fc2ブログ
RSS
Admin
Archives

幸せなら手をたたこう

急いで生きなくちゃ 死に追いつかれないように

プロフィール

FlyingHigh1986

Author:FlyingHigh1986
"Again, you can't connect the dots looking forward; you can only connect them looking backwards. So you have to trust that the dots will somehow connect in your future. You have to trust in something"

最近の記事
カテゴリー
カレンダー
02 | 2024/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
月別アーカイブ
最近のコメント
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
2014.05
25
Category : football
レアル・マドリー vs アトレティコ・マドリー
        4  -  1
得点者
 ゴディン(ファンフラン)

無念…。

だけど…。


underdogs-600x360.jpg

CLファイナル。

スポルティング・リスボンのホームスタジアム、
ポルトガル、リスボンのエスタディオ・ダ・ルス(光のスタジアムの意)で、
CL初のダービーマッチが実現。


今シーズンのアトレティコは、バルサ、レアルの2強を退け、リーグ戦を制するという奇跡的な偉業を成し遂げるだけでなく、
同時並行の厳しい日程の中で行われたCLでも、ACミラン、バルセロナ、チェルシー等の強豪を打ち破り、決勝の舞台にたどり着きました。

CL8強の中でも、もっとも少ないチーム予算で、かつ選手層の厚さでも他のメガクラブに引けを取りまくるアトレティコが、
これだけの功績をあげたことは、今年一番のサプライズであり、他の中堅クラブ、古豪に勇気を与える素晴らしい下克上でした。

今日の決勝は本当に残念で悔いの残る結果でした。
カシージャスのミスを誘発するゴディンのヘディングで先制点を記録し、後半ロスタイムまでその1点を守り続けていましたが、
最後の最後で、ラモスに同点弾を許し、そのままチームは崩壊。

圧倒的なチーム力を誇るレアル・マドリーと渡り合うために激しいプレッシングを続けていたアトレティコに、
延長戦を十分に走るだけの力は残されていませんでした。


あと本当にもう少しのところで、手から砂がこぼれ落ちるかのように、
チーム初の栄冠が逃げていきました。

ただそれでも、このチームを責めるようなところはどこにもありません。

チームは十分すぎるほどの偉業を成し遂げたのです。

試合が終わった後、全員でエンジンを組み、己らの健闘を称えあう姿は、
自分たちの信念を貫き、常に全力で走り続けてきたチームの誇り高き魂の美しさを象徴する本当に感動的なものでした。


プラティニが差し出したシルバーメダルを首にかけなかったシメオネ。

試合から試合へ…。

次の挑戦はもう既に始まっているのでしょう。

Comment

非公開コメント