fc2ブログ
RSS
Admin
Archives

幸せなら手をたたこう

急いで生きなくちゃ 死に追いつかれないように

プロフィール

FlyingHigh1986

Author:FlyingHigh1986
"Again, you can't connect the dots looking forward; you can only connect them looking backwards. So you have to trust that the dots will somehow connect in your future. You have to trust in something"

最近の記事
カテゴリー
カレンダー
01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
月別アーカイブ
最近のコメント
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
2012.05
16
Category : the big apple
            「配られたカードで勝負するっきゃないのさ…それがどういう意味であれ」

                              (スヌーピー)




120407-003.jpg

手抜きでぃなー。



僕は「家事は女の仕事!」と差別的に言い切らないまでも、誤解を恐れずに言えば、

社会で働くべきなのはどちらかと言えばやっぱり男性だし、
もしどちらかが家事に専業するのであれば、やっぱりそれはどちらかと言えば女性であるべきだと思う。


こうゆうこと言うと、血気盛んで、ジェンダー・ダイバーシティに関心の高い女性は怒るけど、
そうゆう人たちって(少なくとも僕が会ったそうゆう人の大半は)、就職活動やキャリアにおいて女性が差別されることに反発したいだけで、

「じゃあ、どんな場合にも家庭に入らず、定年まで男みたいに働くと誓えるか」と聞かれて、本心から誓える人ってそうそう多くないと思う。


少なくとも現状、女性が50、60歳まで働くための環境なんて整ってないし、
そんなバイタリティ溢れる女性自体多くない中で(男性もそうそう多かないかもしれんが)、

普通に考えりゃ、今後、この男性優位が覆ることなんてありえないのに、この女性差別に反旗を翻して牙を剥くことに何の生産性があるんだろう。

むしろそんなこと言い出すんなら、論理的な就職差別よりも、何の根拠も無いレディースデーの方がよっぽど差別だと僕は思う。
(別に「レディースデー無くせ」なんて思わないけどね)



もちろん就職差別等に対する不満は本物の不満だろうし、女性が家庭に入るまで働いて生きていく術は確保される社会であるべきだとは思う。
会社で働く上で、男性より優秀な女性ってとてつもなく多いし、専業主夫になることでハッピーな人間は専業主夫になるべきだとも思う。


でも、そんなことよりも、差別があって当たり前の世界、不平等で当たり前の世界で、
自分ができる最大限の努力で自分に実現できる最大限の幸せを目指すことに執着すべきだよね。


どうせいつか死ぬ人生で、「自分が不幸だ」と嘆く時間なんて果てしなく無意味。



で、最後に一番言いたかったことは、

共働きにも拘らず、家事は奥さんにだけやらせる男って少なからずいるんだろうけど、そんな奴は、おろし金で摩りおろされればいいと思う。


それぐらい家事はだるい!

Comment

非公開コメント