fc2ブログ
RSS
Admin
Archives

幸せなら手をたたこう

急いで生きなくちゃ 死に追いつかれないように

プロフィール

FlyingHigh1986

Author:FlyingHigh1986
"Again, you can't connect the dots looking forward; you can only connect them looking backwards. So you have to trust that the dots will somehow connect in your future. You have to trust in something"

最近の記事
カテゴリー
カレンダー
03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
月別アーカイブ
最近のコメント
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
2010.05
26
Category : 未分類
「は~~~~」



私はよくため息を吐きます。

そしてよく、
「大丈夫?(笑)」
「疲れてるんじゃない?」
「ため息吐くと幸せが逃げてくよ」

と色々突っ込まれる。



なぜよくため息を吐くかというと、
「なんとなく疲れが取れる気がするから」なんだけど、そう言うと、

「大丈夫、頭?w」
「そんなわけないじゃない」
「ため息吐くと幸せが逃げてくよ」

とまたまた突っ込まれるのである。


それでも私には、ため息を吐くと疲れが取れる気がしてならないので、
むきになってネットで「ため息」をググってみた。



「ストレスを感じた時などに大きく息を吐く行為」

以上。出典ウィキペディア。

うおい。


でも「ため息」の検索結果トップが、
「溜め息健康法」という特集ページでした。



ため息は自律神経のバランスを整えるためにとても重要な要素。

吐かずに溜め込んだままにしておくと、ストレスが蓄積し、
不安感や自信の喪失などのマイナス思考を引き起こします。

忙しい毎日では、胸筋を緊張させ、「胸」で息をすることが多くなっています。
しかしこの方法では、呼吸が浅すぎて全身に酸素が行き渡らず、
深いリラクゼーションを得ることはできません。


一方、ため息は体の中心(横隔膜)から深~い息を吐く方法です。
つまり、リラクゼーション法の定番である「腹式呼吸」を自然にやっているのと同じことなのです。

ため息により体の中から悪い気が吐き出され、
その反動で深くゆっくりと酸素を吸い込むことで、内臓の動きが活発になり、血行が促進されます。

そして、全身に新鮮な酸素が行き渡り、心身ともにリフレッシュすることができるのです。


周りを気にせずもっともっとため息をついて、たまった疲れを追い出してしまいましょう。

ただし、ため息は声に出さずともできるもの。
いきなり「は~~~~」なんて大きな声でため息をつくと、
周りの人たちはびっくりしてしまいますので、声に出さず静かに吐き出しましょう。



ごもっとも!
以下 参考ページ全文



疲れたとき、ストレスがたまっているときには、自然に「は~」っとため息が出てしまいます。しかし、「ため息をつくと、幸せが逃げる」とよく言われますが、果たして本当でしょうか。

ため息は自律神経のバランスを整えるための「自律訓練法」でも、とても重要な要素として取り入れられています。ため息とは、体の中にたまった「悪い気」のこと。吐かずに溜め込んだままにしておくと、ストレスが蓄積し、不安感や自信の喪失などのマイナス思考を引き起こします。

忙しい毎日では、胸筋を緊張させ、「胸」で息をすることが多くなっています。しかしこの方法では、呼吸が浅すぎて全身に酸素が行き渡らず、深いリラクゼーションを得ることはできません。

浅い呼吸がエスカレートすると、興奮して自然に呼吸が速くなり、ひいては過呼吸を招くこともあります。過呼吸が悪化すると、どうなるでしょう。立ちくらみや手足の冷え、胸の圧迫感、動悸、過喚起症候群(発作的に呼吸が速くなり、呼吸困難になる病気)などの症状につながっていくこともあります。

●ため息は腹式呼吸の「吐く息」と同じ

一方、ため息は体の中心(横隔膜)から深~い息を吐く方法です。つまり、リラクゼーション法の定番である「腹式呼吸」を自然にやっているのと同じことなのです。
ため息により体の中から悪い気が吐き出され、その反動で深くゆっくりと酸素を吸い込むことで、内臓の動きが活発になり、血行が促進されます。そして、全身に新鮮な酸素が行き渡り、心身ともにリフレッシュすることができるのです。

周りを気にせずもっともっとため息をついて、たまった疲れを追い出してしまいましょう。ただし、ため息は声に出さずともできるもの。いきなり「は~~~~」なんて大きな声でため息をつくと、周りの人たちはびっくりしてしまいますので、声に出さず静かに吐き出しましょう。

参考:http://allabout.co.jp/health/stressmanage/closeup/CU20021002B/

Comment

非公開コメント