fc2ブログ
RSS
Admin
Archives

幸せなら手をたたこう

急いで生きなくちゃ 死に追いつかれないように

プロフィール

FlyingHigh1986

Author:FlyingHigh1986
"Again, you can't connect the dots looking forward; you can only connect them looking backwards. So you have to trust that the dots will somehow connect in your future. You have to trust in something"

最近の記事
カテゴリー
カレンダー
03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
月別アーカイブ
最近のコメント
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
2016.01
13
Category : film
題名 : パリ、テキサス(PARIS, TEXAS)
監督 : ヴィム・ヴェンダーズ
脚本 : L・M・キット・カーソン
公開 : 1984年(仏)
時間 : 147分
配給 : フランス映画社

砂漠を一人の男がさまよっている。汚れた放浪者のようなその男は、砂漠の中のガソリンスタンドで氷を口にし、そこでついに倒れてしまう。その男、トラヴィスはどこから来て、どこへ行こうとしていたのか。

160117_パリ、テキサス

◆トラヴィスはなぜテキサス州パリを目指すのか

ヴィム・ヴェンダースがドイツ、フランスの合作で作ったロードムービーです。

記憶喪失の男トラヴィスが、息子と再会し、妻と再会し、離れ離れになっていた息子と妻を引き合わせ、やがてまた自分自身は放浪の旅に出る。

この燻し銀な世界観をスモーキーに、清々しく描いた、ロードムービーの金字塔です。


超が付くほどの名作扱いを受けている上に、大好きなロードムービーだったので期待しすぎてしまったせいか、少し期待外れだったかなぁ。

導入が長いし、何より全編147分の尺で描くには、少し中身に物足りなさを感じる。
(なんかどの役者も記憶喪失みたいに、やたらしゃべるのが遅いんだよなぁ)

世界観が良いだけに、もう少しコンパクトだと良かったです。

Comment

非公開コメント