fc2ブログ
RSS
Admin
Archives

幸せなら手をたたこう

急いで生きなくちゃ 死に追いつかれないように

プロフィール

FlyingHigh1986

Author:FlyingHigh1986
"Again, you can't connect the dots looking forward; you can only connect them looking backwards. So you have to trust that the dots will somehow connect in your future. You have to trust in something"

最近の記事
カテゴリー
カレンダー
03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
月別アーカイブ
最近のコメント
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
2012.10
04
Category : the big apple
よくある敬語の間違い。

その1 「~の方」は、使ってはいけない

敬語を話そうと努力している方が、つい使ってしまっている言葉が「~の方」です。
「お会計の方はこちらになります。」、「お席の方へどうぞ。」と、無意識のうちに「~の方」が、挿入されてしまっているのです。

そうでなく、「~の方」を抜いた「お会計はこちらです。」「お席へどうぞ。」と、いうようにしましょう。


その2 「なるほどですね!」は、使ってはいけない

この「なるほどですね!」を使っている方、意外と多かったりします。
一見、間違ってないようにも見えますが、本来は目上の人に対して使ってはいけない言葉です。

正確には、「なるほど、そうですね。」が、正しい言葉ですが、
「なるほどですね。」は、短縮してしまってる言葉となってしまっています。
「なるほど」というのもよくないので、「おっしゃる通りです。」と、いうようにしましょう。

(参考)http://nanapi.jp/25490/


日本語は難しい。

英語も一般的に敬語はあるけど、(Can you~?よりも、Could you~?、Would you~?の方が丁寧等)、
最近はその事実もだいぶ認知度が高まっていると思うし、何より、フランクに接するまでの壁が日本よりもアメリカの方が断然低くて気楽だ。

Mr.なんてそんなに皆使わないし、気軽にFrank!とかJohn!と言っても気心が知れていれば問題ない。
(心の奥底でどう感じているかはわからんけどな)


日本は逆に勘所を押さえようにも、「そんなの知らなかった!」というのが結構ある。

たとえば、「お疲れ様です」と「ご苦労様です」。
後者は目上の人には使ってはいけない。

はっきり言って、それらの細かいルールを知らずに言ってしまっている分には、「どんまい」で済む話だと思うし、何より、

「一番大切なのは心だろ?」と思う。

全然思ってもいないのに、「あ、お疲れ様ですー」、と社交辞令を言ってる人間よりも、
心の底からの労りの気持ちから発せられるものの、知らずに言ってしまった「ご苦労様です」は、どちらの方が正しい言葉のか。


とにかく、日本は細かい、つまらないルールが多い。

「結婚の祝儀に2万円は別れを想起するからダメ、だけど5,000円を使えばいい」とか、
「結婚式では、「たまたま」とか「たびたび」とか繰り返す言葉は全般禁止」とか。

ただ縁起が悪そうというイメージだけで、そういう意味不明なことを言い始めたバカがどこかにいたわけだけど、
はっきり言って、心の底からその人の結婚を祝う気持ちがあれば、1万円2枚を贈ろうが、ネクタイの色がグレーだろうが、

どうっ!でもっ!いいっ!

と思う。


「なるほど」とか正直言って多用してきたし。

僕がしゃべり下手なせいももちろんあるけど、
「おまえの話しも掴みどころないせいで、そうでも言わない間がもたないんだよ!!」と言いたい。


でも日本人は細かいこと言う奴が多いから無視する気には当然なれもしない。

そういった点でいえば、
アメリカの方が断然人間らしい生き方、人との付き合い方ができて好きだ。

Comment

非公開コメント