発揮する。
だから僕の場合は、自分はそうゆう力が乏しいなぁ、ということに改めて気付かされる。

こうゆう環境で毎日お酒を飲む予定があって、週末は誰かと観光やスポーツ。
誰かの家にお呼ばれして食事をしたり、小旅行にも一緒に出かけたり…なんていう、
その場の環境にいち早く溶け込んでいく力。

これは人が生きていく上で非常に重要な力であって、自分には足りてない。
願ってもなかなか身につかない力とはわかりつつも、やっぱりそれを持っている人は羨ましい。



見知らぬ異国の地で、自分を見つめ直す機会があまりに多くて、
取り留めないことをつらつらと書いてしまったものだ。

まあ、まだこっち来て1ヶ月だし、これから…(´∀`*)


……(・∀・)1ヶ月?

もうそんな経つの?焦

Comment

非公開コメント