fc2ブログ
RSS
Admin
Archives

幸せなら手をたたこう

急いで生きなくちゃ 死に追いつかれないように

プロフィール

FlyingHigh1986

Author:FlyingHigh1986
"Again, you can't connect the dots looking forward; you can only connect them looking backwards. So you have to trust that the dots will somehow connect in your future. You have to trust in something"

最近の記事
カテゴリー
カレンダー
03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
月別アーカイブ
最近のコメント
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
2010.07
15
Category : at office
私は上司から、
「毎日8時までに帰るように!」と釘を刺されている。



守ってないけど。


36協定に定められているように、
月間の残業時間が規定時間を超えることは「原則」法律違反である。


私の上司は、
「最初から決まりを破って、毎日22時、23時まで働くつもりでいると、
業務を効率化したり、時間・期日管理を適切に行うことで、
時間内に仕事をやり遂げる力が身につかなくなってしまう。
だから8時に帰らなきゃダメだよ。」

と言いながら、
自分自身は22時、23時が当たり前のとっても素敵な上司です。


この前も、その上司を含めた数人でのプライベートな飲み会があり、

私が、
「すみません、仕事終わらないんで遅れても良いですか」と聞くと、

上司は、
「いいかい。部の飲み会であっても、プライベートな飲み会であっても、
仕事だからって遅れていいってことは絶対に無いんだよ。
よく、仕事で約束に遅れることをカッコいいと勘違いしてる人がいるけど、そんなことは全然なくて、
それはただ、自分が仕事の出来ない人間であることをアピールしてるだけなんだよ。

本当にカッコいいのは、どんなに小さな約束であっても、
ちゃんと仕事を終わらせて時間通りに約束を守れる人なんだよ。」

なんて言ってくれるとってもカッコいい上司です。


でも結局は上司自身が仕事が片付かず、
一緒に私も遅刻しましたが。


理想と現実は違うよねやっぱり。

Comment

非公開コメント