fc2ブログ
RSS
Admin
Archives

幸せなら手をたたこう

急いで生きなくちゃ 死に追いつかれないように

プロフィール

FlyingHigh1986

Author:FlyingHigh1986
"Again, you can't connect the dots looking forward; you can only connect them looking backwards. So you have to trust that the dots will somehow connect in your future. You have to trust in something"

最近の記事
カテゴリー
カレンダー
03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
月別アーカイブ
最近のコメント
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
2010.05
11
Category : film
すげえ、いい感じの雰囲気映画。


フランシス、ピーター、ジャックの3兄弟は父親の葬式以来、
1年もの間お互い連絡を取らずに絶縁関係にいた。

あるとき、長兄フランシスから、
「あてもなく彷徨う、心の旅をしないか?」との誘いが、
ピーター、ジャックのもとに届く。

インドの長距離鉄道ダージリン急行に揺られて、
あてもなく彷徨う3人の心の旅が今始まる。


バックジャケットでこの3人がスーツ姿でバイクに乗ってる画があるんだけど、

080123_darjeeling_sub1.jpg

これがやたらポップでおしゃれに見えて借りたんだよね。

友達に聞いたら衣装の一部をマーク・ジェイコブスが手がけてるらしくて、やっぱりな、って感じ。


冒頭で次男ピーターが既に出発し始めているダージリン急行に飛び乗るんだけど、
このスローモーションと良さ気なBGMだけでもかなりツボだった。


3兄弟のうちの2人ずつで演じられるお互いの抱いた猜疑心の描き方とか、
列車含めた衣装やセットのかわいらしさ、

そして旅が続くにつれて、色んな経験をして、
お互いぶつかり合いながらも、父と、そして母をも失った共通の寂しさを持ち寄って、
お互い寄り添いあい、理解しあっていく姿がすごく良かった。


そして、ラストシーン。
またもや発車し始めている列車に、今回は3人で飛び乗る。

そしてやっぱりスローモーションで、
今度は父親の形見の11個のバッグを捨てながら。

置き去りにするのは、
旅の思い出か、父への未練か。

Comment

非公開コメント