fc2ブログ
RSS
Admin
Archives

幸せなら手をたたこう

急いで生きなくちゃ 死に追いつかれないように

プロフィール

FlyingHigh1986

Author:FlyingHigh1986
"Again, you can't connect the dots looking forward; you can only connect them looking backwards. So you have to trust that the dots will somehow connect in your future. You have to trust in something"

最近の記事
カテゴリー
カレンダー
03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
月別アーカイブ
最近のコメント
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
2010.04
08
Category : football
EUROPE LEAGUE 準々決勝 2nd leg

アトレティコ・マドリー vs    バレンシア
      0       -       0


アウェイゴール数で勝利。
色々物議を醸すことになりそうだが、勝ちは勝ち!

r2489736771.jpg

激しいゴールの奪い合いが予想された試合。
アトレティコはしっかりホームの利を活かした試合の立ち上がりに成功。

バレンシアの方がポゼッションを高く保つものの、

アトレティコは最終ラインを高く保ち、前線から早め早めのチェックでバレンシアにプレッシャー与え、
細かいミスからのボール奪取をシュートにまで繋げていく。
ゴールチャンス自体はアトレティコの方が多かった。

しかし、スルーパスに反応したフォルランのダイレクトループシュートは、
副審のミスジャッジでオフサイドとなり取り消され、
アグエロが作った決定的なチャンスも惜しくもゴールバランスに嫌われる等、
ゴールには結びつかずに前半を終える。


後半になっても
アトレティコのペースで試合は進むが点を奪えない。

後半3分にはフォルランがスルーパスに抜け出してGKと1対1になるも、
今日2回目のループシュートは枠の外へ。

さらにカウンターからフォルランが放ったミドルシュートは、
GKセサルに弾かれた後ポストに直撃。

1点決めて試合を決定的なものにしたいアトレティコだがゴールを奪えず、
逆に試合が終盤に差し掛かると1点取られれば負けるという緊迫感がピッチに漂う。


後半残り20分になるとバレンシアもビセンテや身長202センチのジギッチを投入し、
攻撃姿勢を強める賭けにうって出る。

スルーパスに抜け出したビジャのシュートは珍しくも精彩を欠いてゴールバーに直撃。
身長差を活かしたジギッチのヘディングはGKデ・ヘアがファインセーブ。

さらにこの日一番の物議を醸した、バレンシアのCKのチャンス。
ジギッチに完全に決められたと思ったが、
アトレティコDFフアニートがユニフォームを引っ張ってこれを阻止。

ジギッチのユニフォームは見事に破れて完全な物的証拠が残り、
これを武器にバレンシア勢は猛烈な抗議を審判に浴びせかけるも、

ドイツ人レフェリーは笛を吹かず、終いにはバレンシアのエメリ監督が退場処分に…。


この後もバレンシアの猛攻が続いたが、すばらしい集中力で防ぎきったアトレティコ。

時間稼ぎのために交代を命じられたアグエロがピッチ反対サイドからベンチに向けて、
ダラダラと牛歩戦術を行ってイエローカードを受け、

次の準決勝1st legに出場出来ないという最悪のおまけ付きだが、
勝利は勝利。

11年ぶりのベスト4進出。

準決勝の相手はリヴァプール。
フェルナンド・トーレス、マキシ・ロドリゲスとの熱い戦いが期待される。

capt_2f1e37f58c5740e98fcb4926c0ae66af-2f1e37f58c5740e98fcb4926c0ae66af-0.jpg

Comment

非公開コメント