fc2ブログ
RSS
Admin
Archives

幸せなら手をたたこう

急いで生きなくちゃ 死に追いつかれないように

プロフィール

FlyingHigh1986

Author:FlyingHigh1986
"Again, you can't connect the dots looking forward; you can only connect them looking backwards. So you have to trust that the dots will somehow connect in your future. You have to trust in something"

最近の記事
カテゴリー
カレンダー
03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
月別アーカイブ
最近のコメント
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
2010.06
04
Category : at office
「飯行くか!」


年長者の気まぐれでその日の昼食時間が決まる。

頭を切り替えてやりかけの業務を中断し、先頭で廊下に飛び出る。
未練はあるが仕方が無い。今日の昼食は部長もご一緒だ。


廊下を先頭で歩かなければ、
食堂行きのエレベーターのボタンを上司に押させることになってしまう。

もし万が一部長に押させたりしたら、
「お前もう明日から会社来るな」と言われてしまう。


一同エレベーターに乗り込む。
空いていたら真っ先に乗り込み、エレベーターガールポジションをキープ。
混んでたら最後に乗り込む。これ常識。


今日は空いていたので真っ先に乗り込み、エレベーターガールポジションへ。

必然的に降りるのは最後。
急がなくてはならない。

上司が洗面台で手を洗ってるのを横目に食堂に駆け込む。

並ぶのは人のいない(=あんま人気ないメニュー)列だ。

さっさと食事を受け取り、混んでいる食堂の中から、人数分の空席を探さなければならない。
末席者にメニューを選ぶ権利などないのだ。


人数分の席が空きそうな机に狙いを定め、後ろから無言のプレッシャー。

「(はやくどけよ)」

そんなこんなでようやく席確保。
万が一、席がひとつ足りないのは構わない。「おまえ、どっか他所で食え」と言われてお終いだ。


今日は無事全員着席。

しかし、すぐに緊急事態発生。
「(部長はカレーだ!!サラダすら取ってない!)」

カレーを食べるスピードほど速いものは無い。
俺はたいてい魚にライス、味噌汁、小鉢。

当たり前のことだが、
既に食べ終わった上司がゆっくりと食べる下っ端を待っているなんて状況は、あ り え な い。

そんな展開になろうものなら、食べかけの食事を頭からかけられて、
「よし、皆食い終わったみたいだな」と、何事もなかったかのようにそそくさと全員立ち上がる。



今日もなんとかギリギリで部長より先に食べ終えることに成功。

それなのに意外と長引く雑談。
こんなことならもっと味わって食えば良かった。
もちろんフィクション、
というか実話をもとにした誇張表現。

現実はそんなひどくないし、
そこまで気を遣う必要ない。

けど、まったくそのような気遣いが不要というわけでもなく…。


なんにせよ、はやくえらくなりたいよ。

Comment

非公開コメント