fc2ブログ
RSS
Admin
Archives

幸せなら手をたたこう

急いで生きなくちゃ 死に追いつかれないように

プロフィール

FlyingHigh1986

Author:FlyingHigh1986
"Again, you can't connect the dots looking forward; you can only connect them looking backwards. So you have to trust that the dots will somehow connect in your future. You have to trust in something"

最近の記事
カテゴリー
カレンダー
03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
月別アーカイブ
最近のコメント
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
2012.10
19
Category : the big apple
20121019-093.jpg

グランドキャニオンの御来光。
グランドビューポイントで。

20121019-066.jpg

Yeah!
もうすぐ誕生日!

20121019-130.jpg

以下、Wiki抜粋。

20121019-142.jpg

グランド・キャニオンはアメリカ合衆国アリゾナ州北部にある峡谷である。

コロラド高原がコロラド川の浸食作用によって削り出された地形であり、
先カンブリア時代からペルム紀までの地層の重なりを目の当たりにできるところでもある。

地球の歴史を秘めている価値と共に、その雄大な景観から合衆国の初期の国立公園の一つであるグランド・キャニオン国立公園に含まれている。
さらに1979年には世界遺産に登録された。

20121019-120.jpg

グランドキャニオンの起源は今から7000万年前、この一帯の広い地域が地殻変動により隆起したことに始まる。

約4000万年前、コロラド川による浸食が始まり、峡谷は500万年前にほぼその全容を現し、
現在見られるような峡谷になったのは、約200万年前である。
そして今もなお、浸食は続いており、最古でおよそ20億年前の原始生命誕生時の地層を浸食している。

グランドキャニオンの断崖は平均の深さ約1200m、長さ446km、幅6km~29kmに及ぶ。最深地点は1800m。

20121019-152.jpg

今日はグランドキャニオンの断崖を降りていくトレイルに挑戦。

20121019-179.jpg

目的地は20Km先のプラトーポイントです。

20121019-186.jpg

山登りと違って、始めは下って、あとは登るので、先は良い良い、帰りは恐い♪

20121019-188.jpg

中間地点で振り返るとこんな感じ。
もうこんなに降りてきたのか…。

20121019-184.jpg

出発から約2時間半でようやく、プラトーポイントに到着。
谷の最深部にほど近いポイントで、コロラド川にせり出した岩場からの風景はまさに絶景です。

20121019-193.jpg

さて帰路へ。
この崖を登っていかなくてはならないのです。。

写真だとその過酷さが十分に伝わっていなくて残念。

足に乳酸がたまりすぎて、まったく足が動かなくなってしまい、
数メートル進んでは数十秒休憩を挟んでしか登ることができなくなってしまいました。

ヘトヘトでくたびれている僕を追い抜いていく観光客は皆一様に、

「大丈夫か?」

「水いるか?」

と聞いてくれて、外国人の心の温かさが本当に身に沁みました。

結局抜きつ抜かれつのデッドヒートを繰り返していたおばちゃんにチョコバーと水をもらいなんとか息を取り戻し、
4時間の苦労の末になんとか頂上へ到着。

おばさんは頂上で座っていて、やっとたどり着いた僕を暖かく迎えてくれました。

20121019-208.jpg

崖を降りてばかりで、「Theグランドキャニオン」な良い写真を撮れなかったのがやや残念でしたが、
まあそれはそれで良しとしたいくらい充実のトレイルでした。

20121022-229.jpg

夜はホテル付近でたまたま発見したアメリカ的、夜の移動式遊園地で観覧車。
明日はいよいよモニュメントバレーへ!

20121019-201.jpg

Comment

非公開コメント